【中国ドラマ】抱きしめられない君 I Cannot Hug You の感想 触れてパワーチャージの新しい吸血鬼!

「抱きしめられない君 I Cannot Hug You」の視聴を終了しました~というか、かなり前にしましたが正しいですね。こちらは大好物シン・ジャオリンが主役と知って、アマプラで配信されて見たんでした。

設定がまたまた凄い。人に噛みついて血液を飲むことで命を長らえるんじゃなくて、触れることでエネルギーを奪う事が出来るというハイブリッド吸血鬼がヒロイン、そしてシン・ジャオリンは潔癖症のイケメン小説家。彼のエネルギーを得ようと奮闘するヒロインなんですが、潔癖症の彼にはなかなか触れられない。そしてただの獲物として狙っていたはずなのに、二人には恋心が芽生えて!?というストーリー。

いやこれ、この血を吸わない吸血鬼というのがもう面白いですよね。むしろそうなってくると「吸血鬼」という呼び名が間違っているような気もしてきますけども。血=食べ物からパワーを得るというのは動物のイメージだけど、触れるとパワーをチャージできるというと、コンセントをさせば充電できる無機物のイメージの方が近いのかなあ。発想が面白いなあ。あんまり血なまぐさくならないので、ラブストーリーの設定には向いてるなあなんて思ったりして。

そして簡単に恋人になって触れてしまうと面白くないので、潔癖症の人物を相手に持ってきたと。それもその役をシン・ジャオリンが演じてるのが最高にピッタリです。無表情っぽいのに笑うと可愛くて、困った顔が最高なんだよね。彼が眉をひそめて消毒してる姿がいいですな。そして吸血鬼のシヤ役のチャン・ユーシーもモデル役なんですけど、本当にお人形さんみたいで綺麗です。現実感がないので、むしろこんなファンタジーなストーリーに良い感じなんですよねえ。二人の姿は大変絵になります。ビジュアルだけでも満足気味のドラマと言える・・・

まあその他にもいろいろと登場人物は出てきます。吸血鬼仲間でシヤのことが好きなシンバと人間だけど事情を知っているイーファン。彼らはアイドルという設定。

私の好きなドラマ旦那様はドナーのシュイ・カイチョンも出演しております。ちょっとミステリアスな雰囲気の役です。普通のイケメンだと思うのになぜか少しねっとりした風味を彼から感じてしまうのは、旦那様はドナーの役柄のせいなのかしら!?

それはさておき、このドラマはシーズン2に続いており、中国では放送済み。なので、私が見たシーズン1は先が気になる終わり方をしてます。なので、今回はあんまり登場シーンの多くなかったシュイ・カイチョンなんかもシーズン2でもっと出番が多くなるのかな~?

中国のファンタジードラマは新しい発想力で見たことのない設定を楽しめて面白いですね~!そしてタイプの違うイケメンをどんどん出してくるので、また気になる俳優さんが出来て、その人の出演しているドラマを見て・・・という無限ループにハマらせてくれる楽しくも恐ろしいパワーを持っているな~と改めて思うのでした!

 

抱きしめられない君 I Cannot Hug Youが見れるのは・・・

【中国ドラマ】運命の桃花~宸汐縁~ の感想 チャン・チェンのドラマ初出演作!

永遠の桃花~三生三世~の続編的な位置付けのドラマ「運命の桃花~宸汐縁~」も視聴を終了いたしました!昨日、映画版の感想を書き終えましたから、ついでに最近見終わったこちらも勢いで書いちゃおうと思います。

なんと、主役がチャン・チェンでそれだけでも並々ならぬ気合を感じる訳ですが、やはりキャスティングする際にかなりのラブコールを送って叶った配役みたい。だって、チャン・チェンと言えば、映画俳優って感じですもんね。テレビドラマは初めてなんではないでしょうか!?ニー・ニーもこういう優雅なヒラヒラした古装が似合う女優さんなので、お二人の姿はとても美しかったです。

