【中国ドラマ】王女未央-BIOU- の感想 非の打ちどころのない拓跋濬が素敵ー!

王女未央-BIOU-の視聴を終了しました!いやーこれも面白かったです。中国の美人やイケメンがいっぱいで目も楽しいけど、ストーリーも分かりやすくて良かったです。ラストがややハッピーエンドのようでもあり、半分切なくもあるけれど、それでも主役の二人の心がきちんと寄り添える結果だったのでまだ良かったです。

スポンサーリンク


でもちょっと思ったんだけど、タイトルにも「未央」って入ってるし、主役は未央に成りすましてた馮心児なものの、本物の未央は冒頭の1話か2話目くらいで殺されてしまうんだよねえ。なので、本物の未央が可愛そう~っていう思いがずっと消えなかったぞ。気の毒。まあいいんだけど。

その偽の未央を演じてたティファニー・タンはこの役とても合っててカッコよかったー!多分私が好きな古装片のヒロイン像が自分で道を切り開いていくような頭の良い女性なんだろうなあ。意地悪にも怯まず、自分の足で立っている未央というヒロインはカッコよくて素敵だったな。

そして常茹を演じたマオ・シャオトンもほんとうまい。素直で可愛いお嬢さんと思いきや裏で画策しているのは彼女だったよブルブルっていう展開は面白かったな。これぞ獅子身中の虫で味方の顔をしている敵が一番怖いってやつ。李長楽みたいに表立って攻撃してくる敵は分かりやすくて対策可能だから実は大して怖くないんだよね・・・ 長楽役を演じたリー・シンアイはこういう意地悪っぽい役が多いなあ。ハンシュクでもそんな感じの役だったなと思い出しました。あの時はわりとふっくらした人だなと思ったんだけど、このドラマではすっごく細くなってた気がしたな。

そしてそして、拓跋濬役のルオ・ジンも非常に良かったですねえ。正統派イケメン~ このまっすぐで頭も良くて愛にも一途な拓跋濬という役がピッタリで、余計にカッコよく見えたのかも~ このルオ・ジンとティファニー・タンのお二人はご結婚したんですよね。おめでたい!美男美女でお似合い!最後はちょっと長楽をだましてたりはしてたけど、あまりにも完璧で非の打ちどころが無さすぎる皇子なんてあんまり好きにならないんだけど、拓跋濬は好きだったな。ちょっと可愛いところもあったからかな~

でも拓跋余役のヴァネス・ウーもとても良かったです。闇を抱える皇子役がなかなか魅力的でした。ドレッドみたいな髪型が分かりやすく悪い人っぽ過ぎたかな。拓跋余が皇位に執着する気持ちはちょっと切ない。

李敏徳役のリャン・ジェンルンも可愛かったな。女装とか似合いそうな可愛さでした。割と謀略が張り巡らされてるドラマだったので、拓跋迪との追いかけっこみたいなやり取りがこのドラマのちょっとした息抜きでした・・・

 

ドロドロした宮廷モノドラマとも言えるんだけど、そこまで見るのがしんどく無くって割とさらっと見れたのは主役の二人の愛が揺るぎないものだったのと、拓跋濬という皇子がどこまでもさわやかだったからかもなー わりと面白かったです!

ただ、ラストを見て愛する人には自分より長く生きて欲しいのか、寂しい思いをさせたくないから自分は相手より先に死ねないと思うのか、というのはどちらの方が愛情が深いのだろうかなんてことは考えてしまったのでした。

 

王女未央-BIOU-が見れるのは・・・


こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す