【中国映画】フライングギロチン の感想 暗殺部隊「血滴子」の行きつく先が悲しい・・・

フライングギロチンってなんちゅうタイトルや!と思いながらもこの映画を見たのはやっぱり出演陣の豪華さのせいですよね。それに監督もインファナルナル・アフェアのアンドリュー・ラウなんですよ!彼もほんと色々なタイプの映画を撮ってるなあ~ まあちょっと苦い後味はなるほどという感じもある。ちなみに見た後に彼が監督だと知ったのでした。そうそう最近になって気づいたんですけど、私はどちらかというとどの監督の作品かというよりも、どの役者さんが出演しているかで見る作品を選んでいる気がしますね~

この映画はホァン・シャオミン、イーサン・ルアン、ショーン・ユーの3人が主役といえるかな!

天狼役のホァン・シャオミンが最初出てきた時に、彼とは分からなかったんですよ!でもよく見るとやっぱり彼でした。長髪におひげとなかなかワイルドな姿なんですけど、なかなか素敵。いつも男前だな~とは思うものの、割れ顎が気になって気になって。この姿だと、そこがおひげに隠れて見えなくて、むしろ素直にイケメンだなと思いました。天狼という役もカッコよかったですしね。

暗殺部隊「血滴子」の隊員の冷役がイーサン・ルアン。この映画、フライングギロチンってなんのことやと思ってしまうんですが、つまりその血滴子の暗殺のための道具なんですね。分かりにくい。見ててそれを知っていくとなるほどな、とは思うんですけど、視聴前に想像するのはもっとバッサバッサ斬るちょっと明るめなアクション的なイメージ。まあアクションではありますけれども、もっともの悲しさがあるんですよね・・・ 原題が「血滴子」でありまして、彼らの行きつく悲しい結末を描いてる訳で、フライングギロチンになってしまうとやっぱりなんだか違うよなあ・・・

あとイーサン・ルアンは嫌いではないんですけど、王朝の陰謀の時の三蔵法師の弟子みたいなののが似合ってる気がする。というのもそこでも書いたんですけど、彼はとにかく手指が非常に美しい人なんですね。どうも暴力が似合う手じゃないように感じてしまうのだなあ。そんな理由で私はこの役はあんまりかな。哀愁のこもった眼差しは良かったんですけどね。

血滴子のメンバーも実はとっても豪華!少林問答のチョウ・イーウェイ(坊主似合うね!正しくは辮髪だけど)や、ジン・ボーランも出てました。彼らの無邪気な姿が踏みにじられるのを見るのは辛かったな・・・

この映画のストーリーの舞台は清王朝。政権を握っている満州族が漢族を迫害していた頃の話。天狼は漢族を扇動するリーダーでそんな彼を排除しろと血滴子に命令が下る。その後の彼らはどちらも悲しい結末を迎えるのだけど、その後、満漢融合の志がかなったという歴史を考えると、少しはその気持ちも和らぐような・・・気がしませんよ!やっぱり彼らの姿を見るのが苦しかったよ!民族とか国とか関係なくみんなが幸せでいられるといいな。

そうそう、一体どのあたりで撮影をしたのでしょうか、天狼たち漢族が隠れている里の風景がただただ美しいです。それさえも奪われてしまうけれど。フライングギロチンも西洋の武器に取って変わられて、血滴子たちも必要ないと簡単に捨てられてしまうし、なんだか切ないストーリーだったなあ。もっとそういう心構えをしてから見たかったかも~~

 

フライングギロチンが見れるのは・・・

【韓国映画】ディヴァイン・フューリー 使者 の感想 ヨンフがめっちゃファザコン・・・

さてー溜まってる感想をどんどん書いていきますよおおお!!!といいつつ、映画館で見た映画だけでも6本くらいまだ書いていない感想が溜まっております。ドラマはもっとあるぞ!もっとスピード感をもって行動しなきゃと思ってはいるんですけど、そんなこと言ってても仕方ないので、一つ一つ書いていきます!頑張ろう~と自分に言ってみる・・・

話は戻すと、この映画は、なんとなく悪魔退治系の内容かな~などと予想しつつ見た訳なんですが、エクソシスト物でありました。表面的にはそうなんですけど、根底に貫かれているものが「ファーザーコンプレックス、つまりファザコン」なんでは?としか思えなくてねー なんか主人公のヨンフの行動のきっかけがすべてそれなんですよ。韓国映画やドラマでマザコンの青年はよく出てくるんですが、ファザコンってあんまり見ないよな~とちょっと驚いたような新鮮なような。終始そんな気持ちで見てたので、実際の悪魔との闘いはあんまり集中できなかったよ!

