【中日香台合作映画】台北に舞う雪 の感想 台湾の菁桐の風景が綺麗だったな~

「台北に舞う雪」を見ました。台湾映画だと思ったら、中国・日本・香港・台湾の合作映画なんですって!日本人俳優は出演しませんが、脚本や製作総指揮に日本人も名を連ねています。そうそう「台北に舞う雪」のタイトルを聞いて特に何も感じなかったんだけど、映画を見ている途中でそうか例えば沖縄に雪が降るかどうかといったら何十年に一回とかしか降らない訳で、それくらい滅多にない奇跡って意味があったんだな・・・とようやく気づきました。想像力が足りないな~と自戒しちゃう(^^;

 

スポンサーリンク


 

さて、この映画を見ようと思ったのは、モー・ズーイーとチェン・ボーリンが出てたから!モー・ズーイーは台北ラブストーリーですっかりファンになってしまったんですが、日本で見れる彼の出演作があまりないみたいなんですよね。なので見つけたら逃せない!

だがしかし、この映画はモウ役のチェン・ボーリンとメイ役のトン・ヤオのための映画って感じでした。ひたすら美しい風景の中で惹かれあう二人を美しく撮影してるってイメージ。

この映画の中のチェン・ボーリンは優しくてよい人って感じはすごく出てましたけどね。う~ん。いいんだけど物足りないねーなんて思いつつ。いつか、またとかのが良かったな。

トン・ヤオはチャン・ツィイーに似てるって言われてるらしい。目が印象的ではあるけれど、この映画の彼女は私のアンテナにはピンと来ない感じかな。メイは新人歌手なんだけど、好きなプロデューサーが自分のことを構ってくれないから声が出なくなって失踪するという。ただの構ってちゃんとも言える。

モー・ズーイーは新聞記者の役でした。なんだったんだろうね?まあでも彼も菁桐に行って好きな人が出来て良かったね、くらいしか言うことが無いのであった。

とにかく菁桐の景色は緑が濃いし、お祭りの風景も美しいんだけれど、そこで生活している人々のことをあまり描かないのでただ美しい絵を見ている気になる。それとも突然そこに行ったメイの視点でわざと菁桐を描いているから生活している人ではなく通り過ぎる人が見る風景なんだろうか?それなら分かる気もする。それくらいなんだか現実感が無い。妙にファンタジー感があるのです。それとも観光PR映像っぽいともいえるかも。

そういう感覚のある映画だったな、と思うのでした。まあ「雪」の奇跡も起こるしなるほどねという感じはありましたし、細かいことを考えずに主役二人の恋愛を素敵ね~と思って見れたらそれはそれで良いのかもしれない。でも私の心にはストーリーは何も残らなかったかな。ただ菁桐の風景の美しさだけが残った感じでありました。

 

台北に舞う雪が見れるのは・・・



【香港映画】コンスピレーター 謀略 の感想 シリーズ3作目なのに最初に見ちゃったけど楽しめた~

「コンスピレーター 謀略」を視聴しました!オキサイド・パン監督のアーロン・クォック主演の探偵シリーズ3作目です。1作目も2作目も見ていないのに3作目から見ちゃったのであります。その理由はGayo!で配信されてたから。で、アーロン・クォックが主役だし~と思って見始めて、「あれこれってシリーズもの?」と途中で思って調べたら3作目だと気づいたんでした。でも分かりづらいこともなくて前作を見なくても楽しめました!そういえば私が見たことのあるオキサイド・パン監督の作品は腐女子探偵★桂香なんですけど、探偵ものがお得意なのかしら?なんて思いつつ。

 

スポンサーリンク


 

アーロンが演じるタイのチャイナタウンで私立探偵をしているチェン・タムが主役の映画です。今回は両親の死の真相を調べるためにマレーシアに行くので、一番多いのはマレーシアが舞台のシーンかな。そしてタムはマレーシアでニック・チョン演じる私立探偵のチョンに協力をお願いするんですが、そこでお互いを探りあったり反発しあったりしながらも一緒に解決していくって感じ。なので今作だけ見たらバディーものという印象が強いですが、今まではどんな風だったのかな?やっぱり比べてみたくなりますね。