主役の九宸は戦神ですのでね、使命に対して強く固い意志を持った男であり、チャン・チェンの凛とした無骨な感じがとても合っていたと思います。ただ、前半はわざとだと思うけど、無感情さを前面に押し出していたので、一体いつの間に霊汐のことをそんなに愛するようになったのかはよく分からんかったかな。情を捨てる修行に励んだ結果なんでしょうけどね。まあしかし霊汐が人間界に行ってからというものそれまでの反動なのかってくらい溺愛ぶりが凄くて、ややストーカーがかってて笑ってしまうくらいでしたな。ロマンチックというより、笑ってしまう感じだったのはなぜだろう~

霊汐よりかなり年上なことを気にして美顔術の本まで読んでみたり。霊汐のことを好きすぎる九宸なのであった・・・

なんというか、九宸が霊汐に愛を伝えるようなシーンに対しての萌えは残念ながらあんまり感じなかったんだけど、子どもちゃんを抱き上げるシーンはめっちゃいい!と思ったんだな~ パパ~!
考えてみたら、チャン・チェンのラブロマンスものってあんまり見た覚えがない気がする。そのせいか、使命を果たしている姿はとてもカッコよかったけど、素直に愛を表現する姿を見ると妙な気恥ずかしさを覚えてしまったのは、見慣れないからだったのかもしれないな。

ニー・ニーはたおやかで安心して見れたかな。人間界から戻って上仙になって山霊界の国主になった時はそれまでの弱々しさが消えて、凛とした雰囲気を纏うようになったのはさすがだなあ。それまでの衣装も良かったけど、国主の衣装がとても美しかったですね。顔の文様も美麗って感じ。あれ似合うの凄いね。

景休役のリー・トンシュエも宮廷の諍い女の時はイケメン枠の皇子役だったけど、最近ちょっと腹に一物をもった役が多い気がしますね。名家の恋衣も今回の役も。完全な悪役というよりは愛を得られずに悪事に手を染めてしまう男みたいな印象。単純なイケメンというよりは影があるのかもしれない。

このドラマは実はあんまり私が好みのタイプはいなかったのですが、ちょっと好きだったのは、承晏役のユエン・ハオ。涼しげな目元が好き。女性陣では完全に青瑶役のチャン・ジーシーが美しくて大好きでした。気の強い女性が好きなのかもしれないですけど。彼女も名家の恋衣と皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れてに出てたみたいなんですけど、全く覚えてないですね・・・ メイクでかなり印象が違うタイプだと思うけど、今回の青瑶役がバッチリ似合ってて良かったな。

毎回このシリーズでは、自身の愛ゆえに主役の二人の間をやたらと切り裂こうとする女性が出てくるイメージなんですが、今回は元瞳がこの役割でしたね。憎まれっ子世に憚るじゃないけど、すぐに殺されちゃいそうなくらいのことはしているのに、最後までしぶとかった・・・ 演じてたハイ・リンは、太子妃狂想曲で可愛い役を演じてたのにね!全然違って凄いな~と思いましたよね。

あ、あと赤鷩役のドウ・イーホンを見る度に隋唐演義の徐茂公だ~と思いながら見ちゃった。印象に残る顔だね。嫌いじゃない~

ストーリーは想像通りの色々な障害がある中、それを乗り越えて愛し合う二人という感じです。しかし、やっと困難を乗り越えてさあ幸せになるだろうとほっとしたのもつかの間、ラスト2話くらいで最大の壁にぶち当たってビックリのクライマックスではありました。どう終わらせるの!?というドキドキはありましたよ。永遠の桃花みたいにうっとりするとかはまる感覚には残念ながらならなかったけれど、二人のロマンスの決着点は納得のいく感じだったので良かったかなと思います。

 

運命の桃花~宸汐縁~が見れるのは・・・



【台湾ドラマ】進め!キラメキ女子 の感想 アリス・クー×ロイ・チウ主演の台湾ドラマ

えーと、4月忙しくてバタバタしていたら、すっかり更新が滞ってしまったのですが!アッという間に1か月くらいたってしまいましたな・・・ そして更に溜まりまくる書けていない感想たち。考えてしまうとクラクラしそうなんですが、それでもめげずにひとつずつ書いていこうと思いますよ。

