【中国映画】リセット 決死のカウントダウン の感想 パラレルワールドってそういう事だっけ?

映画「リセット 決死のカウントダウン」を見ました!私がこの映画を見た目的はリウ・チャンであります。麗姫と始皇帝の際の彼の凛々しさが印象的で他の出演作を見たいと思っていたのでありました。ヤン・ミーも好きだしねってことで期待して見たんですけどね。うーん。ところで製作にジャッキー・チェンも関わっているらしいです。色んな作品を手掛けていますねえ。

 

スポンサーリンク


 

さて、まずはお目当てだったリウ・チャン。彼って背も高くてシュッとしたイメージなんだけど、眼鏡&セーターのちょっとポヤポヤした感じの役。彼も学者役なんだけど、あんまり知的には見えない感じ。

多分、彼が演じてる大雄は夏天にほのかな好意を持っている感じなのかな~って気がするので、あんまり切れ者って感じじゃなくて、優しい感じの役作りなのかな。
あっ、クール担当はこの映画ではウォレス・フォなのかもしれないか!

とはいえ、普通にかっこいいんですけども、この役は彼でなくてもいいかもな・・・と思ってしまったりして。クールな役を演じてる彼を見たいんだけどなあ。この映画ではあんまり活躍するシーン無かったので寂しかったし、他に日本で見れる出演作は無いのだろうか~!!!

さて、ストーリーの話に戻りますと、まず一番最初に実験成功〜ってみんなで喜び合うシーンがあるんだけど、あれ?この人たちこんなに演技わざとらしい人たちだったっけ?と驚くくらい違和感があります。全体的になんかそんな感じなんだよなあ。これは本人たちの実力というよりは演出のせいじゃないかな?だって出演者の方たちを他の作品でも何度も見てるけど、感じたことのない感覚ですよ。多分、リウ・チャンという目的が無かったらそこの最初の部分で挫折するかもしれないレベルでなんか変な気持ちになりましたな。

夏天は豆豆を助けるために奮闘して、何度も時空を超えて、夏天が3人になっちゃうんですけど、パラレルワールドの概念ってそもそもそれで合ってます?みたいな感覚に陥ります。元の世界に戻って、何度も時空を超えるとその度にまた新しいパラレルワールドがそれぞれ出来て、3人が同じ場所に介することはないのでは無いかと思うんだけど、量子物理学的にその点はどうなんだろう?ただのタイムトラベルと思えばあり得る設定なのかな?分からん。まあでも同じ人が3人一堂に会するっていうのが息子を助けるためにこの映画ではとても大事なポイントな気がするので、あんまり考えてはいけない気もします・・・

まあでも良かったのはオリジナル夏天が何度もタイムリープするうちに脳細胞の一部が破損するかなんかでどんどん凶暴になっていくんですけども、その凶暴なヤンミーがとても良かったことかなあ。彼女かなり顔がキリッとしてるから殺し屋似合うかもしれないねえ。素敵なママよりはそっちの演技のほうがハッとしたね。

そういえば、ウォレス・フォも悪役的なのを見るのは初めてだったかも?彼ってあんまり表情豊かな感じがしないので、いっそこんな風なちょっと極端な役の方が合うのかもと思いました。私は悪役の方が好きかもしれない。

それにしても母性愛というのは、非常に凶暴なものにもなり得るのかなというのが感想。ちょうど、韓国ドラマのウォンテッドを見た後だから余計にそこについて考えてしまうのかもしれない。自分の家族だけを守るために他の人達が傷つく事に対する無関心の罪について描かれてたドラマだったのですよね。
だからこの映画の中で出てくる、自分、自分の家族、自分の子どもさえ無事だったら他の人は死んでも構わないと思う心がとても恐ろしい。それはウォレス・フォが演じた崔琥にも言えますね。彼も自分の家族に会いたいがために豆豆を殺し、ネクサス社を爆破までするんですから。愛って裏を返すと他者に対する暴力にもなりうるということなのでしょうか・・・

