【台湾ドラマ】流星花園〜花より男子〜 の感想 F4のメンバーが今見ても魅力的ですよね

日本の漫画「花より男子」が原作の台湾ドラマ「流星花園」を見ましたよ~ イ・ミンホが主演の韓国版ドラマは見たことあるんですけども、そこまで人気の秘密は分からない感じだったんですけども、台湾版の方がF4のメンバーが粒ぞろいって感じかなあと思いました。後はドラマのストーリーもこちらの方がちゃんと繋がってる感じがしたなあ。韓国版は、前の話の終わりで揉めてた気がしたのに、次の話で一緒に海外に行ってたりして、頭の中が???になったりもしたんですよね。そういう事は無かったな。

 

スポンサーリンク


 

ここのF4は最強ですよね。どのメンバーも今でも活躍してるイメージだもん。ケン・チュウは今は監督を目指してるんだっけ?他のメンバーは今もどんどんドラマや映画に出演してますよねえ。この前なんてイップマン4を見たらヴァネス・ウーが出ててビックリしましたもん!

それにしてもかなり前のドラマだけど、今見ても面白いのは凄いなあ~ つくし役のバービィー・スーも、道明寺役のジェリー・イェンもはまり役だもんな。二人が思い合いつつも色んな障害を越えていくというストーリーは定石ながら、彼らのまわりにいる人々も個性的で見てて飽きないですよねえ。

そうそう、意外な人達もたくさん出演してます。今は主役級の方々が、サブキャラで出てて豪華!

ウォレス・チョンがちょっと変わった芸術家役。若い~
変わり者が妙にはまってるんだよなあ。彼ってイケメンの雰囲気を纏う事も出来るのに、そのオーラを全く消すことも出来る人な気がする。

道明寺ママに雇われてつくしを誘惑する亜門役で、ラン・ジェンロンも出てます。
あとは、レイニー・ヤンもつくしの友人の小優役で出てますね~ とてもキュート。

道明寺が世間知らずのおぼっちゃまで横暴なのに、つくしに夢中っていうシチュエーションは女子から見るとたまらないんだろうなあ。色々と障害が襲い掛かって大変だけど、二人が思い合ってるっていうのもそう、ポイントを突く設定なんだろうなあ。もちろん私も例外ではありません。ツボを突かれている!

なので、続けて流星花園のⅡも見ようかと、1話だけ見たんだけど、せっかくうまく行ってた二人がまた厳しい状況に置かれそうな様子を見て、ちょっと気持ちが乗らなくてまたにしようかなって思いました・・・ それよりも流星花園2018を先に見ようかしら!?これもF4がなかなか強力らしいので気になるわ~

 

流星花園〜花より男子〜が見れるのは・・・



【台湾ドラマ】美味関係〜おいしい関係〜 の感想 出てくる料理が美味しそうでした~

「美味関係〜おいしい関係〜」を見ました!最近、如歌やら、流星花園も見たし、ヴィック・チョウばっかり見てる気がしますなあ。まあほんと彫りが深くて整った顔立ちですよね。今もあんまり変わらないし端正だけど、若い時は更にイケメンだとしみじみ。

 

スポンサーリンク


 

このドラマは、日本の漫画が原作です。台湾ドラマは少女漫画の実写が多いですなー 主役がコックさんなので、お料理が沢山出て来て、とても美味しそうでした!リトルベアのメニューは庶民的なので、よだれが出るほどじゃなかったけど、お店のみんなで旅行に出た際に食べてた豚足がとっても美味しそうで、めっちゃ食べたくなりました!百恵役のパティ・ホウがまたすっごく美味しそうに食べるんですよ!食欲が刺激されちゃう。こういうドラマはその点も楽しめていいですねー

ヴィック・チョウは織田 圭二役合ってましたね~ クールで厳しいコックさん。言葉はきついけど、彼なりの信念があってのことだし、百恵が好きになっちゃうのも分かるよね。百恵は、最初こそ我儘で賑やかでちょっと苦手なタイプのヒロインかな・・・と思ったけど、だんだん我儘な部分がなくなってきたので天真爛漫な可愛い人に見えてきました。そうこの二人は良かったんです。

しかし、とにかく苦手だったのが、アラン・コーが演じていた木村大地。脚本のせいなのか、設定のなのか知らないけど、善意に見せかけた好意を押しつける気持ち悪い人に見えてしまいましたね。百恵と蓮見とのスキャンダルが雑誌に載った時、織田さんみたいな不器用な人が百恵にひどいことを言ってしまうのはまだ理解出来るんですよね(だって基本的にいつもそうだし)。でも百恵の味方と普段はいつも言っている人があんなひどい言葉ぶつけるのってどうなんですか?人が困ったり大変な時に助けるとか信じるのが友人だと思うんだけどなあ。引くわ~
そして、その後、彼女が失踪していた時に、勝手に彼女の部屋に入り浸って「もう匂いも消えてしまった・・・」とか言ってるんですけど、ちょっとマジで怖い。いくら親しくてもどうかと思うなあ。そんな感じでこのドラマの中の彼の存在にはずっとドン引きでした。無理~