そんな感じで久しぶりの感想は、台湾ドラマの「進め!キラメキ女子」です。このパターンの台湾ドラマは実は嫌いじゃない、むしろ好きなんですけどもこれはギャグ色が強すぎたのか後半はやや見るのに食傷気味となってしまいました。パトリック・リーが演じる課長のキャラが濃すぎるというかなんというか。親父ギャグというか、自虐ギャグみたいな感じで見ててしんどかった。それでも課長もユーラーとハッピーエンドっぽかったので、報われて良かったねって感じかしら。

それを言うと、あれだけシンレンに嫌がらせをしたカイアーも最後はきっと悔い改めて幸せになるんだろうなと予想はしていたのですが、やっぱりそうでした。そういう人間性善説っぽいのが台湾ドラマっぽくて好きでもあるんだけど、それもすべてやっぱりストーリーの流れありきなので、今回はやや無理がある気もするなあ。気の迷いでは済まされないほどのことをしてる気もする。あ、でもカイアーを演じてたティア・リーは意地悪女子役がめちゃめちゃうまかったのでそれは良かった!恋にオチて!俺×オレの傷つきやすいか弱いっぽい女子役よりもずっと合ってていい。意地悪な美人ってのはそれはそれで魅力的。現実にはそばにいたくないけども。

そしてロイ・チウが、実はお金持ちの坊ちゃんでそれを隠して平社員っていう設定で、このドラマはそれだけでOKって感じよね。アリス・クーはもちろん綺麗な人なんだけど、今回の地味な庶民的な女子役もバッチリ過ぎて、視聴者の共感を呼ぶこと間違いなし。そんな地味な女子を一途に好きなズーチーっていう設定はロイ・チウの外見も相まって、まるで少女漫画って感じ。そういうのが見たい気分の時はがっつりはまるな。しんどい現実に疲れた時に良さそう。

しかし、ロイ・チウもイケメンさを最大に利用しつつも、カッパ着てびしょ濡れとか体をはって演技してて頑張ってましたよね。黙っててもかっこいいんだけど、動くと魅力が増すタイプなので、役者さんにとても向いている~

そうそう、見てて「あ!」と思ったシーンがあって、ここでロイ・チウが歌ってたのってアンディ・ラウの謝謝你的愛じゃないかなあ?曲名はあんまり自信がないけど、多分。知ってる曲~!って盛り上がりました。

このドラマはゆっくりズーチー役のロイ・チウの一挙手一投足をじっくり堪能するのが醍醐味なんだろうなあと思うんですが、なんとか完走しようと駆け足で見てしまった私にはそこの部分はハマり切ることが出来なかったかな。でも、王道の台湾ドラマなので、間違いなく楽しめるって感じですね。

 

進め!キラメキ女子が見れるのは・・・




【中国ドラマ】永遠の桃花〜三生三世〜 の感想 ひたすら夜華の優雅さに見とれたよ!

やっとやっと大好きだったドラマ「永遠の桃花〜三生三世〜」の感想に手をつけましたよ~~ まあ実は登場人物はかぶってはいないけれど、天界などの舞台設定はどうやら同じで続編的な位置付けの「運命の桃花~宸汐縁~」を見始めちゃってるんですよね。そして、それとは別に楊洋が主演の三生三世十里桃の映画版であるワンス・アポン・ア・タイム 闘神を見る前にはドラマ版の感想を書いてしまわなければ~と思っているのでありました。そして重い腰を上げてなんとか書いている訳であります。ちなみになかなか書けなかったのはこのドラマがかなり好きだったからですな。なんというかこうあの夜華役のマーク・チャオの素敵さを文字に出来るのか!?私!?みたいな言葉に出来ない気持ちみたいなものが溢れかえってる訳ですよ・・・

そんな感じなのでまずはマーク・チャオへについて存分に思いの丈を吐き出そうと思いますよ。

優雅で物腰も柔らかいのに、凛として揺るがない思いを秘めた夜華。

指先まで美しい所作もポイント。

とにかく一番好きだったのは立ち姿。どこか近寄り難さも持っている。

後ろ姿まで美しいのは一体どういうこと!?古装で後ろ姿が美しい俳優さんナンバー1ですね(個人的な見解です)。黄軒も空海で白楽天役の時に後ろ姿が美しくて見惚れたけど、それ以上に好きだった~!うひょお!

