【香港映画】少林サッカー の感想 チャウ・シンチ―映画のおじさん達はどうしてこんなに魅力的なんだろう!?

やっと「少林サッカー」を見ましたよ~!いやもう単純なストーリーなんだけど、よくできてて文句なしに面白いですなあ。008よりも更に万人が楽しめる映画のような気がしますね。しかしチャウ・シンチ―映画にはいつもおじさんが沢山出てきますけど、ほんとただのおじさん達なのになんでこんなに輝かせるのがうまいんだろうって感心します。ほんと美人も出てこないし(出てるけどみんな変なメイクとか扮装だし)イケメンも出てこないのに(チャウ・シンチ―は実はイケメンだと思うけど)こんなに惹きつけられちゃう映画ってすごいななんて思う。

 

スポンサーリンク


 

シン(チャウ・シンチー)の足の脚力も凄いけど、他の兄弟弟子たちのそれぞれの技も面白くてもうずっと笑ってました。でも爆笑っていう感じじゃなくて、あはははうふふふみたいなゆるい笑いがずっと続く感じなのよね。すごいパンチを一撃食らわせられてノックアウトって感じの笑いじゃなくて、ジャブの応酬で最後には面白くてもうだめだパタリみたいな気分ですね。

ほんとに画面にいるだけで面白いおじさんたちがいっぱい出ててね。監督のファンやクのン・マンタとか、鉄の頭のウォン・ヤッフェイとかはチャウ・シンチ―の映画の常連ですよね。他のメンバーも味があるというか個性的というか、言ってみれば美しい絵柄ではないのに(失礼!)好きでたまらないって気分になっちゃう。

あと敵チームになぜかカレン・モクやセシリア・チャンが出て来たり、ヴィッキー・チャオもぶつぶつのあばた顔の人の役だし、オシャレしようとしたのにボディコンみたいな肩パットの入った服とドぎついメイクになっちゃったり、スキンヘッドになったりでまともな顔の時が全然ないし~~!あ、でも最後に出てきた雑誌の看板だけまともだったかな。でもそれって写真じゃん!笑

 

ストーリーも単純で分かりやすいけど、ちゃんと筋が通ってて勧善懲悪で気持ちよさがあるのかもな。おじさん達が自分の能力を発揮する正しい手段を得て活躍するっていうのは、見ている側が何者でもない自分に重ね合わせて元気をもらえるっていうような要素もこの映画にあるのかな・・・なんて思いました!

まあとにかく単純に面白くて素敵な映画ですよね!面白かった!

 

 

少林サッカーが見れるのは・・・


【韓国ドラマ】愛の迷宮~トンネル~ の感想 事件解決のため30年の時を超えてやってきた刑事のストーリー

「愛の迷宮~トンネル~」の視聴を終了しました!チェ・ジニョクとユン・ヒョンミンはどちらも好きな俳優さんなので見るのをとっても楽しみにしていました。そしてその期待を裏切らない面白さでありました!タイムスリップという題材は韓国ドラマではよく出てきますが、パターンはいろいろですよね。このドラマのタイムスリップは30年前から現在へという形なので、時空を超えた主人公の驚き方にこの30年間の進歩というのはかなり急激だったんだなと実感します。事件の解決のための捜査方法も昔と今では全然違う!世の中は加速度的に変化しているなあ!

 

スポンサーリンク


 

ま、でもやっぱり邦題にはいつもの如くツッコミを入れたくなりますね。愛の迷宮なんて言われたらどんなメロドラマが展開されるのかと思って見始めたんですけど、犯罪捜査モノやん!?ってビックリしましたよ。ちょっとちょっと!残酷な殺人事件なんかも発生するんですけど、なんでジャケットがピンク色なんだろう・・・?
まあグァンホがヨンスクを愛していて、過去に戻って彼女のそばに行きたいという愛もあるけど、娘の存在が明らかになって娘を守りたいという愛もあるので、言ってみれば家族愛が描かれてるので、迷宮ってのはちょっとなあ。そしてその部分よりも犯人逮捕のための捜査に重点が置かれてる気がするのですね。っていうか、事件は迷宮の中って感じだけど、愛の存在は確かだから迷宮じゃないじゃないですか?ドラマの内容のイメージとタイトルのイメージがかけ離れてると本当にガッカリしちゃうよー