パク・ソジュンが演じるヨンフは、幼少期に父親を亡くしてまして、その父親が敬虔なキリスト教徒で彼も連れられて教会に通っていたんですね。で彼の父親が事故にあった時に、神父さんに神に祈れば「お父さんはきっと助かるよ」なんて言われて一生懸命祈ったのに結局父親は助からなかったと。そこでヨンフくんはその神父さんと神様を逆恨みして憎むようになっちゃうんですね。それなのに、大人になった彼の体に聖なる力みたいなのが宿ってどうやらそれが悪魔退治が出来る能力だったんですね。そのことを調べているうちにエクソシストのアン神父と知り合って、なんとなく悪魔祓いの手助けをすることになるんです。が、彼はまだ神を信仰することに抵抗感が拭えず、自分の能力のことも受け入れられないのです。が、アン神父が危険な状態になった時に彼を助けるために戦いに赴いてクライマックスへ!って感じであります。

まあ、神への信仰を無くすのも父親の死によってだし、アン神父を助けるために受け入れることが出来なかった自分の能力をとうとう使おうとするし。ちなみにアン神父への思慕はまるで父親に対するそれで、父親という存在を渇望していた彼はそれまで本当の父親に対しての思いをそのままアン神父に受け渡す感じ。その上、盛大なネタバレになりますけども、なんとラストにヨンフはエクソシストの勉強をするためにアン神父と一緒にバチカンに行くんですよ!なんだかヨンフの壮大な父親への思慕を見せつけられている気分になる映画でしたな。バチカンへ行くのも使命を果たすためというよりはアン神父大好きでついてっちゃっただけなんじゃ・・・とか思ってしまう~ まあこの終わり方は続編も作れちゃうぞ~ってな仕込みも感じましたけど。

そして、ヨンフの母親は全く不在で、死別したのかそうじゃないのかはもう描かれていたかも覚えてないんだけど、どっちにしてもそれくらいの小さい子どもは母親に対しても思慕を抱くと思うんだけどな。そういう描写一切無し!気持ちの良いくらいの潔さ。女性不在!

パク・ソジュンは総合格闘技のチャンピオン役なんですけど、まんまサム、マイウェイやんと思いました。あれはチャンピオンではなかったですけどね。まあそんな肉体に神父さんの服を素肌に纏うのは反則~とは思いました。しかし、エクソシストの戦い方ってこんな感じなんだなあとちょっと冷静に見ちゃったり、ラストのラスボス、ウ・ドファンとの対決も割とあっけなく感じてしまった。多分ねえ、私がこの映画を見る少し前に悪女を見たので、アクションシーンを無意識に比べてしまったのかもなあ。

あと、ウ・ドファンは良かったんです。良かったんだけど、あまりにもはまりすぎるというか、いかにも過ぎるというか、それでこのキャスティングも物足りないような気もしてしまった。意外性がない感じ?彼は冷たそうな外見のわりに傷ついたような繊細な表情が似合うので、そういう部分が出せる役の方が断然好きだなと。

ですね。なので私はあんまりストーリーは面白いと思えなかったです。でもパク・ソジュン、ウ・ドファン、アン・ソンギはそれぞれ素敵だったので、その姿を楽しむにはいいんじゃないでしょうか!

