【韓国ドラマ】 法廷プリンス – イ判サ判 – の感想 ト検事の家族が最初から怪しく見える濃すぎるキャスティング・・・

法廷プリンス – イ判サ判 -を視聴しました~ 最近は弁護士や検事が主役のドラマは珍しくなくなってきたけど、判事が主役ってのはこれが初めてじゃないかな~って思いました。多分。そういう意味では見る前から楽しみにしておりましたよ。

 

スポンサーリンク


 

邦題が法廷プリンスになってるけど、どちらかというとパク・ウンビン演じるイ・ジョンジュにまつわる話が軸になっていてその彼女をサポートするのがヨン・ウジン演じるサ・ウィヒョンって感じの構図に見えるような気もするなあ。なのでどうかな?プリンスというよりプリンセスとタイトルに入れた方のがいいのかなとも思いつつ。でも視聴者はヨン・ウジン目当ての人が多そうだからプリンスとつける訳なんだろうな。ううむ。

とはいいつつ、見始めて嬉しかったのは主要メンバーとしてドンハが出てたこと!どちらかというと殺し屋とか犯人の役が多かった彼がメインキャストとしてそれも検事として出演してて、お~!と思いました。私はいつか彼が主役のドラマが見たいと思ってるくらい期待している役者さんなので、いつか見れたらいいなあ。

しかし、もっと癖のない普通の役だと思って見てたら、検事だけどやっぱりちょっと怪しまれるようなそんな役でしたね。私が見てみたいのはもっとロマンチックで影が無い今までと全く違う役なんだけどな~ 意外とそういうのも似合うと思うのでこれからの楽しみにしておきたいと思います。

さて、ストーリーとしては犯人が誰なのかというのは二転三転して目が離せないんですけれども、なんというか主役の二人のイ判とサ判の影が薄いように感じてしまったんですよね。
そもそもト・ハンジュンの家族たちのキャスティングが濃すぎて、最初からこの辺りが怪しいと匂わせすぎなんだよね!ト・ハンジュンがドンハなのもそうだし、その母がキム・ヘスク、父がイ・ドクファって如何にも一癖も二癖もあるぜという顔ぶれだな・・・と思ってたらその通りなので、意外性があんまりないのであります。まあその三人に対しての疑いは時間とともに誰が対象になるかというのが移り変わっては行くんですけど、やっぱりな~という感じで、ふ~んと私は思ってしまいました。動機の面でもっと意外性があるのかと思ったけど、そこもちょっとイマイチ納得行かないかなあ。

あと、イ判、サ判とト検の淡い三角関係なんですけど、この行きつく先もあんまり好みじゃなかったな。ト検の潔さだけは素敵だったし、そうせざるを得ないのは分かる。で、その彼の存在、思いを知っているのに、イ判とサ判だけはうまく行ってハッピーエンドっていうのはあんまり気持ちよくない感じ。最終的にそうなるのはいいんだけど、二人が葛藤する部分があんまり描かれていないので、違和感があるのかもしれない。私がドンハびいきだから余計そう見えちゃたのかもしれませんね!

 

とはいえ、ヨン・ウジンの法服姿はやっぱり素敵だし、ドンハが雨に濡れながら泣いている姿も美しかったし、ストーリーも工夫されていて、わりと最後まで一気に見ちゃったドラマでした。チョコバンクや子役で有名なパク・ウンビンがヒロインなのはちょっと地味だったかな・・・?熱血な感じは合ってたけど。

 

法廷プリンス – イ判サ判 -が見れるのは・・・


 

【新大久保】学校へ行こうでチメク!カルビチキンを食べたよ~

本当に久々に新大久保に行ったんですけど、土日はやっぱりこみあってますね~ということで新大久保駅からちょっと離れた場所にあるお店にターゲットを絞って、「学校へ行こう」に行ってきました~ 2時間制ですとは言われたけどすぐに席につくことが出来ましたよ~ 良かった!

