【中国ドラマ】宮廷の秘密〜王者清風〜 の感想 なかなか強引なハッピーエンドにビックリ!

中国ドラマの「宮廷の秘密 ~王者清風」を見ました!色々思うことはありましたが、その中でも一番印象に残ったのは強引なハッピーエンドですね。はあ、なるほど、敵同志の恋仲の二人が幸せな結末を迎えるにはこの方法しかないのかもしれないなあ。人間は修行しても恨みを忘れることなんてやっぱり出来ないし、意思の力だけで乗り越えるのってやっぱり無理なんだろうなと逆に諦念をおぼえてしまいました。

 

スポンサーリンク


 

邦題は「宮廷の秘密 ~王者清風」ですが、まあ原題は王者清風な訳です。このタイトルのイメージ通り、皇帝をまっすぐな正しい人として描こうとしたんだろうなあと思う(多分)んです。だけど、そのせいで、面倒なことや嘘をつくみたいなことをまわりにいる他の人にやらせてるよう見えちゃったんだな。なんだか、義に篤いのは、あくまでも葉滄雲であって、弘曆は彼の義の篤さを利用してただけのような?弘曆の度量の広さは分かってるんだけど、その部分が調子の良さにも見えちゃう感がある。

さて、弘曆役のミッキー・ホーって私が見たドラマでは、辮髪姿の役が多いなあなんて思ったりして。似合うけども、頭を剃ってる期間が多くて大変だなあ。まあでも宮パレスシリーズとこのドラマくらいかな?本当のところ、私は彼には皇子役よりは、四大名捕の時みたいな個性的な悪役を演じてる方が好きです。

宋田田役の蔣夢婕(ジャン・モンジェ)は、紅楼夢の林黛玉ですね!あの役は病弱で傷つきやすい毛だるい感じがたまらない魅力だった彼女ですが、今回ははねっかえりのお転婆な女性。中国ではよくあるタイプのヒロインですね。まわりに迷惑をかけるのとか見てるとイラっとしちゃうんですけど、私は宋田田はまだ大丈夫だったかな。たまに本気でこのヒロイン無理~って思う時もあるんだけど、中国ドラマをたくさん見てたらちょっと慣れてきた気がする!

李聰兒役の高洋(ガオ・ヤン)もお綺麗ですよね。ちょっと寂しげな雰囲気が良い。見たことあるな~と思ったら美人心計の薄巧慧役やら、紅楼夢の妙玉ですね。割と記憶に残る美人さんだな。ちょっと神秘的な感じ。

この二人が弘曆と恋仲になるんだけど、後宮の話となると必ず描かれる女性同士の嫉妬がこのドラマでは全く出てこない!弘曆が愛情深い人だからと言っても、そんな仲良しこよしでいられるかな・・・ 記憶を失ってもその部分はなくならないと思うなー こういうとこも都合の良さがちょっと気になる。そう、なんだかあんまりこのドラマが好きじゃなかったのは、弘曆を良い人として描こうとした皺寄せが色んな方面に来てて、その違和感をたくさん感じたせいかもしれません。

そうそう!麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜の韓申役がめちゃめちゃ素敵だった李泰(リー・タイ)も弘時役で出ております。が、このドラマでは分かりやすく弘曆に敵対心を燃やし、あっという間に失脚してしまう役であった。えーん。もしも、このドラマを先に見たら、李泰の印象も全く違うものになったのかもしれない!

宮廷の秘密を探って行く部分は面白くはあったけれど、私はモヤモヤした部分も多かったですね。弘曆のキャラが素敵!と思えるなら、楽しめるかも。私は女性陣が美人で好きだったので、その点は楽しめたかな!

 



⇒Netflix







【中国ドラマ】歓楽無双~恋する事件帖 の感想 政務ほったらかしで愛を貫く皇帝どうなん?

中国ドラマの「歓楽無双」を見ました~!さて、見始めてから知ったんですが、「蘭陵王」や「擇天記~宿命の美少年~」のチョン・シューガイ監督作という事なんですね。なるほどー 擇天記はそこまででもなかったけど、蘭陵王はリタイア寸前だったなあなんて思いだしますねえ。ちなみに本作はその中間って感じ。登場人物のキャラ的にリタイアしたい気持ちが半分、とはいえ捕り物帖なので、どう解決されるか気になる気持ちが半分って感じでした。

 

スポンサーリンク


 

端的に言うと、皇帝に復讐したい東方楽+政務をほっぽり出して色恋に走る皇帝カップルと、よく言えばキップがいい、悪く言えばウザくて騒がしい陸小歓+黄小魚カップルの優柔不断な恋を見せつけられるって感じのストーリーだったなあ。

設定的にはこの二つの恋は切ないはずなのに、騒がしくて浸れない。ヒロイン二人があんまり好きじゃないので、どうにもこうにも応援できないんだなー 東方楽はまあそこまで嫌いじゃなかったけど、陸小歓はとっても苦手でありました。

東方楽役のジャン・カイトンは彼女たちの恋愛時代で見たなー 割と気の強い感じの美人役って感じのイメージですね。

蘇公公がとても不思議な魅力あふれる悪役だったのでその点は良かったかなあ。演じてるのは魏子昕であってるのかな。嫌らしくて怪しい雰囲気で最高だったんだけどね!