まあそれはさておき、このドラマはとてもキャストが良かった!熱血刑事のパク・グァンホ役のチェ・ジニョクと冷静で人とあまり関わらないキム・ソンジェ役のユン・ヒョンミンの相性もとても良くて見てて楽しかったな~。むしろ今まではチェ・ジニョクは冷静なイメージの役の印象の方が強かったんですけど、熱血さがすごく良くてね、いい意味で驚きでした。スタイリッシュなイメージを脱ぎ捨てて泥臭い感じの地道にでも着実に捜査する刑事役が好印象でした。ユン・ヒョンミンもどこか独特の雰囲気がありますよね。不思議な軽妙さがあって、冷たいふりしてもちょっとお茶目なのでグァンホとソンジェの心の距離が縮まって行くのを見るのが楽しかった!

他の強力班チームのメンバーも面白メンバーだったので、ほのぼのしてて良かったですよね。現在では本当にチーム長になってたソンシク役のチョ・ヒボン、クァク・テヒ役のキム・ビョンチョル、ソン・ミンハ役のカン・ギヨンのやり取りが最高に面白かったな~!だから、事件は凄惨なものではあったんだけど、全体的にあったかい雰囲気のドラマだったのが良かったですね。シン・ジェイ役のイ・ユヨンも神秘的で良かったし、感情を抑えて生きてきた彼女の心がほどけていくのにちょっと感動してしまったり。

そんな感じでとても好きなドラマでした。タイムスリップをして変化したであろう結果の整合性はどうなるんだろう?という疑問はちょっとあるんですけども、まあその辺はまあいいかな。どっちの世界の人々も幸せに暮らして欲しいなあなんて思ってしまう。そんな風に登場人物に親しみを持ってしまう感じでした!

 

 

愛の迷宮~トンネル~が見れるのは・・・



  

【香港映画】盗聴犯 狙われたブローカー の感想 ダニエル・ウーのバイクアクションがすごい!

盗聴犯 死のインサイダ-」に引き続き、「盗聴犯 狙われたブローカー」を視聴いたしました!一応原題では前者が「竊聽風雲」、後者が「竊聽風雲2」となっているのですが、同じ役者さんが出てはいるもののストーリーは完全に独立しているので、どっちから見ても大丈夫でございます。どっちも見たから分かったんですけどね。続いてると思って焦って2もすぐに見たよね~

で、私はラウ・チンワンとルイス・クーはどっちも出てるけど、ダニエル・ウーは出てないな~と思ったら出てた!爆 え~!1で眼鏡をかけたインテリっぽいマックスと2の万能すぎる野性的な男ジョーが同一人物だったなんて!全然違う人に見えません!?ジョー役の人を全く違う俳優さん(彼女たちの恋愛時代とかに出てた巫迪文、似てないかな・・・?私の記憶なんてそんな程度)と勘違いしてたのもありまして余計にビックリしてるんですけど、感想を書こうとして調べてて知ったから本当に驚きました。あんな肉体派なんだ~すごいな~ イメージがまったく違う!!!!

