【新大久保】小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)のスパイスは癖になる味&新メニューが出てたよ!

友人が鴨の首をかじりたいかじりたい辛い物を食べたいというので、行ってきました小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)!前回行ったのは8月だから思ったより間があいていました。なんだかもっと頻繁に行ってるイメージだったけど違ったようです。とはいっても新大久保のお店の中では定期的に訪問している方ですね。

全体のメニューは前回のと変更は無かったんですが、新メニューが出来ていましたよ!

串焼き各種が新メニューとして紹介されていたので、その中から羊肉の串をオーダーしてみました。イカ団子の串焼きなんてのもちょっと斬新な気がしますな・・・

テーブルの横に呼び出しボタンもあるので注文もしやすくなって良い感じであります。本当に初めて来たときは日本語を話せる店員さんがいなくて苦労したりもしたのですが、今はすっかり便利になりました。今回も日本語も話せる店員さんでしたし。

む、なんか粉がいっぱいかかってる・・・ので、辛いのかと身構えたのですが。

そんなに辛い訳ではなくて、ビールに合う良い感じの辛さ。鴨に使われてるスパイスとはまた違う味なので、羊肉に合うものなんだろうな~ この羊肉串は中国の新疆辺りに行った時に夜に屋台で食べたのと感じが似てる~なんて懐かしい気持ちになりました。お仕事で行ったんだけど、夜の街に現地ガイドさんが連れて行ってくれたんですよね~ 懐かしい!

 

スポンサーリンク


 

さて、鴨の首もやってきましたよ~

オーダーする時に辛いタレをかけますか?と聞かれたんですが、丁重にお断り。かけなくても唇が痺れるのに、かけたら一体どれくらい辛いんだろう・・・?

興味はあるものの「美味しい」の範疇の辛さで食べたいので未挑戦のまま。いつかは挑戦してみたいなあ・・・

ちなみにちゃんとこんなビニール手袋がついてくるので手が汚れません。便利。
そうそう、食べてるとだんだん唇が痺れてくるので、途中から「そうか!唇が当たらないように歯で肉を噛みちぎればいいんだな!」なんて思いついてしまったのですごい形相で食べていたかもしれません・・・

ひと口目はそこまで辛くないって思うんだけど、後からじわじわと来る痺れる辛さなんです。途中からだんだんと何も考えられなくなって来たので、ストレスを忘れたい人なんかにもこの辛さはオススメかもしれません!

そして私の大好物の米線!今回はエビ団子をトッピング。もっちもちの麺が本当に美味しくて、麺類の中で一番好きかもしれないなあなんて思うくらいです。そして美味しいスープと適度な辛さ。黒酢をかけて食べると体がポッカポカになります。本当に美味しい。

外食をすると、私はあとからすごく喉が渇くんですが、ここの食べ物は辛さが引いた後は喉が渇きません。化学調味料とか使ってないからじゃないかな?

そしてラストはメニュー真ん中の手抓餅で野菜を巻いたもの。

唐辛子がのってる写真だからこれも辛いのかな・・・?と思ったのですが、食べてみたら中のキャベツ(だと思う)がとにかく甘くてとても美味しい!

手抓餅ってわりと脂っこいんだけど、すごく美味しいんですよね。ビールに合うなあ~!これもお気に入りになっちゃったなあ。

完全に鴨首と米線を食べるのを外せないので、他のメニューをなかなか試せないのでした。嫌っていうほど通ってこの二つを飽きるほど食べたらやっと他のメニューを試すことが出来るようになるかしら・・・!笑

 

 


【新大久保】小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)の店内がリニューアルされて綺麗になっていた!

なんだか鴨のネックにかじりつきたいな~なんて思いついて、久しぶりに行ってきました小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)!あの何とも言えない食べごたえと辛さって癖になるのかもしれないなあ。そんな久々の訪問では、お店の外観は変わりませんが、店内に入るとリニューアルされてて、日本人でも利用しやすい感じになっていましたよ~

 

スポンサーリンク


 

まず、1階のレジの隣にあった4人掛けのテーブルはなくなっていて、その部分には注文されたメニューを上の階に運ぶミニエレベーターが設置されてました。そして以前は、客席は2階だけだったように思うのですが、3階も客席になったみたい。そのミニエレベーターのおかげかな?