宦官なのに皇帝になろうとするのは凄いな・・・と思っちゃうけど、彼が謀反を企てる気持ちが分からなくもないよね。これだけの長い期間皇宮に戻らず政務をほったらかしている皇帝だもん。「民のために~」とか取ってつけたようなことを言っても何を言っているんだ!?としか思えないっすねえ。

そして皇后がなんでこんなに胸を強調したお衣装なのかと思ったら、ナイスバディーが売りの柳岩が演じてるからなんですねー ドラゴンコップスの色っぽいお姉さん役だった人!

皇后は皇帝が留守にしてる間、しっかり政務もこなして偉いよね。それなのに皇帝はそのことなんて知ったことかって感じで彼女に愛してないって言う訳ですよ。愛は無くても感謝くらいはあってしかるべきなんじゃないですかね・・・?

さてさて、嘉慶公主は陸小歓と黄小魚の仲を引き裂く人間だったし、騒がしいキャラではあったんだけど、小魚の彼女の扱いがひどいんでね。むしろ肩持っちゃうとこあった・・・

あとビックリだった小妹の正体。彼女の上官諸侯への愛が一番響いたな。押しつけじゃない見守る愛って素敵よね。

上官諸侯役の李彧は小さくなんだか可愛くて良かったな!箸休め的にギャグも良かったです。

起こる事件で使われる術とかは完全に荒唐無稽なものが多くてなんでもありなんでね。その辺は予想もつかないので面白かったともいえるなあ。一番凄いなあと思ったのは無花のラスト近くの怒涛の策の弄し方でしょうか。あっちにはこう言い、こっちにはこう言いって感じで辻褄合わせが凄かった!末路は予想通りではあったけど。

ラストはハッピーエンドでそりゃよかったねえって感じです。愛を貫くという観点で言うと潔いのかもしれないけど、皇帝が政務と愛と間での葛藤が全く無いのって凄かったですね。むしろ黄小魚の方はそこまで民のための自分の役目と愛とで葛藤する必要あるかなって感じだったかもなあ。うん。頑張って最後まで見た!ってドラマでしたね。ふう。

 

歓楽無双~恋する事件帖 が見れるのは・・・



【中国ドラマ】ムーラン の感想 意外と庶民的なヒロインにちょっとビックリ

中国ドラマのムーランを見ましたよ。原作がアニメ化や映画化を何度もされている作品だと思うのですがタイトルだけ知っていて、実際に視聴したのは初めてでした。

今回見て感じたのは、「え?こんな庶民的な感じのヒロインなの?」ってことですかね。女傑って言うから、もっとカッコよいとか豪胆なイメージを勝手に想像してたんですけど、なんかイマイチ思ってたのと違いましたね。割とウジウジしてるし、素敵に見えない(失礼!)女性が全然成長しないまま将軍になって行くんですよね・・・あれ?こんな話なの?

 

スポンサーリンク


 

そんな印象を持ってしまったので、これはちょっと他の映像作品と見比べてみたい気持ちが凄く高まっております。そのためには、まずはドラマの感想を書き留めておかないとなと映画版を見たいがために急いで書いております。そうしとかないと印象が混じっちゃいますから!そういえば、そういうのがもう1作品あります。三世三生も早くドラマ版の感想を書いて、同じ原作の映画「ワンス・アポン・ア・タイム 闘神」を見たいと思っているんでした。忙しいなー

ムーラン役のエレイン・コンは頑張ってたなあと思いますが、カッコよいというよりはもっと女性っぽい感じなんだな・・・うーん。それに対しどうしても映画版のヒロインがヴィッキー・チャオと聞くとこれはマジピッタリでしょうと期待が高まっちゃうんですよね。だって、妖魔伝 レザレクションでチェン・クンが演じる霍心を好きな癖にヴィッキー・チャオが演じる靖公主が素直になれなくて彼を殴ったり蹴ったりする暴力的な公主の演技が最高に良かったんでね・・・ いやーあれを思い出すと男装の男勝りな女性を演じるヴィッキー・チャオをまた見たいよねって思うよなあ。