まあそうやってチェン・タムが違う国に行って初めて会う人に対し自分が調べたいこと、どうして調べたいのかを説明するので、視聴者もおのずと彼の状況や目的が見えてくるんですね。かつ前作で起こったことなどもある程度まで分かって来ます。どうやら死んだのか失踪したのか分からなかった両親の死体を発見したのだなあということと、親友を無くしたんだなあということ。なので、今作だけ見ても無理なく理解できるようになっています。うまいなー。

そして友情、家族愛、兄弟愛なども描かれていて、よく考えたら盛り沢山の内容だったかも。チョンが双子という設定でニック・チョンの一人二役だったんだけど、これは監督が双子だということも影響しているのかもなー。

カーアクションもあったり、チョンは喘息持ちで詠春拳つかいで、木人拳で練習してるシーンがあるので、イップ・マンを見たところの私は思わず「おー」なんて言っちゃうし、色々見どころがあります。そういう真面目に戦ってるところもいいけど、金網を登ってくる人を長い棒で叩いて落として退治してるシーンとかも面白かった~ ところどころ笑える。

あとはアジアの猥雑な雰囲気、湿った空気みたいなのがとても好きなので、そういうのが画面からあふれてくるのが良い感じで、そこの楽しめて良かったです。

なにげない建物の意匠が美しかったりするんですよね。この扉の花の模様とかとても素敵ですよね。全体的に褐色がかったフィルムの色がまた郷愁をそそるなあ。

 

階段での乱闘シーンでのカメラのアングルとかカッコイイなあと思って見てました。音だけで闘ってるのを表現してたりするんですよね。他にもここぞという時の長回しのシーンとか凄いなと思う部分がたくさんあって、ストーリーもだけどところどころセンスが光るポイントが見ごたえあるなあと思うのでした。結構好きだな~

 

コンスピレーター 謀略が見れるのは・・・

【香港映画】西遊記~はじまりのはじまり~ の感想 西遊記って妖怪ハンターの話だったの!?

チャウ・シンチー監督の映画「西遊記〜はじまりのはじまり〜」を見ました。孫悟空や三蔵法師の話はなんとなく知っているつもりだったんだけど、実はあんまり知らなかったんだなと思いました。本当に小さい頃見た漫画とか童話みたいな本を読んだくらいだったのかも。だからこの映画を見ていて西遊記の「はじまりのはじまり」の部分のことを描いてるのかな?ふ~ん?ってな気分で見ていたら、ラスト近くになって、ああなるほどそういうことだったのかとやっと腑に落ちたのでした。チャウ・シンチーの作品ですからもちろん面白いんだけど、ちょっと感動しちゃったりもしたんだなあ。

 

スポンサーリンク


 

まず、三蔵法師という名前は知っているけど、玄奘っていう名前でもあるっていうことに思いが至らなくてですね。そういえばそうだった気がするって後で思ったけど、見てる最中は出てくる人達がどう関係してくるのかな・・・っていうのを五里霧中のつかみどころのなく見てた感じだったんですよね。だって妖怪ハンター=三蔵法師ってなんだか繋がらなかったんですよね。さすがに猪八戒は豚だっていうのは知ってるから分かったけど、最初に出てきた魚の妖怪が沙悟浄だとは分からなくて頭の中が???って感じになってしまった。そうかこれはどうやら日本では沙悟浄は河童ということになっているけど、原作ではただ水の妖怪である様子。日本ではオリジナルな解釈で河童になってるんですね。そっか、じゃあ私の理解が足りないだけではなかったのだな。

