【新大久保】 上海生煎包 焼き小籠包が有名みたいなのにワンタン麺食べちゃった!

さて、昨年のお話しでありますが、映画を見に行ったついでに新大久保に立ち寄り、色々買い物をしようとしていたのですが、小腹もすいたことだし、何か食べたいな~と考えていたのです。そしてちょうど気になるものの、なかなかディープな雰囲気で入りにくそう・・・と思っていた上海生煎包の前を通りかかって店内をのぞいてみると、他にお客さんがいない!これはチャレンジしてみるしかないわ~と思って行って参りました!

店名に「上海生煎包」とあるように上海焼き小籠包が目玉のお店みたいで、気になっていたんですよね。読み方は「しゃんはいせんちんぽう」とか「シャンハイシェンジェンバオー」とかかなあ?

そんな感じでこの日は勇気を出して扉を開けましたよ!そーりゃ!店内はカウンター席のみ。5~6席って感じかな?感染症対策として、厨房とカウンターの間にはビニールシートがありました。店員の方はわりとぶっきらぼうな感じがこれまたローカルっぽくて雰囲気があります。嫌いじゃない。

いやもうほんと、上海焼き小籠包を食べようと決めてたんですよ。
でもメニューを見たら麺もある!っていつもの如く目移りをいたしまして、結局ワンタンメンをオーダーした私なのでした。なぜ。いやーこの日とっても寒くて、あったかい汁物を食べたいな~ってな気になってしまったんですよね。という訳で再訪問するしかないな!

さて、メニューはこんな感じ。

ニラパンとかネギ餅も魅力的~!

その日はおつまみ類はあまりちゃんとチェックしなかったけど、ピータン入りソーセージとかハルピン腸詰とかめっちゃ気になりますね。その他、シャオウェイヤボーみたいな鴨首のおつまみなんかもあります。あと缶だけどビールもあるので、それこそサクっと飲みにも便利かもしれません。あ、でも店内にお手洗いは無いと言われたので、飲み過ぎにはご注意!

さて、ワンタンメンがやって来たよ~
あったかくて体があったまる~ しかし、想像していたワンタンメンとはちょっと違う感じでした。まず麺が太めでうどんみたい。そしてパクチーと生のもやしがのっててベトナムのフォーみたい。スープも澄んだ淡いお味。不思議な折衷麺を食べているような感覚でしたね。美味しくないことはないけど好みは分かれそう。私はもっと細い麺の普通のワンタンメンの方が好きかなあ。メニューの写真はそれっぽいのに見えるんだけど、実物はちょっと違ったなあ。写真はイメージですって書いてあるし、まあそんなこともある。

私のあとに入って来たお客さんは「焼き小籠包4つ!」って注文してたので、私も次回はそんな感じで焼き小籠包のみを目指して再訪問しようと思うのでした。そうそう店頭で豚足とかも他も色々テイクアウトも出来るみたいなので、そういう使い方もいいかもな~

 

【韓国ドラマ】刑務所のルールブック の感想 今でも登場人物をふと思い出す感じ

刑務所のルールブックを楽しく視聴いたしましたー!他の韓国ドラマとは少し違った肌触りでしたが、少し淡々とした描き方、ユーモアも交えつつ、希望も見せつつ、そして少しほろ苦いなんていう人生全部が詰まっているようなドラマでした。とても良かったです。

主人公のキム・ジェヒョクのエピソードを中心にストーリーは進んでいくんですが、他の受刑者の描き方も丁寧で心に残りました。まず、キム・ジェヒョクみたいな有名人でも一般人でも、そういう理由でなら傷害致死を起こしてしまう可能性はあるかもしれない、というのを考えてしまいますよね。もちろん人を殺すということは犯罪なのだけど、妹を強姦しようとした男を捕まえて殴ったら死んでしまったという場合、本当に心情的には判断が難しい。法律では明確な判断が下せるのかもしれないけど、うーん。

あとは私は野球が好きなので、キム・ジェヒョクが出所してから一体彼は野球界に復帰できるのかということが凄く気になって見てました。左投げ選手が右投げでもそんな短期間で一流になれるのか、とか刑務所内でそこまで特別扱いしてもらえるのかとかは分からないけど、復帰が敗戦処理のピッチャーでというのは説得力があって良かったな。あれがチームや監督からの彼へのお情けとしての登板で終わるのか、また勝ち試合のクローザーに戻れるのかは分からないけれど、希望も見せつつ、現実的な着地点で納得感がありましたね。

キム・ジェヒョクのキャラクター設定などもパク・ヘスにバッチリはまっていて、その点も大成功って感じ。単純、朴訥な感じがピッタリ。
そういえば、ジェヒョクの高校時代はイ・テソン、ジュノの高校時代はイ・ドヒョンでしたが、二人ともホテル・デルーナにも出てましたねえ!イ・ドヒョンはとにかくアツく掃除しろ!で、印象に残ったんだけど、最近よく見るなあ。ちょっと好きなタイプなので、これからに期待大です。

