【香港映画】インファナル・アフェア3 終極無間 の感想 「明日が過ぎれば無事だ」という願望は叶わない

インファナル・アフェアシリーズの最後を飾るにふさわしい完結編の3作目です。自分が生き残るために仲間を売り続けるしかないラウの辿り着く先はとても苦しい。救いのない無間地獄を出ることが出来ずにとどまり続けるしかない。自分自身への絶望感とともに。

 

スポンサーリンク


 

ヤンとラウを結びつける触媒としてのリー医師の存在の使い方がとてもうまいと思うのだった。

ケリー・チャンのクールそうな少し神秘的な存在感が精神科医としてとても効果的で。それぞれ本来の自分と対極をなす場所にいるヤンとラウが本人が気を付けていても思わず本音をこぼしてしまう場所。その秘密はあまりにも重く、それを聞いてしまったものの心にも波紋を作り出す。

リー医師のカルテを盗み見ることで自分とヤンを重ね合わせていくラウ。けれど、やっぱり彼はどんなに自分が善人だと思いたくてもそうなることは出来なかったのだった。

完膚なきまでに、突き付けられる現実というのは実に辛いものだ。とっさの判断に本性が出てしまうというのは本当で。自分は善人で警官になり切れると思ったラウが躊躇なくヨンの眉間を撃ち抜けてしまうのはやっぱり彼が黒社会の人間だということをあまりにも端的に表していて、ラウの絶望とともに視聴者にも絶望感をもたらす。丁寧に丁寧に描いてきたそれまでのストーリーがそこにきちんと集約されて、納得感とともになんとも言えない気持ちになる。絶望感?諦念?とにかく苦しい。

そしてラウは結局、自分がしてきたことの報いを受けるが如く、死ぬことも出来ず、生き地獄の中をさまよい続けるしかないのだった。

 

人生は因果応報なのだろうか。ヨンの殉死が不幸だったのかというとそうではなかったのかもしれない。あの苦しい生き方を終わらせることが出来るのは「死」しかなかったとしたら、それこそが救いだったのだろうか?そんなことを考えつつ、映画のストーリーはきちんと終焉を迎え、話の展開は回収されているし、綺麗にまとめられているのだけれど、心の中の苦しさの余韻だけは見終わった後に更に大きくなり、その存在感を増すようなそんな映画だったと思うのでした。

 

インファナル・アフェア3 終極無間が見れるのは・・・



【中国映画】ラスト・サンライズ の感想 もしもあと8分で太陽が消滅してしまうとしたら

あと8分で太陽が消滅してしまうとしたら、という危機的状況を描いた映画「ラスト・サンライズ」を見てきました。実際にそんな状況が訪れるとしたら科学の進歩によってちゃんと事前にそうなるということが分かるのでしょうか?それともこの映画のようにあっけないほど突然その時が訪れてしまうのだろうか。一応、この映画の中でも少し前にそうなることは予測されていたけれど、そういう不都合な事実は民衆には周知されないのであった。そこは妙にリアルだな、なんて思った。

 

スポンサーリンク


 

生きるためになんらかのエネルギーが必要というのは間違いのない事実なんだけれど、それが太陽光でなくても他の方法があれば生きていけるのかもしれない。だけど、私たちが生きていくのに本当に必要なものは心の中に灯る光なのかしら。

監督もそれが描きたかったのかな、と思った。映画の中でもそれを無くした人は、生きる手段があるとしても、それを模索するよりも諦めることを選んでいたから。

私たちは暗闇という概念があってはじめてそれに対比する概念として光を認識できる。だから暗闇になってはじめてそこにあった光を認識できるようになるのかもしれない。

こう書いて来て少し思い出したのは韓国映画のシークレットサンシャイン。全て無くしたと思った心に刺した一筋の光が見えたラスト。あの感覚を丁寧に追いかけて描いてあったようなイメージ。

スンとその隣人のチェンはたまたまこの苦境を一緒に乗り越えようと支え合う存在になって行く。そんな極限の状態で知った守りたいと思う存在があること。それは生きるに値する理由のひとつなのかも。恋とか愛とかそういうものをもっと超えてただ寄り添いあう体温が人間にとっての光なのでしょうか。

ディザスタームービーとして見たら、パニック感はそこまで伝わって来ないって感じかもしれないのだけど、わたしは結構好きな映画だったな。監督が描きたかったものが伝わって来た気がしたし、ラストサンセットじゃなくてラストサンライズというタイトルの意味も理解できた気がした。

