【中国ドラマ】宮 パレス ~時をかける宮女~ の感想 若曦と同じ時代にタイムスリップする女の子の話!

「宮 パレス ~時をかける宮女~」を視聴しました!これは現代から清の時代にタイムスリップしてしまうストーリーなんですが、若曦と全く同じ康熙帝が皇帝の時代。ってことで、ちょっとちょっと~この時代に現代人がタイムスリップして来過ぎなんじゃない~!?なんて思うけど、まああれですね。皇子が沢山いるからエピソードを作りやすいんだろうな~

 

スポンサーリンク


 

どうしても第4皇子と第8皇子の争いがメインになってくるので、思考が若曦の影響を受けてヒロインはきっと第4皇子と恋仲になるんだろうなという先入観を持って見ていたらその予想は裏切られて第8皇子とハッピーエンドな感じのラスト。まあ冷静に考えてみると第8皇子を演じるのがウィリアム・フォンですもんね。そりゃそうだな。

ヤン・ミー演じる晴川が勝ち気ではっきりしたタイプなので暗く落ち込んで悩む感じではなく淡々としているので湿っぽく無いのが好きだった。問題が起こっても取り乱したりせず冷静に解決していく感じなのよね。若曦もめっちゃ好きだったけどとにかく悲しみが押し寄せて来て見ているとわりと落ち込んだので明るいノリの方が見てて楽でいいなって思っちゃう。

ウィリアム・フォンは、この時はシュッとしてるし辮髪姿も似合ってお綺麗です。最初は暴力的だったのにいつしかただひたすら晴川を一途に愛する男になって行くのが素敵でしたね。そういえば映画の画皮2でも恋人役だったな~。この二人のビジュアルは最強なので眼福って感じ。

ミッキー・ホーの第4皇子も良かったですね。ちょっと曲者だけどよく見るとカッコイイんだな。先に四大名捕を見たので、かなり個性的な悪役を演じるタイプの俳優さんなのかと思ったらこういう役も演じるのだな~って感じ。私の想像する第4皇子のイメージにとても近かったんですよね。彼は晴川に未練があるのだけど、彼女は彼への思いをあっさりばっさり捨ててたので可哀そうであった。

あと、簒奪したってことにはなってなかったですね。周りにはそう思われたけど、康熙帝は彼を次期皇帝にって考えてたというストーリーになってました。他の皇子に狙われないように康熙帝はわざとその意思を隠していたことになってて、そういう描き方だと孤独な第4皇子の心が救われる部分があってほっとするのでした。

そして第4皇子を愛してしまう金枝役にシュー・チーウェン。嫉妬深くて彼に近づく女を排除しようと殺したりと激しい愛し方。でも最後は彼のために命まで投げ出すほどの愛だったのですよね・・・ それなのに第4皇子には愛されていないというのが切ないですね。七侠五義でもちょっと似た感じのわがままなお嬢さん役だったな。あっちはハッピーエンドですけども。

そして素言を演じたトン・リーアが古装が似合っててとても美しかった~!なんだか見たことがあるなあと思ったら、星に誓う恋のヒロイン!?あのドラマの時はさみし気すぎるというか、全然美人に見えなかったのだけど、このドラマではすごく綺麗だな~って思いました。わりとすっとした顔なのでばっちりメイクをしている方がいいだなと思います。素言ものぼり詰めるのだけど、心は満たされない切ない女性でしたね・・・ 幸せになれそうな道もあったのだけど、それまでに第4皇子のためにしてきたことを捨てられなかったのでした。その気持ちは分かる。

一番のとんでも設定は、仕立て屋の顧小春が年羹堯に成りかわるってところでしょうかね。それ絶対に無理でしょ!?って思うけど、まあそこはドラマですからね・・・

現実的にありえない~!っていうファンタジードラマは結構好きなので楽しみました。ラストも晴川が現代に戻っちゃうけど、第8皇子とも離れることなく・・・っていう展開だったので心が平和で良かったな!笑 どうやら続編もあって、ミッキー・ホーは出ているらしいので時間があったら見てみようかな~ といいつつ若曦みたいなとんでも続編だったらぶっ倒れるのでちょっと見るの怖いのでした!

 

宮 パレス ~時をかける宮女~が見れるのは・・・



【中国ドラマ】七侠五義 の感想 北宋の包拯という中国版の大岡越前みたいな人が出てくるよ!

