【渋谷】Dang Tea House 暖茶房 居心地の良い台湾カフェでダンピンを食べた~

渋谷にこんな台湾カフェがあるんですよ~ ちょっと奥まったところにあるので、ちょっと穴場的な存在。その名もDang Tea House 暖茶房であります。渋谷に行った際は人ごみを避けてこのお店の前の道をよく通るので、気になっていたんですが、しばらくお休みだったので、なかなか訪問できず。ちょうど友人とお茶をする予定が出来たので、ふと思い出して行ってきましたよ!

 

スポンサーリンク


 

今のところ本当に穴場なのか、訪問した時は私たちだけでした。こじんまりとして居心地の良い空間なので、これから増えていくかな??

注文は、QRコードを読み取って自分のスマホでします。メニューもそこで選びますよ。これはいい感じにコロナ対策になるシステムだよな~なんて思いました。お会計もスマホでクレカだとオンラインで決済できるし、もちろんレジでお会計も可能です。

そしてこのインフォメーションボードにFree Wi-Fiのアドレスもあって親切~!

初めての訪問だったので、メニューの全容が見えなくて、ちょっとオーダーを決めるのに時間がかかっちゃったけど、無事に注文完了。

まず、私が注文したのは、ホットの鉄観音烏龍茶!とてもいい香りがして癒される~!そうこの間も中国茶を飲んで、美味しいお茶って本当に美味しいなと思ったんだった。

そしてダンピンはエビとアボカドで!ツナとマヨネーズと悩んだんですけど、アボカド食べたいな~と思ってこちらにしました。

写真に撮るのを忘れたんだけど、ソースが5種類くらいあって、どれをつけて食べるか考えるだけでも楽しい。確か、お好み焼きソース、とんかつソース、チリソース、激辛ソース、生姜ソースだったかな?

私は主にチリソースと生姜ソースをつけて食べたよ~ 意外な組み合わせに思うけど、美味しかったです。ダンピンも食べるのは初めてだったけど、薄い皮の内側に薄い卵焼き、その中に具が包まれてる感じです。誰でも美味しく食べられるような軽食で良かったな~

食べ物は軽食類ばかりなので、スイーツが無いのがちょっと残念かな。パイナップルケーキとか杏仁クッキー的なものがあればもっとカフェ使いしやすいかなと思ったりもします。単に私の好みとも言えますが!

お茶も美味しかったし、居心地も良くて久しぶりにたくさんおしゃべり出来て楽しかったな~!台湾のお茶や茶器、小物なんかも販売しててとても可愛かったですよ。私はきっとまた行っちゃうな。

 

⇒Dang Tea House 暖茶房

【韓国ドラマ】ボディーガード の感想 ヒロインたちの美しさが眼福~!

韓国ドラマの「ボディーガード」の視聴を終了しました。2003年のドラマらしいんで、なんと20年近く前のドラマですねえ!あら、それにしてはあんまりチャ・スンウォンは今とあんまり変わった感じがしないかもしれない~ どのドラマを見始めようかなと思って色々と1話だけ試し見してたんですよね。その時に女性陣のキャストが気になってそのまま見続けることにしましたよ。

ドラマの中で有名な映画の「ボディガード」が出てくるので、このドラマの少し前頃の作品なのかなと思ったら、映画は1992年の映画でした!わお!更に前なんだなあ。ホイットニー・ヒューストンの歌は知っているけど、見たことないんですよね。これをきっかけに見てみるのもいいかも。

主役のホン・ギョンタクは直情的な性格などもあんまり好みではなかったので、それでも裏表のないところがモテモテの要因なのかしら?なんて思いつつ見てた感じ。だけど、ヒロイン勢が最高でね・・・ イ・ナヨン役のイム・ウンギョンは人形的な可愛さと同僚のボディーガードのパク・ユジン役のハン・ゴウンの宝塚の男役的な素敵さとで、もう大満足でしたよ。こんな二人に好かれるギョンタク!羨ましい!

