【韓国ドラマ】恋愛の発見 の感想 ロマンスが必要の脚本家の作品なので、そのシリーズが好きな人にはいいのかも。

良く練られてるな~と思う内容のストーリーだと分かるもののそれは個人的な好き嫌いの気持ちとは関連しないのだなと思いつつ見ていたドラマでした。回りくどい言い方をしましたが端的に言うと私はあんまり好きじゃなかったなってことです。

 

スポンサーリンク


 

私は別に良い子な登場人物が好きな訳ではないし、美しい悪女は大好き。だけど、このドラマのヒロイン、ハン・ヨルムは「私は悪い女」だということにどこか酔っている感じがして、見ていて気持ちが良くなかったんです。恋愛とかそういうところだけの話でなく、自意識過剰さが鼻につくような感じ?

私が良かったなと思った部分は、ハン・ヨルムがカン・テハに別れを告げた理由が父の死が原因だったということ、一番彼を必要としている時に自分に時間を割いてくれなかったこと、そして自分がしてしまったことにカン・テハが気づいて、「俺たち別れよう」と言ったところ。「分からない」ままのことって引き摺るんですよね。でも理由が明確になった時にやっと二人の関係に整理をつけられたのがなんだか心にズンと来てああやっと二人はお互いから自由になれるのね・・・とじわっと来たのでした。この辺りの話はとても良いと思ったので、いっそあそこで終わってくれたら感動したんだけどなあ。

だけど物語は続いて行ってしまって、その後の部分は見てて気持ち良くなかったな・・・ 最終話であったように恋愛ってお互いに少しずつ傷つけあったり、そして少しずつ癒しあったりするものっていうのは分かっているし、綺麗ごとばかりじゃないことは分かっているのだけど、でもなんだかなあ。カン・テハも言ってたように、ハン・ヨルムは誰も好きじゃなくて自分自身だけが好きなんだもん。だから最終的に結局のところそれを甘んじて許してくれるカン・テハを選ぶ彼女には狡さしか感じないのでした。

そう考えると最後にそんな彼女と離れられたハジンは実はラッキーだし、捕まったカン・テハが実は気の毒なのかなという気もする。でもまあ本人も分かっててだからお好きにどうぞ~ってな気分です。ワハハ!

てな感じで、最初から主役三人のやり取りにはほとんど魅力を感じられなかった私ですが、ト・ジュノ役のユン・ヒョンミンとユン・ソル役のキム・スルギの二人がめちゃめちゃ可愛かったので最後まで見れたかもしれない。ユン・ヒョンミンは魔女の恋愛でもこんな感じの良い友達役だったよね~ ちょっとおとぼけだけどよく見るとカッコイイ感じが好き!キム・スルギちゃんは前からずっと好きだし、出てる作品は全部見たいと思ってたからこれでひとつノルマがこなせたな~ 今回もとっても可愛い役だった・・・!くるくる変わる表情がとても良いなあ。

そして最終話で突然ゲスト出演してたユ・アイン!私どうやらベテランを見た後遺症が残ってて、にっこり笑っててもなんだかあのめっちゃ悪い財閥三世の裏のある笑顔にしか見えなくなっててヤバイです。あの映画は私に強烈な印象を残したんだなあと今更シミジミ。

 

ただのラブストーリーからは少しひねってあって見どころもあるんですけども、でも私はあんまり好みに合わなかった感じ。ロマンスが必要の脚本家、チョン・ヒョンジョンの作品みたいなので、あの辺りが好きな人には良いかもしれません。

 

 

恋愛の発見が見れるのは・・・




こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す