【新大久保】千里香 テーブルで羊肉串が焼ける延辺料理のお店!

これもまたかなり前の新大久保訪問の記事であります。この際に行ったのは千里香というお店。ちょっとスパイシーなものを食べたいという気持ちとテーブルで羊肉が焼けるらしいと聞いて、なんか楽しそう~と思って行ったのでした。

ちなみに場所は新大久保の駅を出て左側に道沿いに歩いていくとあります。ビリヤニを売っている八百屋の2階で、シャオウェイヤボーの隣のビルでもあります。

 

スポンサーリンク


 

こちらは延辺料理のお店とのことなのですが、延辺とは中国と北朝鮮との国境辺りの地域なのだそうです。これは初体験(多分)なので楽しみ~。

中国のお酒も韓国のお酒もそして中国茶もある。

でも、まずはビールですね。羊肉だもん。ビールだよね。(と言っていつでもビールを飲んでいます。うへへ)

おつまみ3種もいい感じでありますね。

メニューは本当に色々ありましたよ!

串料理も色々あります。ここでまず豚足串を選びました。が!これが結構な大きさだったため、後ほどちょっと後悔することとなります(^^;

ほう。串料理に食パンとか饅頭とかあるんだけど!

せっかくなんで延辺料理からも選ばないとねってことで、牛ハチノスムチムを注文。

犬肉料理なんてのもあるー!

そして水餃子なんてのも頼んでみた!具が肉と野菜があったのだけど、肉餃子にいたしました。しかし魚料理も大変美味しそうでありますなあ。もっと大人数で行ったら食べてみたい!

私の好きな皮蛋痩肉粥もある!あれ、これ香港料理じゃなかったかな・・・ まあそんなもんですな。

デザートなんかもあるよー

さて最初にやってきのは、牛ハチノスムチム!
これとなりに写ってるピーナツと比べてもらったら分かるんじゃないかと思うんだけど、かなり大皿でやってきたよおおお。

そして辛い。じわじわぐわーっと来る。ひえええ。でも美味しいです。
唐辛子だけじゃなくてスパイスがまた違う感じ。

箸休めに水餃子を食べつつ、ビールを飲みつつ、辛さを緩和。皮が厚めで肉汁もタップリで美味しいねえ。

そして豚足来たよ・・・ え?デカいな。二串頼んじゃったけど、一串にして分けて食べれば良かったな・・・  この写真じゃ分かりにくいかもだけど、一串にゲンコツくらいの大きさの豚足が2個刺さってる感じです。

こちらは焼かれた状態で出てくるので、テーブルでは焼きません。そして、かかってるスパイスが独特!すごい。こういう感じの豚足は初めて食べたなあ。

テーブルに置いてあるスパイスを見たら、クミンやら唐辛子などが混じった感じ。豚足にかかってるのも同じですね。この辺りはクミンを多用するんだなあ。羊肉を食べるからかな?興味深い~~!

ところで、お分かりでしょうか。この3皿を食べ終わった時点ですっかり満腹になった我々。それでも羊肉串という目的が全く達成できてないので、せめて一人1本ずつの2本で注文しようとしたら、「6本からよ~」と言われてあえなく撃沈であります。わーん。卓上でクルクル焼いてみたかったのに~~

ってなわけで、羊肉串未踏のまま店を後にすることになって残念無念。でもきっとリベンジしますからね。次回は迷わず、ビールと羊肉を先にオーダーしてやる!むしろそれだけ食べれたらいい!くらいの強い気持ちを持って挑みたいと思います!!!!わーん。

 

⇒千里香

【新大久保】香港飯店0410でちゃんぽん&チャジャン麺を食べて来たよー

行列が無くなったら行ってみたいと思っていた香港飯店0410に行ってきました!平日の晩御飯の時間に行ったら列もなくすぐ入れましたよ!土日祝などは分からないけど、最近はあんまり行列を見ない気もするのでちょっと落ち着いたのかもしれませんねー

スポンサーリンク



席が準備されるまでちょっとお店の前で待っていたのでその際にメニューをチェック!

