【韓国ドラマ】 帰ってきて ダーリン! の感想 同じ人物を複数の役者さんが演じるのは難しいのだなあ・・・

帰ってきて ダーリン!の視聴を終了いたしました!いやーGyao!が再生速度を変えられるのを知ってから2倍速を利用しまくっています。このドラマもそのおかげで最後まで見られたかな~ ストーリーはなかなか無い感じで面白くはあるのですが、なんだかイマイチ楽しみ切れなかったのはどうしてなんでしょうね・・・

 

スポンサーリンク


 

まずこのドラマを少し見て引き続き見続けようと思ったのはチェ・ウォニョンが出ていたからであります。嫌な男の役もいい人の役も最高に好きなのですが、このドラマでは心底悪い男という訳ではないけれど、元妻に嫌がらせをするまあまあいやらしい男の役でしたね。はーこういう役を演じる時のリアルさがたまりません。いやー今回も良かったです。演技がとても好み。

そして、彼の元妻役のイ・ハニにちょっとびっくりしたんですけど、こんなに迫力がある感じでしたっけ?もっとツーンとした美人のイメージだったんですけど、今回はなんだか意外と野太い声にもナイスバディな体形にも迫力を感じてしまって、あ~これ韓国版の極道の妻たちを撮るなら彼女が適役だな、と訳の分からないことを考えながら見てました。全く内容に関係ない・・・(^^;

このドラマに私がイマイチハマれなかったのは、キム・ヨンス役のキム・イングォンとピさん、そしてハン・ギタク役のキム・スロとオ・ヨンソ、それぞれが同じ人だと重ねて見ることが出来なかったことが原因だと思います。それでもまだ性別まで変わってしまったキム・スロとオ・ヨンソの方が重ねて見ることが少しはできたんですけど、キム・イングォンとピさんは全くダメでした。いくら同じセリフやしぐさを脚本に入れても、元のキム・ヨンスの映像を差し込んでもやっぱりピさんの演技でキム・ヨンスの面影を出せるかというところにかかっていたんだろうな。もっと特徴的のある動作を元から設定して、それだけは完璧に同じに見えるようにするとか何か方法があった気がしますけどね・・・ なので、ずっと同じ人なんだ、そう見なきゃいけないんだと自分に言い聞かせて見てましたが、やっぱり無理で、ダヘにつきまとうピさんがただ気持ち悪い人に見えてしまったという(ダヘ目線だと彼は完全に不審者ですよね!?)
一人二役よりも、同一人物を複数の役者さんが演じて同じ人に見せるのは難しいんだなあと思いました。

 

それにしても、カン・ギヨンとイ・テファンって同じドラマに出てる確率高くないですか!? ナイショの恋していいですか!?は同級生役だったし、この前見たキム秘書はなぜそうか?W-君と僕の世界-もどっちも出てたような気がする。お二人とも最近活躍しているからたまたまでしょうかね~?

 

逆送で戻って来てから判明する事実は、えー!!!っとビックリすることがいろいろありましたが、みんな実は関係があったとどんどん分かるという展開は韓国ドラマっぽかったですね~ ラストで一番驚いたのは、イ・テファン演じるチェ・スンジェのスマホに保存されている写真にラ・ミラン演じるマヤとこどもが写っていて、彼女は生まれ変わってから、かっこいいと気に入ってたスンジェの奥さんになったんかい!?ってところですかね。マヤ、やるな・・・って笑ってしまいましたよー まあなんだかんだと楽しんだ気もするドラマでした!

 

帰ってきて ダーリン!が見れるのは・・・




  

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す