【中国ドラマ】幻城 〜Ice Fantasy〜 の感想 氷の国で宿命を背負った悲しい兄弟の物語

幻城 〜Ice Fantasy〜の視聴を終了いたしました。ファンタジーという響きにぼんやりとした気持ちで挑んでしまったのですが、なんとも切なく悲しい物語でした。号泣。でもとても壮大だし、お金をかけているのが分かってやっぱり最近の中国ドラマはすごい。衣装もセットも豪華だし大掛かりで見ごたえがあったけど、62話もあってこれは本当に撮影が大変だっただろうなと思うのでした。アクションシーンも多いですし。

そして神様が出てくる架空のお話なんだけれど、設定がしっかりしているのでわかりやすいし、ストーリーも非常に興味深い。原作もとても面白そうだけど、よくこれを映像化したなって思います。素晴らしい。

 

スポンサーリンク


 

神界には3つあって、氷の国と火の国と人魚の国。氷の国が三界を平和に統治しているのだけど、火の国の王はずっとその座を狙っているんですね。で、争いがおこるんだけど、神様から人間までを含んだ愛憎の物語が紡がれて行くわけなんです。特に軸となっているのは、馮紹峰(ウィリアム・フォン)が演じる卡索(カースオ)と馬天宇(マー・ティエンユー)が演じる櫻空釋(インコンシー)の兄弟の悲しい宿命。あー今思い出しても悲しい。39話でギャーって死にそうな気分になったんですけども、何度も切ないことが起こる。あああ~

ウィリアム・フォンはこういう異界の王のような人間離れした役がとても似合う。カッコイイという表現より美しいが似合う人だなあ。今回の氷の国の王子も良かったし、あの星空、あの海。の人魚王も美しかった。蘭陵王はなんだか私はピンと来ないのは、ふっくらしてるからかも。シャープな方が好き。それにしてもこのドラマでは彼は苦悩している時が多くて、気の毒なんだけど、そういう表情似合うぅ~!素敵~という相反する感情に見舞われました。

マー・ティエンユーは、古剣奇譚の時は賑やかな役であんまり好きじゃなかったのだけど、今回はとても良かったです。私、おしゃべりな人が好みじゃないみたい。実は兄と血が繋がっていないかったり、生まれ変わって記憶を失ったり、と色んな感情や状況を演じ分けないといけない役なのですが、とても上手でかなり感情移入してしまいました。私は判官びいきなところがありますので、不遇なキャラに思わず肩入れしてしまいますね・・・

とにかくお互いのことをすごく大事に思っている兄弟。でも相手のことを思い、その願いを叶えよう、相手を守ろうとするからこそ争わないといけなくなる。なんという試練。氷の国に降る雪は悲しみを孕んでその大地に降り積もるかのようであったよ・・・

 

そして出演陣が本当に豪華!みんな美しいし、カッコイイ。これでもかという感じである。

ヴィクトリアが演じていたのが守護者の梨落(リールオ)。カースオが愛する人間。ドレスを着ている姿よりも守護者として戦っている姿がとても似合っていて美しかった。カースオが彼女を愛するようになる過程がとても自然でそれがとても良かったのです。が、リールオを一途に愛するが故に彼女が復活した時にランシャンと中身が入れ替わっていても全く気づかずにいるカースオを見ていると、「愛」って何なんだろうと考えてしまった。あの時、カースオが愛していたのはリールオとの愛の思い出であって、その目の前にいるランシャンの意識を持ったリールオではないのだから。私にとってはこの期間の二人の関係はかなり哀しみポイントだったので、二人の意識が元に戻ればいいってものでもない気がしてしまったのだけどな。

人魚の嵐裳(ランシャン)役の麦迪娜(マイディーナ)はウイグル族出身の女優さん。彼女はオリエンタルな美しさ。国土が広いと色んなタイプの美人がいるってことなんだな~。カースオをとにかく一途に愛しているのだけど、純粋な故にそれを知る人に利用されてしまう。ただ例えばこういう人魚族の姫という力のある立場でなら誰かを愛し続けても一途と言われるだけでストーカーとは言われないけど、普通の人だったらそう扱われるよな、なんてことを一般的な社会に当てはめて考えてしまったりのだった。

 

そして悪役陣も非常に見ごたえありでした!!!

