【中国映画】ブラインド・マッサージ の感想 そこにあるのは鮮烈な生の匂い

「ブラインド・マッサージ」を見ました。ホアン・シュエンが出演ということで見たいなあと思っていたら、NETFLIXで配信されていたので見ました。ロウ・イエ監督の作品は他にふたりの人魚を見たことがあります。独特の情感とどこか流れるような映像が少し見覚えがある感覚だったかも。近づいたと思ったら離れていって届かないような。どこか鮮烈な印象を残す映画でありました。

 

スポンサーリンク


 

新しい発見でもあり、当たり前のことを改めて理解できたような気分がしたのでした。視覚障がい者が主人公の映画で、視聴者にもそういう方たちが見ることを想定してあって、キャスト紹介がスクリーンで字幕で出るだけではなく、名前が読み上げられる。そんなこともとても新鮮な感覚。

これはそうだなあ、アメリカで暮らしていた時に「ああアメリカの人たちも生きていくために働いてそしてご飯を食べて生きていっているんだなあ。私と同じなんだなあ。」と強烈に肌で感じて理解した感覚と似ているような感じ。人間が生活をするということは、どこの国であろううと、人種が違おうと、少しやり方が違おうとやっぱり根本的には同じなのだった。そういうことはすでに頭では知っていたつもりだったんだけど、やはりどこかで自分の方の先入観があって、本当には理解が出来ていなかったのだ分かったのでした。

この映画を見た時の感覚はその時に感じた気持ちととても似ていたような気がする。視覚障がい者の方の住んでいる世界も私と変わらないんだなって。仕事をして、恋愛をして悩んで。赤裸々に描かれるのは仕事や恋や性生活のこと。描かれるそれはひたすら私たちとは少し違うやり方だとしても同じ生活。そんな映画の中からは匂い立つような生の香りがするのだった。

シャオマーがコンの色香に惑わされる、あのシーン、私まで嗅覚が鋭くなったような気したのだった。私は確かに目で見ているはずのにね。この映画を見ている最中はずっとそういう感覚がありました。

視覚というのはとても大きな情報源ではあるけれど、私たちは目にうつるものを全て見ているわけではなくて、自分が認識できるものしか実際は見ていない。だから全て自分に都合の良いように見てしまうのだ。そんなことを考えると本当に私はちゃんと「見る」ということをしているだろうかと思ったりもする。

この前、プラネタリウムにいった時に「ブラックマター」という確かにそこにあるけれど見ることのできない物質のことが語られていました。宇宙空間で惑星を支えるためにそこに確かにある物質なのだけど、人間は認識できないらしい。じゃあ一体「見える」の定義ってなんなんだろうと考えてよく分からなくなって、そしてこの映画のこと思い出したのだった。視覚障がい者の方にとっては、周りのものすべてが確かにそこにあるけれど見えないものなんだろうかと、そんなことを考えたり。それなら私だって同じなんじゃないかと。

 

絶望、希望、それでも生きていくこと。色んな人がいて、みんなそれぞれのやり方で生きているということ。みんな同じだということ。映像のせいなのか、ストーリーのせいなのか、少しクラクラするような、そして心に残る映画でした。

 

 

ブラインド・マッサージが見れるのは・・・
⇒Netflix




【台湾映画】先に愛した人 の感想 愛という目に見えないけれど確かにそこにあるもの

台湾映画「先に愛した人」を見ました。話題になっていたし、ロイ・チウも出てるしで期待して見たんですが、その期待を裏切らない映画でした。すごく良かった。愛する人を失った時のそれぞれの受け入れていく方法。みんな彼を愛していたのだという共通点。だからこそやり切れないけど、その喪失感こそが愛の証だと思うのだった。

台湾ドラマを見て、じわ~と味わい深い作品だったなと思う場合、脚本がシュー・ユーティンだったということが非常に多いんですよね。この映画はそのシュー・ユーティンがシュー・チーイエンと共同で初めて長編作品の監督も手掛けたという作品です。

 

スポンサーリンク


 

本当に人間の愛の形は色々だ、と思う。同性愛者のお父さん。でもその嗜好を隠して女性と結婚することを選んだ。その妻、そしてその息子。妻と結婚前に付き合ってた男。死を目前にして本当に望むことをしたいと選んだ道は別れた男と過ごす日々。

死亡保険金の受取人がその元カレになっていたことから、男が死んだ後に必然的に接触することになる。妻と息子と元カレの三人。複雑な感情が合わさって、そしてお互いをやがてどこかじわじわと受け入れていく過程が丁寧に描かれていて、思わず涙を誘う。

保険金の受取人が元カレになっていたのは、病気の看病をしてくれたから。そしてもしかしたら、一度捨ててしまったことへの謝罪の意味もあるのかも。私たちは何かの出来事にちゃんとした理由が欲しいのだなと思った。それさえ腑に落ちればわりと何でも受け入れられるのかもしれない。旦那に裏切られたと傷つく妻もそうだったのだろうか。