中国ドラマの「七侠五義」を視聴しました!勧善懲悪な武侠もので結構面白かったです。私みたいなお決まりの型がある日本の時代劇が好きな人に好まれそうかな~!「七侠五義」というのは1889年に中国で出版された小説だそうで、この小説を元に作られてた映画もいくつかあるみたいですね。このドラマは原題は「七侠五義人間道」のようです。小説に出てくるいくつかのエピソードをピックアップして製作されたのかな~という感じですね。

 

スポンサーリンク


 

まず、驚いたのは包拯を演じたアレックス・マンの貫禄のある姿ですよねえ・・・!!!アレックス・マンといえばウォン・カーウァイの「いますぐ抱きしめたい」でアンディー・ラウ等と共演してたり、「風の輝く朝に」でチョウ・ユンファと共演していたよなあと思い出す名前なんで、若い時の姿しか見ていないのに突然こんな恰幅の良い姿で登場したらビックリしちゃうのでした。ひょー!

公明正大がモットーな開封府の包拯。清廉潔白な正義漢なので人民からの人気も高く、皇帝からの信頼も厚い人物。徹底的に調査をしてきちんとした裁きをしようとする人なんで、ストーリーは一貫してて分かりやすいですよね。それだけだったら単純で面白くないかもしれないけど、彼の周りに沢山の取り巻きがいるので、バラエティーに富んでて面白いです。

それにしても、タイトルが「七侠五義」と来たら、七人の侠客と五人の義兄弟が出てくるのかなと思うんだけど、見てても七侠が誰かイマイチ分からないんですねえ。

なので調べてみたら、どうしてもドラマの話数が限られるせいで、全員は登場しないみたい。なるほどそれなら納得ですねえ。

まず一人目は展昭。

チウ・マンチェク(趙文卓)が演じていたので、安心感があったな!笑 姿勢が良いし、古装が似合うねえ。一応、蕭璟とのラブライン(っていうほどでもないけど)もあってラストはなんとハッピーエンドでビックリした!あんなにストーカーみたいに追いかけ回されてもそんな女性を好きになる男の人もいるんですね。まあ、展昭みたいな堅物にはそういうのも効果的なのかな。

そして二人目は、智化。彼もドラマではちょっと出てきただけですよね~。小説だともっと大事な役どころなのかな?

そして、三人目は、艾虎(がいこ)。最初から普通に包拯の部下の状態で出てたから、まさか彼が七侠に入ってると思わなかったな。

そして、丁兆蘭と丁兆蕙の兄弟。弟を演じてたチェン・チューハン(陳楚翰)は他のドラマでもわりとよく見かけるな。マイ・サンシャインでウォレス・チョンの同僚の弁護士を演じてたり、花千骨にも出てるな~ 彼らも七侠に含まれるなんて全然分からなかったよね!

あとの二人は欧陽春、沈仲元という人達らしいです。なるほどね~。調べてすっきりしたので良かったです。

 

そして、分かりやすいのは五義。

廬方、韓彰、徐慶、蒋平の四人。最初のエピソードの中心人物なので彼らが包拯を手伝うようになる過程分かりやすくて抵抗なく受け入れられていい流れですよね。蕭璟と軽口を叩いたりするやり取りがやや堅苦しい展開のこのドラマのいい息抜きって感じで良いんですよね~。

そしてもう一人が白玉堂。ちょっと傲慢で短気だけど、最終的にはいい仲間になってましたね。すっかり包拯の手足になって働いてたけど、小説ではもっとトラブルメーカーな様子。

結局、漢数字にこだわって調べたけど、中国では「三」とか「五」は慣用的に使われる数字みたいなのでそこまで意味はないようです。小説も最初は「七侠五義」じゃなくて「三侠五義」だったそうですし。

蕭璟を演じていたのは、シュー・チーウェン(徐麒雯)。「宮 パレス〜時をかける宮女〜」で第四皇子の妻の役で出てたんですけど、その時の役と今回もちょっと似てる感じ。我儘でやりたいことを好きにやって周りに迷惑をかけ、そして激しく恋をして相手を追いかけまわしてるイメージ。私はあんまり好きなタイプの女性では無いのであった。でもわりと中国の武侠ものを見ているとこういう女性が出てくるですよ!隋唐演義でもいたな・・・

そして、とっても良かったのは皇帝ですね。ちょっと頼りないけど、心根は良い感じが凄く出ていて、だからこそ包拯を重用することが出来る聡明さもある感じが出ててすごく良いキャスティングだと思ったんですよ!フオ・ジェンイエン(霍政諺)は笑傲江湖にも出てるみたいなので見てみよう~