ラブストーリーとしても、ほうそうなんだと現実的で面白いような面白く無いような。もっと楊俊とも盛り上がるのかと思ったら、彼が勝手に身を引くという結末。そういう選択をする男性は嫌いじゃないけど、実際に若蘭は彼のことどう思ってたのかはよく分かんなかったな。ドラマの尺としても趙宇と過ごす時間の方が完全に多かったしな。非常に現実的なんで物足りない。やっぱりもう少しドラマチックなのを期待しちゃうもんな。

趙宇役のユエン・ホンは非常にうまかったです。本の虫の趙宇っていうのを完璧に演じてたって感じ。若曦の十三王子の好漢のイメージが強かったんですが、全然違うタイプを器用に演じてたイメージ。とても良かったです。

楊俊役のチェン・スーチェンは初めて見たなあ。正義感の溢れる楊俊役は結構良かったですね。他の出演作を調べてみたら、映画のスプリングフィーバーに出てるみたい。ちょうど見ようと思ってる映画。そして、奥さんがトン・リーヤー!星に誓う恋のヒロイン役の人。美人な奥さんだ~

それにしても楊俊の母親の独孤后役の潘虹は強烈に迫力があり過ぎたよなあ。実際にどうだったのかは知らないけど、もうちょっと若い人の方が良かったよね。楊堅と比べても年上過ぎる気がする。独孤伽羅が主役のドラマもあるからどう描かれてるのか見比べるのも面白そう。

若蘭の家族思いの気持ちの押しつけがましさ以外はそれなりに興味深く見たんですが、でもドラマッチックさに欠けるなあという物足りない気持ちがどうしても拭えないのも本当かな。まあ面白かったですけどね!

 

ムーランが見れるのは・・・

【中国ドラマ】美人心計 〜一人の妃と二人の皇帝〜 の感想 サブキャラだけどウィリアム・フォンが最強!

美人心計 〜一人の妃と二人の皇帝〜を見ましたよー 中国の時代劇は好きだし、後宮の争いも面白いものもあるから好きなんだけど、このドラマに関してはびっくりするくらい楽しめなくて、ヒーコラ言いながらなんとか最後まで見たって感じでした。

 

スポンサーリンク


 

私、もしかしてルビー・リンの演技が好きじゃないのかもしれない・・・よく考えてみたら今まで彼女の演技がいいな~と思ったことない気がするんだなあ。とはいえ、作品や役柄によって印象が全然違いますのでもう少し他の作品を見てみないと分からないですね。きっと。ともかく、この作品に関していうとヒロインはもちろん、その相手や周りの人達も魅力を感じられ無かったのですよねー キャストもそれなりに豪華だと思うのに全然面白く感じられなかったのはなんでなんだろうー?

そう!未央で大好きだったルオ・ジンが出てたんですが、このドラマでは出て来ても最初誰か分からんかった。なんだか顔が幼い感じ?顔は変わってないと思うのに、未央の拓跋濬役の時はもっと自信に溢れた感じの出来上がったイケメンに見えたから、キャリアを積むことで顔つきが変わったのかもしれない。もしくは拓跋濬は非の打ちどころのない王子様的なキャラだったせいなのかもしれませんねー

一番良かったのはちょっとしか出なかったけど、ウィリアム・フォンじゃないかな?この時のビジュアルはシャープで最高にかっこいい!役柄的にも素敵な将軍役でいいんですよ。優しい人の役よりこういうちょっと冷たいようなクールビューティーの方がいい。あ、この将軍は血気盛んで熱いんだけど硬派だからまあクールってことで。でもあんまり出番が長くないので残念なのであった。

ラブストーリー的な部分で言えば私が好きだったのは、莫雪鳶と周亜夫のヤン・ミー&ミッキー・ホーの宮 パレスコンビ!周りの情勢に振り回されて結ばれることのない二人。切ない。

そんな感じで、サブな登場人物たちは好きな部分もあったんだけど、メインのルビー・リン&サミュエル・チャンの二人には全くときめかなかったんだよなあ。

代王が、何があってもそなたを信じると言った癖に竇猗房を疑い、妹にころっと行くのを見るとゾッとしてしまったし、そもそも最初のほうで代王と竇猗房はいつの間にそんなに思いあう中になったんですかね?なのでしょっぱなからモヤモヤしながら見てたし、私が大事と思う部分がいまいち丁寧に描かれてないから、入り込めない感じ。ルオ・ジンは最後までかわいそうだったしさ。彼の役割はなんだったんだろう。

キャラとしても姉は控えめに見せかけて、逆に計算高く見えるし、妹は全然頭良くなかったのに、途中から突然切れ者になってちょっとどうなのか・・・と思いつつ。

あーあと、ラスト近く、ヒロインが自分の息子の「弟を殺してない」っていう言葉を信じなかったやつ、真偽が分からないのに調べるまでも無く感情的に拒否してて、割とずっとそんな感じだったような気もしてきて、やっぱり彼女が賢い妃に見えなかったから、面白くなかったのかもしれませんなあ。はー 変なところで疑い深くて、変なところですぐに騙される。そういうのが一貫してなかったんだよね。