他の受刑者の面々もみんなとても良かったけれど、ハニャンとジョンウが一番心に残ったかな。二人の小競り合いなんかは癒しで良かったけども、ジョンウの冤罪なんかも実際に起こりうるんだろうか?実際の韓国社会を知ってる訳ではないけれど、韓国ドラマを見ていたら権力者の持つ特権が凄いので、あんなことが起っちゃうのかしら・・・と考えてしまう。そしてハニャンの再逮捕は、あまりにも苦い警笛で泣ける。それくらい麻薬というものは抜け出すのは大変ということなんだろうな・・・ せっかく恋人も母親も待ってくれていたのにね。悲しい。

あとペン部長みたいな刑務官が本当にいるのならいいね。ああやって、寄り添ってくれる人がいるなら、と思う。そういう周辺にいる人たちも人物描写がしっかりしていたので、見ていて本当に面白いドラマだったな!時々、なんだかこのドラマに出て来た受刑者の皆さんのことをふと思い出すんですよね。実在じゃないのにね、不思議な感覚だなー

 

刑務所のルールブックが見れるのは
⇒Netflix





【中国映画】鵞鳥湖の夜 の感想 合う人と合わない人がいるのかも・・・

感想を書きたいか書きたくないかというと書きたくないくらい、あんまり好きじゃない映画でありました。監督の前作品の薄氷の殺人も好きじゃなかったから、どうも私はこの監督と相性が悪いみたいです。

とても評価が高いようなので、その点は大変複雑な気持ちなんだけど、その映像の個性的な美しさとか、映像美とか、物語の展開とか、ちょっとどこかクスっと笑える描写を入れてくるところとか良い部分も分かるんですけども、それを差し引いても、女性描写にどこか「うっ」という拒否感を拭えないんですよね。そこの部分がスルー出来ない。

私が嫌悪感を感じてしまうのは、女性の扱い方かなあ。確かにラストはその弱い立場の女性たちがお金を手に入れて胸がすく感覚もあるのかもしれないので、その点は前作よりはまだましかもしれないけれど、それでもね・・・ いやもうほんとレイプシーンまで個性的な演出のひとつのネタみたいな扱いで、おいおいおいって思ってしまう。こういうのを無意識に平気で描けてしまうところが無理なんだなあ。でも、受け取り方は人それぞれだと思うので、あくまでも私の意見でありますが・・・

今回のヒロインは水浴嬢という水商売的な職業の女性ではあったけれど、だからといってたまたま出会った男が弱みを握ったからって勝手に欲情して犯していいってことにはならないでしょう?そういうのがさも当たり前みたいな状況ってなんなん?世の中ってそういうものだと、受け取るべきなんだろうか?社会の暗部を描いてるってことかもしれないけどもそれでも。

映画の中でレイプが描かれるものすべてに対してこういう感情を持つ訳ではないし、ストーリーとして必然的に不可欠なものであればここまでそんな気持ちになることはないんです。でも今回はそうではないと思うし、もっと軽く無意識にこういうシーンを作り出している感じに抵抗感があるのかなと思う。スタイリッシュな演出をこんなところに使わないで欲しい。勘弁して欲しい、とそんな気分。

ってな感じで、ストーリーや役者さんの演技をどうこう思う前にとにかく苦手だ・・・という気持ちしか沸かない映画なのであった。他のことは全部ぶっとんでしまった。まあともかく、多分この監督の作品は私は避けた方が良いのかもしれないなあと思うくらい視聴後に謎の疲労感を覚えましたな。

面白かったと思った方すいません。こんな意見もあるよってことで流してくださいませ。

 

 

⇒Netflix






【中国映画】薬の神じゃない! の感想 何が正しくて何が正しくないのか考えてしまう

昨年見た映画の中でも上位に入りそうなのはこの「薬の神じゃない!」であります。内容もなかなか興味深いものだったんですよね。事実に基づいたストーリーということなんだけど、きっとこの映画を見なかったらただ知らないで終わったかもしれないなあ。

元になったのは2014年に中国で実際に起きたニセ薬事件。この事件によって、中国の製薬業界はかなり変わったそうです。「薬」という存在はお金儲けの観点から見ると大変儲かる分野なんでしょうね、きっと。それはどうしても命がかかわってくるから。だからそれを悪用したり利用しようとする人はどうしても無くならないんだろうなとも思う。でも、この映画を見るとそれでも少しずつ良い世界になって行ってるのだと希望を持てる気持ちになれたかもしれない。

インドの強壮剤を輸入して販売しているチョン・ヨンなんだけど、親の病気やらなにやらでお金もなく、困っていたところに慢性骨髄性白血病のリュ・ショウイーがやってくるところから話は始まります。国内で販売している薬が高く購入できないため、インドのジェネリック薬を密輸して欲しいとチョン・ヨンに依頼するのです。はじめは断るんだけど、いよいよお金に困ったチョン・ヨンはその仕事を受けることに。はじめはお金のために始めたことだったし、一度は手放すものの、患者たちの窮状を知って彼が選ぶ道とは・・・。