どうもメインのストーリーについてというんではなくて、設定について色々と物思いにふけってしまう映画だったなという印象であります。

さてさて、夏天の息子の豆豆なんですが、三世三生を見た人なら、あ!と思うであろう子が演じてます。そう、阿離役のハマー・チャン君ですよ。またまた親子役であります。怖い目に遭ってめっちゃママーママーって泣いてて演技だけど可哀そうだったよ・・・

そして意外なところで、キム・ヒウォンが出演しています。なぜ急に韓国の俳優さんが!?と思ったんですが、チャン監督は韓国の方のようなので、その縁なのかも?しかし、割とあっという間に殺されて出番はあんまりないし、せっかくの個性的な役者さんなのに活かせてない感じが非常にもったいないですなー

 

ジャッキー・チェンがプロデュースってことでアクションシーンもあるし、細かいことを気にしなければそれなりに楽しめるのかもしれません。私は気になることが沢山あってあんまりだったかな!

 

リセット 決死のカウントダウンが見れるのは・・・




【中国映画】ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝 の感想 本気を出したチェン・クンの美しさに圧倒される~

映画「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」を見ました!龍門と聞くと、「ドラゴン・イン/新龍門客棧」って映画があったよな~と思い出すんですが、どうやら今作はその3年後という設定でやっぱり関連があるらしいです。ドラゴンインはツイ・ハークが製作・脚本で監督はレイモンド・リーですが、ドラゴンゲートは監督・製作・脚本ともにツイ・ハークです。確か、ドラゴン・イン辺りで初めてドニー・イェンを見たんじゃないかなあ・・・ あの悪徳宦官役もなかなか印象深かったな~

 

スポンサーリンク


 

ツイ・ハークがこうして続編を作りたくなるのも分かる気がする「龍門」という場所が美しく、そこに隠された秘宝があるとなると非常にロマンチックでフォトジェニックな物語が撮れますもんね。砂漠という場所は神秘的で心惹かれます。

こういった武侠ものだと、CG使い過ぎとかワイヤー使い過ぎより、昔ながらのしっかりしたカンフーがいいと言われたりもしますが、それも一理あるし分からないでもないんだけれど、私はツイ・ハークのように新しい手法に果敢に挑戦していく監督が好きです。最近考えるのは「変わらないために変わり続けることが必要」という事についてです。映画も同じでどんどん新しい技術が出てくる中、変化することを恐れないということが、実は大切な部分を変えないために必要なことなのではないかと思うのでした。そういう意味でもこの映画は私はとても好きだったな。色んな剣が飛びまくってたので、本当は映画館で3Dで見たいものですねえ!

まあストーリーはちょっと辻褄が合わない部分があるような気もしますが、60年に一度現れる秘宝とか、ジャオとリンの関係とか、遊牧部族の王女チャンの存在とか、もうそれだけで楽しくなってくるような設定なので、あんまり細かいことは気にならない~ 私が香港映画に慣れてるからかもしれませんが!

ジェット・リー、ジョウ・シュン、チェン・クン、 グイ・ルンメイなどキャストが豪華なのも凄いんですが、それぞれのキャラが立っているのに個性が喧嘩していないのが良かったです。砂漠という特殊な場所が舞台だからでしょうか!

さて、この映画のもう一つのお楽しみ部分がフォンとユー・ホアティエンの二役出演していたチェン・クンの美しさ!!!!

薄汚れたような役でもその造形の美しさは隠せないけれど、ユー・ホアティエン役の時みたいに本気を出されると溜息しか出ない。人間です?

こんな美しい宦官役見たことない・・・ 美しい冷酷な男は現実では会いたくはないけど、スクリーン上ではどうしてこんなに魅力的なんでしょうね。

この中世的な妖艶さよ・・・ 且つユー・ホアティエンとフォンでは纏う雰囲気が全く違ってそれも素晴らしいです。この映画は彼の美しさを堪能するだけでも見る価値があると思う~~

めくるめく宙を舞うアクションシーンと、美しい悪役で私は非常に楽しめる映画でした!そしてツイ・ハークの「剣」への思い入れを感じられて良かったです。

 

ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝が見れるのは・・・


【台湾映画】台北の朝、僕は恋をする の感想 ひとつの恋の終わりと新しい恋の始まり

映画の「台北の朝、僕は恋をする」を見ました~ 実はこれもずっと前に見たのですよね。Gyao!で配信していたので見てみたよって感じだったんですが、割と面白かったんですね。台湾映画というか、なんだかオシャレな肌触りの作品でありました。

そんでもってちょっと調べてみたら、ヴィム・ヴェンダース製作総指揮ですって。アーヴィン・チェン監督はエドワード・ヤン監督のお弟子さんらしい。台湾の街がとてもロマンチックに映しとられていて、なかなか意欲作。素敵な雰囲気の映像に浸れます。

 

スポンサーリンク


 

パリに留学してしまった彼女に振られたカイ、毎日フランス語の本を見に書店に来るカイに好意を抱くスージー。カイが元カノに会いにパリに行く費用を叔父に借りる代わりに荷物を運ぶ仕事をすることに。それにまつわるひと騒動にカイとスージー、そして親友のカオも巻き込まれる夜。そしてその夜の終わりと新しい恋の訪れ。

ちょっとあらすじを書いてるとなんでもないラブストーリーではあるんだけど、差し込まれるエピソードがとてもいいんです。特に良かったのは親友のカオの片思いの話。片思いの桃子への思いを自分を監禁してる男たちにまで相談してるシーンね。みんなほんとの悪人じゃないからね。あの辺の描写はとても気が効いてる。そして、やっぱり結局告白できないカオ。初々しい恋の行方が、なんだかたまらずいいんです。

終わりとはじまりは、どちらも同時にやって来て、切なさも期待もはらんでとても美しい。突然のミュージカルっぽいダンスにちょっと驚いたけど、ハッピーなラストに思わず笑みがこぼれる感じ。愛というよりは恋の描写に映像の特質を存分に効果的に利用されてて良かったです。軽めのノリにも思えるけど、美しい映像のおかげか、余韻が残るような素敵な映画でしたよー!

アンバー・クォもとっても可愛いし!恋のおしながきであんまり可愛くないって言われる役を演じてたけど、無理があったよな。だって可愛いもん!

 

台北の朝、僕は恋をするが見れるのは・・・

【香港映画】ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌 の感想 銃撃戦も爆発も派手~!

「ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌」を見ました!こちら、タイトルに男たちの挽歌とありますが、ジョン・ウーが監督というのは同じですが、あの一連の作品とは全く違う内容です。ただ、挽歌という言葉が似合わないでもないのです。だからいつも邦題になんやかんや言う私ですが、まあこの場合はつけたい人の気持ちは理解できるかな~なんて思うのでした。

 

スポンサーリンク


 

ジョン・ウー作品は銃撃戦やら爆発シーンやらが凄いですけど、彼の作品のかっこよさって「粋さ」から来てるんじゃないかな。

そういう意味では彼の表現したい「粋さ」を体現してくれるのが、チョウ・ユンファなんだと思うんですね。ほんとふとしたしぐさとか、行動とかにあらわれるもの。彼の存在がジョン・ウーの思う粋さのアイコンなんだろうなあ、なんて思う。

だから、ダブル主役な作品であるとは思うし、トニー・レオンは演技はさすがなんだけれど、その粋さの部分ではやっぱりチョウ・ユンファがその存在でメインになるんだろうな、と思うのでした。

こちらの映画は冒頭から飲茶屋での激しい銃撃シーンが繰り広げられるのですが、國村隼が殺し屋で出演しております。そのシーンで出番は終わりですけど、存在感があって良いです。目つきが最高です。

いやーあの飲茶屋でのおじさん達の鳥自慢しあう感じいいね。古き良き香港というイメージですね。ああいうお店は今はないんでしょうかね?そういう意味では、こうやってフィルムに残ってるのは良いですよね。日本ももっと今の風景を色々作品に残してこ!

