【韓国ドラマ】最強配達人〜夢みるカップル〜 の感想 サブキャラたちが生き生きしてて楽しい

最強配達人〜夢みるカップル〜の視聴を終了しました~!やや2倍速のお世話になりながら見たのですが、結構好きなドラマではありました。主役二人の関係にはあんまり興味がわかなかったんですが、サブキャラ達が好きで楽しく見れたのかなと思われます!

 

スポンサーリンク


 

チェ・スビンが演じるイ・ダナの夢がアメリカに移民することなんだけど、この国では貧乏人は夢も希望もないって言うのが理由で、なんだかそこが妙にリアルだったんだよなあ。本人はしっかり働いているのに、家族の借金やら弟の学費をせびられて自分は大学に行けずで・・・ 家族っていうのはいいところもあるけれど、逆の面もある結びつきではありますね。ああいうダナが抱えているような絶望感は韓国だけじゃなくて日本の若者にもあると思う。同じですね。

その部分はリアルなんだけど、「最強配達人」という会社を作って最終的にはうまく行ったり、ダナもガンスという人間に希望を見たりして最後は二人が幸せになるっていう下りはドラマっぽいミラクルで良かったかな~

ただ、私はチェ・ガンス(コ・ギョンピョ)みたいに仲間もいっぱいの正直でまっすぐないい奴というキャラクターには魅力を感じないのだよなー それはおそらく私がひねくれているから・・・笑 そして、イ・ダナ(チェ・スビン)は、勝ち気でサバサバした女の子役が多いですね。ロボットじゃないもそうだったし。だまっていたら顔も小さくてお人形さんみたいな外見だと思うんだけど、そういうはきはきしたイメージがあるのかな~?
それにしてもガンスとダナのキスシーンの度に「チェ・スビンの顔ちっちゃ!」て思いましたなあ。コ・ギョンピョの顔が特別大きいという訳ではなくてチェ・スビンと比べちゃうと・・・って感じなんでしょうけども!

なので、どっちかというとオ・ジンギュ(キム・ソンホ)とイ・ジユン(コ・ウォニ)の実家は金持ちコンビの方が好きでした。ジユンの天然なのか、分かってやってるのか分からないけどほっておけないって感じの演技はとても良かったし、ジンギュもおバカっぽいけどなんだかんだと人がいい感じが素敵。最初は他の人を好きなのに、最終的にこの二人がカップルに落ち着いてるのも面白かったな。ジユンの変わり身の早さが彼女の性格だとアリに見えるのが良かった。

キム・ソンホはこのドラマで初めて見たんだけど、なんだか彼の演技が印象に残りました。オソングループの息子で高慢なところもあるけれど、家族の中で抑圧されて生きて傷ついて来た繊細さもあり、でもお金持ち故の鈍感さもあり、いろいろな表情を見せるジンギュが魅力的だったんですよねー。最近はいろいろドラマにも出ているようなのでこれからも要チェックだな~

このパルバルスタの二人もいい味出してましたね。チョ・ヒボンが出ているとそれだけで面白い気がするのは不思議。配達人仲間もそれぞれキャラが立ってて好きだったし全体的に明るいドラマなのが良かったです。

ガンスたちがジョンガに陥れられた時にそれまでガンスを持て囃していた横丁の人達が、掌を返したようにガンスを責めてるのを見ると、庶民の敵は財閥ではなくて、庶民なのかな、なんて思ったのでした。次世代の若者が割を食う世の中なのかもしれないなあ・・・

明るく楽しいドラマなんだけど、妙にリアルなところもあって、意外と興味深く見たドラマでした!

 

 

最強配達人〜夢みるカップル〜が見れるのは・・・



 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す