【韓国ドラマ】少女恋愛史 の感想 ドタバタなんだけど一生懸命なヒロインたちが面白い

Gyao!で配信していたので見たのが「少女恋愛史」です。シン・ジェハが出てるので見始めたのですが、ウェブドラマだそうで1話が約10分。これは見やすくていいや~と思ったのですが、10話くらいで終わるんだろうという予想が外れて50話もあってビックリ。それでも大した時間数ではないし、内容も軽めなのであっという間に見れる感じではあります。

 

スポンサーリンク


 

4人のヒロインが中心になって話は進んでいくのですが、彼女たちみんなスポーツジムのトレーナー。4人の中の2人が特にナイスバディーなんですけど、ちょっと迫力があり過ぎてすごいな~と思って見てました。画像一番左のユ・スンオクは2014 年の「世界マッスルマニア大会」でトップ5位に入ったらしい。そして左から2番目のイェ・ジョンファは、2015 年から韓国アメリカンフットボール国家代表チームのフィットネストレーナーを務めているらしい。そんな筋金入りの健康的な方たちなんですねえ。トレーニング方法の説明みたいなのもドラマの中で出てくるのはそのせいだったんですかね~?

内容はこの4人のヒロインたちがシン・ジェハが演じる同じ詐欺師に騙されて、同じ家に住むことになり、それからいろいろ起こるって感じです。かなり散漫な内容だし、見終わった後もなんだったんだろう?という気持ちでいっぱい。でもそれぞれのエピソードは面白かったかな?

そうだなあ、一番心に残っているのは、6万6000ウォンネタを繰り広げる二人。男の人が何かを注文するとどこに行っても同じ女の人がいて、必ず6万6000ウォンなんですよね。商品がどんなに安いものでも、高いものでもそのやり取りをやっているのが頻繁に出て来て、きっと何か元ネタがあるとか漫才のネタとかなんじゃないかと思うんだけど、そんなの知らないのでめっちゃ気になってます。誰か知ってる人教えて!ヘルプミー 最後はとうとう結婚までしてたからなあ・・・ 気になります。

シン・ジェハは恋するシャイニングスターでも遊び人の役だったけど、あんまりそういうイメージの人に見えないなあ。どちらかというと真面目っぽく見えるんだけどな。

 

最後の最後、4人のうちの3人が同時に結婚!で終わるのかと思いきや、もっと恋愛したいって花嫁が逃げ出すのは意外性があって面白かった。オ・チョヒの3人への結婚なんて・・・というセリフの説得力に笑ってしまった。逃げ出した彼女たちの恋愛史はこれからもまだまだ続いて行くのかなっていう余韻の残るラスト。詐欺にあったり、失敗もいっぱいしつつ、ドタバタなんだけど楽しそうな彼女たちがなんだか結構好きだった!

 

少女恋愛史が見れるのは・・・


こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す