【香港映画】イップマン外伝 マスターZ の感想 イップ・マンシリーズを見てなくても楽しめる!

久しぶりに映画館に行って映画を見て来たんですよーっといってもずいぶん前かな・・・。でもまさにちょうど私がイップマンシリーズを1~3まで見終えたタイミングで「イップマン外伝 マスターZ」が上映されるなんてこれは見に行くしかない~と思って行ってきたんですよね!

当たり前ですが、やっぱりアクション映画は大きい画面で見るのが楽しいですね。そして、カンフー映画など見たことがない友人と一緒に見に行ったんですが、イップマンの本体のストーリーを全く知らなくても大変分かりやすかったと言ってて、すごく楽しめたそうです。そりゃよかった!

 

スポンサーリンク


 

この映画はイップ・マン3に出てきた張志天を主役にしたストーリー。イップ・マンに負けて詠春拳を捨てて、平凡に暮らしていた彼なんですが、いろいろあって最終的には正義のために詠春拳で闘う!っていうようなストーリー。わりと登場人物が多くて、最終的な敵に行きつくまでに色んな人が出てきてひねりもあるんですけど、非常に分かりやすく構成されてて素晴らしい。登場人物もそれぞれキャラが立ってますしね。やっぱりアクションが主体の映画ですから、あんまり複雑だと見ててしんどいですからこれくらいがちょうどいい。

それにしても出演者も豪華で見ごたえありました。張天志を演じたマックス・チャンのアクションももちろん良かったけれど、殺し屋役のトニー・ジャーの存在もちょっと敵のようなライバルのような感じが良かったし(トニー・ジャーがロッテの井口監督に似てるなあと思いながら見てた~)、二人の闘いのシーンも華麗でありました。

そして私はミシェル・ヨーが演じたクワンがめちゃめちゃ好きでした。あんな高いヒールを履いて激しいアクションを演じる彼女はすごい。大きな刀を振り回してるシーンでソファとか机がスパーンと切れちゃうのはめっちゃ笑ってしまったけど。ああいうの好き。この部分のアクションシーンは2組が闘っているのを映しているのですが、どちらの闘いも高度でなんだかどこ見ていいのか分からない気分になりました。長回しだし、目が足りないよ~

張志天の息子もいい感じでうまくエピソードに使われてて、ほっこりする部分があるのもいいんです。エンドロールで親二人で木人樁を使って型を練習するのとか見てるとパパがまた詠春拳を使うようになって良かったねえなんて思っちゃう。

作品を通じて分かりやすい勧善懲悪ですっきり気持ちよく楽しめる娯楽ものとして仕上がってますので、大変満足出来ました!とても好きです。

そして、最近またこの映画館に行ったところ、イップ・マン4のポスターが!香港ではすでに公開されているようですが、日本での公開も2019年ということは今年中ってことですね!完結編になるのかなあ?これはやっぱり映画館で見なきゃだなってことで要チェックだわ。

 

⇒Netflix






【韓国ドラマ】三つ色のファンタジー 君の恋愛実験 の感想 薬の副作用で超人的な能力を手に入れたら!?というお話

「三つ色のファンタジー」という三部作のドラマのうちのひとつ「君の恋愛実験」を見ました!3つあるんですけど、結局2作品しか見なかったなあ。もうひとつはまたいつか機会があったらかな・・・

そうそう、このドラマの中のカップル役のユン・シユンとチョ・スヒャンが恋する指輪にゲスト出演してましたね。二人のラブラブっぷりをキム・スルギちゃんが屋台で羨ましそうに見るってシーンがどっちのドラマにも出てきてそういうのは面白い。

 

スポンサーリンク


 

主役のユン・シユンは就職浪人のインソン役。お金が欲しさに治験のバイトをするんだけど、その薬の副作用で超人的な能力を手に入れて・・・っていうお話。

そんな感じでこのドラマも現実には起こりそうにないファンタジー仕立て。超人的な能力を手に入れるけど、最後にはやっぱりその効き目はなくなっちゃうってのもお約束。それでもあなたが好きよってなるのよね。う~ん、このストーリー展開知ってたよ~~~!

