【インド映画】バーフバリ伝説誕生&王の凱旋 の感想 バーフバリ!?バーフバリ!!

中国映画や韓国映画だけじゃなくてインド映画も細々と見続けております。友人のインド映画好きに勧められたバーフバリもやっと見て来ましたよ!インド映画は1本だけでも長いというのに、伝説誕生と王の凱旋を一気に見てきましたので、5時間くらい座り続けの状態だったんじゃないでしょうか・・・!だけど、なかなかに壮大なお話なので、全く飽きることなく最後まで見ることが出来ましたわ~ あれだけ話題になってた理由もわかるなあって感じでした。面白かったですわ!突き抜けてるね!

てな感じでまとめて見ちゃったし、お話しも続き物なので1と2をまとめて書いちゃいます。

壮大で美しい物語で、バーフバリが王というよりは神聖視された存在のようで、まるで神話のようでしたね。中華ファンタジーはたくさん見てきていますが、仙人たちって結構俗っぽくって、嫉妬するし、意地悪するし、煩悩だらけってイメージなんだけど、バーフバリは人格者だし完全無欠な人として描かれてるんですよね。誰にも彼にも崇め奉られてて、絶対神って感じで興味深い。こういう嗜好や描写の違いも民族的な意識の違いが関係してるのかもしれません。

ただ、父バーフバリが素晴らしい王だったとして、息子バーフバリが素晴らしい人間かどうかは分からないのでは?とは思っちゃったんですよね。シヴァガミだって(最後は容易に騙されてはいたけど)人格者だと思うのに、息子のバラーラデーヴァはあんなに心の狭い人だったしなーと。だけど、民衆は本人がどんな人かは全く知らないのに父が素晴らしかったからと息子バーフバリを無条件に讃えてたので凄いなあと思ったりして。まあこの辺は色々考えずに神話っぽいイメージで捉えた方が良いのだろうとは思いますが!

さてバーフバリ役のブラバース氏が色彩鮮やかな服を着た勇壮な姿が美しくってビックリしましたね。サーホーでの時には私にはあんまり分からなかった魅力が、ここではバシっとはまってて、はあなるほどと納得いたしました。まさに王でしたねえ。それから出てくる女性たちがみんな非常に勇敢で素敵でしたよね。美しくて強いって最高。気が強すぎるきらいもありましたが、その芯の強さも魅力なんだよなあ。そういう部分も私好みでしたよ!

CGも迫力あって私は良いなあと思ったんだけど、めっちゃ笑ってしまったのが、バーフバリが二の腕につけてたビーズの腕輪が力を入れたらバーンと弾けたシーン。それわざわざCGで作ってまで必要なエピソード!?ってなってツボに入ってしまったよ!まあそういうのはおいといても、神話的な想像の世界だから思いっきりCGを取り入れてても違和感がなくて良かったですよね。あれぐらいやっちゃった方が突き抜けてて良かった。自分も含め日本人って小さくまとまっちゃったり、無意識に型にはまってしまったりするのから、好き放題やり切ったようなこういう映画を見るとそんな自分に気づけたりもしていい機会だなあと思ったのでした。

好きだなと思ったシーンはたくさんあるんだけど、仮面に砂を入れたら、女性の顔が表れてその女性に恋をするところなんて、ひえ~ロマンチック!って感動しましたね。あとは黄金像を引っ張る人たちの間で「バーフバリ?バーフバリ!?」って名前が人々に伝播していくシーンは面白かったですよね。うーん。今思い出しても色んなシーンが心に強い印象を残していて本当に美しい物語だったなあと思うのでした。

あ、あと気づいたんだけど、カンフーアクションと違うのは重心の高さかなあ、と。中国武術って重心が低いと思うんですよね。地に足をつけるというか。でもこの映画を見ている時にブラバース氏を見てたら腰に重心がある感じがしたような。てか、戦う時に物とか人を投げて一気にたくさん倒すのとか面白かったな。力自慢系の強さなのも神様感ある。

この映画に関しては、やっぱり映画館で見るのがいいですね。迫力のある大画面と音でこの世界に浸って見るのが楽しかったです。映画の良さをいっぱい詰め込んだエンターテイメントなおとぎ話のような美しい作品で非常に良かったです!

 

バーフバリが見れるのは・・・






【韓国ドラマ】パートナー の感想 2009年の作品だけど今見ても面白かったです!

韓国ドラマのパートナーを視聴しました。2009年のドラマでしたがそこまで古い感じもなくて楽しく見れました~!私が見たことのある出演作でイ・ドンウクってなんとなく極端な役を演じてるイメージが強いんだけど、ここでのわりとチャラっとした性格の弁護士役が反対に新鮮でした。ヒロインのキム・ヒョンジュもシングルマザー役だったんだけど、この二人のコンビネーションもとっても良かったのかな。キム・ヒョンジュに見覚えがあるなあと思ったら、家族なのにどうしての長女役の方でしたね。あの時はキリッとした感じだったけど、天然っぽい演技もキュートでした!