ロイ・チウがとても良かった。同性愛者である自分への母親の理解を不意打ちのような方法で得ることになって、死んでしまった愛する人のための芝居ができてやっと彼も前に進めるのだった。あのお芝居は彼にとっては大切な人を送り出すための儀式だったのだな。正式にお葬式を出すような立場ではないけれど、人にはそんなセレモニーが必要なのだ、なんて思いながら見ていた。

お芝居を見ている妻の表情が本当に印象的で。私がどうしてこんなものを見なきゃいけないのよと思っている表情から変化していく。やっぱりそこにあったのは大切な人への愛で、悼む気持ちを持つ者同士ということが理解できてしまったのだ。

愛ってなんなんでしょうね。本当は深く強い愛も見かけはほんの小さなかけらで。それをなかなか拾い上げられずにいるけれど、気づかないだけでたくさん自分の周りに散らばっているのかもしれない、とそんなことを思ったのでした。

今回は同性愛者を扱ったストーリーではあったけれども、すごく本質的な愛を描いていた気がする。息子というどこかフラットな精神の持ち主の存在が実はとても効いていたなと思うのでした。

見て少したった今でも良かったなあと思い出すような映画でした。オススメです!

 

先に愛した人が見れるのは・・・
⇒Netflix

【中国映画】カイジ 動物世界 の感想 突然のマイケル・ダグラスの登場にビックリした!

中国映画の「カイジ 動物世界」を見ました。日本の漫画「賭博黙示録カイジ」を実写化したものなんですけど、漫画自体はタイトルと尖った顎の顔の主役のビジュアルくらいの知識しかない私でも楽しめましたよ。漫画っぽい描写のところも割とうまく出来てたのですけど、原作を知ってる人だったらどう感じるのか知りたいなーなんて気もします。

 

スポンサーリンク


 

リー・イーフォンも良かったんですよね。あんまりクールじゃないちょっと暑苦しさが感じられる人なのでちょうど良いなあって感じ。あと目を見開いた時に狂った感じありますよね。なのでカイジの頭の中の妄想する狂ったとことリンクしてて私はしっくり来たなあ。恋人役のチョウ・ドンユイもめちゃめちゃピッタリ。しっかり者なんだけど、好きになった男にはとことん甘くて尽くしてしまうダメなとこがあるみたいなの似合うわ~ ちょっと陰がある表情なのが良いのかな。すっごく純粋に幸せそうな役よりも辛くて切ない感じが似合うのでこういう役とてもいい。

そんな感じで私的にはこの二人のキャスティングだけでも成功って感じ。もとの原作とのマッチ度合いは知らんけど、この映画で作ろうとしてた二人の関係にはバッチリでしたよね。

そして突然のマイケル・ダグラスの登場でギャンブル船「ディスティニー号」の胡散臭さが存分にアップしていや~これ怪キャスティングなんだけど結構いいっていうね・・・ 効果的で面白いですよねえ。

それにしても、こういうストーリーっていうのはやっぱり視覚面が非常に大きな割合を占めますよね。「限定じゃんけん」の賭けの内容の説明もああいうふうにビジュアル的にぱっと説明されるとすぐ見てわかりますから。これが小説みたいに文字だけだとそうはいかない。よく読めばわかるようには書けるとは思うし、賢い人はすぐわかるかもしれないけど、やっぱり絵を見てすぐ分かるのとは比べものにならないもんなー やっぱりそれぞれの良さがあるなあ等と思いながら見ていました。

ちょっと気になるところと言えば「限定じゃんけん」という賭けの1エピソードだけ切り取って作ってあるから仕方ないとはおもうんだけど、妄想の部分の映像でカイジの狂った部分は伝わってくるけど、それが今回の賭けの部分との関連性はイマイチわかるようで分からないのは残念かな。

でもほんと気になる部分はそれくらいで私はかなり面白かったです。ラストもちゃんとそれなりに爽快感があったし。これは続編もあるのかな~?あったら見るなあ。とにかくキャスティングがうまいな~と思わされました!

