【横浜中華街】悟空茶荘 素敵な空間で美味しいお茶を堪能できるカフェ

先日、横浜中華街でランチをした後に素敵なカフェに行ってきたんですよ!いつも行ってみたいと思っても混んでるイメージで行けてなかったんですが、この日の悟空茶荘はそこまで待機の人も多くなかったので、チャレンジしてみました。

1階がお茶や茶器を販売している店舗で、2階がカフェになっています。1階にウェイティングボードがあるので、希望人数を記入して待つことしばし。1階がお店っていうのは待ってる間に色々見れて良いですね。まさに2階で飲める茶葉やドライフルーツ、お菓子類が売っていて、こみあって行けない時はこういうのを買って帰ることも出来ていいなあなんて思いました。反対にカフェで試して気に入ったものを買うというのもありですね。全部揃えたくなる~!

さてさて、2階に行くと非常に雰囲気のある素敵な空間が広がっていました。本当に現地のちょっとレトロなお茶屋さんってこんな感じなのかな~と思いを馳せる。皆さん思い思いにくつろいでいて、とても良いです。

さて、まずはお茶の種類を選びますよー 色々あって悩むー!

私はジャスミンティーが飲みたい気分だったので、花籠ジャスミン茶にしてみました。お友達は苦丁茶にしてました。ちょっと苦いですよ、とお店の方がおしゃってましたが、私もちょっといただいてみたら嫌な苦みじゃなくて、すっきりとした苦み。上品でこれもまた美味しかったー!

そうそう、お茶だけじゃなくアルコールなんかもあります。こういう円卓で飲みながら、肉まんやジャーキーを食べるのも魅力的だなあ。

デザートやスナックも色々あって目移りしちゃうよー

色々気になったものの、飲茶ランチをいただいた後だったので、お茶請けプレートをオーダーしたよ。

こんなお茶を使ったスムージーなんてのもあって、これまた美味しそうだったな。夏にはいいかもね!

その他、小腹がすいたら食べられそうなお食事類もあります。

私はおこわがめっちゃ気になる。たまにとても食べたくなる時があるんですよね。

オーダーして待っていたら、まずテーブルにアルコールランプに火をつけてお湯が入ったポットを火をかけてくれます。どうやら茶葉に何度でもお湯を注いで楽しめるみたい。ポットのお湯が少なくなったらお願いしたら更に足してくれます。我々は最終的にポットに3回くらいお湯を足してもらった気する・・・ それくらい居心地が良かったんですよ!

お隣のテーブルが写っちゃうので、全体像をちゃんと撮れなかったんだけど、奥の方にあるガラスのポットが、お湯用のポットですよー

花籠ジャスミン茶もやって来ましたよ。お店の方がお湯を注いで、茶葉が開くまでちょっと待っててねと蓋をしてくれます。

ちょっとずつ開いて来たー!

花籠という名前にふさわしく、ちゃんと茶葉とお花が繋がっていて、花籠みたいな形になるんですよ!

この美しさをなんとか伝えたいと何度も写真を撮るも撃沈。でも雰囲気は伝わるかあなー?

上から見るとこんな感じ。一番上の真ん中の紅い花は千日紅で、茶葉と繋ぐ白い花はジャスミンの花だそう。もちろん美味しいお茶だったんだけど、それ以上に目にも美しくて、本当に心が満たされました。

かなり何度もお湯を注いで飲めましたよ。午後にお話をしながらのゆったりティータイムってとても良いです。

さて、お茶請けの方はマーラーカオ、干しブドウ、ジャーキー、干しみかんだったかな?甘いと塩気とのバランスが最高で、これもまたとても好みでした。特に干しみかんが初めて食べた気がするんだけど、こういう甘味が出るんだーと気に入りましたね。この辺りも1階に売ってましたよ!

とにかく、贅沢で満たされた時間を過ごせたなと、大満足のティータイムでした。どうしても珈琲ばっかり飲んでしまいがちな私ですが、良い茶葉は本当に美味しいと改めて思いましたよー!また行きたい。

 

⇒悟空茶荘


【韓中ドラマ】その男のバラード の感想 ノ・ミヌファンにはおススメだよ!