 

スポンサーリンク



 

という訳で、メインキャスト3人は同じでそれぞれ違う役ってのはなかなか面白いですね。それぞれガラっと違いますからね。凄い役者さん達だからこその試みって感じ。

ルイス・ク―は保安課の刑事課長ホー。今度は道は外れず職務を全うしようとする警察官。スーツを着てピシっとしてる姿はやっぱり素敵。またまた白髪交じりの髪なんだけど、これがこんなにセクシーなのって彼ぐらいなんじゃないかと思うなあ。

そしてラウ・チンワンはブローカーのロー役。完全な悪人という訳ではない感じが凄く似合っているなって。あっちにもこっちにも弱みを握られて利用されて大変。逃げようとしたけど、まあ無理ですよねえ。

まあ一番すごかったのはやっぱりダニエル・ウーですよね!もう忘れませんよお~笑 前回とは打って変わって父親の敵を取ろうとする親孝行な退役軍人のジョー役。カーアクションもバイクアクションも凄いですよ!!!今回の見せ場はそこかなあ。最初から、わ~って感じです。今回は彼が一番印象に残りましたなあ。

自分の身を犠牲にする(殺させる)ことで犯罪の証拠をつかみ悪人を逮捕させるというストーリーをどこかでも見たなあと思ったのですが、韓国ドラマのサインだな・・・ あれは自分の死体を解剖させることで犯人が毒を使って殺人をした証拠を掴もうとしたんでしたな。この映画ではやっぱり最後に残された証拠は盗聴して録音されて音声でしたね。ジョーの身体に盗聴器を埋め込んでの壮絶な復讐にやっぱりやるせなさが募ります。

そのおかげで悪人を捕まえることが出来て良かったとは思うのだけど、でもやっぱりなんとも言えない虚しさは残るかな・・・ 悪い爺さん逮捕で溜飲が下がってスッキリする!って人にはいいんだけど、それって本当に父親の復讐になっているのかな、お父さんは息子にそんなことをして欲しいと望んでいたのかな、と思ってしまう私としては他の方法を選べなかったのだろうかと考えてしまうのでありました。親のために犠牲になる子どもを見るのがあまり好きではありません・・・

そうそう、だってジョーがあれだけ綿密な計画を立てて盗聴したり、バイクに乗ったり、何でも出来て万能な訳ですよ。それだけの能力があったら他の方法で復讐することも出来たんでは?と思っちゃうのと、ホーが道路から落ちそうになったジョーを助け上げた後、ジョーに手錠も嵌めないでそれも背を向けて電話をし出した時に反撃を受けて自分が手錠をかけられてジョーには逃げられるってシーンで、ちょっとスーンってしたな。まあラストを見るとそこに繋げるためにはジョーにまだまだ一役買ってもらわないといけないからそこで捕まるわけはないんだけど、ちょっとわざとらしいなと思ってしまったのですよね。

そういう感じで、すべてを盗聴に繋げる感じとか、ラストのジョーの行動ありきのストーリー展開なので、ちょっとおや?と正気に返ってしまうような感覚がありました。全体的にはカーアクションとか見どころも多いんですが、私は1の方がストーリーとしてはしっくり来るかな、って感じでした。それぞれ良さがありますが!

 

 

盗聴犯 狙われたブローカーが見れるのは・・・



【香港映画】盗聴犯 死のインサイダ-取引 の感想 なんだかやるせない気持ちになる映画であった・・・

香港映画「盗聴犯 死のインサイダ-取引」を見ました!監督は「インファナル・アフェア」シリーズの監督アラン・マック、そして脚本も同じアラン・マック&フェリックス・チョンコンビということで期待が高まりますよねー。こちら2もあって続き物なのかと思ったのですが全く独立した内容でそれぞれで楽しめるタイプ。ラウ・チンワン、ルイス・クーとダニエル・ウーのメインキャスト3人は両方とも出てるんだけど、同じ俳優さんが出演しているというだけで演じてる役は違う人物でした。良かった~ 双子の兄で出てきたらどうしようかと思ったよ~!