そして、レジで注文をしてから上の階の席に向かう感じだったんですが、今は席についてからゆっくりオーダー出来ちゃいます。メニューもちゃんと日本語訳がついているので、これなら中国語が分からなくても問題なしです!

米線の具も増えてて、そして分かりやすくなってて嬉しい!でも結局今までと同じイカ団子を頼んでしまったんですけどね・・・笑

そして今まで見たことのなかった新しいメニューもちらほら。

まずは鴨脖をオーダー!辛いのOKって言ったからなかなか刺激的な辛さでやって来た!ビールに合う~

生ビールは売切れみたいで在庫が無かったので、瓶ビール。
中国人のお客さんでビールを飲んでいる人はあんまり見なくて、みんな瓶のコカ・コーラや王老吉という中国の甘い漢方茶を飲んでる人がほとんど。辛さを和らげるために甘い飲み物を好むのかも?

そしてキター!米線。アツアツを食べると美味しいけど辛いので、冷ましてから食べるとちょっと辛さが和らいで食べやすい。このモチモチした麺が何とも言えず美味しいんだよな・・・ スープもしみじみ美味しいです。

そして手抓餅を頼んでみたよ!ネギ入りの薄いパンケーキという風情。これがまた美味しいんですよね。スナック的なおいしさ。香港とかでネギ入りのクラッカーがよく売ってて好きだったんだけど、ちょっとその感じの味です。とても好きな味。

このお店に行くとかなり香辛料の臭いがついちゃうんだけど、そのいろいろ使われた香辛料のせいで癖になる味になってるのかな?どうしてもたまに行きたくなっちゃうのでした!

 

 

【新大久保】老北京火鍋料理 蝎子王(しゃしおう)で羊蝎子(ヤンシェズ)鍋を食べた!

新大久保の駅の改札を出て左側に大久保通沿いに10分程度歩いているとひときわ目立つ赤いお店が老北京 蝎子王(シャシオウ)です。一体何のお店なんだろう・・・なんて思いながら以前から前を通り過ぎていましたが、行ってみることにしました!
ちなみにHona Cafeの隣のビルの地下です。なんだかWi-Fiが繋がるな~と思ったらHona Cafeの電波でありました。この前行ったときにパスワード登録したからですね・・・びっくりしたわ~

そして、お店は地下1階なんですけども、この画像のドアを開けると階段がありまして、そこを下っていく感じです。ドアが開くといきなり階段でなんだかおもしろい。

 

スポンサーリンク


 

それにしても蝎子王(しゃしおう)という店名はいきなりサソリなんて文字が入ってるし、一体なんの料理が食べられるんだろうかと思ったら、羊蝎子(ヤンシェズ)と呼ばれる羊の背骨の鍋料理でした。羊の背骨がサソリに似て見えることのでサソリの字が入ってるみたい。というわけで店名も羊蝎子から来ているようですね~

まず飲み物メニュー

生ビールは450円。他にもいろいろアルコールはそろってますね。

飲み放題のメニューなどもあるみたい。

生ビールはサントリーモルツでした。ちょっと小さめのジョッキ。

そして料理のメニューはお店の看板と同じくめっちゃ燃えてますねえ・・・!メラメラ

前菜や、

餃子や饅頭系もおいしそう。

そのほかにも中華メニューがあります。ほうれん草とピーナツ和えとかおいしそう。


ですが、やっぱりこのお店の一押しの羊蝎子鍋を食べてないとね!


スープは2種類。濃厚スープとマーラー濃厚スープ(中辛・大辛)があるのですが、やっぱりここはちょっと辛めがいいかなと、マーラー濃厚スープにしました。が、さすがに大辛はドキドキするので、中辛にしましたよ!

