【韓国映画】ファッションキング の感想 メインキャラよりもサブキャラのキム・ソンオが最高!

韓国映画のファッションキングを見ました!ドラマでもファッション王ってのがありましたがあちらとは全く別ものです。こちらはWEBコミックが原作の至極分かりやすいストーリーであります!

 

スポンサーリンク


 

いじめられっ子だったウ・ギミョン(チュウォン)がファッションに目覚めて目標を見つけて頑張るっていうストーリー。お金持ちのいじめっ子側ウォノ役はアン・ジェヒョンで順当だし、ガリ勉眼鏡だけどオシャレしたら実は美人だったっていうギミョンの味方のウンジン役はソルリっていうのも割といい感じのキャスティングでした。

そういう感じでストーリーもありがちで、まあひねりもないストレートな流れなんだけど、漫画で描かれていたであろう奇抜なファッションをリアルに表現しようと努力したんだろうな~という雰囲気は悪くないし、そういう味付けがあるのでそれなりに楽しく見れたかな。すんごいアレンジの体操服とか制服とか着てて笑っちゃうよ・・・

その中でも一番良かったのはキム・ソンオです!!!!偽物を売りつつも個性的なオシャレさんでギミョンのファッションの先生みたいな立場になるナムジョンを演じてるんですが、最高にカッコイイんですよおおおお。

彼はちょっととぼけた役も、悪役も、どこか個性的でなんだか目が釘付けになっちゃう。うさん臭さが最高なんだな。彼がいなかったらこの映画は私には全く印象に残らないで終わったかもしれないなあ。ほんとそれくらいの存在感がありましたね。まあ役柄上もいい人だし、個性的なファッションを完全に自分のものにしてるのもさすがだし良かったなあほんと。

チュウォンの演技はまあいいんじゃないかなってくらいの印象。いじめられっ子とファッションに覚醒した後の違いがあんまり感じられないかなあ。

アン・ジェヒョンはやっぱりどこかノーブルな雰囲気があるのかなあ。それもお金持ちだけどちょっと孤独なキャラってのが定番のイメージ。ポジティブで幸せいっぱいって感じの役より陰がある役の方がしっくり来てしまうタイプだなあ。へんちくりんな(失礼!)改造制服もなかなか異次元的に着こなしててそれはさすがでありました。

ギミョンの友達のチャンジュ役のシン・ジュファンも他のドラマで見た時のちょっと固いとは違う雰囲気で良かったし、ギミョン達4人が「カモン・ベイビー」とか言ってるのは楽しそうで割と好きなシーンだったな!青春って感じ。

いじめのシーンとかはあんまり好きではないんだけど、ギミョンがやられたことをやり返して復讐するっていう形じゃなくて自分のやりたいことを見つけてそのおかげで仲間もできて自分の道を見つけて行くっていうのは綺麗事に見えるともいえるけど、悪くないなと思うのでした。明るくていいな。そんな風でありたいなって思えるというか、そんな気分。

特別オススメと言える映画という訳ではないのですが、キム・ソンオがとても素敵だったので、彼が好きな人は是非!って感じかな。私は彼が出演してたおかげで楽しめた気がします~

 

ファッションキングが見れるのは・・・

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す