映画の中での描写では本物の太陽に関しては、沈むシーンしか無くて、その後は暗黒の世界。けれどその後に昇った太陽=サンライズは、心の中で見つけた光だったんだろうなって。

あと、不安を煽るようなソナー音みたいな音声が非常に効果的で効いてましたね。登場人物の少なさやシーンを見てると、きっと低予算の映画なんだろうと思うのだけど、ストーリー展開がうまく運んで行って見入ってしまったし、面白かったです。

レン・ウェン監督の作品を他も見てみたいなーと思いました。だけど災害ドキュメンタリーを3年ほど撮っていて、今回みたいな映画は初めて撮影した監督さんみたい。じゃあこれからに期待だな~

もし、本当に8分間で太陽がなくなるなら、私はその時間は珈琲豆を挽いて、コーヒーを淹れたいななんて考えた。美味しくなりますようにと丁寧にお湯を注ぐドリップは祈りに似ている気がして。そんなふうに日常生活の中にささやかな祈りの光があることを噛みしめたいな。

 

⇒Netflix







【香港映画】インファナル・アフェア 無間序曲 の感想 シリーズ2作目はラウとヤンの11年前のストーリー

「インファナル・アフェア 無間序曲」はインファナル・アフェアシリーズの第2作目。1作目から11年遡った香港が舞台で、若い頃のラウとヤンはアンディ・ラウとトニー・レオンではなく、エディソン・チャンとショーン・ユーが演じています。

いやー この映画もずいぶんと前に見ていたんですけど、2と3を続けて見てしまったせいで自分の中でそれぞれの作品の感想を分けることが出来なくなっちゃいまして。舞台となっている時代はずいぶんと違うんですけどね。なんとなく。

それで、もう一回見てから感想を書くことにしました。なのでゆるっと2回目の視聴をいたしました。

 

スポンサーリンク


 

ストーリーに関しては1作目の世界観が持続しているし、香港返還の頃が描かれていて興味深いのですが、キャスティングがちょっとだけ気になるのでした。

ヤンのショーン・ユー→トニー・レオンの流れはわりと良い感じと思う。

しかし、ラウのエディソン・チャン→アンディ・ラウは正直なところ、あんまりしっくりこないかな。ラウのイメージにエディソン・チャンがなんだかちょっと重ならない気分です。皆さんはどうなんでしょう?

まあ、今回はどちらかというとアンソニー・ウォンのウォン警部と、エリック・ツァンのサムに焦点が当たっているストーリーなので、ラウとヤンはそこまで気にはならないともいえるけど。

この二人のやり取りが見どころです。ウォン警部がサムをボスに据えようとするのは、最善ではなくても少しでもマシな状況にしようとしてなのだけど、結局、ボスが入れ替わっても同じことが起こるという皮肉。繰り返される悲劇。

味のあるおじさん俳優パラダイスですな・・・

誰もかれもはまってしまった蟻地獄から抜け出せず。ヤンもまた任務に終わりはなく、結局警官に戻ることは出来ないまま出口もなく。

彼らの姿を見ていると、苦しいのか悲しいのか空しいのかなんとも形容のしがたいやるせなさが募りますね。そして考えてみたら全作品の11年前の物語だったということはそれだけの期間、彼らがその地獄にいたという事ですから、そう考えると映画に出てこなかった部分まで想像してしまって尚更辛い気持ちになるという感じ。おお・・・

 

さて、その他の登場人物も香港映画で見慣れた方ばかりで大変安心感があります。

ルク警視役のフー・ジュンの演技も印象的です。今作ではまさかの展開に涙ですよ・・・ 最近は彼はレッド・クリフとかにも出てすっかり有名になったけれど、私にとって彼は「藍宇 〜情熱の嵐〜」のチェン・ハントンなんだよなあ。あの映画も時間が経っても色濃く印象に残っている映画であります。

ハウ役で出演のン・ジャンユーは大好きな俳優さんの一人。癖のある悪人役を演じてるのが一番好きなので、今回のハウ役は私には物足りないかなあ。半分インテリの黒社会のボスって感じかな。でも、彼が出てるだけでいいんですよ。ほんとそんな存在。

マリー役のカリーナ・ラウのとても良かったです。ラウにとっての「マリー」という名前にそんな前日譚があったとは・・・という感じですね。このエピソードはうまく考えられてるなあ。

このアンドリュー・ラウとアラン・マックの作品には限らないかもしれないけど、裏社会を舞台にした香港映画の魅力は、非常にウェットなのに、突然のドライさの描写なのかなと思ったのでした。それともウェット過ぎるがゆえにそれを断ち切るために極端なドライさが出現するのかな、などとラウやサムの選択に思うのでありました。

 

インファナル・アフェア 無間序曲が見れるのは・・・



【香港映画】人魚姫 の感想 チャウ・シンチー映画らしい個性的な人魚たちがとてもいい!