まあそういっても、実はこのドラマでマーク・チャオは墨淵と夜華の二役を演じてる訳なんですが、私が断然好きだったのは夜華だったんですよね~ だから物腰のせいもあるけど、ひたむきに白浅を愛する夜華が好きだったのかもしれません。髭の有無という違いもあるけど、二人の印象が全く重ならなくてその点はマーク・チャオ凄いなって思います。その思いは深夜食堂中国版で更に強くなりましたよ!

そしてもちろん白浅役のヤン・ミーも完璧ですよね。今回は人間の素素役も演じているので、か弱い風情も見せますが、やっぱり彼女は白浅のような気位の高いちょっと気の強い女性を演じてくれるとしっくり来ちゃう。可憐な外見と男勝りな感じのギャップがいいのかな。ともかく好きだったよ~

それともそんな気の強い彼女を絶望的なほどに愛し抜いてしまう夜華が好きだったのかもしれない。

そしてサブキャラも豪華!キラキラだよ!

離鏡役のチャン・ビンビン!こういう異形風のメイクも似合ってしまって恐ろしいほどに美しかったです。ひとりの女性を愛し続けてるのは夜華と同じなのにね。ちょっと気の毒でもあったけど、愛を信じることが出来なかったからこその結果なのかもしれない。玄女もねえ・・・選択を誤らなければもっと幸せになれそうな二人だったのにね。

東華帝君と白鳳九の恋も切なかったな。

ディリラバが演じる白鳳九の傷つくと分かっていても止められない恋心が見てて苦しかった・・・!

少辛役の安悦溪はアン・ユエシーは旋風少女2のヒロインですね!花千骨にも出てたな~

白浅のお兄さんの白真役の俳優さんはどこかで見たことあると思ったら太子妃ラプソディーの九王!于朦胧でしたー いやーお久しぶり~(誰)

そしてこのドラマの裏の主役だったんじゃないかと思うのが、黄夢瑩が演じる素錦。まあこのドラマ、三世に渡って繰り広げられる大ロマンスストーリーなんですけども、あれ?結局のところ、主役の二人に何度も試練が訪れるのってどれもこの素錦の妨害工作のせいなのでは?って気がするんですよね・・・ それが発端となってるというか。そんなことに思い至ってしまったら二人の壮大な愛の物語のはずが普通にメロドラマに思えて来たりもして。おほほ。まあそんなことで、素晴らしい悪役ではありましたな。彼女を見てたら人生諦めが肝心なのかもしれないなんてことも思うのであった。

あと私がわりと好きだったのが、この二人。

子蘭&胭脂の恋。

見つめる先にある彼女とは思いあっていても重なることはない視線。

心優しい胭脂が自立して強く生きていこうとする姿が好きでした。でもきっとそれが出来るのは、子蘭からの愛があったからなのかも。一緒になれなくても確かに思い合う心がそこにあったのだから。

他にも子役の阿離役のハマー・チャンがめちゃめちゃ可愛かったよ(ヤン・ミーとは映画のリセットでも共演してる!)とか色々あるんですが、物語の舞台となる天界の設定がしっかりしているので見ごたえがありました。そこで繰り広げられる壮大な愛は主役二人の美しさもあって、はわ~素敵~と夢見心地にさせてくれること間違いなしのドラマです。よーし映画版も見るぞ~

 