チン・イエン(秦焰)が演じる陳琳も素晴らしかったですよね。皇帝を守ることを使命として自分が正しいと思う方法を貫いているんだけど、それは違う視点から見ると正しいやり方ではないんだよなあ。皇帝を守るためなら殺人も厭わないからね。正義とは・・・?という問いがここでも出て来たのでした。すべての人に通じる正義というものはないのだろうな。立場が違えば何が正義かというのも変わるのだな。

 

こうしてまとめていると、キャスティングがとても良かったんだな~と思いました。なかなか見ごたえがあって見るのが楽しかったです!骨組みがしっかりとしたドラマだったなと思います。包拯と陳琳のたとえ話や言葉のやり取りが暗に示すというやり方で見ごたえがあります。そういうところも気が効いてて面白かったな~

 

 

七侠五義が見れるのは・・・


【中国ドラマ】雲中歌~愛を奏でる~ の感想 ヒロインの雲歌がビックリするくらい好きじゃなかったよ!

「雲中歌~愛を奏でる~」を見ましたよ~!いや~ビックリするくらいヒロインの雲歌が好きになれないドラマでした。アンジェラベイビーの演技は初めて見たんですけども、雲歌という役のせいで彼女まで苦手になりそうな勢いですよ。まあ、他のも見てみて再考しますけども・・・。彼女、線が細くてとてもお綺麗だけど、着物よりも洋服の方がずっと似合いそうだなあって思ってたんですけどどうなんでしょう?顔もスタイルも現代っぽい気がするけどなあ。

 

スポンサーリンク


 

そもそも雲歌が子どもの頃の初恋の相手をずっと思っているという設定なのに、違う人をその相手と思い込み、その人には愛する人がいたから諦めて、そして他の男と恋に落ちる癖に本物の初恋の相手が見つかったらやっぱりその人のことを愛しているっていう流れがよく分からない。もうさ、初恋の人で忘れられない人だとしても、大人になって再会してその人なのかどうか判別できないなんて、そんなの「好き」じゃないし運命でも無いよ、ただ思い出の中で恋してるだけだよなって思うんですけども。

もうすでにこの最初で雲歌の思いに疑いを抱いてしまい、その後もずっとなぜか彼女を愛して尽くしまくる男たちが気の毒だなあと思ってしまうのであった。彼らも初恋というマジックにかかっているだけで、相手を好きというよりは、初恋の相手を愛し続ける自分を好きなだけなのでは!?という気持ちになります。

私この初恋信奉みたいなのあんまり好きじゃなくて、このドラマのストーリーを見て思い出したのは韓国ドラマの彼女はキレイだったですねえ。あれもヒロインがすごく苦手だったなあ・・・ 初恋の相手と再会してもその人かちゃんと認識できないなんてそんなの愛じゃないよな気がするんだけどなあ。ううむ。

そんな風だったけど、最後まで見れたのは孟珏役のドゥ・チュン(杜淳)がわりと好きだからかも。隋唐演義で李世民を演じてた時からちょっと気になってる俳優さん。劉弗陵役のルー・イー(陸毅)が雲歌と両想いなのにあっさりと中盤で死んでしまったから、これは孟珏が幸せになるのか!?と思ったら雲歌に振り回されまくってたので気の毒でしたね。なんでそんなに雲歌を好きだったんですか?と聞いてみたい気分である。ラストもあれは結局殺されたのかな・・・ 幸せになった人いるの?このドラマ・・・

雲歌は全然好きじゃなかったんだけど、他の女性陣はわりと好きだったかも。許平君役のスー・チン(蘇青)も良かったし(盗墓筆記に出てたらしいけど覚えてない!)、霍成君役のヤン・ロン(楊蓉)も本当は孟珏に愛されたいだけだったのにどんどん手を汚して行ってしまう女性を熱演してたし、上官小妹役の毛曉彤も頼りない雰囲気だったのに、皇太后になった後にキリっとした表情になったのは素晴らしかったですね。

そうだ、雲歌が上官小妹のことを可愛がっているのに、そして雲歌が劉弗陵に再会した時には上官小妹が皇后という立場ですでに彼と結婚しているのに彼らが床入りするってなったら雲歌が落ち込んでたというシーンで彼女が本当に自分のことしか考えてないなあって嫌な気持ちになったんだった。もちろん現在の女性の考え方なら男を共有なんてしたくないと考えて当たり前かもしれないけど、劉弗陵は皇帝だからなあ・・・ まあ結局床入りは偽装だったんだけどさ。でもじゃあ上官小妹の女性として皇后としての立場は一体どうなるんだろう、なんて考えちゃう。雲歌のことを恨めるならまだしも仲良くしている相手だからそれさえも出来ないんだよ・・・ 彼女は本当に妹のままで良かったのかしら。