ところで、そんな中で時代を感じるな~と思ったのは、スカッシュのシーンがあったことですね。これがあるかどうかでだいたいあの時代の頃のドラマだなって分かっちゃいますね。確かイ・ドンウクのいくつか前の出演作のマイガールでもスカッシュやってた気がするんだな。流行ってたのかしら。

面白く見れたのは、脇役陣も皆さん見たことのある俳優さんが多くて安心感があったのも大きいのかも。事務所の皆さんも個性豊かでとても良かったです。だけど、私の印象に一番残ったのは、ユ・マンソンを演じたイ・ヒドですね。悪徳弁護士なんだけれど、複雑な感情をはらんだキャラクターづくりがとても良かったなあ。

イ・ドンウク演じるテジョの父や兄との確執なんてのも韓ドラっぽいですよね。良かったなと思うのはテジョの兄のヨンウのキャラもしっかり作られていて、ただの嫌な奴という描写じゃなかったところ。まあしかし父の言いなりの相手と結婚したのは結局のところ反抗しないという本人の選択だというのに、好きだった相手とも不倫で関係を続けるってのはずるいよなあ・・・ 演じてたイ・ハニが美人なだけになんでそんな目にって思うと余計にしんどいわ。

弁護士が活躍する法廷ものだけど、ラブコメって感じなので、事件が陰惨過ぎないのもサラっと見れる感じ。とはいえ、最後はちゃんと総括的な大きな事件の解決を見れるので悪くなかったです。どうかな~と思って見始めたんだけど、あっという間に楽しく見ちゃえましたよ!

パートナーが見れるのは・・・

【韓国映画】82年生まれ、キム・ジヨン の感想 誰が悪いのでもないのにどうしてこんなに辛いんだろう

82年生まれ、キム・ジヨンを見て来ました。予告編なども見たり、フライヤーも読んで内容についてはだいたい分かってしまっている状態で見たので、まあ思ってた通りだったという印象です。可もなく不可もなく。

ストーリー的には女性の立場としては、まさに女性が感じて来た生きづらさがとうとうこうやって言語化され、そして映像化されるようになったんだなあという感慨を覚えました。あまりにもそういう扱いを受けることが当たり前過ぎてそれが不平等だとか、ひどい扱いを受けている実感さえ持つことが無かったというか。そういう部分が少しずつだけどこうやって公に主張される機会があることで、やっと私たちもそうだったのかと気づくことが出来るようになってきた気がします。まだまだ不完全で平等なんてほど遠くはあるけれど、でもこうやって議論に上ることに意義があるよなあと思うのでした。

ところで映画についていうと、ちょっと残念だなと思う部分がいくつかありました。なんというか韓国ドラマっぽい演出が気になってしまったんですよね。ジヨンの夫テヒョンが同僚にコーヒーをかけるシーンとか、友人の妻のことだけど・・・といってジヨンのことを同僚に相談するシーンとか。せっかく映画なのに安易な演出というか感情の見せ方の方法を使われている部分が多くてちょっとがっかりしてしまった。そういう意味では同じ韓国映画の「はちどり」の細やかな描写というのは本当に素晴らしかったなあと比べて思ってしまった(それよりも早くはちどりの感想を書きなさいって感じだけど・・・わーん)。同じように男尊女卑の描写があったんだけど、簡単に言葉にするのではない表現方法の方が心に残るものなのだなとしみじみ思いました。
そうそう、ネタバレになってしまうけれど、ラストでジヨンが彼女自身を取り戻す方法として筆を執るというのも少し楽なハッピーエンドにしてる感じがあまり好みではなかったかな。だって、私たちの問題は何もまだ解決していないのだから。現実的な苦さを描きつつ、それでも一筋の希望を見せて欲しかった。

さて、ところでこれは全く私個人の好みの問題なんですけど、どうやら私はやっぱりあんまりコン・ユが得意じゃないみたい。コーヒープリンス1号店なんて挫折してますしトッケビも見たけど、全くはまれなかったし。新感染の時はまあいい感じかなあとは思いましたけども。だから余計に今回のテヒョンにちょっとイラっとしたかもしれない。もちろん、彼をとことんいい人にすることで、夫婦間の問題ではなく、社会の問題だというところに焦点を当てたかったんだろうなというのは理解しているんですよ。でもさ、夫が全然ダメだから~って夫のせいにすることで妻はどこか心の逃げ道って作れる部分があるのかもしれないとも思って(それが正しいこととは言わないけど)。だけど、この映画ではジヨンはそうやって逃げるはけ口が全くないんですよ。だから内側に向けるしかないという感じで病んでしまった部分もあるのかな・・・

それにしてもなんだかやっぱりこういう映画を見ると少し絶望的な気分になるのも否めない。男性も男らしさを求められて大変だというのは分かってるし、それぞれしんどい部分はあるんだと思う。だけどさ「女性」の何がしんどいって「下に見られる」という生まれた時からずっとどこか見下されている感覚じゃないだろうかと思ったのです。「男らしさ」にはこの見下すという感情までは含まれていない気がして。そのままでいるだけで、見くびられるというこの当たり前って本当にしんどいですよね。