 

スポンサーリンク


 

つきだし的なものはスナック菓子と韓国のり。このスナックみたいなのが意外と美味しい。味が薄めでじわっと美味しいのよね。日本のスナックってもっと味が濃い気がするので、こういう薄味のスナックもあればいいのにな。その方がすきー。

何を食べよっかなーチキンかなーと思ってたら、なんだか新しいメニューにカルビチキンとやらがあったので注文!大人気映画の話題のチキンとあったので調べてみたら「極限職業」という映画でこのチキンが人気メニューで出て来るらしい。麻薬捜査犯が潜伏捜査のためにチキン屋を買い取って営業したら大繁盛しちゃって・・・みたいなコメディー映画なんだって。韓国で大ヒットしたらしいので日本に入ってきたらちょっと見てみたいなあ。

他の新メニューらしきものは組長ポッサムという、一度焼いて煮たポッサムとか、

熟成豚と特製ソースで作った豚カルビとかがありました。チーズもトッピング出来るんだって。

どれもこれもビールに合いそうなメニューたちであります。

さて、カルビチキンやってきたよ~
オーダーしたのは骨付きのハーフ。カルビのたれがたっぷりかかっていてかなり濃いめの味でガツンと来ますな。辛くはない。

ビールにも合うけど、白いご飯も食べたくなるような感じ。美味しいけど味は濃い(二度目)

あとはスンデも食べましたよ!スンデも美味しかったけど、この横のお肉みたいなのが美味しかったんだよなあ~ 唐辛子と塩をつけて食べるとこれまたビールに合いますなあ。

という訳でチキンとビールのチメクはやっぱり黄金セットだな~と思いました。夏にいいよね。元気出るわ~

ごちそうさまでした~!!!

⇒学校へ行こう


【中国ドラマ】金蘭良縁 の感想 柳文昭が恨みを晴らすパートが長い!後半は見ててしんどかった~

金蘭良縁の視聴を終了いたしました!見始めの頃はコメディー要素が強いのかな~という気持ちでわりと軽い気持ちで見れてたんですが、ラストに近づくにつれ柳文昭の金家への仕返し?復讐?が陰険で執拗になって来て、その上長く続くので見てるのが嫌になっちゃったのですよねえ。そこはそんなに尺を割いて丁寧に描くべきところなんだろうか・・・と思ってしまった!

偽装結婚からの本当の愛が始まる、っていうのはドラマではよく使われるモチーフだけど、その他の要素が色々詰まっててストーリー自体はキライじゃなかったんだけどな~ もっと30話くらいで無駄な部分を省いてコンパクトにまとめたらもっと良かったのかもな、なんて思うんだけどどうでしょうね。

 

スポンサーリンク


 

直近でウォレス・フォを見たのが、花千骨で禁欲的で冷たい役だったのだけど、そういう役よりも実はこういう明るめのツンデレ男が一番似合う気がするなあ。顔が端正なので冷静な役を演じると必要以上に冷たく見えてしまうような、そんな気がする。なので、この金元宝という役は私は好きだったかな!まあ途中の「玉麒麟を守るために彼女に冷たくして家から追い出す」みたいな独りよがりはあんまり好きじゃないけどね。相手のためを思って・・・という行動は相手が望むことではないことが往々にしてあるので、やっぱりそういう時は話し合うべきなんだろうなあ。ドラマの中じゃなくても現実でもそれはなかなか難しいんですけども。

そして、ティファニー・タンもマイ・サンシャインとか未央でどちらかというともの静かな役を演じてるのばかり見てたから玉麒麟役ではっちゃけたお転婆娘姿がのびのびしてて良い意味で意外だった!彼女は背が高いし背筋がピーンとして姿勢がいいので、武術がうまい役も割としっくり来て、アクションもいけるのね~というのは発見でした。

他は最初の方でしか出てこないけど、四大名捕に出てたジァ・チンが踊り子役に合ってたなあ~とか。ロイヤルトランプにも出てたし、わりとよく見かけますねえ!