カイジ 動物世界が見れるのは・・・
⇒Netflix

【香港映画】100回目の別れ の感想 「別れ話」というイベントで保っていた二人のバランスが壊れた時

イーキン・チェンが出演しているので「100回目の別れ」を見ましたよー!私にとってのイーキンは黒社会での役柄のイメージが一番強いのでこういう作品に出演しているのを見るのはとても新鮮でした!この映画に出てくるカップルは実際にいそうだなあって思ったなあ。

 

スポンサーリンク


 

しっかり者の女と夢みがちな男のカップル。いつも別れを切り出すのは女。彼らは二人の間の恋愛感情を保つために「別れ話」という手段を利用しているんですよね。だから別れを告げた後にすぐによりを戻すのがお約束の二人。でも99回目の別れを迎えてた後に二人でカフェを開き、それが成功することで少しずつすれ違っていく気持ちに気づき・・・というようなストーリー。

そんなことを思いつつ、面白ウェイター4人衆が出て来たり、友達たちも賑やかで楽しいつくりの映画になっている気もするんですが、実はじんわりと悲しくて切ないストーリーなんだなと思うのでした。

99回目の別れ話の後、小嵐に「もう別れるなんて言わないで」と伝え、カフェを開店し失恋倉庫の構想をを得てその好評を受け少しずつ成長して変わって行く阿森。でもその方法で関係を保っていたところがある二人なのです。だから阿森は、二人の関係を維持するために他の方法を考えることになります。それが結婚だったのですが、買った指輪を小嵐に渡すことが出来ず、そして突然「もう小嵐を愛していない」ことに気づいてしまうのです。

なので、ラストはオープンエンディング風に作られているように見えるけれど違うのかな・・・と思うのでした。99回目の別れまでは小嵐にあったイニシアティブが、いつの間にか阿森の手にあったのです。そしてもう別れを切り出さないでと言われるまでも無く、彼女はそれを言う立場ではないのでした。だから100回目の別れはきっと阿森が切り出すしかないのかしらなんて。

そう考えると、少しずつ壊れていく恋人たちを見ていたような気になってだんだん切ない気持ちになってしまう・・・

あと、二人の性格がやや極端に描かれているのだけど、恋愛ってそういうものなのかもしれないな。自分に無いものを相手に求めてしまうものなのかもなあ。とはいえ自分と同じ感性の人と一緒にいた方がいい人もいるだろうし、全く違う人といた方がいい人もいるのかも。恋愛は答えがないのだな、なんて。

見ている最中は、あんまり何も考えずにさら~っと見てたんですが、後からじわじわとそういう事だったのかな・・・なんて考えちゃうストーリーの映画でした。悪く無かったかも!という気がして来たのでした。

 

100回目の別れが見れるのは・・・
⇒Netflix

【中国映画】Love O2O の感想 微微一笑很傾城(シンデレラはオンライン中)の映画バージョン

微微一笑很傾城(シンデレラはオンライン中)の映画版「Love O2O」を見ましたよー!O2Oの意味はOnline to Offlineなので、オンラインゲームで知り合った二人がオフラインでも恋しちゃうよ!って感じかな。恋っていうかこの映画の中ではゲームでいきなり結婚ですけどね。ゲーム強い人ってだけでもカッコイイのに、現実に会ったらこんなにイケメンだったなんて羨ましいよね!?本人も可愛いんだけど!

 

スポンサーリンク


 

なので、あまりにも非現実的で、なんというかほんと映画だからこそだよね~なんて思っちゃったりもする。ファンタジーだよファンタジー。キュンキュンしたいんだけど、映画だとそこまでキャーってなれなかったかも。
エレベーターでのキスシーンはアツアツだったけど、そんなにぐいぐい行かない方が多分好きなんだな。大学生っぽい初々しいキスが良かったです。そんな気分。

と、映画とドラマどっちも面白かったしどちらも好きだと思ってたけど、こうやって感想を書いていると私はドラマの方が好きだったのかなあなんて思ってきました。

ドラマのヤンヤンとジェン・ジュアン、映画のジン・ボーランとアンジェラ・ベイビーという配役はどっちもコスプレも似合う美女とイケメンだけど、初めてヤンヤンを見てシャオナイにズキューンされた記憶があるからシャオナイはヤンヤンの方が好みかもしれない。でもヒロインはアンジェベイビーの方が好きかもな〜という感じ。ジェン・シュアンはこのドラマの時はわりと好きだったんだけど、その後に見た時代劇でだんだん苦手意識が出てきちゃったのよねー

シャオナイのキャラもそれぞれちょっと違うかな。ヤンヤンは完璧男子、ジン・ボーランはもう少し気さくな普通の大学生のイメージって感じ。そういうところもヤンヤンバージョンの方が好きな理由かもしれません。

ゲームの中の映像もとてもきれいだったし。二人ともほんとにキャラそのままみたいにああいう格好がにあいますよねえ。ため息。

映画もちゃんとギュッとストーリーも詰め込まれてて、あのドラマの長い時間で他にどんなことあったんだっけ?忘れた・・・なんて気分になりました。

すごく悪い人も出てこないし美しい映像や登場人物を楽しむのに良い映画です。かるーい気持ちで見れてよいです。でも不思議と悪くないのよね。時間があったら・・・いう感じで、わりとおすすめかな。

 

このドラマが見れるのは・・・
⇒Netflix