【香港映画】イップ・マン 継承 の感想 ドニー・イェンの身体の動きの美しさが堪能できる!

イップマンシリーズの第3弾、「イップマン 継承」を見ました!私これこのシリーズの中で一番好きかも!!!3作とも良さはそれぞれあるんですけれど、本作はラストに詠春拳×詠春拳の同門対決のシーンがあるのが痺れるんですよ!!! はあ~最高~~

 

スポンサーリンク


 

このシリーズのいいところは武闘シーンの素晴らしさだけじゃなく、ストーリーがちゃんとあるドラマ仕立てになっているところだなと改めて思いました。どうやらあくまでもオリジナルストーリーみたいなのだけど、イップ・マンの人となりがうまく表現できるように工夫されているんだろうなと思います。前作までは対外国勢力で物語が構築されていたのですが、今回はややその枠から外れたので更に見やすい感じ。とはいえ、時代背景や香港という土地柄その部分は完全には無くせないんだなあ。本当に激動の時代に生きた人なんだと思うのでした。

その香港の地で外国人デベロッパーが小学校を地上げしようとするんですが、そのデベロッパー役がなんとマイク・タイソン!へ~映画にも出演しているんですねえ!さすがの迫力でなかなか良かったな。
ラストの詠春拳同志のバトルも良かったんですけど、マイク・タイソンとドニー・イェンの3分間マッチがこれまた最高なんですよおおおお!!!闘ってる最中は言わずもがななんですけど、ドニー様が片足を前に伸ばして片足でしゃがんで構える姿がかっこよくて(私も出来ないかなって思ってやってみたけど、やっぱり出来ませんでした!当たり前)ギャーってなりました。なんですかね。あのポーズで来いよって手招きするんですよ・・・ あ~~ 私はこのシーンを見れただけでこの映画を見て良かったと思ったくらいです。美しい。あまりに美しい身体の使い方!

しかし、どこの宗派でも孫弟子辺りからはこっちが正統だあっちが正統だと揉めることが多いですよね。だいたいみんな自分の方が正統だと主張するもんなので、何とも難しい問題ですなあ・・・ この映画の中では張天志がそうで、イップ・マンと同じ梁贊の孫弟子。演じたマックス・チャンは雰囲気も印象的で動きも素晴らしかったです。彼はドニー・イェン等のスタントをしてた方みたいなんですけど、やっぱり実力がある人はこうしていつかちゃんと日の目を見るもんなんだなあ。良かった良かった、なんて思うのでした。

このシリーズは、イップ・マンの奥さんの永成への静かな深い愛が描かれていて好きです。声を大にして主張する愛じゃなくて、確かにそこにある強い繋がりに憧れるなあ・・・ 今作でいなくなってしまったけど、リン・ホンはとても良い役を手にしてそしてやりきりましたねえ。彼女の凛とした姿も映画のとても大事な一要素でした!

継承とタイトルにあるので、ブルース・リーがもっと出てくるのかと思ったら少しだけだったので、まだシリーズが続いたりするのかな??どうかな~?

 

イップ・マン 継承が見れるのは・・・




【香港映画】イップ・マン 葉問 の感想 心を無にし争わぬために闘う 

イップ・マン 序章に引き続き、イップ・マン 葉問を見ました!今回はイップ・マン家族が香港に移って来てその後のお話です。サモ・ハン・キンポーが洪拳の師匠として出演していて、ドニー様とサモハン様の勝負が見れるというカンフー好きには楽しい映画でありました。

 

スポンサーリンク


 

序章では対日本軍、今回は香港なので対イギリス人という構図になっていて、考えてみれば中国という国土は翻弄された歴史を持っているんだなあとしみじみ思ったのでした。しかし、イップ・マンは武術の師匠としての精神的にも素晴らしい資質を持った人として描かれていて、中国武術だけが優れていると主張するのではなく、相手のやり方も尊重することが大事だと説くのでした。

一番心に残ったのは、弟子のレオンと話していた時の、争わないために闘うんだ、という言葉です。そうか、実は一番強くなってしまえば逆に誰とも争う必要がなくなる訳ですもんね・・・ だから、鍛錬するっていうことは誰かと戦うためではなくて、自分自身に勝つためなんだと思ったのです。武術というのはあくまでも自己修養のためのもので、自分に勝つためのものなのかもなあ。