 


⇒Netflix







【東新宿】辛ちゃん チキンの辛ちゃんとは別のお店!こちらも美味しかった~

辛ちゃんと言えばチキン屋さん知らなかったんですが、別の辛ちゃんがあるんですよ!そちらにランチを食べに伺ってきましたよ~ 豚カルビが食べたいと調べてたら美味しいって出てきたんであります。

 

スポンサーリンク


 

お店の場所は職安通り沿いなんですが、かなり東新宿よりかな。すしざんまい近くです。そこに本店とあと2店舗くらいが固まってある感じです。

入ると体温を測るセンサーもあって、その点の対策はすごくちゃんとしてビックリ。私たちは本店に入ったんですけど、テーブル席は4卓くらいの小さい空間にそういうのを設置しててすごいな~と。まあ安心で良いですね。

こちらの辛ちゃんは店長さん?の写真がトレードマークみたい。
ランチメニューはこんな感じ。どれも美味しそう~

豚カルビ定食は決めていたので、もう一つはポッサム定食にしましたよ。シェアしながら食べられるの良いですねえ!

あと、普通の定食にプラスして追加料金で冷麺とかチゲもつけられるみたい。おなかペコペコの人には嬉しいかもしれませんね!ライス、おかずもおかわり可能だって。ちゃんとメニューに明記してくれてるの親切でいいね。

さて、メイン以外のご飯やらスープやらがやってきました。
完璧ですね。韓国料理屋さんのランチはもうこれだけで美味しそうに見える。

おかずは3種類ですよ。キムチもナムルも美味しかったよ~

サンチュもついてきたけど、豚カルビのためのものか、ポッサムのためのものか分かりません。どっちも巻いて食べたけど!

ひえー ポッサム来たよ~ ランチでポッサム食べられるの嬉しい!
真ん中の辛いのと白菜と一緒に食べると最高に美味しい。白いご飯に合いますなあ・・・

そして豚カルビもやってきましたよ。骨の周りのお肉をしゃぶるのが美味しい!
この甘辛い味のタレがこれまた美味しいなあ。ご飯が進みます。

ランチがなかなか良い感じに楽しめましたので、夜も是非行ってみたいなあと思いました!ランチの少しずつ色々食べるっていうのも捨てがたいですけどね。どっちも魅力的!

⇒辛ちゃん

【中国映画】大陸英雄伝 の感想 チョウ・ユンファが演じるのは殺人王!

大陸英雄伝を見ました~!チョウ・ユンファ主演でそんなタイトルの映画あったっけなあと思ったら、和平飯店のことじゃないか!それなら記憶にある。しかしこれまた邦題は「大陸」の「英雄」なんて大きく出たねえって思いながら見てたら、その感覚は間違いなかった。一応「英雄」とは言えるかもしれないけど、あくまでも和平飯店内での出来事だけしかエピソードが出てこないからなあ・・・ タイトルはそのまま原題の和平飯店で良かった気もしますけども。

さてさて、内容はチョウ・ユンファ演じるピンのいる和平飯店にセシリア・イップ演じるマン?シュー?がやってきて色々起こる、と。ピンは10年前にギャングを皆殺しにして殺人王と呼ばれる男。その後、和平飯店を開いて来るもの拒まずでやって来た者を守ってやっている。しかしセシリア・イップがやって来てそれまで守って来た規律が崩れ、そして和平飯店は・・・という感じです。

内容はまあさておき、チョウ・ユンファはかっこよく描かれてます。私たちは彼に男のロマンってのを背負わせ過ぎてしまってるんじゃないだろうかとさえちょっと思ったよね。だってピンは殺人王なんだよ。「1人殺したら犯罪者で、たくさん殺すと英雄なんだ」という謳い文句は映画の中でもあったし、戦争や裏社会はまさにそうなんだとは思うけれど、でもどうしてもチョウ・ユンファは極悪人感がない人なので、ピンのような過去を背負った男って感じに見えないような。彼が演じると殺人王でもただのかっこいいイケおじですやん。

それとあとは、砂埃の舞う和平飯店でのアクションが見どころなんだろうなあ。死者を弔う紙銭やら、落ち葉やら、とにかく物が舞ってて、美意識なんだろうな~と思うんだけど、やりすぎの感が否めずで、ちょっと素に戻ってその雰囲気の世界に入りきることができなかったー!変にニヤニヤしながら見ちゃった。