永遠の桃花〜三生三世〜が見れるのは・・・
⇒Netflix








【中国ドラマ】もっともステキなこと の感想 ライリーのツンデレぶりを楽しんだ~

中国ドラマの「もっともステキなコト」の感想です。こちらは、見たのに感想が書けていないドラマのうち2番目に古い作品なのであります。昨日の花と将軍が3番目ということでこの勢いに乗って続けて前に見たものを書いております。ここまで溜まってしまうとどうしても新しく見た方を内容を忘れる前にと先に書いてしまって、以前に見たものがなかなか消化されないと。困ったもんだ~ ちなみに一番古いのは鳳凰の飛翔です。こちらは好きすぎて書けなかった・・・ いっそもう一度見てから書こうかなという気分だよ~

さて、イエ・シューウェイ役のライリーをどこかで見たと思ったら、アテンションLOVEでしたねー 彼ってイケメンだけど、ちょっと鼻に特徴があるよね?なんとなく一度見たら覚えてるって感じの顔だなー 今回はどちらかというと育ちの良いクールなイケメンという役だったけど、アテンションLOVEの気さくなジンリーが魅力的だったんだよなあ。もしかしたらああいう役のライリーのが好きかも。どうしても今回の役はツンデレの落差を出すために必要以上に無表情を装い過ぎてて固い演技な気がする。でもバイオリンを弾くようなハイソな役もそれなりにこなしてたので、これからが楽しみだなあと期待はしてます。

ヒロインのベイ・アルドゥオ役のチャオ・ルースーはとっても普通っぽい感じって思ったんだけど、この役にはそういう普通な感じが似合ってて良かったのかも。アニメ好きの声優志望っていう役だもんね。メイドさんの衣装が似合う可愛さが必要だもんな。大陸のドラマは美女がめちゃめちゃ出てくるので、それに慣れ過ぎてるのかも。彼女も可愛いんだけど、普通に見えちゃうという弊害・・・

このドラマのストーリーのメインは偽装恋愛が本物の愛に変わるという部分。この設定は手を変え品を変え、何度もドラマで使われていて、韓国ドラマではたくさん見たことがあるけれど、やっぱり中国ドラマだとディテールが違うので、目新しくて面白かったです。

でもメインのベイ・アルドゥオとイエ・シューウェイの恋愛にはあんまり興味がわかなくて、ただライリーのツンデレぶりを楽しんでた感覚なんですよね。その部分だけでも十分に楽しめたし。

それよりもヒロインの友達リーズーとユー・ションの二人がどうなるのかドキドキして見てましたよね。もう彼女の思いきりの良さが予想外で、でもきっぱりしてて、とてもかっこよくて好感度大。やっぱり恋はタイミングだな。
手の届かないところに行ってから実は好きだったから、取り戻したいと言われてその男のところに戻っても、結局男はまた時がたったら彼女に対してそんな気持ちを持っていたことも忘れてしまうのだろうと思える。ユー・ションは彼女をどこか自分のもののように思っていたからあやふやな関係でいれたけど、離れると気づいたら焦る、というのは本当の好きなんかではないんだなって思う。もちろん状況によるんだろうけれど、彼らの場合はそのように見えたので、リーズーはさっぱり切ってほんとに良かった!私は誰かの所有物ではない、自分の人生は自分で決める、振り回されないっていう意思がかっこいい!

こういう描写って韓ドラはあんまり見ないかも?叶わなくてもみんなひとりの人をずっと思ってる描写が多い気がする。私はきっぱりさっぱりしてるのもいいなあって思うので、このドラマのその部分が心に残って好きだった!どちらの選択も本人にとっては正しいのだとは思うんだけどね~

という感じで、メインのラストは、ほうそんな感じですかとあんまり心に残ってないんですが、リーズーの選択が心に残ったドラマでしたね。あとは日本のアニメなんかもたくさん出てきて、中国でも人気なのかと知られるのも面白かったし、超クールだった男子のデレるギャップという王道部分も良かったし、全体的にはわりと楽しんで見たドラマでしたよ~

 

もっともステキなことが見れるのは・・・
⇒Netflix