イップ・マンの弟子としてホァン・シャオミン(黄暁明)も出てましたが、普通の服を着てたら違和感があるくらい端正だなと思ってしまった。途中で挫折したドラマの岳飛伝で見たことがあるだけですけど、ああいう古装の方が似合う気がします。でも血気盛んな感じがいい感じに出てて良かったんですけどね。

ラストの中国武術対ボクシングも見ごたえがありますけれど、それぞれ格闘技には強みも弱みもあるので、狙いどころが違うんだなあ。ボクシングはリーチが長いけれど、その分、脇が甘くなりますからね~ 体の大きさやパワーがあれば勝ちという訳ではないのが面白いですね。

そして、それよりも見ごたえがあったのは、武館を開くことを認めてもらうために各門派の師範とイップ・マンが不安定なテーブルの上で対戦するところかな!まず、猴拳に八卦掌、そしてホン師匠の洪拳とそれぞれ違いがあって見てるのがとっても楽しかった!そう、私は映画の影響を受けて門派とか全くわからないままカンフーはどれも同じだろうとたまたま近くで教室があった八卦掌を習ったことがあるんですよ!数か月でやめたので、基本のきも分からないままだけど、ちゃんと続けてたらあんなのが出来るようになってたのかな~なんて想像して楽しんでました。

そしてラストには子どもの頃のブルース・リーも出てきて、これは「イップ・マン 継承」に向けての布石かな!?って感じ。イップ・マンはドニー様のはまり役なので続編も見るのが楽しみですー

 

このドラマが見れるのは・・・
⇒Netflix




【香港映画】イップ・マン 序章 の感想 ドニー様の詠春拳と表情が素晴らしい~

これもいつか見ようと思いつつ先伸ばしの映画の「イップ・マン 序章」をやっと見ましたよー!引き続きシリーズの「イップマン 葉問」も見なきゃだな!

 

スポンサーリンク


イップ・マン(葉問)は、ブルース・リーも師事したという詠春拳の師匠として有名ですねー。ドニー・イェン(甄子丹)が演じてるんですけど、武術を使うシーンは非常に美しい!

詠春拳って女性の使い手が多いイメージがなんとなくあったんだけど、動き自体がやや小さくまとまっているので、小さい女性にも使いやすい武術なのかもしれない。

そして、彼を助ける工場長の友人、チンチュンを演じるのは、サイモン・ヤム(任達華)。通訳のリー・チウを演じてたのはラム・カートンで、あれこの組み合わせ最近見たな~と思ったら「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」で敵味方で出てたんだった。この出演者がかぶってるのが香港映画っぽい~

そしてイップ・マンの奥様を演じてるのが、リン・ホン。凛とした佇まいが美しいですね。静かな恐妻って感じでもあるのだけど、品が良くそして愛ゆえと分かるのでなんだか素敵なのだった。彼女は、王子様の条件の時みたいに華やかな洋服を着ているのも美しいけれど、旗袍を着てる姿もとても素敵。決め手は伸びた背筋なのだなあ。

とにかく建物の意匠やインテリアが素敵なんですよね。

茶館の内装もいいなあと思って見ていたんですけど、日中戦争が始まる頃が時代背景とあって、その後は風景がまるで変わってしまいます・・・

こういうのを見るとやっぱり戦争ってとても悲しいものなんだな、と思う。奪われる日常。この時は敵が日本だけれど、相手が誰とかとに関わらず戦争というのはすべきものではないのだよな。

三浦役は池内博之。彼はわりとよく香港映画に出ている気がしますね。この映画の中で三浦は武術に対して敬意を払っている人として描かれていて、その部下の渋谷天馬が演じた佐藤が非道な敵国人としてタイプを分けて描かれていた感じ。でも妙に渋谷天馬の演技の方が印象に残る。まあラストの三浦とイップ・マンの闘いが驚くほどあっさりしてたせいもあるのかもしれない・・・

どうしてもこの時代の映画となると日本が戦争の相手国として出てきてしまうので、見てるのが辛いところもあるのだけど、日中戦争があったのは事実なので、逆にこれからはそういうことが起こさないようにどういうことがあったのか冷静に知っておきたい気持ちはあります。

まあそういう部分は置いておいても、やっぱりドニー様のアクションは最高に美しいし、そしてなによりも昔からずっと顔もアクションのキレも変わらなすぎで驚いちゃう。初めて見た「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱」で目を奪われたあの動きと同じ感動を今も与えてくれるなあ・・・と思うのでした!

 

 

イップ・マン 序章が見れるのは・・・