【韓国ドラマ】アビス の感想 魂を再生できる玉を軽々しく使い過ぎな気が・・・

「アビス」の視聴を終了しましたよー アビスという魂を再生する玉を手に入れることで起こる出来事を描いているんですけれども、そういう生死を左右する手段を手に入れたという重みを感じられない登場人物の行動がイマイチ私には受け入れられない感じでした。いやいや生き返らせることにもっと躊躇するでしょ・・・ 摂理に反するじゃないですか・・・って感じ。

 

スポンサーリンク


 

玉をアビスなんて「深淵」と意味深な名前をつけているのに深淵を感じさせてくれる部分はどこにも感じられなくて残念だった。ラブラブいちゃいちゃはまあ勝手にしてもらえばいいけれども、自分たちを狙っている人がいると分かっているのに夜に1人で外に散歩に行くとかそういうシーンが都合よく入って来て、そしてその時には必ず危ない目に遭うっていう「またか・・・」という展開に何度もイラっとなりながら見ちゃったなあ。

結局なんでチャ・ミンがアビスを授けられたのかもよくわかんないし、魂の姿になったとか言って生まれ変わったらイケメンになってたけども、そうなる前の姿の時に彼が純粋で素晴らしい素敵な人だったエピソードが描かれてないので、そこもなんだか納得感が全く無いのですよ。

それに、クォン・スヒョンが演じたソ・ジウクだって生まれ変わった後がちょっと髪の毛短くなるくらいなんてのも納得いかないよな。あれだけ殺人とか起こしている人が生まれ変わっても美しいままなのであれば、魂の姿ってそもそもどんな定義やねんって気分。もちろんイ・ソンジェが演じたオ・ヨンチョルの生まれ変わった姿ただ老人になっただけっていうのも納得行かないよね。そういう部分が適当なのでそういうのもちょっとご都合主義なのであった。

ところで余談ですが、クォン・スヒョンがソフトバンク・ホークスの牧原大成選手にとても似ていて、出てくるたびに牧原選手~~って思いながら見てしまったわあ。


https://www.softbankhawks.co.jp/team/player/detail/2017_36.html

似てると思うんだけどなあ・・・ とはいえ、私の勝手な思い込みかなのであしからず~~

アン・ヒョソプとイ・ボヨンちゃんは好きな俳優さんだし、ラブラブで可愛かったんだけども、殺人事件の解決がメインなので、ラブラインをそこまで詳細に描かなくて良かったんじゃないかって思っちゃうのでした。それどころじゃないやろって気分よね。そしてラストもチャ・ミンはどうして戻ってこれたの?それにアビスの使い方もひどい言い方をすれば私欲で使っているのを見ると、そんな簡単に死んだ人を復活させていいんか?と思ってしまう。とにかく全部軽いノリ過ぎるように感じてしまう。本当はもっと重いテーマなのじゃないでしょうか・・・ 私欲で勝手に魂を再生なんてしたら罰を受けそう・・・

そうそう「空から降る一億の星」に出演していたチョン・ソミンとソ・イングクが死神役で出てきましたよー ユ・ジェウォンの前監督作なのでその縁でゲスト出演って感じかな~ アビスを使ってチャ・ミンを蘇生するのが彼らの役割でした。

 

そんな感じで、残念ながら私はあまり楽しめなかったドラマでした。アビスの存在のようなファンタジー要素を使ったドラマは好きなのだけれど、犯罪捜査モノとしてもロマンチックなラブストーリーとしても中途半端に感じてしまって、あまり好みでなかったです。大事な部分がすっぽり抜けてしまってる、そんな感覚がぬぐえない後味のドラマなのでした。

 

アビスが見れるのは・・・
⇒Netflix

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す