【中国ドラマ】四大名捕~都に舞う侠の花~ の感想 ラストの無情が切ないよ~!!!

ずっと見たいな~と思っていた「四大名捕~都に舞う侠の花~」を視聴いたしました!明の時代の皇帝直属の特務機関「神侯府」には「四大名捕」と呼ばれる実力と美貌を兼ね備えた捕吏がいたというお話。そのメンバーが、チャン・ハン、ヤン・ヤン、ウィリアム・チャン、マオ・ズージュンと豪華メンバーですので、彼らの華麗に活躍する様子が見れるだけでもまあ満足だろうな、と思ってたんですけど、ラブストーリー的な部分もあり、盛りだくさんでした。面白かった!

 

スポンサーリンク


 

印象的だったのは、ミッキー・ホーが演じる安世耿。愛を失った悲しい過去があるんだけど、それが理由の割には悪いことやり過ぎなんでは・・・?という気もしたかな。でも誰にも負けないうさん臭さが満載でキライじゃないです。存在感ありましたね。彼、宮 パレス~時をかける宮女~では、第4皇子役だったけど、あのドラマでも一癖ありそうに見える人だったけど、その雰囲気に更に拍車をかけてきたなって感じ。

結局、彼は自分の愛する人を皇帝に奪われたのだけど、自分も無情に対して同じことをしているのが皮肉だなあ。因果というのだろうか。
それにしても心の隙間に入り込んで弱みを握って人を操るのがとてもうまくて怖かったな。彼はあくまでも囁く者で本当の悪魔は自分の心にいるものなんだと思っているんだけど、でもあまりにも巧妙な囁きで抗うのは難しい。

最初からそうなるんじゃないかとちょっと予想がついたのが、ジア・チンが演じた姫瑶花。彼女の冷血への執着心が安世耿の恰好の餌食となりましたね・・・ 自分の命を捨ててもいいと思うほど、冷血を捨て身で愛していた彼女の姿を見るのは切なかったな。でも冷血は明確に彼女に愛することは出来ないとはっきりと伝えていたので、その点はいい男だな~と思いつつ。曖昧な人が一番嫌。でもそうやって拒絶されてもされても諦めることが出来ない恋心。誰にもどうしようも出来ない・・・

 

冷血を演じるチャン・ハンはどこまでもカッコよくて素敵だったなあ。強いし、頭いいし、非の打ち所がない。チャン・チュンニンを演じる楚離陌も綺麗&キュートだったので、二人はお似合いだったし、どこまでも彼女を守ろうとする冷血はカッコイイ~ 崖から落ちて凍える二人の心が近づいて、口づけを交わしたシーンはとても綺麗だったな。素敵なキスシーンでした。

しかし冷血って名前すごいね。これ英語の字幕だったらどうするの?名前だからランシェってそのままの読みかな?それともcold bloodと訳しちゃうのかな?

鉄手(マオ・ズージュン)と凌依依(呉映潔)は可愛い二人で好きだったー!呉映潔こと鬼鬼は「私たち結婚しました」でヒチョルのお相手役だった子ですよね。キュート!鉄手も手が義手みたいな武器だし、依依も毒手を持ってるし、強い手を持つ二人だね~ そうそう、マオ・ズージュンだけ4人の中で見たことないなあと思ってたんですけど、映画の花様に出ていたらしい。それなら見ているはずなんだけど全然覚えてないなあ・・・ 癖のない男前だからかもしれないな~

最終的には、追命役のウィリアム・チャンと公主もうまく行って、幸せな三組と対照的に一人ぼっちでラストを迎える無情(ヤン・ヤン)にマジ-ってちょっとビックリ!!!これはあれですかね、過去に固執して現在をしっかり生きないとこうなっちゃいますよっていう教訓的な戒めが反映されたストーリーなんでしょうかね?全員幸せ~みたいな終わり方をすると思ったらそこは予想外でした。

ヤン・ヤンが四大名捕では僕だけ相手がいなかったし、キスシーンがある役はシンデレラはオンライン中が初めてで嬉しい!!!ってインタビューで言ってるのを読んだことがあるんですけど、なるほどって思うような無情だけが寂しい厳しいラストでしたねえ・・・ あれそういえば無情って名前だけど、彼って情ありまくりなのでは・・・?むむ。

あと、見てたら知ってる顔が沢山出てきて、とうとう私も中国ドラマも一定数を見たんだな~なんて思いました。九尾狐役で白冰、その相手役に韓棟(ハン・ドン)が出てきたり(白冰の妖怪役の多さよ!似合うけど!)、すぐ殺される花婿役に劉長德やら、黄明もちょっとだけ出てたり。それから萍踪侠影のトプハ役の劉思彤も楚離陌の母親役で出てた!

 

四大名捕はそれぞれ得意の武器を持ってたけど、私の一番のお気に入りは無情の扇ですね!投げて人を斬ったり、扇のパーツが分かれて人を刺したり(ちゃんと返ってくるし!)、飛んできた武器を扇で受けたり、あんまりにも万能過ぎて面白かったな。華麗な動きで闘いのシーンもスペクタクルって感じで良かったし、登場人物の性格もしっかり描かれていたし、ストーリーも分かりやすくて嫌いじゃないな~ 面白かったです!

 

 

このドラマが見れるのは・・・




 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す