【韓国ドラマ】美しい私の花嫁 の感想 ただひたすら愛する人のために闘う男が主人公のドラマ

「美しい私の花嫁」の視聴を終了しました!結構面白かったです~ 見る前はキャスティングがちょっと地味目なのかな・・・と思ってたんですが、いい感じにはまっててとても良かったです。ラストは結局ハッピーエンドで良かったんですけど、その前の二転三転がしつこくてちょっと笑ってしまった。そこまで思わせぶりにしなくても!笑 でも「影」は人が変わっても続いて行って悪が消えることが無いっていうのは示唆に富んでて好みの終わり方。

 

スポンサーリンク


 

いやしかし、キム・ムヨルが演じたキム・ドヒョンという人はすごいよね。執拗なまでにユン・ジュヨンを愛していてちょっと怖いくらい。ほんとあれが両想いで良かったよ。だからこそ一途という言葉で彼の行動を説明することが出来るけど、もし片思いだったらただの執着心が強い男だもんな。銀行員になったのも、彼女の過去を忘れたふりをするのも、兵役で特殊部隊みたいなのに行ったのも、影を倒そうとするのも全部ジュヨンのため。人生すべてが彼女のためなんだもん。彼のこの重く強烈な愛を受け止められるジュヨンもやっぱりただ者じゃないよー 私だったら走って逃げたくなるレベルなんだけど、本当は素敵って思うべきなのかなとは思いつつ。

まあしかしこんな業務遂行能力の高い不死身な銀行員いるんでしょうか・・・ 訓練は受けたにしても強すぎるし、それよりも自分の力でなんとか出来るって思えるところが凄いなあってちょっとうらやましいです。核心に近づいて行く姿は面白かったけど、あっけにとられて見てたかな。超人すぎる。

カン会長役のソン・ジョンハクも非常に迫力があってとても良かったです。口癖をみんなが真似して継承していくのが面白いよね。そういう一言がとても印象に残ったりするのだから面白い。

ソン・へジョン役のイエルもこういう役が本当に似合う。スタイルがいい人しか着こなせない服装だったけど、とても似合ってたな~ しかし、ラスト近くで何度も彼女がバーで飲んだくれてるシーンが出てくるんだけど、違う日という設定のはずなのに、同じワンピなのが何度かあるんですよ!これはきっと撮影がかなり立て込んでたんだろうな・・・なんてことを勝手に考えちゃった。どうでもいいことが気になるタイプなのだった。

コ・ソンヒは確かに美しい花嫁にピッタリの美人で納得だったし、イ・シヨンは刑事役が似合うイメージだし、その辺のキャスティングも良かったですよねー しかし、イ・シヨンの部下の二人の警官がチャラっとしてて彼女や他の警官たちとしっくり来てなかったのはイマイチ。他はソ・ジンギ役のリュ・スンスも、キム秘書役のチョ・ビョンモも絶妙な嫌らしさがあって良かったし、ジンスク役のイ・スンヨンも迫力があって大変好みで良かったです。見る前のドラマの地味そうなイメージはすっかり吹き飛び、重厚な脇役陣のおかげで凄く楽しめたなあと思います。

ただ、ジュヨンがどうしてソ・ジンギ達にあれだけ執拗に狙われてたのかだけ腑に落ちなかったというか。余計なことを知ってるから命を狙われるのは分かるんだけど、つかまえた後に殺さずに生かしておいた理由がよく分からなかったんですよね。途中で火事で死んだことになったけどさ。それまではどうしてそうだったのかは結局よく分からなかったなあ。

ラストは私はハッピーエンドにはならないんじゃないかと思って見てたんだけど、ドヒョンの思いはちゃんと叶うようになってたんですねえ。運とかじゃなくて幸せは自分の手でつかみ取るって感じの壮絶な戦いの甲斐があって良かったです。お疲れ様って言いたくなる感じのドラマでありました~

 

美しい私の花嫁が見れるのは・・・



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す