可奈子さんはね~病んでて怖かったけど、彼女はなんだか大変だから幸せになって欲しいねって思って見てましたね・・・ まあ最終的にはわりと幸せそうな雰囲気だったので良かったです。

そういえば琳子さんの意識は戻ったのかな・・・ そこの部分はどうなったドラマでは描かれてなかったけど、あの二人も幸せになって欲しいものです。演じてたドン・ジウユン(鄧九雲)はどこかで見たことがある気がうると考えていたら、元カレはユーレイ様!?でした。彼女も明るさが発散されるような美人さんだなあ~

他のリトルベアのメンバーやその他の方々も個性的で、うまいこと漫画的で良かったです。その中でも一番素敵だなと思っていたのは、千代婆さんです。白髪交じりのまとめた髪に色鮮やかなピアスをつけてるんですけど、それが似合っていて、とても美しかったんですよね。歳をとってからこそ似合う色彩やスタイルってあるよなあって。そういうの憧れちゃう。

ラストは絶対にハッピーエンドだろうなあという安心感と、ほのぼのした雰囲気を楽しむにはやっぱり台湾のラブコメだなって思いましたね。ちょっとね、徹底的に苦手なキャラがいたものの、彼は振られるのが分かっていたので(ひどい)まあなんとかそこは目をつぶりつつ最後まで見れましたかね。それなりには面白かったです!

 

美味関係〜おいしい関係〜が見れるのは・・・





【中国ドラマ】私の隣人は不眠症 の感想 ヒロインのチェン・イーシンの演技がとってもキュート!

中国ドラマの「私の隣人は不眠症」を見終わりました~!!! これは少女漫画的なストーリーを正しく実写化したようなタイプのドラマと言えるでしょう!めっちゃベタなんですけど、最高に好きでした。シー・ソン役のワン・ズーシンのツンデレピアニストっぷりも良いんですけど、ヒロインのミド役のチェン・イーシンがめちゃくちゃ可愛かったんですよ~ どちらかというとイケメンに目を奪われがちな私なんですが、このドラマではヒロインの発散するキュートなパワーに惹きつけられたって感じ。なので主役カップルを見てるのがとっても楽しかったな!

 

スポンサーリンク


 

ちなみにチェン・イーシンはSNH48のメンバーらしい。アイドルなんですね~。このドラマでは彼女はくりんくりんの髪型だったりもするし、正統派美人はむしろライバルのスー・リなので、最初はあんまり可愛さが分からなかったんですが、何がいいって表情なんですよ!シー・ソンがおんぶをしてくれるってなった時のミドの嬉しそうな表情とか、全身から溢れる喜びに「ま、眩しくて見ていられない!」ってな気分になりました。いやー若いっていいね!もうほんと見てるこっちまで幸せな気持ちになるようなそんな感じ。

そして、シー・ソン役のワン・ズーシンも正しいツンデレっぷりで非常に良かったです。普段はミドに対してそっけない対応してるんだけど、いざとなったら愛をちゃんと口にしますよ。彼のきっぱりとした「ふぇいちゃんしーほわん(めっちゃ大好き)」という台詞でバタリって倒れそうになりました。そんなに好きならもっと前からちゃんと伝えてあげなよ!ギャー!

リャン・ガ役のマー・シュエヤンも、ル・イヨウ役の薛城もなかなかイケメンだし、シャオ・ミ役の楊可も、スー・リ役の郭晞文も美人さんだったし、皆さんそれぞれタイプが違って良かったなー

バス停のポスターがまさにこのドラマ「私の隣人は不眠症」のだったりするのが中国ドラマだなー!

まあストーリーとしては、ミドが真夜中のピアノがうるさいからと隣家にバルコニーから乗り込んで文句を言いに行ったらそこで寝ちゃったり、その隣人のピアニストがシー・ソンで、彼は不眠症なんだけどその日にミドが隣にいたらよく寝れた、なんていう始まり方でして、ここ有り得ない~って思っちゃうと入り込めないかも。ほんと隣人が変なおじさんとかだったらどうすんの!?ってちょっと思いますよね(それじゃドラマにならないけど!)