結局、どちらかとくっつくんでしょなんていう予想も覆され、最後までギョンタクはそういう事には疎い感じで終わるので、どちらのヒロインも大好きだった私はそれはそれで良かったかなという気分。最初のうちこそ、自分とは違うタイプの相手を見て、彼女の方がギョンタクに似合うなんて軽い嫉妬の情も見せていた二人ですが、仲良しになってからのシスターフッドな感じが良きでした。そんな二人の中でもユジンが強くて優しくて、でも繊細な部分も持ち合わせてて良い女過ぎる。どこかで見たことあるようなと思って調べてみたらハン・ゴウンは、京城スキャンダルのヨノンでした!ああいうお化粧バッチリもお綺麗だったし、今回のすっぴんぽい感じも美しかったなあ。

そしてなんとこのドラマでヒョンビンを発見!シネのストーカー役でニヤニヤしてる役だったけど、ムキムキでビックリしたわー こんなにガッシリしてるんすね。これがドラマ初出演だったのかな?

このドラマでめっちゃ気になったのが、ギョンタクの両親のやりとり。ダメダメな親父に働き者の母親という構図はありがちなんだけど、母親が父親のためにスイカの種まで取ってあげてるんですよ・・・ 他の家族も「ゴハンくれ」ばっかり言ってるし、母親ってほんと大変な仕事だよななんて改めて考えてしまった。今はこのころよりは良くなってるんでしょうか・・・?

そんなこんなとドラマに関係ないことも考えつつ、ラストの悪い事した人たちの結末はあんまりすっきりはしない気分ではあるけども、ヒロインたちがとても好きだったので見てよかったかな!

 

ボディーガードが見れるのは・・・

【横浜中華街】優味彩 素材を生かした優しい味の点心が美味しかったよ!

さて、今日は昨年に横浜中華街に行った時の優味彩でのランチについて書きますよ~ 大通りからは少し外れた場所にあるので、今までこのお店のこと全然知らなかったんですけど、色々調べてたらなかなか良さそうだったので予約して向かいましたよ!いわゆるgo toを利用したって感じ!なので本当に行ったのは随分前だわ・・・

普通のランチも美味しそうなラインナップだったんだけど、この日はお友達と久々に再会ということもあって、お得コースなるものをオーダーしてみました!

1600円/名で色々食べられるのいい感じ!こちらのセットは2名から注文できます。

蒸し鶏は、たっぷりのネギがかかっていて美味しい~ ビ、ビールう!

なんというか雑味のない、上品なお味です。とても美味しかった。

海鮮とブロッコリーも美味しかったです。ブロッコリーはおうちで料理しても美味しいけれど、お店で食べる際のシャキッとした歯ごたえのゆで具合のが本当に好き。

そしてマーボー豆腐です。こちらはそこまで辛くなくて食べやすい。

そしてショーロンポーとフカヒレ餃子!

なんと美しい蒸し具合。ああ美味しいねえ。

五目チャーハン

コーンスープ

デザートが杏仁豆腐~

最後までぬかりなく美味しかったです。全メニューを通して、外食でありがちな味の濃さが無くて、素材の味を生かした丁寧な味つけで優しいお味です。そういうの好き。しみじみと美味しくいただきましたよ。

ひとつ言うと、量は少し少な目かも?女性二人だとちょうどいいか、もう少し食べられるかな・・・という感じだったけど、男性だったら物足りないかもなあ?
私はいつも普通の量だとお腹がいっぱいになり過ぎるので、これくらいだと食後にカフェににってケーキでも食べられそうな余地があって良かったです。

ほんと中華街にはまだまだ知らない名店がいっぱいあるんだろうなと思いました。5月に行く予定があるので、また美味しいお店を見つけたいな!

⇒優味彩

【中国ドラマ】永遠の桃花〜三生三世〜 の感想 ひたすら夜華の優雅さに見とれたよ!