 

スポンサーリンク


 

この映画を見て感じたのは、昔に香港映画を見てた時と同じ感覚です。あの頃見てたのは黒社会を描いた香港ノワールが多かったんですけど「悪いことをしたらその報いを受ける」っていう因果応報の思想っていうのが当然のように描かれてて、この映画もまさにそれ。悪い人はもちろんなんだけど、良い人だったとしても悪いことをしたら当たり前のように死の報いを受けるというやつ。そういうの私も普通に受け止める感覚があるのはアジア人だったり仏教とかに親しみがあるからなのかなと思ったのは、確かゲッタウェイってアメリカの映画でうっかり人を殺したカップルが国境を越えてメキシコに入ってアメリカから脱出出来たから捕まらなかった助かった!ってまるでハッピーエンドのように描かれているのを見て強烈な違和感を覚えた時かなあ・・・おーい!って思いましたもんね。そういう自分の当たり前がすべての人にとっての当たり前ではないってことを実感できる機会になるからやっぱり外国作品の鑑賞って面白いね~なんて思いますな!

ラウ・チンワンってなんだか昔とあんまり変わってない気がして歳をとった気がしないな~ むしろ昔が老け顔だったからかも?刑事の3人チームのうち彼が演じたジョンはヨンとマックスを止めようとしたんだけど時すでに遅しだったのですよね・・・

ルイス・クーが演じた刑事のヨンは一番切羽詰まっていて、子供が沢山いて病気の子もいる。その上、自分が末期ガンと判明しどうしてもお金を家族に残したいとインサイダー取引に手を染めてしまう。でもその代償はあまりに大きく、家族を失い、彼も左手足を無くし、最後は自らの生命を賭して復讐を遂げる。家族を守るためにしたことが逆に家族を危険な目に合わせることになってしまうという皮肉な運命。

ルイス・クーの演技がとても素晴らしかったです。こんなくたびれた役も演じられてしまうのよね・・・ 白髪が混じった髪が似合って素敵なんて珍しいよね!かっこいいんだな~

ダニエル・ウーが演じるマックスはお金持ちの娘と結婚することになっていてその義父に侮辱を受けてコンプレックスを感じていたんですよね。見返したい気持ちがインサイダー取引に手を出す原動力になってしまったんだろうな。

なんだか3人の刑事の金銭的だったり、心理的にだったり追い詰められている状況がうまく挿入されていて、彼らがそうせざるを得ない気持ちになってしまったというのがなんとなく理解できるような気になります。やってしまったことの代償の大きさも見せられるので受け入れられるのかもしれない。

そして、こっそりウィリアム・チャンも出ております。香港映画にも出てるのね~と思ったら香港人だった!だから彼はアフレコじゃなくて本人の声なんだな!古装姿しか見たことなかったからスーツ姿は初めて見たので新鮮でした。

不正取引をしている会社社長のローの顔を見て、お~!と思ってしまった。男たちの挽歌で裏切り者のシンを演じたレイ・チーホン(李子雄)じゃないですか!!!!
いや~お元気そうで何よりです。何回も見た映画に出てた人の顔はやっぱり忘れたりしないもんなんですねえ!

 

警察官が欲望に負けてインサイダー取引に手を染めてしまうっていう展開を想像もしてなくてちょっとビックリしたかな。そうかタイトルが「盗聴犯」なのでまさか捜査のための盗聴が犯罪につながるって思わなくてねー。まあ面白いか面白くないかというと興味深くはあったんですけど、割と簡単に人が死んでしまいますし(それも子どもちゃんまで)痛快さなんかは無くてやるせないな~みたいな複雑な気持ちになる映画ではありましたな・・・うむむ。

 

 

盗聴犯 死のインサイダ-取引が見れるのは・・・



【中国映画】更年奇的な彼女 の感想 リウ・チョンがひどい男に見えないけどな~?