あと、ミドの母親がシー・ソンの追っかけでファンクラブの会長だった!という設定もなんか凄いです。母親があまりにもミドに無関心なので、実はミドは本当の子どもではなくて、シー・ソンが本当の子どもとかなのだろうか?と思いながら見てたんですが、ただ単にシー・ソンの熱狂的ファンだっただけでした!マジ!?
でも、こういう母親、父親像ってのも有りだな~と思うんですよね。現実には、誰もかれもが子どもが一番っていう訳ではないと思うし、どんどん価値観も多様化していると思うから、色んな姿が描かれるのっていいと思うな。あまりにもステレオタイプな姿って面白くないし、反対に現実味がない。

ってな感じで、とっても可愛いドラマで大好きでした。こういうストレートなラブコメっていうのもやっぱりいいね。ミドの両親とか、グーおばさんに至るまでなんだかみんな憎めない楽しいドラマでしたよ。

 

私の隣人は不眠症が見れるのは・・・

【中国ドラマ】龍珠伝 ラストプリンセス の感想 清の皇子と明の末裔の女の子の恋

「龍珠伝 ラストプリンセス」の視聴を見終わりました!前半3分の1くらいはのろのろと見ていたのですが、だんだんと面白くなって最後の方は一気に見ちゃいましたね。

中国ドラマのヒロインにありがちなキャラ設定なので、そこのところをイライラせずに見れるかが完走できるかのポイントなのかもしれないなあ。中国ドラマ初心者の頃はいちいち腹立ってなんやねんこのヒロイン~!!!!って思うことも多かったんですけど、慣れとは怖いもので最近はあんまりなんとも思わなくなってきた気がする。日本人(私を含め)って言いたいことを我慢することが美徳と思ってるところがあるけど、それが弊害となっている部分もあると思うのですよね。だから、こういうヒロイン像を見るにつけ、自分の中の固定観念とか思い込みに気づいてきたというか。

 

スポンサーリンク


 

やりたい放題我儘っていうのが良いことだとは思わないけれど、我慢して言いたいことを言わなすぎるのも問題ですよね。だから言い方は考えるべきだとは思うけれど、ある程度言うべきことは口に出していくことも必要なのだろうな、なんて思ったり。
という訳で中国ドラマのヒロインは天真爛漫で言いたい放題やりたい放題でも後始末をしてくれる人がいて、モテモテで羨ましいですねって話が逸れた・・・ ヒロインたちの行動に悪意が含まれているかどうかが愛らしいで済むかどうかのポイントなのだろうなあ。

このドラマでも御多分にもれず無邪気なヒロイン易歓が暴れまわってますが、ヤン・ズーは憎めない雰囲気があって嫌いじゃなかったです。まだ愛が分からない子どもっぽい感じが良く出てたし。ただし、勝手に勅書を書き換えるのは一線超えてるとは思うけど。

それよりもめっちゃ気になったのは、彼女が左利きなの?右利きなの?ってことですよね。右手に骨つき肉、左手に箸って時もあったし、左で箸を持って食べてたかと思うと、次のシーンでは右で箸を持ってたり。

中国ではこの時代の人も右利きに矯正されたのかな?なので、途中で右で箸を持ってと言われたけど、左で持ってたシーンはそのまま使ったんだろうか?とか考えてましたよね。ヤン・ズーはきっと両利きなんだろうな~ うわ~どうでもいいこと気になってるなあ、私。

康熙帝役のチン・ジュンジェ(秦俊杰)は大変良かったです。眉間の皺が最高だし、皇帝役にふさわしい威厳のある姿を見せてくれたので素敵でしたね。初めて見たと思ったけど、古剣奇譚や映画の画皮2の子役で出てた様子。その辺は全然覚えてないけど、彼は古装片がいいね。他も見たいです。

またまたどうでもいいことなんですけど、チン・ジュンジェがなんとなくLUNA SEAのSUGIZOに似てるなあ~と思いました。出てくる度に杉様~と心の中でつぶやいてしまってたよ。画像の左下の人ですが、まじまじと見比べてみると眉間と顎の感じが似てるのかも・・・

それにしても二人の愛は成就しないという結末なんだけど、詳細が描かれない感じが良かったな。結局、明の末裔は皇太子ではなくて易歓だということを本人たちが知る顛末が劇中では描かれないのだけど、その詳細に描かれない部分で知ったんだろうなと思うのでした。だからその事実を知った彼女が別れを選んだのではないかと私は想像。彼女が本当に死んでしまったのではなくて、康熙帝を愛した易歓は死んだという意味で彼女のものを康熙帝に届けたのでは?ほんとに死んだ可能性もあるけど。そういう色々な考え方が出来るオープンエンディングになってますよね。そういうの嫌いじゃない~

傾城役の切ない片思いは気の毒だと思ったけど、弱った慈煊との無理やりな結婚は怖かった・・・ すべてが台無しになる。彼女のそれまでの思いも。

呉応麒役の劉学義もお綺麗でしたね。しかし、彼が船の中で指示を出して何か企んでそうだったのって、何だったんだろう?ここ回収されずに終わったような気がする。ただ倩影との純愛の相手って感じで終わって物足りなかったなあ。

あと何気に好きだったのは、ソンゴトゥ役の蘆星宇。いい人っぽく見せかけて、企んでる人たまりませんね。ちょっと癖のあるおじさん好きの血が騒ぐ!独孤伽羅に出てるみたいなので要チェックします!!!