映画好きの友人に最近見た映画で何かいいのあった~?なんていうやり取りをしていたら彼の口から出てきたのがこの「人魚姫」。なんと、ちょうど良いタイミングでGyao!で無料配信中だったので、見てみました。タイトルからはチャウ・シンチーが監督なんて全然分かりませんでしたが、内容はもちろんチャウ・シンチーがいっぱい詰まった映画でありました。やっぱりいいわー

 

スポンサーリンク


 

冒頭からチャウ・シンチー節が炸裂しててナンセンスギャグが最高だし、なんといっても人魚たちの容姿が私たちが想像するような姿ではなく大変個性的で、そうそうこれこれっていう気持ちになりますね。なぜかフリーダ・カーロが描く絵に似た容貌の人魚たちもいて、これは何かを示唆してるのかな・・・?私にはそこまでは分からなかったんだけど。

あとはショウ・ルオが人魚というか、下半身がタコバージョンの人魚を熱演してましたね。他にもツイ・ハークがゲスト的にちょっと出てたり、ラストにもクリス・ウーが出て来たりするのも、お!と思う嬉しいサプライズですね~

リウ・シュエン役の鄧超(ダン・チャオ)の演技が大変良かったです。私は初めて見た気もするけど、中国で主演男優賞を取ったりもしてる方なんですねえ。そして何よりもスン・リーの旦那様だってことを知って、うおおおお!ってなりました。お子さんも美男美女なんだろうなあ~という関係のないことを想像。

ルオラン役のキティ・チャンも迫力のある美しさで凄い。空海にも出てたと知って見たことがある気もしてきたのでした。それよりプロフィールで出演作を調べていたら「幻城凡世」っていうのに出てて、これってどうやら幻城の現代版のドラマみたいなんですよ!続編は期待してはいけない・・・とは思うものの幻城が大好きなので、とても気になります。日本でも放送されるかな?ウィリアム・フォンが主演だしどうでしょう?

そしてヒロインのシャンシャン役のリン・ユンがとっても可愛かった。チキンにむさぼりついてても、お化粧が大変なことになっててもキュート~~~
チャウ・シンチーの映画ってキャスティングや才能を発掘するのがうまいのも映画が面白くなる要因のひとつなんだろうなあ。俳優さんの魅力を発揮させる力がある監督だと思う。

93分の映画なので、リウ・シュエンとシャンシャンが恋に落ちる部分を描いている尺は実はとても短い。そうなんだけど、二人がほんとに愛し合うようになったことが観客の腑に落ちるようにちゃんと描かれててこれはすごいな、と思ったのです。
愛し合ってるように全く見えないけどセリフでそう言ってるからそうなんだろうな、なんて印象を受けてしまうと(よくそんな感覚に陥る作品が多いんですけど)全然物語に没頭できなくてしんどいよね。でもこの映画はそんなことはなくて。そういう手腕に感心してしまったなあ。

そして実はメッセージが含まれていたんでしょうか?環境破壊についてというのは表面的にも分かりやすいんだけど、例えば少数民族に対する迫害なんてことも暗に示した感じで描いていたのだろうか、なんて考えちゃいました。だから喜劇映画にしては人魚たちへの攻撃の場面だけはわざと残酷な描写にしたのかな、なんて思いました。

この映画を教えてくれた友人は泣いちゃった、なんて言ってたのですが、ちょっとその気持ちもわかるかも。二人の純粋な愛には心にぐっとくるものがあるし、八兄の気持ちも切ないし。全体的にはちゃんとコメディーで面白い映画なんだけど、それだけでは終わらない、意外と心が揺すぶられる映画でありました。やっぱりチャウ・シンチーの映画はちゃんと全部見ようと思いましたよ~

あ、そうそう人魚たちがリウ・シュエンに復讐をしようとするシーンでFIST OF FURYが流れて来て、あ!となってもうそこでたまらない気持ちになりましたね。そういう監督の色々なこだわりが詰まってるのも最高であります!