あとはスー・チーが演じていた段が使っていた腕輪はきっと孫悟空の頭にはめられるんだろうなってことは分かったんですけどね。そうそう基本的に好きな男を追いかける女という登場人物があんまり好きでない私なんですが、段はサバサバしていて魅力的なキャラでしたね。追いかけるにしても彼女みたいだといいな。じっとりしてる系は見ててあんまり気持ちよくなくて。だから段みたいなはっきりしているタイプがそれでも愛を貫く姿というのは反対に素敵に見えて、彼女のラストの行動に胸を打たれてハッとなってしまったのでした。演じてたスー・チーもとても良かった・・・

ショウ・ルオの演じてた空虚王子の存在も良かったです。なんだか得体のしれない人が沢山出てくるんだけどちゃんとまとまっているのが凄いなあと思って見てたんですよね。色々出てきても真ん中にある本筋がちゃんとしてるストーリーではありますしね。

この映画は「はじまりのはじまり」なので三蔵法師と仲間たちが出会うところまでを描いているだけなので、もちろん続編があるみたい。「西遊記2〜妖怪の逆襲〜」というのがすでに公開されているみたいなのでこれも是非見たいなあ。

チャウ・シンチ―が出演していなくても根底に流れる彼の哲学みたいなものがちゃんとあるな。そうこれこれって思わせてくれるのって幸せだなって思ったのでした!

 

西遊記~はじまりのはじまり~が見れるのは・・・



【香港映画】コールド・ウォー 香港警察 堕ちた正義 の感想 前作の友情を感じさせたラストから一転!

「コールド・ウォー 香港警察 堕ちた正義」を視聴しましたよー!これはコールド・ウォー 香港警察 二つの正義の続編です。1作目が面白かったので期待しちゃいますが、これまた良かったですよ~ 主要キャストは変わりませんが、他に大物俳優がこれでもかと投入されるのでわお!って感じでございます。

 

スポンサーリンク


 

今回の始まりは、警官誘拐事件を解決したショーン・ラウ(アーロン・クォック)が出世して警察署長に、MBリー(レオン・カーフェイ)は息子のジョーの不祥事のこともあり一線を引いたという状況のところから。ラウの妻が誘拐され、交換条件をして刑務所にいるジョーの解放を要求される。ジョーの背後にはもっと強大な黒幕がいたのだった、という感じでストーリーが進んでいきます。これは絶対に前作から見た方が良い系の映画ですね。今作から見たらちんぷんかんぷんかもしれないなあ~なんて。

いやーそれにしてもこのシリーズのショーン・ラウ役はアーロン・クォックにぴったりですなあ。彼ってあんまり表情豊かじゃないタイプだと思うんだけど、それがラウの冷静沈着な雰囲気にしっくり来る感じなんですよね。これは当たり役だなあ。

前作では、息子の罪を糾弾し、ラウの背中を推し、警察としての矜持を守って善の方でとどまっていたリーですが、今回はジョーの黒幕の組織からの誘惑に揺れ動く姿が描かれます。そして罪を犯したとは言え、やはり息子への愛情を捨てられない父親の姿も見せたり、ラウに比べたらリーは人間臭いなあって思う。対照的な人物設定がいいんですよね。

リーの息子役のジョー役のエディ・ポンはレオン・カーフェイと顔の形がちょっと似てるなあ。エディ・ポンは台湾俳優さんで台湾のポンフー島出身らしい!私の行ってみたいところ~~ 彼も意志が強そうな表情がジョーなりの信念の貫き方に相応しい気がして良いキャストだなあと思います。ちょっとミステリアスな雰囲気もありつつね。

そしてジョーを重用していた黒幕の存在が明らかになりますが、演じるのがチャン・クォチュー!チャン・チェンのパパですよー。もうチャン・クォチューのそこにいるだけでただ者ではない雰囲気ってのはすごいね。葉巻をくゆらせる姿とか、ひえー渋い~~ってなります。ま、今回の役は自分たちの利益のためにMBリーを長官にしたいっていう悪い人の役なんだけどさ。