 

反清同盟の仲間割れはありがちだけど、見応えがあってこの辺からドラマがめっちゃ面白くなった気がします。密偵達の年月をかけた潜伏ってのは見抜くのが難しい。登場人物も多かったし、誰がどこの密偵なのか全然分からなかったなー まあ、彼らのいう明復興が成功したところで、権力を持つ人間が変わるだけで違うしがらみができて同じような繰り返しなんだろうな。人間の営みって民族が変わっても国が変わっても根本的には変わらない。

 

 

龍珠伝 ラストプリンセスが見れるのは・・・




【中国ドラマ】宮廷の秘密〜王者清風〜 の感想 なかなか強引なハッピーエンドにビックリ!

中国ドラマの「宮廷の秘密 ~王者清風」を見ました!色々思うことはありましたが、その中でも一番印象に残ったのは強引なハッピーエンドですね。はあ、なるほど、敵同志の恋仲の二人が幸せな結末を迎えるにはこの方法しかないのかもしれないなあ。人間は修行しても恨みを忘れることなんてやっぱり出来ないし、意思の力だけで乗り越えるのってやっぱり無理なんだろうなと逆に諦念をおぼえてしまいました。

 

スポンサーリンク


 

邦題は「宮廷の秘密 ~王者清風」ですが、まあ原題は王者清風な訳です。このタイトルのイメージ通り、皇帝をまっすぐな正しい人として描こうとしたんだろうなあと思う(多分)んです。だけど、そのせいで、面倒なことや嘘をつくみたいなことをまわりにいる他の人にやらせてるよう見えちゃったんだな。なんだか、義に篤いのは、あくまでも葉滄雲であって、弘曆は彼の義の篤さを利用してただけのような?弘曆の度量の広さは分かってるんだけど、その部分が調子の良さにも見えちゃう感がある。

さて、弘曆役のミッキー・ホーって私が見たドラマでは、辮髪姿の役が多いなあなんて思ったりして。似合うけども、頭を剃ってる期間が多くて大変だなあ。まあでも宮パレスシリーズとこのドラマくらいかな?本当のところ、私は彼には皇子役よりは、四大名捕の時みたいな個性的な悪役を演じてる方が好きです。

宋田田役の蔣夢婕(ジャン・モンジェ)は、紅楼夢の林黛玉ですね!あの役は病弱で傷つきやすい毛だるい感じがたまらない魅力だった彼女ですが、今回ははねっかえりのお転婆な女性。中国ではよくあるタイプのヒロインですね。まわりに迷惑をかけるのとか見てるとイラっとしちゃうんですけど、私は宋田田はまだ大丈夫だったかな。たまに本気でこのヒロイン無理~って思う時もあるんだけど、中国ドラマをたくさん見てたらちょっと慣れてきた気がする!

李聰兒役の高洋(ガオ・ヤン)もお綺麗ですよね。ちょっと寂しげな雰囲気が良い。見たことあるな~と思ったら美人心計の薄巧慧役やら、紅楼夢の妙玉ですね。割と記憶に残る美人さんだな。ちょっと神秘的な感じ。

この二人が弘曆と恋仲になるんだけど、後宮の話となると必ず描かれる女性同士の嫉妬がこのドラマでは全く出てこない!弘曆が愛情深い人だからと言っても、そんな仲良しこよしでいられるかな・・・ 記憶を失ってもその部分はなくならないと思うなー こういうとこも都合の良さがちょっと気になる。そう、なんだかあんまりこのドラマが好きじゃなかったのは、弘曆を良い人として描こうとした皺寄せが色んな方面に来てて、その違和感をたくさん感じたせいかもしれません。

そうそう!麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜の韓申役がめちゃめちゃ素敵だった李泰(リー・タイ)も弘時役で出ております。が、このドラマでは分かりやすく弘曆に敵対心を燃やし、あっという間に失脚してしまう役であった。えーん。もしも、このドラマを先に見たら、李泰の印象も全く違うものになったのかもしれない!

宮廷の秘密を探って行く部分は面白くはあったけれど、私はモヤモヤした部分も多かったですね。弘曆のキャラが素敵!と思えるなら、楽しめるかも。私は女性陣が美人で好きだったので、その点は楽しめたかな!

 



⇒Netflix