そうそう、百合(はくごう)役でチャオ・リーイン(趙麗穎)が出てましたね~ ちょい役って感じでも出演するんだなあ~っていうのに驚き。

 

は~ 見れば見るほどヒロインをキライになって行ってしまうという驚きのドラマでした。まわりに迷惑をかけまくりでそのせいで人が死んでしまうこともいっぱいあったりしてサイテーな人なのに自分は生き残っててなんだかなあって感じでした。シナリオのせいなのか、演技力のせいなのかは不明ですが、どうして雲歌という役があんなに魅力のないキャラになってしまったのでしょう!?ある意味忘れられない登場人物になったかもしれない~

 

雲中歌~愛を奏でる~が見れるのは・・・


【中国ドラマ】女医明妃伝~雪の日の誓い~ の感想 どんな世界でも初めての存在はなかなか認められなくて大変!

「女医明妃伝~雪の日の誓い~」を見ました!もちろん目当てはホアン・シュエン(ホアン・シュアンとどっちの発音がいいのか悩むんだなあ・・・)で見ましたよ~ 実在の女医、談允賢がモデルなのだそうですが、皇帝とその弟でのちの皇帝に愛されるようなストーリーってところはほんまかいな?って感じだけどどうなんだろう。しかしいつの時代も「初めて」のことをしようとする人に世間の風当たりは強いもので、それにもめげずに自分を信じて進んでいく人がだけが道を切り開けるのだなあとそんなことを思いました。

 

スポンサーリンク


 

それにしても、明のような昔の時代に女性が男性より低く見られているというのは、知っていたけれど、「医者」という仕事自体も低く見られているようだったのは意外でした。現在なら人気の職業だし、命を救う尊い仕事だと思われていますよね。そうか時代の移り変わりとともにそういう意識もどんどん変化してくものなんだと考えたら、今の自分が絶対と思っていることなんて本当は全く絶対的な物ではないんだろうな・・・ 心も頭も柔軟にしておきたいものですねえ。

いや~それにしても允賢(リウ・シーシー)はモテモテだったねえ!二人の皇帝に愛されるってすごいな・・・ いやあ二人だけじゃないか、エセンにも愛されてましたね。允賢に対してエセンが言ってた「明では女性が医術を学ぶというと色々と言われるが、草原だったら誰も文句は言わないから好きなことをすればいい」っていうの、本当に彼女みたいなタイプは因習に縛られずに自由に生きられる方がいいような気もしたけど、まあそこに愛は無いから無理かな。でも結局、祁鎮と祁鈺のどちらが本当に好きだったんでしょうかね?祁鎮に皇后がいなかったら、允賢は自分の気持ちをセーブすることなく、彼を愛したのかもしれない。それとも本当に家族のような愛情だったのかな・・・ 愛の形は人それぞれ色々ですからね・・・

後宮のイザコザとかは大してなかったけど、皇太后が幅を利かせて画策してたので皇帝も大変だよなあ。人が良すぎても簡単に騙されるし、疑り深過ぎても疑心暗鬼になりそうだし、難しい地位なんだなあ。面白かったのは、祁鎮(ウォレス・フォ)と祁鈺(ホアン・シュエン)のそれぞれの変化ですよね。捕虜になったあとにすっかり思慮深くなった祁鎮と、暫定的に皇帝になったあと欲を持ってしまう祁鈺と。権力というものは一度手に入れると手放すのは難しいのですね。でも結局その欲が招いた結果は哀しい末路でした・・・

それにしても何度も笑ってしまったシーンがありまして、それはショックを受けるとやたらとすぐに吐血して倒れるとこですよ。祁鈺が允賢が死んだと聞かされてショックを受けていきなり血を吐いた時は、ちょっとー!って思いましたよ!その後も他の人もやたら血を吐いて倒れるんで、その場面になると「またか!」と思って笑ってしまうのであった。面白シーンじゃないのに!困る!