そして、ジョン・ウー監督も出演しております。教官役でかなりセリフも出番もあります。私、彼のじとっとした存在感もわりと好きです。

アンソニー・ウォンも悪役で出演してますが、若い!彼はうまく行かないなら全部壊しちまえ!みたいなやばい奴。殺し屋も一般人も関係なく殺しちゃう。反対に彼の部下の殺し屋役のフィリップ・コクは、殺し屋にも一定の超えてはいけない一線があるという意見のある人。トニーとの撃ち合いでも一般人には移動しろって指示するしね。だけど結局、片目の殺し屋は、血も涙もないジョニーにやられちゃうんだけど、その前のシーンがあることで、映画自体の印象が全く変わる。まあそうじゃないと、飲茶屋やら、病院やらで銃撃戦も爆破もおかまいなくしてるからかなり非道な映画になっちゃうか・・・

あんまりにも火薬の使い方が激しいから途中で凄いなって笑いがこみあげてしまった!やっぱりジョン・ウーすごいなあ。半端ないわ。この映画が彼のハリウッド進出前の作品だったんですね。このなんともいえない衝撃は国境を越えるんだなあ。

ラストはこれってオープンエンディングなのかな?実は私はバッドエンディングと受け取ったんだけど、素直にハッピーエンディングと受け取ることも出来るのか・・・ このパターンは男たちの挽歌の時みたいに万が一の続編の余地も残してたのかななんて邪推もしつつ、まあそうでなくとも好きなタイプのラストでした。

 

⇒Netflix






【中国映画】ムーラン の感想 ヴィッキー・チャオ×チェン・クンの美しさが際立つね~

さて、ドラマ版のムーランの感想を書き終えてから間髪入れずに映画版のムーランを見ました!ムーラン役がヴィッキー・チャオなのは知ってたんだけど、お相手役がチェン・クンだとは知らなかったので、どっひゃーってなりました。画皮コンビで私に嬉しいビックリのキャスティング。彼らは北京電影学院の同級生で、親友の間柄なんですって。なるほど息のあった感じある。

 

スポンサーリンク


 

さて、私はムーランのドラマを見てから、映画を見たんですけど、この順番で良かったなと思いました。逆だったらドラマは途中リタイアもしくはもっと辛辣な感想を抱いた気がします。どうしても話数が長いので、色々とエピソードを入れなければいけないせいで、ドラマは起承転結がぼやけるんだな。なので、必ずしも映画>ドラマとは思わないけど、そう感じることが多いのはそれが理由のことが多いんだろうな~と。

実際に元の原作ではどうなのかは分からないのだけど、ドラマはハッピーエンドで終わらせたいという意図の元に趙宇という存在を作り出した(違うかも?)もしくは重きを置いたのでしょう。しかし、そのせいでムーランが誰かに頼る女性のまま、自立した素敵な女性には見えないままだったんですよね。

特にラストの選択の部分ですね。映画では国のため、民衆のため、愛する人と二人で逃げるよりもウェンタイと別れを選び、平和を維持するために彼に柔然の公主と結婚することを選んで欲しいと彼女自身が決めた、という部分が非常に大事なエピソードなのだと思うのだけど、ドラマだとムーランのために皇子が身を引いたってなっちゃっててね。ドラマだけ見た時も、フーンこんな話なんだと思っちゃったんだけど、その気持ちの理由が判明しました。めっちゃ大事なクライマックスが台無しになってるんだな。それは私的になんで、重きをどこに置くかではあるとは思うんですけどね。趙宇がいて、愛も幸せも功名もどちらも手に入れたハッピーエンドの方が良いという意見もあるでしょう。

でも、そばにいられなくても続くもっと大きな愛が存在すると思うのです。だから映画の方がとてもロマンチックに感じてしまう。

しかし、チェン・クンの顔面パワーは凄いな。イケメンだけど、それだけじゃなくて非常に彼の醸し出す雰囲気の持つ力が強い。砂まみれでも傷があっても美しい。途中でいなくなったかと思って嘆き悲しんだけど復活して嬉しかったよーーーー

戦闘シーンも非常に大掛かりで見ごたえありましたし、あとは主題歌が結構好きでした!血気盛んな柔然の王子役のフー・ジュンも良かったですし。私が好きなのは、やっぱりドラマチックな映画の方でしたね~

そういえば、ディズニーでも実写版があるんですよね。こっちはもっとファンタジーっぽいのかな。そちらはまだこの先の公開予定なので、これからの楽しみにしておきたいと思います!

 

ムーランが見れるのは・・・