そして、もう1人大物俳優が!チョウ・ユンファがオズワルド・カン役で出てきますよ。彼が弁護士を演じてる映画なんて見たことない気がするなあ。だけど全然違和感なくてさすがだなあと思いましたよ。ショーン・ラウのやり方は気に入らないと言いながら、俯瞰的な視点を持つ彼が結局解決のキーを差し出して協力するんですね。実際に証拠をつかんだのはイザベルだけども。

 

しかし、わりと簡単に人が死んでしまうのよねえ・・・ そういうジャンルなので仕方ないのだろうけどね。これまた今作で決着がつききったわけではないので、また続編ありそうな終わり方!でも一体どうなるんだよー!?っていう焦燥感を与えるようなラストではなくて、これまだ続くんだろうけどどうなるのかなという期待感を与える感じのうまい一区切りのつけ方だと思う。あまりにも中途半端な終わり方をされるとイラっとしますからね。TENみたいなのは好きじゃないなあ。という訳で私はこのシリーズに関しては続編も楽しみにしてます!

 

 

コールド・ウォー 香港警察 堕ちた正義が見れるのは・・・



【中国映画】いつか、また の感想 すべてを手放したその先にあるもの

中国映画の「いつか、また」を見ました。ハン・ハン監督のロードムービーです。出演者はかなり豪華でウィリアム・フォンとチェン・ボーリンにウォレス・チョンまで出てます。彼らがやや小汚い恰好で出てくるのでイケメンの無駄遣い(失礼!)って気もするんですけど、そうかーこんな風にしてると普通の人に見えるな~という発見も出来て良かったです。映画自体もなかなか良かったんですよ!

 

スポンサーリンク


 

中国の最東部にある島出身の3人が自動車で西へ移動していくストーリー。途中で仲間と別れたり、知り合いに出会ったり、人と知り合ったり、知らなかった事実を知ったり、車を盗まれたり、と様々なことが起こるのを見ているとロードムービーっていうのは人生の縮図なんだな、と思うのです。

人と出会い、そして別れの繰り返し。もしかしたら物に対してもそうかな。手に入れたり手放したりの繰り返し。原題の「后会无期」はもう会わないという意味だと思うので、邦題の「いつか、また」はその後に「会えたらいいね。でも会えないんだろうな。」って感じかなあなんて想像する。そういう内容が淡々と描かれてて、時には笑える感じででなかなか良い空気感なんです。

彼らが途中で会うコールガール役のワン・ルオダンがめちゃめちゃ素敵だったな。腐女子探偵★桂香で見たことがあるだけなので、普通の綺麗なお姉さん役良いですね。やっぱりクリスタルにちょっと似てる気がするなあ。

馬浩漢(ウィリアム・フォン)と江河(チェン・ボーリン)の性格は後向き、前向きなそれぞれの傾向をちょっと対照的に描いてたのかな。ロケットを見に行くと言っていた阿呂(ウォレス・チョン)が車を盗んで行ってしまった後にロケットが墜落した残骸を見て、どう捉えるのかっていうのが人生の分かれ道なのかなって。だから彼らが別れるシーンはしみじみしちゃう。犬も江河の方へ行っちゃうのは笑っちゃうけどちょっと切なかったりもしてね。鼻が利く犬なんだな・・・。ふう。

彼らの道中はどちらかというといいことなんて無かったと言える気がして、それは今の若者が生きている世界への感覚と似てるのかもしれない。でもラストの江河の後日譚みたいなエピソードを見ると、視聴者の心に「希望」をわざとらしくなく自然に植え付けてくれる感じ。うまいな。いいことなんてあまりないかもしれないけど、でも何が起こるか分からないよって。

物も人も手放したその先に、それでもまた出会う人には出会うし、そして得るものもあるということなんだろう。きっと。余韻が残るなかなか好みな映画でありましたよ!そうそう、音楽は小林武史なんですが、雰囲気があっててこちらも良いと思いました。

 

いつか、またが見れるのは・・・