【韓国ドラマ】死の賛美 の感想 真に生きるために死を選ぶという二人のお話

「死の賛美」の視聴を終了しました。心中する二人のお話なのだけれど、不思議なくらい彼らがその死を選ぶ前から生の匂いがしないのだった。人間味がないというのだろうか。美しい絵画を見ているような感覚。

彼らの選ぶ死は八方塞がりの中、まるでそれしか方法が無いかのように必然的に起こる美しい結末のようにも見えるのだけど、彼らが有島武郎が心中を選んだと言うことを知らなかったら選択肢にならなかった気がする。知識があると選択肢が増えることにより精神の自由度が高くなって最適解を得ることができるものだと思っていたんだけれど、もしかするとそうとは言い切れないのかもしれないのだな、なんて思ったのだった。分からない。彼らにとっては「真に生きるために死を選んだ」のだからこの結論が正しかったのかもしれないけれど。

 

スポンサーリンク


 

ただひたすら人間の汚い部分を省いて二人の愛が選ぶモノを崇高に描きすぎるような気がして、あまりにもファンタジーのお話のような気がしてしまう。彼らの愛が無機質に見えてしまったんだけど、もしかして表面には表れない激情が根底に流れていたのでしょうか?私にはどうも伝わってこなかったのです。

あと実話を基にしたドラマらしいんですけど、ユン・シムドクが留学してまで音楽を学ぶような家庭環境に見えなかったんだよな。食べることにも事欠くような状態で、音楽に触れる機会があるかな?そしてそれを親が学ばせようとするかな?それも3兄弟全員にって言うのがなんだか不自然に思えてしまうような気分。うーん。お金持ちだった人が落ちぶれてあの状況だというならわかるんだけど。学校で音楽に触れたってことかな?余裕のある家庭じゃないと音楽の才能にまで目が向かない気がしてしまう。でもこれはわたしの感覚なので、あの時代の韓国では普通のことだったのかもしれない。そういう時代背景、状況などをもっと知りたいなんて思っちゃう。

そんな感じで二人の姿は非常に美しかったし、切なさも満載でまさに死の賛美って感じではあったのだけど、「生」との対比が無い「死」って印象を受けたんですね。そうか、もしかしたら生前から自分の意思を貫くことが出来ずに死んでるように生きていたから彼らとっては「死」はあの世への境界線ではなかったのかもしれない。そう考えるとなんとなく納得できる気もする。

キム・ウジン役のイ・ジョンソクもユン・シムドク役のシン・ヘソンも古典的な服が似合ってそれは素敵でした。シン・ヘソンが今まであまり得意ではなかったけれど、この役にはピッタリでしたね。とてもお綺麗でした。

パク・スジンはあなたが眠ってる間にの監督だったので、その縁でイ・ジョンソクが主演したそうですね。彼らの切ない恋に浸ることが出来たならとても良いドラマだと思うし、彼の演技も憂いを秘めた感じは良かったな。残念ながら私は浸りきれなかったなあ・・・

あと、日本語の発音などはわりと良い感じだったんだけど、手紙の宛先部分が差出人になっててそこはちょっと惜しかった~ ちゃんと漢字だったんだけどね~ そんなことばっかりチェックしちゃうんだな・・・

美しい映像と二人の悲恋の切なさをまっすぐに受け止めることが出来ればとても素敵なドラマだと思うんですが、自死というものを美しく描きかれ過ぎることに私はなんだかぞわっとする不安のような違和感を覚えてしまって不思議な気分で見たドラマでした。

 

死の賛美が見れるのは・・・
⇒Netflix

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す