しかし、ひとつだけ残念なのは日本に来るのが普通語バージョンなことかなあ。やっぱりチャウ・シンチー作品は広東語で見たいなあ、なんて。ちょっとした抑揚とかリズム感とかが広東語の方が間延びがあって、チャウ・シンチーのコメディには合う気がする。百度で見たら中国語バージョンも広東語バージョンもどちらも作ってるみたいから、どうせなら日本に入ってくるのは広東語バージョンにして欲しいなあ~という個人的な希望。

 

人魚姫が見れるのは・・・



【中国映画】芳華-Youth- の感想 いつの時代も人間の本質は変わらないのだと思った

こちらの映画「芳華-Youth-」は映画公開当時に見に行ったのですが、やっと感想を書きますよーっと。どれくらいたったのかはもう考えたくないくらい前であります。そんなん多いですな・・・すいません。ただ、見てもすぐに内容を忘れてしまう作品もあれば、時間がたっても色鮮やかに心の中に残る作品もあり、この映画は完全に後者でありました。

 

スポンサーリンク


 

「シュウシュウの物語」や「花の生涯」で知られるゲリン・ヤンの小説が原作となっているのですが、彼女も実際にこの映画の舞台となる文芸工作団に属した経験があるとのことです。劇中にも本人を模したと思われる小穂子が出て来て、彼女が語り手となって話が進んでいきます。小穂子は最終的には小説家になっていた気がするので、やっぱりゲリン・ヤンの分身なんだろうなあ。そして、どうやら監督のフォン・シャオガンも若き頃に文芸工作団に属していたようなので、彼らの文工団への思い入れもたっぷり詰まっているのが伝わってきます。

1970年代後半という、毛沢東死去、文革終了、中越戦争という激動の時代を背景に描かれるのは文工団に属する若者たちの青春。正に「芳華」というタイトルがピッタリな、芳しい華のような青春時代のお話のはずなのだけれど、時代に翻弄される部分もあって見ているとどうしても胸が苦しくなってしまうのです。

けれど、違う時代の違う国の風景なんだけど、人間の本質というものは変わらないのだなあという感慨にも耽ったのでした。言ってみれば戦争のさなかの切羽詰まった状況、だけどやっぱり誰かを愛したり、憧れたり、いじめがあったり。ほら、今の私たちと何も変わらない・・・ 現在の方が物質的には便利になっていたとしても、同じように悩み、傷つき、生きている。

そういうことがしみじみと感じられて、とても身近に感じて、自分から遠い世界のお話だと思えなかったのが、なんだか余計に苦しいような切ないような気持ちにさせられた理由なのかもしれません。

そして、ラストのリウ・フォンとシャオピンの二人を見てとてもロマンチックだな、なんて、思ってしまったんです。終わり方が素敵。

文工団の解散後、みんなの生活はそれぞれバラバラになってしまって、お金持ちになる者もいればそうでない者もいて、一定の基準から見たらきっと不幸な人生を送った方の二人なのだろうけど、結婚という明らかな制度の枠組みの外側にいてさえ、それでもお互いに寄り添って生きている二人。結婚という契約ではなく、ただお互いを必要として傍にいる二人のそんな関係性に憧れてしまうなあ。だから、彼らの関係の結末こそがとてもロマンチックだと思ってしまった。

それから、わたしに文工団みたいな青春時代があったかしらと考えてしまったんですよね。懐かしく、そこがなかったら生きていけないような場所。
私は学校生活に対してそこまでの思い入れもないしな・・・なんて考えて寂しく思ったんですが、考えてみれば、大好きだったバンドのライブがそういう場所だったのかもなあ、なんて。たくさんの友達ができて、一緒に地方のライブにも行ったりして。バンドの解散の時に私たちがたくさん涙を流したのが、映画の中の彼らが文工団を無くした時の気持ちに似ているかもしれないなんて思ったのでした。

客観的に作品を楽しむという気持ちで見ても、映像もとても美しく楽しめる映画なんですが、私はこの映画を作品として見る以上に、自分の中の感情を引っ張り出されるような不思議な感覚を得た映画でした。とても良かったですよ!

 

芳華-Youth-が見れるのは・・・