 

ところで、色々知ってる俳優さんが出てたのですね。せっかくなので覚書的に記録。こうして改めて振り返るとわりと豪華キャストだなあ。

ときめき旋風ガールにも出てた蒋依依ちゃん。こんな子役時代から出てたのに今はすっかり美人に成長してます。

館陶公主の少女時代を演じてた張雪迎ちゃんもよく見るなあ。彼女もときめき旋風ガールに出てたし、ハンシュク雲中歌などなど。美しく成長していくのを見守ってる気分になる~

ダン・シャーは孤高の花とか鳳凰の飛翔にも出てましたね。

バイ・シャンは雲中歌とか、王者清風なんかにも出てたなー

チャン・シャオシェンは蘭陵王妃月光のイタズラやらめっちゃよく見る。

最後の方でマオ・ズージュンも登場。四大名捕やら、画皮2やら、ラスト・プリンセスやら。

そしてチャン・モン!彼女もめっちゃよく見る。今見てる開封府にも出てるし、古剣奇譚ロイヤルトランプ天龍八部やら。

 

そうですねえ。話数が40話でよかったなあ。おかげでなんとか最後まで見れました。50話以上あったらきっと多分挫折してました。豪華キャストだし、面白く作れそうなストーリーなのに、なぜか色々腑におちないでモヤモヤして面白くないって感じで私にとってはちょっと残念なドラマでした。

 

美人心計 〜一人の妃と二人の皇帝〜が見れるのは・・・





【中国ドラマ】皇貴妃の宮廷 の感想 順治帝と董小宛の純愛&皇太后役のアニタ・ユンが良い~

「皇貴妃の宮廷」を見終わりましたー!中国の時代劇はめっちゃ見応えがあって面白いってのと、うーん・・・イマイチというのの差が激しい気がします。

このドラマはかなり好きだったので私にとっては完全に前者かな~!ストーリーもだけど、キャスティングが私好みだったのかもしれない。順治帝と董小宛の二人が非常に相性が良くてしっかり相思相愛に見えて、満州族と漢族という障害を一生懸命乗り越えようとする姿を思わず応援してしまうのですね。

 

スポンサーリンク


 

ガオ・ユンシャンとホウ・モンヤオの主役二人もとっても良かったんですが、なんといっても皇太后役のアニタ・ユンが最高だったんですよね。

昔と全然変わらない!少し迫力は出たけど、今も美しいですね。非常に品があり、賢く思慮深い人に見えました。やっぱり知謀に長けた登場人物が出てくると面白いんですよね。皇太后がその部分を担っていたおかげで、董小宛を純粋に誠実な人物として描くことが出来た気がします。もちろん彼女も賢いんですけど、策略を巡らせたりはしないですもんね。

そして、洪承畴役でアレックス・マンも出て来ますので、往年の香港映画を思い出しちゃう感じ!今もこうして役者さんとしてドラマや映画で顔を見ると嬉しいですね。

中国の時代劇で好きなのは、美しい字が見れるところなんです。このドラマも董小宛が達筆という設定なので沢山見れて嬉しい。

とても素敵。

ところで、後宮の妃たちの争いは、だいたい表立って他の妃を蹴落とそうとするタイプがまず自業自得で脱落し、その後にラスボスとして「獅子身中の虫」的な味方をしているけど実は裏で画策してるタイプが台頭してくるってのが定番ですね。このドラマもそうでしたねえ。

蘭貴妃を演じてたシュー・チーウェンは前者タイプの役が多いですね。はっきり物を言うのが似合う感じだからかなあ。果珍は初めからあそこまで悪い人だった訳ではなかったのだろうけど、後宮という場所では競争をして勝ち抜いていくためにそうなってしまうのも仕方ないのかもしれない。生きるか死ぬか。

ラストはえーーーーっと悲しくなってしまうのだけど、二人の愛をうまく締めくくったとも言えるような切なさが最高潮のままの終わり方だったので、ロマンチックで良かったともいえる。小宛は他の妃たちに敵視はされていたけど、皇帝と小宛の愛と絆が強かったので、美しい物語としてうまく出来てたな、と思います。

そうそう、見る前は皇貴妃の宮廷というタイトルがあんまりピンと来てなかったんだけど、ラスト近くまで見たら、「皇后」が1番で「皇貴妃」が2番というのが分かって来て、漢族の小宛は皇后にはなれないということを表してたんだなとやっと分かりました~ こういう妃の位とかの知識があればもっと面白いのかもしれないですねー!

 

皇貴妃の宮廷が見れるのは・・・