なんてことをツラツラと色々と考えさせられる映画ではありました。ちょっと原作の小説も読んでみたいかな。むしろ小説のラストが気になりますね。

 

⇒Netflix







【中国映画】魔界戦記 雪の精と闇のクリスタル の感想 戦闘シーンがCGのゲームみたいだよ

魔界戦記 雪の精と闇のクリスタルを見ました!こちらはチェン・クンが出演してるので見ました。うーん。中華ファンタジーというジャンルは嫌いではないのだけど、出来がいいとは言えないかなあ。それでもチェン・クンが美しかったらそれだけで楽しめると思ってる自分もいるんだけど、今回はほとんど髭もじゃなのでその点もあんまり。

死ぬ前の若い頃のシーンでは髭もなく美しい姿もあるんだけど、ほとんどが上記のような髭もじゃ。もしくは変身して妖怪になっちゃったCGの姿なのである。でもまあ髭もじゃ姿って昔の絵巻なんかの画集で見かける感じそのままだよなーなんて。そういう意味での再現力は凄い。

多分、美しさを楽しむという観点でいうとヒロインのリー・ビンビンを堪能する映画なのだと思うのだけど、私はあんまり好みでない美人なんだなー 整っていらっしゃるとは思うんだけど興味がわかないんだな。中華ファンタジーってのは、この世の者じゃないほどの美しい男女が出てくるのがいいんだろうけど、この映画に関しての登場人物たちはそういった点で個人的には物足りなかったけど、この辺は好みの問題ですね。

後はもうCGのシーンが多くてねえ・・・ いいんですよ。チープな感じは嫌いじゃないんですけどね。そんな私でもゲームやってるような気分になって来て、あれ?私は一体、今何を見てたんだっけ?みたいな感覚に度々陥りました。動き云々じゃなくて妖怪たちの造詣のセンスがゲームのキャラっぽいのがイマイチなのかしら?洗練されてない感じ?

あと妖怪が化けた美女たちの中に見たことのある女優さんがいたよ。幻城に出てたマイディーナ!西域の踊り子に化けてる役だったけど、ピッタリでしたね。
そうそう全然関係ないけど、彼女ご結婚したんですね!お相手は開封府で若い皇帝を演じてた姜潮なんだって~ 幻城でも火族の王子役で出演してたようなので共演してた様子。彼が出てたことは全然覚えてないや・・・

この映画の話に戻ると、ストーリーは一応善と悪の逆転というどんでん返しもあるし、意外性はないものの、そこまで悪くもないかなと思うんですよね。お約束的な異種間の悲恋もあるし。なのに浸れないのは、あのCGのせいかもしれないし、演出のもっていき方のせいかもしれない。視聴後の感想は、はあなるほどねえ・・・みたいな感じでした。出演者が好きな人にはいいんじゃないでしょうか!チェン・クンの美しさは堪能できないけど!

 

魔界戦記 雪の精と闇のクリスタルが見れるのは・・・



【香港映画】名探偵ゴッド・アイ の感想 アンディ・ラウ演じる生命力溢れる目の見えない探偵がとても魅力的!

アンディ・ラウ主演の名探偵ゴッド・アイ。こちらの作品はゴールデン・スパイと同じ頃に見たんですけど、断然こっちの方が面白かったです。あちらはおすすめしませんが、こちらは大変おすすめ。

原題が「盲探」とあるように、アンディ・ラウが演じるジョンストンは、盲目の探偵。元刑事なんですが、忙しさにかまけて目の不調をほっておいたら目が見えなくなってしまったのです。しかし彼は独自の捜査方法で事件の核心に迫っていくので、名探偵と呼ばれている。そんなジョンストンに憧れを抱くホー刑事(サミー・チェン)に彼女がずっと気になっている失踪事件を依頼したことで一緒に捜査をすることになり・・・というストーリー。

何よりもいいのが、ジョンストンのキャラクター。アンディ・ラウはどちらかというとスマートでかっこいい役とか、真面目でかっちりした役とか、頭のキレる悪い役とかそういうのが多いイメージなんだけど、この映画のジョンストンはなんというか破天荒。盲人ではあるけれど、お金と食べ物に目がなくて、めちゃめちゃパワフル。どういう状況でも生命力が溢れる人ってほんと魅力的。食べ物への執着って生への執着ともいえるよなあ。ともかく私もなにがあってもしょぼくれてないで元気に生きていこうと思ったよね。

あと、サミー・チェンが演じるホー刑事とのコンビも最高。実際に事件の状況を再現して犯人の心境を想像するというジョンストンの捜査方法に振り回されてタトゥーを入れたり、ぶん殴られたりと散々な目に合わされてるんだけど、その二人のやり取りがテンポも良くてめっちゃいいんですよ。

少女の失踪事件の決着点もなかなか想像もしなかったところへと展開していくし、ジョンストンの愛のほろ苦い失恋もありつつも、ちゃんと新しい幸せを見つけたりとラストの後味も良く、まとまりの良いストーリーだったなあ。それも良かったけど、やっぱりメイン二人のキャラクターが魅力的だったことですごく面白い映画になったんだと思うな!

 

名探偵ゴッド・アイが見れるのは・・・