やっとやっと大好きだったドラマ「永遠の桃花〜三生三世〜」の感想に手をつけましたよ~~ まあ実は登場人物はかぶってはいないけれど、天界などの舞台設定はどうやら同じで続編的な位置付けの「運命の桃花~宸汐縁~」を見始めちゃってるんですよね。そして、それとは別に楊洋が主演の三生三世十里桃の映画版であるワンス・アポン・ア・タイム 闘神を見る前にはドラマ版の感想を書いてしまわなければ~と思っているのでありました。そして重い腰を上げてなんとか書いている訳であります。ちなみになかなか書けなかったのはこのドラマがかなり好きだったからですな。なんというかこうあの夜華役のマーク・チャオの素敵さを文字に出来るのか!?私!?みたいな言葉に出来ない気持ちみたいなものが溢れかえってる訳ですよ・・・

そんな感じなのでまずはマーク・チャオへについて存分に思いの丈を吐き出そうと思いますよ。

優雅で物腰も柔らかいのに、凛として揺るがない思いを秘めた夜華。

指先まで美しい所作もポイント。

とにかく一番好きだったのは立ち姿。どこか近寄り難さも持っている。

後ろ姿まで美しいのは一体どういうこと!?古装で後ろ姿が美しい俳優さんナンバー1ですね(個人的な見解です)。黄軒も空海で白楽天役の時に後ろ姿が美しくて見惚れたけど、それ以上に好きだった~!うひょお!

まあそういっても、実はこのドラマでマーク・チャオは墨淵と夜華の二役を演じてる訳なんですが、私が断然好きだったのは夜華だったんですよね~ だから物腰のせいもあるけど、ひたむきに白浅を愛する夜華が好きだったのかもしれません。髭の有無という違いもあるけど、二人の印象が全く重ならなくてその点はマーク・チャオ凄いなって思います。その思いは深夜食堂中国版で更に強くなりましたよ!

そしてもちろん白浅役のヤン・ミーも完璧ですよね。今回は人間の素素役も演じているので、か弱い風情も見せますが、やっぱり彼女は白浅のような気位の高いちょっと気の強い女性を演じてくれるとしっくり来ちゃう。可憐な外見と男勝りな感じのギャップがいいのかな。ともかく好きだったよ~

それともそんな気の強い彼女を絶望的なほどに愛し抜いてしまう夜華が好きだったのかもしれない。

そしてサブキャラも豪華!キラキラだよ!

離鏡役のチャン・ビンビン!こういう異形風のメイクも似合ってしまって恐ろしいほどに美しかったです。ひとりの女性を愛し続けてるのは夜華と同じなのにね。ちょっと気の毒でもあったけど、愛を信じることが出来なかったからこその結果なのかもしれない。玄女もねえ・・・選択を誤らなければもっと幸せになれそうな二人だったのにね。

東華帝君と白鳳九の恋も切なかったな。

ディリラバが演じる白鳳九の傷つくと分かっていても止められない恋心が見てて苦しかった・・・!

少辛役の安悦溪はアン・ユエシーは旋風少女2のヒロインですね!花千骨にも出てたな~

白浅のお兄さんの白真役の俳優さんはどこかで見たことあると思ったら太子妃ラプソディーの九王!于朦胧でしたー いやーお久しぶり~(誰)

そしてこのドラマの裏の主役だったんじゃないかと思うのが、黄夢瑩が演じる素錦。まあこのドラマ、三世に渡って繰り広げられる大ロマンスストーリーなんですけども、あれ?結局のところ、主役の二人に何度も試練が訪れるのってどれもこの素錦の妨害工作のせいなのでは?って気がするんですよね・・・ それが発端となってるというか。そんなことに思い至ってしまったら二人の壮大な愛の物語のはずが普通にメロドラマに思えて来たりもして。おほほ。まあそんなことで、素晴らしい悪役ではありましたな。彼女を見てたら人生諦めが肝心なのかもしれないなんてことも思うのであった。