火王を演じたのは胡兵。彼のメイクを見て思い出したのは六指琴魔の悪役陣。頬を見るとあの頃のメイクの法則と基本的には変わってない!笑 火王の欲望は留まることを知らず、最終的には自分の息子たちの精気まで吸いとってしまう。狂気をまとった誇張された演技は非現実的なドラマにとても合っていました。悪役なのだけど、とても魅力的。

火氷族のユエンジー(淵祭)役の嚴屹寬 (イェン・クァン)。わー隋唐演義の秦瓊じゃないですか!こんな悪い役も演じるんですね。流し目が非常に嫌らしくてとても良かったです。こういうのもいい。しかし、前も思ったけど、やっぱり松平健に似ている気がする。

 

それからカースオを助ける族長たちも美男美女揃いであった。彼らの恋がすべて儚く散ってしまうのが切なくてたまらなかった・・・

私の一番びいきは張雨劍演じる鷹の精霊の片風(ピエンフォン)
こういう目がとても好きなんですよ・・・ 羽根が生えて飛んでるところとかすごくいい・・・パタリってなりました。

しかし、愛するチャオヤーは今は別の男と一緒にいて、そんな彼女を見るピエンフォンが切なかった。チャオヤーしか知らないはずの弱点を遼濺が知っていて、戦いに負けるピエンフォン。あの時に傷ついたのは体よりも心だった。一度離した手はもう二度と彼の元に戻らないのだった。

彼は琅琊榜でも出演していて、靖王の部下の戦英役も演じてたみたい!

全然覚えてなかったので、わざわざもう一度見に行った!左から2番目の人です。

徐可が演じる夢族の星旧(シンジウ)もちょっと神秘的で良かったです。なんか見たことあるな~と思っていたら私の妖怪彼氏で元カレの一人で出ていましたね。彼らは神様なんだけど、愛する人への執着心とかが人間と同じで、能力が増えても結局そういう根本的なところは変わらないのかもしれないと思ったのでした。

潮涯(チャオヤー)役の陳欣予も美しい。清楚なんだけど芯が強い感じがとても出てた!

裏医師の月神(ユエシュン)役の逯恣禎も鋭い美しさがとても好き。美人がたくさん出てきましたが、彼女が一番好きなタイプ。言葉はきついけれど本当は優しいという感じの役も良かったせいかもしれない。皇柝に伸ばした手が届かずに倒れる二人も切なかった・・・

蝶澈(ディエチャー)役の吳優もあんまり出番はなかったけれど美しかった。彼女にも悲しい恋の記憶があるのだった。考えてみたらこのドラマって悲恋しか出てこなくない!? 今更気づいた・・・

 

やや悪役女性陣もなかなか良かったのです。

あら、韓国ドラマで見たことある人が!!! そうキム・ヒソンも出演しています。彼女はインコンシーの母親役。この時はちょっとふっくらしているのは、役作りで貫録を出すためなのかな? 彼女も美しいですがこのドラマは美人がいっぱい過ぎてあんまり目立たない気もする。でも、迫力があって演技は良かったです。

艶炟(イエンジー)役の張萌も揺れる心が伝わってくる素晴らしい演技。インコンシーへの一途な思いが胸を打つのでした。でも結局どうだったんだろう。インコンシーの「友達」という言葉から考えるに片思いだったのだろうか。彼にとってはどうしても兄が一番なのかもしれない。

 

何度も繰り返される予知夢の映像。岩に自ら飛び込み自死する霰雪鳥、飛び散る血に咲き誇る煉泅石(リエンチウ)。ラストでその意味をやっと理解する。それは悲しい兄弟の宿命を断ち切るための弟の切ない選択だったのです。やり切れない、というのがこのドラマを見終わった時の気持ちに一番近いかな。面白い、というには切ないストーリーなのですが、作品としてはとても良かったです。でも悲しくて数日夢に見てしまったのでした。あ、ひとつ気になったのは回想シーンが多すぎるところかな。まとめて見たからそう思うのかもしれないですが・・・!

 

 

幻城 〜Ice Fantasy〜が見れるのは・・・
NETFLIX

 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す