中国映画の「更年奇的な彼女」を見ました!韓国のクァク・ジェヨン監督のアジアの彼女三部作、韓国の「猟奇的な彼女」と日本の「僕の彼女はサイボーグ」に続く最終作らしいです。が、私は他のをどっちも見ていないので比べられないのでありますが。まあなんで邦題が「更年期的な彼女」じゃなくて「更年的な彼女」と猟奇的な彼女を彷彿させ漢字を利用しているようですな・・・ そういうの訳わからんなあといつものことながら邦題に関して思いつつ。

 

スポンサーリンク


 

ちなみに私がこの映画を見ようと思ったのは、ウォレス・チョンが出演してたから!なんですけども、元カレ役なので出番はほとんどありませんでした~ でも、私が一番共感できたのは、彼が演じていたリウ・チョンだったかもしれないなあなんて。「チー・ジアをこっぴどく振った酷い人」という視点で見る人もいるのかもしれないだけど、中途半端でなくもう無理だということをはっきりと伝えているのって実は優しさのようにも感じてしまうのですよね。

チー・ジアが卒業式にウェディングドレスを着て来て、リウ・チョンに結婚を迫るんだけど、彼は断るんですね。まあみんなの前で恥をかいたという意味ではチー・ジアが気の毒ではありますが、そもそもそこに至る過程が途中で描かれているのを見ると、実際には先に彼の手を離したのは彼女の方なんだと思う。卒業後北京に行くという彼に私は行きたくない、履門であなたが帰ってくるのを待ってると言う彼女。それは仕事に失敗して戻ってこいという意味なのかと問う彼。向上心に燃えて北京に行って仕事を頑張ろうとしている彼に対し、全く耳を貸さない彼女。相談とかいうレベルじゃない。彼は私を愛しているから私のために戻ってくると思ったのかもしれないけど、彼はこの時に彼女とはもうやっていけないと決めたのだと思う。それなのに相手が自分と結婚したいに違いないと決めつけてウェディングドレスを着てくる彼女に私はドン引きですよ・・・ リウ・チョンの心の動きなんて全く見ていなくて、ただ自分が望むことだけを思い通りにしたかったんだなと。

という訳で、その卒業式の後、4年間も彼のことを忘れられずにいて若年性更年期障害になったと聞いても、自分で自分が作った罠に捕らわれただけのように思えてしまうというか。人のせいにしている限りそこから彼女は抜け出せない。

チー・ジアとユアン・シャオオウに関していえば恋愛というよりは依存の関係なのかなと思ったり。チー・ジアもどこか自分を世話してくれる人がいると分かっているからお酒を飲んだくれていられるんだろうし、ユアン・シャオオウは人の世話をすることで自分の存在価値を確認しているような気がしてしまう。もちろんそこには好意が根本にあるからこそではあるんだろうけども。それともチー・ジアは最初から自分を全部許して全部受け止めて全部愛してくれる人を求めていたのかもしれないのかな。それなら彼とはぴったりですね。

ジョギングの途中に通る林に生えてる気がとても素晴らしい景色だったんですよ!そこはとても良かったな。でもやたらとスケッチをしている学生がいるなと思ったら、チー・ジアとユアン・シャオオウのキスしてる絵が展覧会でいっぱい飾られてて、実は学生たちが見てて描いたんだということが分かる下りは素敵な流れだったかな。でも、どうなん?高校生がキスシーンを描いたとして、その絵を展覧会で飾ってもらえるもんなのか?ってちょっと思いましたとさー。

あと、日本語吹替しかなくて仕方が無いのでそれで見たんですが、BGMと声の音量のバランスがイマイチだったのか聞きとりづらいな・・・とちょっと思ってしまった!それからチー・ジアのいとこが顔が似てるのはまあ有り得るとしてもあの特殊な髪型までまるで同じなんてことあるんかな~とツッコミたくなったのでした!

 

ロマンチックコメディーなのかな~と思うんですが、私にあんまり理解できない映画でありました。こういう関係が素敵なのかな?分からない。けど愛のカタチって本当にいろいろあるからその内のひとつを垣間見れたのかな、と思っとこう!猟奇的な彼女も見たいと思ってたけど、似た感じだったら無理かもしれない・・・おお。

 

更年奇的な彼女が見れるのは・・・