普通のちゃんぽんはもちろんのこと、ちゃんぽんバプという麺とごはんが入ったものやら、焼きちゃんぽんもあります。焼きちゃんぽんもちょっと気になりますねえ。見かけは味が濃そうだけどどんな味かなあ。

そしてチャジャン麺、チャジャンバプと大皿のチャジャン麺もありますよー HOTって書いてるから大皿のは辛いのかな。チャジャン麺って甘めな気がするんだけど、これに辛さが加わったらどんな味なのかなー

そしてタンスユクやアルコール類ももちろんありますよー

どのメニューも全部テイクアウトも出来るみたいですね。混んでる時はいいかもだけど、電車に乗って持って帰るのは大変かな・・・

そして最後のページにはこのお店の説明が。ペク・ジョンウォンは外食専門家なのか。新大久保店が日本1号店なんですねー ほー

まずはたくあんとタマネギがやってきました。たくあんがめちゃめちゃ薄くスライスされてるのが凄い。これ嫌いじゃない。薄いの結構好き。

そして我々はもちろんビールをオーダーです。プレミアムモルツでございます。

さて、注文したチャジャン麺とちゃんぽんがやってきましたよ!いつも肉&麺で食べてばかりのメニューなので味の違いを試すのが楽しみです。

チャジャンもちゃんぽんも麺はわりと太目。これは味が濃いめのソースやスープだからある程度の太さがある方がいいんでしょうね。麺は肉&麺より少し太いかな?くらいであんまり違いは無いかな。

さて、味はチャジャン麺はタマネギがしっかり炒められてるからなのか優しい甘めな味です。うん。これは肉&麺よりかなり甘めの印象です。

そしてちゃんぽんはかなり辛さが際立ちます。スープはキリっとしてさっぱりめのスープ。海鮮+豚肉+野菜の味わいが出ているけど、辛さ>旨味って感じ。旨味よりも辛さが先に舌に来る。少し癖のある味わいのような気もしたんだけど、何の味かはちょっと分からなかった。香味野菜系かな・・・ 肉&麺のちゃんぽんのスープは旨味>辛さなので、ずいぶん違いますね~ あと肉&麺は貝が沢山入っているのですが、ここは貝は無かったのでその辺りもスープの味の違いなのかもしれません。これは好みだけど、私は肉&麺に軍配かな。

でもこうやって色んなお店で食べてみるの楽しいですねえ!全然味が違うのが実感できるので食べ比べオススメです~!

 

【新大久保】 小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)でいつもの米線と初めての烤冷面を食べたー

どうしてもモチモチの米線が食べたくなるので行ってきました小魏鴨脖店です~
肉&麺のちゃんぽんのスープも忘れられない味なんですが、ここの米線のスープもたま~に食べたいって衝動が起こる味なんですよねえ・・・

そんな感じなので、最近は新大久保に行ってもどちらかのお店にしか行けてなくて、新規開拓できてませんなあ。

 

スポンサーリンク


 

大部分のメニューは変わっていないようだったのですが、新しいメニューがあったので、撮って来た。

うずらの卵ともみじと膝軟骨の麻辣味ってのは美味しそう。膝軟骨食べたいな。
まあまた次回にいただきたいと思います。(また行く気満々だ・・・)

さて、まずはビール~ この日はきめ細かな泡のいい感じのビール~~
いつもも普通な感じで悪く無いんですけどね!

さてさて、米線はもう決まってるので、サイドメニューを選びますよお。

鴨胗といういわゆる砂肝にしました!辛さはちょっとだけってことで注文。

来た来た。ちょっとハムっぽいような歯ごたえのあるのがいい感じ。
他の鴨の部位よりも辛さを感じないような気がします。食べやすいです。

そしてサイドメニューもう一つは烤冷面であります。

平たい麺に卵を割って焼いて中に具を入れたもので、軽食として食べられてるものみたい。

これが麻辣的な味なのかと思ったんですけど、カレーっぽいスパイスの味で新鮮でした。スナック的にいい感じのメニューでした!美味しい!

そして米線やってきた~!!!今回はエビ団子を具に選んでみましたよ。

めちゃめちゃあっつあつで来るので、やってきた直後に写真を撮るとレンズが曇っちゃうのだ。

食べる時に黒酢を入れるのが好きなんですけど、テーブルに置いてあるのを使ってみようと思って唐辛子みたいなのを入れたらめちゃめちゃ辛くなってヒーヒー言いながら食べました(^^; 美味しい、辛いの気持ちが交互に押し寄せてきて大変。

テーブルに置いてある調味料はこの3種。黒酢、唐辛子と匂ってみたらビリビリしそうな山椒みたいなのが右側の容器に入ってるものでした。これも多分辛いんだろうなあ。

は~今回も美味しかったなあ。サンドメニュー的なものも順番に試せてるのでいい感じ。

そういえば、レジのところにLINE payのステッカーが貼ってあったので使えるんですか?って聞いたらあと数日後って言ってました。もうすぐしたら使えるようになるのかもしれませんよ~ 便利!