Gayo!で配信してたので見ましたよ「その男のバラード」!ノ・ミヌが出てたので見たのですが、どうやら韓中合作ドラマのようでした。ヒロインは中国出身で韓国に来て歌手を目指すという筋書きなのですが、彼女は中国語、他のキャストは韓国語を話し、それなのに完全に通じ合っているという謎に近未来的な言語感覚。主要キャストだけじゃなく、韓国の街中の人たちでも彼女の中国語を理解してたからね。すごい。まあでも、ほんとにイヤフォン型の翻訳機とか出来て、こういう風に会話できる時代が来るんだろうなあ~なんて思ったりしてたのでした。

ストーリーとしてはありがちで、目新しいところはないですね・・・ なのでおそらくノ・ミヌを愛でるドラマなのかな~と思われます。家を出てアルバイトをしまくってるという設定なので、ヘルメットをかぶった警備員やら、コンビニバイトやら、そして本領発揮のギターを弾いてるノ・ミヌやら色んな姿が見れます。

私も久しぶりにドラマで彼の姿を見たけれど、ほんと美しいと形容するのが正しいなと思うくらいお綺麗だなと思っちゃいました。一番見とれちゃったのは寝顔!美でしかない!

あとは気になったのは謎の丸亀製麺推しですね。ご飯食べに行く時は何故かここ。韓中合作ドラマだというのに、日本的なうどん屋さんでごはん・・・ スポンサーなのかな?韓国に何店舗くらいあるんでしょう?? それにしてもやっぱり日本風を醸し出そうとすると桜がポイントなんだなあなどと店内の装飾を見て思うのでした。

Gyao!では、15分×10話、実際にウェブでは45分×3話だったみたい。短いので見やすいと言えば見やすいです。が!短さに比例して内容も薄い感じ。必見というドラマではありませんが、ノ・ミヌがお好きな方にはいいと思います~

 

その男のバラードが見れるのは・・・




【韓国映画】真犯人 の感想 誰も、そして自分も信じられなくなる

映画の「真犯人」を見て来ましたよ~ ソン・セビョクが主演と聞いたら見ないとね!タイトルからも分かるように真犯人は一体誰なのか?というのを追うミステリーなんですが、実は私は最後まで真犯人が全然分からなかったんですよね。いつもわりと早いうちにだいたい犯人が分かってしまうタイプなので、そういう意味では楽しめましたよ~

ストーリーは、ソン・セビョク演じるヨンフンの妻が殺された現場が発見されるところから始まります。その後、犯人として捕まったのはヨンフンの親友のジュンソン。二人が不倫関係にあったのが理由というのだけれど、ヨンフンは信じられないでいたんですね。そこにジュンソンの妻が訪ねて来て、夫の無実を証明して欲しいとすがられ、二人で真実を究明しようとする過程で見つかったのが新たな容疑者。彼を捕まえて真実を明らかにしようと拷問までするが、その結果分かった真犯人とは・・・!って感じ。

う~ん。考えてみたら登場人物が大変少ないのだから簡単に真犯人が分かりそうなものなんですよ。分かる人はすぐにわかったのかもなあ。だけど、私はなんだかどんどんけむに巻かれていく感じで、何を信じていいのか刻一刻と分からなくなっていく感じでしたねえ。これは台本というよりは、配役の妙で、被害者の夫がソン・セビョクだったからこそかなあと。彼は明だけではなく闇をも飲み込んで内に孕んだような雰囲気があるじゃないですか。その部分がなければ成立しないストーリーなんだと思うんだよなあ。なので、夫の無実を信じる妻役のユソンも良かったんですけど、やっぱりソン・セビョクが抜群に良かったです。

見てて気になったのは、とにかくずっと言い争いというか、テンションが高めの言い合いが終始続きますので、そういう意味では大変疲れることかな。ここは好みが分かれそう。韓国ドラマを見慣れてる私でもかなりしんどかったので、そうじゃなかったら更にビックリしそう。

監督のコ・ジョンウクはこれが初めての監督作品のようなんですが、シーンの切り取り方にセンスがあるなあなんて思いました。特に殺人現場の状況へのこだわりや、鑑識官が調査している様子などの撮り方なども細部まで気を使っているのが伝わってきました。絵の作り方に対する美意識が感じられた気がする!