あと私がわりと好きだったのが、この二人。

子蘭&胭脂の恋。

見つめる先にある彼女とは思いあっていても重なることはない視線。

心優しい胭脂が自立して強く生きていこうとする姿が好きでした。でもきっとそれが出来るのは、子蘭からの愛があったからなのかも。一緒になれなくても確かに思い合う心がそこにあったのだから。

他にも子役の阿離役のハマー・チャンがめちゃめちゃ可愛かったよ(ヤン・ミーとは映画のリセットでも共演してる!)とか色々あるんですが、物語の舞台となる天界の設定がしっかりしているので見ごたえがありました。そこで繰り広げられる壮大な愛は主役二人の美しさもあって、はわ~素敵~と夢見心地にさせてくれること間違いなしのドラマです。よーし映画版も見るぞ~

 

永遠の桃花〜三生三世〜が見れるのは・・・
⇒Netflix








【韓国映画】ハート泥棒を捕まえろ! の感想 キム・アジュンは泥棒役でもキュート!

キム・アジュンとチュウォンが主演のハート泥棒を捕まえろ!を見ました。最近あんまり深刻な映画を見る体力が無くて、主にラブコメなどの軽めのテイストのものを見たい気分なのですよね。春だから?それともちょっと疲れてるのかも・・・?
でもそんな今の私にピッタリの感じで楽しく見れたかな!

ただし、警察と犯罪者の恋愛なので、ラストは一体どう決着をつけるのかなと思ったんですけど、そこはあくまでも映画なのでという前提で見ないとあんまり気持ちよくはないかもしれないな。一応捕まって刑務所に入るとはいえ、悪い事をしたという反省は全く感じられないのでね。でもその屈託のなさがユン・ジンスクの良さとして描かれているので仕方ないのかな。しかしながら人の命には関わってないであろう盗みの部分はまだ良いとして、ひき逃げについてはどうなんすかね?私は笑える気分では無かったな。悪人だから轢いてもいいとは思えないゾ!

その部分は置いておいて、チュウォンが演じるホテは天才プロファイラーという触れ込みなんだけど、その部分の描写がうまく行ってなくて、全然そう見えないんですよね。そこもっと大袈裟に描いてくれないとその後のジンスクに振り回される姿とのギャップがあまり感じられなくて残念というか。なので、結局ホテは最初から最後まで好きな女性に振り回されるちょっと情けない人にしか見えなかったんですね。でもチュウォンって完璧イケメンという感じでなくて、ちょっとダサい風味も持っているので、10年前のエピソードの時も、警察官になった後の振り回される姿もあまりにも合ってて、キャスティングは最高だなと思いましたね。そういえば、映画のファッションキングでもいじめられっ子の役がめちゃめちゃ似合っててビックリしたなあってことを思い出しました。

キャスティングの面でいうと、キム・アジュンもとってもキュートな泥棒で良かったです。そういえば、バッドガイズの映画版で彼女が詐欺師役を演じてるそうで、それも見るの楽しみだな~ 犯罪者役を演じても品がある&キュートなの最高よね。

もちろんその主演の二人の相性は大変良くてその点は満足だったんだけど、私が一番好きだったキャラはペ・ソンウが演じていた同僚の刑事。ホテのことを見守ってて、アドバイスしたり、好きな相手がジンスクというのが分かっても黙っていてくれたり。酔っばらい親父でちょっととぼけた雰囲気んだけど、好人物で大好きな登場人物でした!最近見たメタモルフォーゼの神父の印象が残り過ぎてたんだけど、いい感じに払拭されて良かった。良かった。

前述したようにラストがちょっとな~と思う部分はあるものの、テンポも良いし、二人のやり取りも可愛いし、ジンスクのペースに巻き込まれていくホテも面白いし、全体的には楽しく見れましたな~

 

ハート泥棒を捕まえろ!が見れるのは・・・