そして、余談ですが、小魏鴨脖店の隣にある八百屋さんみたいなお店があるんですが、ここも気になっています。店名は書いてある気もするけど、何語か分からないし読めない・・・

八百屋っぽいんですが、ネパール料理の総菜なんかも置いてるらしくて、サモサとかビリヤニなんかもあったんですよ!ここもめっちゃ気になるので機会があったら買って帰りたいなあと思ってます。涼しくなったらテイクアウトでも安心ですもんね!

 

⇒小魏鴨脖店

【新宿】海底撈火鍋(ハイディラオ)で異国情緒満点のお腹いっぱいランチを食べた!

なんだかめっちゃ楽しい火鍋屋があると聞いて行ってきましたよー!この「海底撈火鍋(ハイディラオ)」は池袋とか心斎橋とかにもあるみたいなんだけど、行ったのは新宿店です。歌舞伎町にあるので、新大久保からも徒歩圏かな!

 

スポンサーリンク


 

とにかくまずは様子見ということでランチタイムに行ってきました!

ランチメニューは
・ヘルシーセット
・ラム肉セット
・白身魚セット
・豚肉セット
・牛肉セット
といったラインナップ。

とりあえずこの日は豚肉セットにしたよー
でも今考えてみたら、二人で行ったので別々のを頼んで半分ずつお肉を分けて楽しめばよかった!だいたい後からこういうことを思う・・・

鍋の種類も色々選べるんですが、ランチ料金に含まれてて追加料金がかからないのが、きのこの白湯鍋と中華トマト鍋だったので、これまたとりあえずそれにしました。パネルで選ぶんだけど、この辺の鍋の味の選び方とかは分かりにくかったんですよね。でも店員のお姉さんに聞いたら丁寧にレクチャーしてくれるので、分からなかったら聞いてみるといいと思います。

次回は辛いのを食べてみたいので麻辣鍋にしようかな。お客さんが中国人の方が多いので辛さの度合いが高めなのかなと思ってこの日は手が出ませんでしたー!!!

さて、注文が完了したら鍋がやってきます。熱を入れるのはテーブルでなので、スープの温度が上がるまでバイキングコーナーに行ってたれを作ったり、野菜を取って来たりするのがオススメ!

枝豆とかトマトなんかもありますし、違うコーナーの方にはスイカなどフルーツがあるところもあったよ!さっそくトマトも枝豆も食べる。

そして肉や野菜をつけて食べるたれも自分で作ることが出来ます。これが楽しい。オススメのたれの作り方も書いているので、そのレシピに従って好みに合うものを作ります。もちろん完全オリジナルで作るものありですよね!

ポン酢なんかもあるのでしゃぶしゃぶみたいに食べることも出来ます~

っていうかナニコレめっちゃ楽しいな!

とにかく種類が多いんですよ。なにもかも。

タレを作ったり、豆のスープを飲んだりしてるとスープが沸騰してきましたよー
豆のスープみたいなのはちょっと甘くて冷たいデザートっぽいものです。これも美味しい。こういうの好きなんです。

灰汁が結構出てくるのですくうんですが、これもお姉さんがやってくれる。

その上、このトマトスープはそのまま飲むことも出来ますよ!ってお姉さんが教えてくれて、バイキングコーナーでネギとかそぼろみたいな具を入れてきてくれてそれにスープを入れたのを作ってくれたんですよ。めっちゃ美味しかったです。

い、いたれりつくせりや・・・

そして野菜やお肉をしゃぶしゃぶしながら食べるんですけどタレを変えたり違うスープでしゃぶしゃぶしてたらこれもすごく楽しかったなあ。

その上、たぶん1時間に一回くらいだと思うんだけど、なんだか中国っぽい芸をする方やら、麺を伸ばす方なんかがテーブルの間を練り歩くんですよ!異国情緒満点ですなあ。食べるのに夢中で写真を撮るのは忘れたよ・・・