ところで初めからセシリア・イップが演じるマンがずうずうしくて騒がしくて見ててうっとおしくて堪らない。そのくだりが長くて、実はちょっと挫折しようかなとさえ思ったのよねえ。それなのにピンは結局彼女を愛してしまうんだもん。いい男には良い女が似合うと思うのに、ヒロインの魅力が全く伝わってこないとそうは見えなくてしんどかったですなー

和平飯店に攻め込んでくるムンとピンの因縁、マンの存在など話の筋はシンプルながら面白くないことはないんだろうけど、力の入れどころのバランスが悪いのか、ちょっと惜しいな~なんて。でも舞台となっている1920年~30年代の中国の雰囲気とか、チョウ・ユンファのかっこよさを堪能するには間違いない映画かな~とは思います。

 

大陸英雄伝が見れるのは・・・

【韓国映画】ブリング・ミー・ホーム 尋ね人 の感想 どうか僕のことを忘れないで諦めないでいて

「ブリング・ミー・ホーム 尋ね人」を見てきましたよー!イ・ヨンエの14年ぶりのスクリーン復帰作だそうなんですが、よく考えてみたら私は彼女の出演作はドラマも映画も見たことがないのでありました。私ってばメインストリームを通ってきてないので、こういうことよくある。なので、初イ・ヨンエだったんですが、やつれても戦って汚れてもイ・ヨンエは美しかったですなあ。はい。

6年前に行方不明になった息子のヨンスを探すジョンヨンとミョングク夫妻なんですが、夫のミョングクが捜索中に不幸な事故で亡くなってしまったり、ヨンスの目撃情報が届くも、ジョンヨンが受け取ったミョングクの死亡保険金を狙う義弟がそれをネタにジョンヨンからお金を巻き上げたり。そしてヨンスは・・・?というような内容。ほんと見ててやるせない。

ヨンスに似た子がいたという情報があったのは、郊外の釣り場。そこを経営している家族が非常に怪しげで、警官も巻き込んで悪さをやってるんですね。どう見ても普通じゃないので、そりゃジョンヨンもこれは何かを隠してると察しますよね。そこからは妙に壮絶なバトルで、母は強しなんだけども、なんか妙にスリリングな展開過ぎて違和感も感じたかなあ。

子どもの行方不明というのは私が想像している数なんかよりもずっと多いんだなあと知りました。あの釣り場の家族は子どもたちを労働力としてこき使って虐待しているケース。きっとそういうのも多いと思うのだけど、そういう風に虐待してるのとかが外から他人が見てもわかりやすいっていうのは少ないと思うんだよなあ。行方不明の子どもを探すという部分を強調するならば、もっと普通の家族の中に隠されているそんな子どもの存在を丁寧に描いてほしかったような気してしまう。映画としてドラマチックな展開にしようとしたんだろうけど、ちょっとな~と思っちゃう。そんな感じ。

あと、ラストは私はハッピーエンドじゃないのではないかと受け止めました。本当にネタバレになっちゃうのだけど、ミンスは結局ユンスではなかったようなので、ユンスはまだ生きていると探し続けるジョンヨンがラストにまたヨンスかもしれない子を見つけるのだけど、あれはきっとヨンスではないんだろうと思うのです。そしてきっと彼女はこれからも探し続けるのだろうなと。なぜなら、この映画から私が受け取ったメッセージが「どうか僕のことを忘れないで、そして探すのを諦めないで」だと感じたからです。イ・ウォングン演じるスンヒョン(彼も元行方不明児だった)の母親みたいに絶望して自殺してしまわないで、というような。

とはいえ、完全にバッドエンドという訳でもなくて、ジョンヨンは自分の息子と同じ境遇にあるかもしれないジホを助けることが出来たし、それもあってか希望を失わずに探し続ける力を失っていないし。まあそれにしても釣り場の家族もひどいけど、保険金をだまし取った義弟がとにかくひどい。わかりやすい悪人よりも、良い人のふりをしている悪人の方がよっぽど怖いと思うのであった。ブルブル!

 

⇒Netflix