まず出てきたのはもやしナムルみたいなのと、茹でピーナツ。

そして羊蝎子鍋が来たー!
2人前@2800円を注文しましたが、これには羊蝎子とスープとネギと香菜くらいなので、野菜も入れて食べたい場合は別に注文が必要です。

私たちは揚げ豆腐(厚揚げ)を追加で注文しましたよー

煮えた!香辛料のかぐわしい匂いがしますー!
唐辛子がいっぱい入ってるのでちょっとびっくりしましたけれど、適度な辛さです。
全然、羊肉の臭みもなくておいしい・・・!

骨髄までしゃぶって食べます!ダイナミック!

こんな背骨部分が4~5個くらい入っていて、私たちは結構満足しましたが、もっと食べたい場合はお肉だけ追加で注文もできるみたいです。

 

そのほかにはランチメニューも発見。
一人でも羊蝎子食べたいよ、なんて時はランチが良いかもしれません。

羊肉は、ジンギスカンくらいしか食べたことがありませんでしたが、こういうスパイシーな味も合いますね。とてもおいしくいただくことができました。

私たち以外のお客さんは中国人の方ばかりでした。あんまり日本人には羊の背骨はなじみがないですが、たまにはこういうのも異国情緒を感じられてよかったです!

 

【新大久保】帆 台湾の有名な料理の排骨麺(パイコー麺)がすごくおいしかった!!!!

そういえば、この間行こうとして閉まっていて一回振られたのですが、定期的に帆(ハン)の自家製ザーサイが食べたくなるため訪問に再挑戦してきましたよー!

 

スポンサーリンク


今回はオススメ的なメニューから食べたことのないものを選んでみようってことで排骨麺をオーダー!
⇒その他のメニューはこちら

台湾ラーメンと台湾まぜそばもずっと気にはなっている・・・
こうして見てみると、お酒を飲むのもいいけど、普通に晩御飯を食べるのにもいいメニューが揃ってるなあ~

 

まずは絶対に外すことが出来ない自家製ザーサイ!

他のザーサイは食べられない体になってしまった・・・
透き通ってヒスイのようだと思いません!?(大袈裟)

 

そして排骨麺がやってきたー!

たまごの半熟感が最高だし、お肉のカラッと揚がり具合も最高!
揚げ物はやや苦手だけど、全然平気だったのは香辛料が良い具合に効いてるのかな?
カラッとしたところも、つゆに漬かってるところも美味しい。わーお。

麺もなかなか好みの太さでした。ビールにも合う味!

 

そして最後は大餃子!羽根が食欲をそそるー!

チェーン展開してる日本の餃子居酒屋みたいなのに行ったものの、そこの餃子を全く美味しく感じることが出来ないことがあって、そんなことがあるんだ!とショックを受けたんですけど、帆のはやっぱり美味しかった!私が餃子を嫌いになった訳ではなくて、そこのが口に合わなかったんだなあ・・・

 

やっぱりとっても美味しくていつも通り満足して帰ったのでした!また行こうっと!

 


【新大久保】台湾餃子房 東新宿近くのゆったりできる中華料理屋さん

東新宿駅から帰る友人と軽い晩御飯を食べようと駅近辺の明治通り沿いでファミレスを探していたのですが、餃子なんてのもいいね~と見かけて入ったのがこの台湾餃子房

私たちが入店した時はお客さんがいなかったせいか店員さんがテレビを見ててアットホームな感じ。

 

スポンサーリンク


 

店内のメニューには無かったのですが、お店の前に出ていたメニューに餃子+1品+ビールで1000円くらいのセットがあったので、私はそれを注文。

生ビールは480円で、新大久保ではちょっと高めかな?

セットの1品は480円の前菜から選べたので、私はピータンを選びました~

メニューは色々な中華料理があるので、台湾餃子のお店だけど、台湾料理のメニューだけって訳ではないようです。

チャーハンの種類が色々あるのがいいな~

セットのピータンと台湾餃子。
餃子は肉汁がじゅわーとして美味しい。アツアツのうちに食べるのがオススメ。

そしてこれが台湾ワンタンだったんだけど、スープが醤油ラーメンのみたいだったな~ 麺もあるワンタンメンの方が良さそうだな~と個人的には思いました。

お客さんの年齢層も色々で、おじいちゃんから学生さんまで広範囲。お酒を飲む人やら晩御飯を食べる人と色々な利用方法が出来るお店かな~と思いました。