そしてラストにはデザートの杏仁豆腐もあるよー

そして更にバイキングコーナーにあったきくらげと棗とクコの入ったデザートスープみたいなのも飲んだ!食べきれない・・・ お腹いっぱいであります。

最後はガムもくれます。

店員さんも中国人だし、お客さんも中国人の方が多いお店で、雰囲気も含めて楽しめます!家族連れも多かったなあ。エンターテイメント的に楽しめる部分もある面白い火鍋屋さんでした。お腹も満足しましたよ!とってもオススメ~!!!
平日の昼間は待たずに入れたけれど、土日時間によっては予約したから行った方がいいかもしれないです。

⇒海底撈火鍋 新宿店

【新大久保】小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)のスパイスは癖になる味&新メニューが出てたよ!

友人が鴨の首をかじりたいかじりたい辛い物を食べたいというので、行ってきました小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)!前回行ったのは8月だから思ったより間があいていました。なんだかもっと頻繁に行ってるイメージだったけど違ったようです。とはいっても新大久保のお店の中では定期的に訪問している方ですね。

全体のメニューは前回のと変更は無かったんですが、新メニューが出来ていましたよ!

串焼き各種が新メニューとして紹介されていたので、その中から羊肉の串をオーダーしてみました。イカ団子の串焼きなんてのもちょっと斬新な気がしますな・・・

テーブルの横に呼び出しボタンもあるので注文もしやすくなって良い感じであります。本当に初めて来たときは日本語を話せる店員さんがいなくて苦労したりもしたのですが、今はすっかり便利になりました。今回も日本語も話せる店員さんでしたし。

む、なんか粉がいっぱいかかってる・・・ので、辛いのかと身構えたのですが。

そんなに辛い訳ではなくて、ビールに合う良い感じの辛さ。鴨に使われてるスパイスとはまた違う味なので、羊肉に合うものなんだろうな~ この羊肉串は中国の新疆辺りに行った時に夜に屋台で食べたのと感じが似てる~なんて懐かしい気持ちになりました。お仕事で行ったんだけど、夜の街に現地ガイドさんが連れて行ってくれたんですよね~ 懐かしい!

 

スポンサーリンク


 

さて、鴨の首もやってきましたよ~

オーダーする時に辛いタレをかけますか?と聞かれたんですが、丁重にお断り。かけなくても唇が痺れるのに、かけたら一体どれくらい辛いんだろう・・・?

興味はあるものの「美味しい」の範疇の辛さで食べたいので未挑戦のまま。いつかは挑戦してみたいなあ・・・

ちなみにちゃんとこんなビニール手袋がついてくるので手が汚れません。便利。
そうそう、食べてるとだんだん唇が痺れてくるので、途中から「そうか!唇が当たらないように歯で肉を噛みちぎればいいんだな!」なんて思いついてしまったのですごい形相で食べていたかもしれません・・・

ひと口目はそこまで辛くないって思うんだけど、後からじわじわと来る痺れる辛さなんです。途中からだんだんと何も考えられなくなって来たので、ストレスを忘れたい人なんかにもこの辛さはオススメかもしれません!

そして私の大好物の米線!今回はエビ団子をトッピング。もっちもちの麺が本当に美味しくて、麺類の中で一番好きかもしれないなあなんて思うくらいです。そして美味しいスープと適度な辛さ。黒酢をかけて食べると体がポッカポカになります。本当に美味しい。

外食をすると、私はあとからすごく喉が渇くんですが、ここの食べ物は辛さが引いた後は喉が渇きません。化学調味料とか使ってないからじゃないかな?

そしてラストはメニュー真ん中の手抓餅で野菜を巻いたもの。

唐辛子がのってる写真だからこれも辛いのかな・・・?と思ったのですが、食べてみたら中のキャベツ(だと思う)がとにかく甘くてとても美味しい!

手抓餅ってわりと脂っこいんだけど、すごく美味しいんですよね。ビールに合うなあ~!これもお気に入りになっちゃったなあ。

完全に鴨首と米線を食べるのを外せないので、他のメニューをなかなか試せないのでした。嫌っていうほど通ってこの二つを飽きるほど食べたらやっと他のメニューを試すことが出来るようになるかしら・・・!笑