そして金元宝の友人役の顧長風役でホアン・ミンが出てましたねえ。主役の友達というのがあまりにもピッタリの俳優さんだなあ・・・ 私が彼を初めて見たのは、あの星空、あの海。~人魚王の伝説~だったけどそれ以来本当によく見ます。

ああ、それにしても柳文昭(ワン・ヤン)の恨みが深すぎてなんだかなあって感じ。あの目をむいた演技は役柄にはとても合ってたけど・・・ 彼の置かれた状況でああいう気持ちになるのが分からないことは無いけど、その恨みを晴らす部分が長すぎて本当に見てるのが嫌になっちゃったなあ。考えてみたら実はいっぱい人が死んでたりもするよねえ。ううむ。もうちょっと最後までコメディータッチで通した方が良かったんじゃなかろうか。麒麟も武術も達者で強気の女だったのに、最後の方は泣くばかりでイマイチだったねえ。

そして!本当のラストはまあハッピーエンドっぽくはあるんだけど、結婚式後のどんでん返しみたいなのがありまして、この部分もそれいる!?って思ってしまいました。まあその前の陰湿な仕返し達に嫌気がさしててやっと結婚良かったね~とすっきり見終わりたかったという私の希望ですね。これは。はい。

それから、タイトルが邦題で金蘭良縁になっちゃってるんだけど、原題は金玉良縁で実は家と家の良縁というダブルミーニングでもあったので、そのままで良かったんじゃないかな!? まあ別にいいけど!やばい!文句ばっかり書いてしまった~ あれですね。やっぱりラスト近くの印象が色濃く残ってしまうもんなんだなあ。ピークエンドの法則!

 

金蘭良縁が見れるのは・・・



  

【新大久保】 華僑服務社でえごま月餅をゲット!

月餅が大好きなので華僑服務社に行くと月餅パトロールをするのですが、今回も食べたことないのを見つけましたのでゲットしてきました。

えごま月餅(豊麦蘇子月餅)とのことなのですが一体どんな味なんでしょうか!
韓国料理屋さんで鍋物を食べるとえごまの葉っぱやらえごま粉がたっぷりかかっていてとても美味しくて大好きだし、栄養価も高いみたいだけど、お菓子に合うのかどうかというと???なのでこれは気になりますな。

原材料には、えごま、冬瓜、ピーナツ、カボチャの種などが入っているので、えごま以外は普通の月餅とあまり変わらない感じかな。

この月餅の抜型も素敵ですね~ 型を集めたいくらい好なんとなく好きなんですよね~

さて、えごまがどんな感じなのかというと、えごまの種?みたいなプチプチした部分が入っていました。画像では分かりにくいかな?下の端の辺りの黒い丸いのがそうです。そこまで沢山えごまばっかり入っている訳ではないので、独特の風味があるものの、餡とうまくマッチしてちゃんと美味しい!ちょっと不思議な味ですが、悪くないのがすごいなあ。

皮の部分がわりと柔らかめでカットするとほわほわっと崩れる感じ。クッキーみたいにカリっとはしてなくてぱさっとした感じですね。こうして断面を見てみると皮の部分が底よりも上部の方が分厚いのですねえ。これも型押しのためなんだろうなあ。面白い!

 

スポンサーリンク


 

そしてこれもなんだか美味しそうなので買ってみたお菓子。

小腹が空いた時に食べられる感じのサイズ感!

全くどういう味かわからないで買ったんですが、開けてみたらこんな感じ!

固いクッキーぽい感じのを想像してたんですが、フワフワと柔らかくてどっちかというとパンみたい。黒糖のお菓子みたいな優しい味でこれも美味しかったです!
ちょっと柔らかい麻花兒っぽさもあるかな?

華僑服務社に行くと、いつも新しい商品があってとても楽しい。
また次回も面白い発見があるといいな~!