ところで、結局私が真犯人が最後まで分からなかった理由はなんとなくこんな感じかなあ。犯罪捜査系のドラマや映画は好きなので、わりと見て来た中で、最近は特にこった犯罪の場合が多くて、犯人たちは緻密に考えているパターンがよく見られる気がします。そういうのに慣れちゃってるところがあったのかも。だからちょっとネタばれになってしまいますが、この映画でジュンソンが無実になったとして、じゃあその後に自分が真犯人として捕まるとは思わなかったのかと。結果的には警察の捜査が杜撰で本人は捕まらずにオーライとはなったのだけど、そのあたりも偶然の産物というか。殺人自体もだし、その後のことも行き当たりばったりで何も考えてないけど、自分は大丈夫という根拠のない自信みたいなのを持ってるのが理解できなくてその人が犯人とは思えなかったんだろうなと。多分。ぬぬぬ。

まあそうこう言いつつ、最後まで楽しめたからいいんですけどね。殺人現場を再現してみちゃうような常軌を逸した被害者の夫役のソン・セビョクには完全に満足したし、そしてラストの苦い感じも韓国映画っぽい~と思いましたね。ヨンフンが何も言えなかったのが分かる気がするな・・・ 誰も、自分(というか自分の判断能力)も信じられなくなりますわ、こりゃ。

 

⇒Netflix






【韓国ドラマ】私は町で芸能人を拾った の感想 これもストックホルム症候群みたいな感じ?

「私は町で芸能人を拾った」を視聴いたしました~ タイトルを見て、芸能人の生活を密着!みたいなバラエティーかと勝手に思っちゃったんだけど、全然違いましたね。めっちゃドラマでした。

しかし、ソンフンって一般人じゃない役がとにかく似合うね。今回はそのまま芸能人役ですが、今までも御曹司の本部長とか、CEOとか支社長とかプロデューサーとか。顔が整いまくりなので外見的にも普通のサラリーマンとかじゃ浮いちゃう感じがあるので、自分に似合う役をうまく選んでるな~って。まあそういう役のオファーが多いのかもしれないけど。そしてやや高慢だったりする高飛車な人物を過剰なくらいにやり切ってくれるのところが最高に好きです。はい。このドラマも韓流スター役をしっかり演じ切ってくれてて逆にコミカルに見えてくるのがいい感じです。ストーリーはさておきって感じだけど。

ストーリーは課長にひどい扱いをされて怒り心頭のイ・ヨンソ(キム・ガウン)が酔っ払って裏道で課長を靴で殴るつもりが実際に殴ってしまったのはカン・ジュニョク(ソンフン)だったんですね。ところが、そのままカン・ジュニョクが倒れて動かなくなったことから彼を殺してしまったと思ったヨンソは証拠隠滅のためにそのままジュニョクを自宅に連れて帰るんだけど、実際には死んでいなかったと。しかし、その事実を彼に通報されたら困る彼女はそのままジュニョクを監禁することになって・・・てな感じ。そうしてだんだんと二人の間に芽生える恋心。マジ!?

いやあ、まあね。意外な出会いを考え出してくるなあという部分ではその発想に感嘆する部分はあるんですけども、めちゃめちゃやな・・・という気分も同時に沸き起こりますねえ。でもヨンソを演じてたキム・ガウンがキュートだったり、気の毒な状況だったりするので、犯罪者!って感じには見えないので、あくまでもドラマの中の設定としてそれなりに楽しめたかな~とは思います。そうそう、最近、映画のストックホルム・ケースを見たので、生存戦略として犯罪者に好意を持つようになるというストックホルム症候群からヒントを得たストーリーなのかな~なんてことも思ったり。

サブキャラで良かったのは、ナム課長役のホ・ジュンソク!部下を利用するいやらしい上司をめっちゃうまく演じてました。悪人役も多いけど、良い人の役も演じるし、今回みたいな役も素晴らしくて本当に器用だな~と思いましたよ。どの役もわりと印象に残ってるんですよね。

ジュニョクを狙った実際の犯人は一体誰なのかというの部分についてのサスペンス仕立て+ラブコメってな感じのテイストのドラマですが、色々工夫を凝らしたんだろうな~とは思うものの、どちらも中途半端な印象は否めないかな。10話だし仕方ないかな。前半、主役がほぼ縛られた姿っていうドラマは見たことない気がするので、その点はレアかもね!

 

私は町で芸能人を拾ったが見れるのは・・・