でもラスト近くに祁鈺が毒にやられてしまった時の病みやつれた姿のホアン・シュエンの迫真の演技は素晴らしくて、彼もちゃんと体全体が本当に弱った人の動きになるのですよね。メイクだけじゃないのです。やっぱり好きな役者さんだなと改めて思いましたよー

あと皇后役の李呈媛がめちゃめちゃ綺麗だったな。まさに聡明な女性って感じで皇后役にぴったり。あ~!お昼12時のシンデレラに出てた人か~ フォン・トンのことが好きでリャンリャンの邪魔をしてた人!同じ人って分からなかった~ 古装片の方が上品さが際立っていいかも。洋服だと寂しそうに見えるかな・・・

 

さて、リウ・シーシーは芯が強くでも見かけは大人しそうに見える、そんな役が似合いますねえ。安定感のある演技でしたし、ウォレス・フォもホアン・シュエンもどっちもとても素敵だったし、衣装も素晴らしかったし、なかなか楽しんで見れたドラマでした。50話と長かったけど途中で飽きることもなかったな。恋愛だけじゃなくて医術のエピソードも沢山盛り込まれてたからかな!

 

 

女医明妃伝~雪の日の誓い~が見れるのは・・・


    

【台湾ドラマ】アテンションLOVE の感想 僕の世界に色をくれるのは君だけなんだ

アテンションLOVEの視聴を終了しました!このドラマとっても好きだったな。プリンス・チウ(プリンスってすごい名前だなあ・・・王子みたいだけどしかし)もジョアンヌ・ツァンも制服が似合ってて高校生役がとっても自然でした。男子と女子って恋愛のものさしが違うんだよなあ・・・ってすれ違いながら近づいていく二人の姿を見て思ったり。そういう心情が丁寧に描かれていてじわじわと染み込む感じなのでした。

 

スポンサーリンク


 

主人公の顔力正(イェン・リージェン)という役名を見て、顔の力が正しいってすごいな!イケメンってこと!って勝手に漢字を見てビックリしちゃったんだけど(確かにプリンス・チウは端正でお綺麗ですけども~~)そういう訳ではなくて「力正」が「気をつけ」、ジョン・シャオシー(鍾少曦) の「少曦」が「休め」、ワン・ジンリー(王晉禮)の「晉禮」が「礼」ってことみたい。なるほどねー。原題が「稍息立正我愛你」なので、「アテンションLOVE」というタイトルも納得な感じ。立ち上がって勇気を出して恋しましょうって感じかな。そう考えるとやっぱりリージェンの物語なのかなって気がしますね。

それにしてもシャオシーを演じたジョアンヌ・ツァンがお転婆な役がとてもとても良かった!男勝りだけど素直な良い子を嫌味なく演じてて好きだったな。彼女は華麗なる玉子様でOLを演じてた時よりもずっと自然で好感が持てて良かったなあ。カジュアルな方が素敵。そういうお転婆な女の子が恋する姿ってとても可愛いし、彼女のまっすぐな気持ちは思わず応援しちゃうんだなー

そしてプリンス・チウは初めて見ましたけど、この役に関しては彼の醸し出すちょっと冷たい空気がこれまたピッタリはまっていてとても良かったです。他の役を見たことが無いから比べられないけど、彼が元からこういう感じの人なのか、役作りで演じていたのか、どちらにせよすごいはまっていた!

私はリージェンの気持ちがとても理解できる気がして。ジンリーが言ってたように「リージェンはどうみてもシャオシーが好きなのに、はっきり伝えないで彼女を振りまわしてる」と周りには見えるのだけど、リージェンはそんなつもりは全くないし、本当に自分の気持ちが分からなかったんだよね、きっと。ずっと真っ白な部屋で一人ぼっちでいた彼は、初めてその扉を開けて入ってきた彼女がすべてでその存在が大切で、でもその気持ちが愛なのかは分からなかったんだよ。彼の真っ白な空白の世界に色をくれるのは彼女だけで、だからシャオシーを切実に求めているのにその感情の名前を知らなくて伝えることも出来ないでいるリージェン。切なくてたまらないよ・・・

でも、ジンリーもシャオチャオも自分の好きな人の幸せを望む素敵な友人たちだったので、リージェンはすでに自分の中で悩みまくってるのに他の人にも邪魔される展開じゃなかったのが良かったな~って思いながら見ていました。シャオシーの両親も優しかったしね!そのおかげで彼がちゃんと立ち上がって前に進む姿をじっくり堪能できた気がします。

 

「好き」の形って本当に様々なんだなって思ったのです。シャオシーは暖かい家庭で育ったから愛という存在を信じて疑わないでその感情をそのまま相手に伝えられるけれど、リージェンはそうではなくて。でもそんな彼が愛情を知って行く姿が丁寧に描かれているのがとても心に残るドラマでした。明るいドラマなんだけどいろいろ考えちゃったなあ!

 

 

アテンションLOVEが見れるのは・・・