主役の二人がちょっと地味目で私にはちょっと物足りなかったかな。特にユン・シユンが能力を手に入れたときにみんなに「かっこいい~」って言われるんだけど、イケテない時とイケてる時のビジュアルの差を感じなくてつまらない。眼鏡をかけてるかかけてないくらいではわっかんないな~って思っちゃう。設定がややぶっ飛んでんだからその辺は極端なくらいにやってくれる方が好き。

まあでもカン・ギヨンがインソンの友人役で出演してて、自分をかっこいいと思ってる勘違い君を面白おかしく演じてて安定のいい味出してるし、まあそれなりに楽しめたかなって感じ。必見!って感じのドラマではないけど好きな俳優さんが出てたら楽しめるんじゃないかなと思います。

 

三つ色のファンタジー 君の恋愛実験が見れるのは・・・



【韓国ドラマ】三つ色のファンタジー 恋する指輪 の感想 はめたら相手の理想の姿になれる指輪があったら!?

三つ色のファンタジーはおそらく三部作なんだけど、そのうちの一つ「恋する指輪」を視聴終了しました!とっても大好きなキム・スルギちゃんが主役だし、アン・ヒョソプも以前見て好印象だったので見る前から楽しみにしていました!このシリーズは1話が15分くらい×12話という構成なので軽い気持ちで見るのにピッタリ。ちょっとファンタジーっぽい要素もあるので楽しく見れる感じです。

 

スポンサーリンク


 

キム・スルギちゃんは表情も豊かでとっても可愛いと思うんだけどな。でも彼女がいけてない女の子代表みたいな役どころなのは、ややいつも通りって感じ。でも最終的にハッピーエンドなのですけどね~ まあそんな普通っぽい子がイケメンとうまく行くってのは女の子の夢を体現したファンタジーって感じなのかなあ。ストーリー自体は、ちょっとうーんってところもあるんだけど、深く考えずにモ・ナンヒとパク・セゴンがどうなるのかを見ている分には楽しめるのかな、と思う。

アン・ヒョソプと言えば、タンタラでアイドル役で出てたのをすごく覚えてるんですよね。メインのバンドのメンバーたちには全然興味が湧かないドラマだったので彼の方が印象が強かったみたい。スタイルが良くて確かにイケメンだけど、ちょっと影があるというか癖があるところが好き。このドラマでもひどいことをはっきり言っちゃう鼻もちならない男ではあるんだけど、そういうところありそうに見えるキャラが彼に合ってたので楽しめたところもあるかもしれない!そしてそういう人なんだけど、本当は母親のことで傷ついているのとかも似合う感じでしたね。

それにしても韓ドラに限ったことではないかもしれないけれど、外見によるヒエラルキーっていうのが割とはっきりと描かれてるドラマが多い気がするなあ。美人とそうじゃないの境目ってそこまで明確に線引きできるものでもないし、整った顔だから美人って訳ではなくて、醸し出す雰囲気が可愛いって場合もあるし、ううむ。そこのとこはどうなんだろうな~とは思いつつ。世間がそうなのよ!って感じなのか、ドラマやテレビでそういう価値観を繰り返し描くからそれを見て植え付けらてるって部分があるのか、どっちが先なんだろうなんてことを考えちゃったなあ。

 

味噌玉の話とか、モ・ナンヒの両親なんかが可愛かったのも良かったし、そんな指輪なんてあるわけ無いよ~なんて突っ込まずに楽しむのが良いと思います!アン・ヒョソプの腕にすっぽり包まれちゃうキム・スルギちゃんとの身長差が良いです~~

 

三つ色のファンタジー 恋する指輪が見れるのは・・・