非常にチェン・ヨンの人物造詣がうまくて、そこが良いんです。はじめに彼が密輸を始めたのは純粋にお金のためだったし、彼が最終的にもう一度今度はお金のためじゃなく患者のみんなのために密輸を再開したのは、現状を知ってしまったからでもあるし、良心の呵責と罪滅ぼしの気持ちや、彼自身にお金や精神の余裕もあったからともいえると思うんですよね。だから本当に彼は神様なんかではないんだけど、でもどちらかというと俗物的な彼がそれでも選んだ道だからこそぐっと来てしまうというか。本当に最後は覚悟を決める訳ですよ。息子を元妻のところに送って手放していつ捕まってもいいような手筈まで整えて、それでも人間として正しいと思ったことをするという。法を犯しているかもしれないけれど、命を守るためにしたことが正しくないのだろうか、と考えさせられてしまう。そして重苦しくなってしまいそうな内容だというのに、コメディー色もちりばめられていて見事としか言えない。でも、チェン・ヨンが護送されていく時の患者たちの見送りの列のシーンで泣かずにはいられなかったけどね。

さて、主演のシュー・ジェン(徐錚)は、眠れぬ夜のカルテではスキンヘッドだったので、同一人物だとは分からなかったけど、どちらもとても味のある演技ですごく良かったですし、他のキャストも最高に良かったんですよ。呂受益役のワン・チュエンジュン(王伝君)は20キロも体重を落として撮影に挑んだそうだし、彭浩役の章宇(チャン・ユー)も実年齢よりもかなり若い金髪少年役が素晴らしかったし、リウ牧師役の楊新鳴(ヤン・シンミン)も、紅一点ともいえる譚卓役の劉 思慧(リウ・スーフェイ)もとても良かったなあ。こんなにも他の人は考えられない!みたいな気持ちにしてくれるキャスティングってなかなか無いかもなあ。それくらい好きでしたなあ。

あと元妻の弟の警官の曹斌役で周一囲も出てて、少林問答の時のイメージが強すぎて、髪の毛がある!なんて驚いたりもしたけれど、やっぱりここでも熱血な役だったな。目力ゆえにこういう役がとても似合う。彼の役柄もこのストーリーの大事なポイントだったと思うなあ。

知らなければ、知らないまま関わらずにいられることでも、その真ん中に入って現状を知り自分自身も当事者になることで初めて実感できることもある、ということと、あのペテン師が言ってた「本当に怖い病気は貧乏だ」という言葉が凄く心に残ったりもしましたね。色々な部分でとても良い映画だったなあ。

薬の神じゃない!が見れるのは

【新大久保】ルンルアンお菓子処でお弁当テイクアウト2連発!

タイスイーツは何度か食べに行ったことがあるルンルアンお菓子処。いつも美味しそうだな~とお弁当を横目で見てたんですが、念願かなってやっとお弁当をテイクアウトしてきたよ!とってもお手頃&美味しかったので、続けて2回くらい買いに行っちゃった!

それにしてもこのクオリティーでこのお値段はとってもお安いなあ。

私は2回とも長方形のお弁当を購入して、デザートを選んでそれで540円!
実はデザートだけでも216円だから断然お弁当セットで買う方がお得ですねえ。そしてお弁当は店内でも食べられるので、持ち帰りが難しい場合でも便利~ 夏場とかはその方が良いかもしれない。

さて、1回目にゲットしたお弁当はこれ!

チキン&エビが入った春雨サラダみたいなやつ。そしてモチ米。

サラダはピリ辛だったけど、エビも他のシーフードもたっぷり入っててめちゃうま~
とっても美味しい~~!と食べながらびっくりしたよ~

そして選んだデザートは寒天スイーツ。つぶつぶが入ってて美味しい。名前は忘れた・・・ 美人なんとかって書いてた気がする。

そして2回目に行った時にゲットしたのはこれ!カオマンガイ!!!
本当は1度目に行った際に絶対にカオマンガイを買って帰るぞと思っていたのに、違うのに浮気したので、この時やっと初志貫徹であります。だいたい目移りしてそういうことばっかりしてるな・・・

チキンにかけるタレは別の袋に入れてくれてるのでべしゃべしゃにならなくて良い感じ。

ライスもちゃんとチキンライスの味がついてるよ。ちなみにチキンの下はざっくざくに切ったキャベツでした。千切りとかではないので違う意味で新鮮な気持ちになったわ。チキンいっぱい入ってたしお腹いっぱいになりました~ 満足!

そして選んだデザートはタイ風豆羊羹なるもの。

食べてみるとココナツと緑豆で作ったと思われるお菓子でした。結構甘くてコーヒーに合う感じ。これ結構気に入ったので、また食べたいです。

カオマンガイ熱が上がった時に、某ショッピングセンターに入ってたタイ料理屋さんでお弁当を買ってみたもののがっかりだったことがあったけど、ここのはとってもおいしかったです!目移りするくらい他のお弁当も美味しそうだったので、他のもゲットしたいな~ 今の状況も美味しいテイクアウトで乗り越えたいものです。