【中国ドラマ】Burning Ice<バーニング・アイス>-無証之罪- の感想 完成度の高い刑事ものサスペンス

最近、中国の刑事ドラマが面白いと聞きますが、その先駆けとなったのが、このバーニングアイスだそう。話題になっていたので期待して見始めましたが、そも思いを裏切らない面白さでした。好みでしたねえ!

原作が中国の東野圭吾と評される紫金陳(ズ・ジンチェン)で、原作も巧みで素晴らしいのだろうけど、映像化にも成功していると言えるんだろうな。雪に覆われた街、そして俳優さんたちの演技の素晴らしさが非常にマッチして、ドラマの世界に心身ともに引き込まれる感じがする。

とにかく、主役の三人が素晴らしいんですよねえ。もちろん他のキャストも良いんですけどね。厳良(イェン・リャン)を演じた秦昊(チン・ハオ)はもちろんですが、朱慧如(ジュー・フイルー)を演じた鄧家佳(ドン・ジアジア)のどこか薄幸さを感じさせる風情も最高だし、代旭(ダイ・シュー)演じる郭羽(グオ・ユー)の巻き込まれてニッチもサッチも行かなくなる様にああっと思いながらも目が離せない。彼がどんどんと悪に巻き取られて抜け出せなくなっていく姿というのは人間の弱さや欲というものがあまりにも色濃く表現されていて、見ているのが苦しいほど。

あとこのドラマが良かったのは、最初に起こる事件を皮切りにして、それに端を発する事件が続いて行くことですね。なので必然的に登場人物の彼らのこと、事件の内容を深く描いているので、見ごたえがある。どうしても最近の刑事ものというと、本人に関係する事件と同時進行で、他の事件のエピソードも入って来てそれを解決してまた関連のある事件に戻っていくみたいな流れが多くて、それも面白いもののどうしても散漫になってしまう部分もあるので、その点ではこのドラマはミステリーにも没頭できる環境が整っているといえるのかもしれない。

とにかく脚本が緻密で無駄がない。「主人公に関連する人、例えば同僚とか家族とかが死ぬ」というのはミステリーではよく見られる手法な気がしていて、必然性もなく多様されている時が多くあまり好きな展開では無いんです。でもこのドラマでもそれが用いられているものの、ストーリーとしてそこは必然であり、それまでとそれからの厳良の行動にきちんと関連がしているので、納得感があると思える。その点では、同じ中国ドラマの「見えない真実」はピンと来なかったな。というかバーニングアイスの完成度が凄すぎるのかもしれないなあ・・・

ところで、チン・ハオといえばどこかで見たなあと思ったら、ブラインドマッサージでした。黄軒は健常者ながら盲人を演じているのは知っていたけど、彼もそうだったんだなあ。あの映画見てて、誰が健常者だったのかそうじゃないのかなんて全然分からなかったんですよね。なるほど、彼の演技が凄かったんだなと改めて知りました。という訳でチン・ハオの出演作をもっと見ようと思います!そして、ドン・ジアジアも見たことある気がしたら、CHOSEN 終わりなき殺人ゲームでした!ああ、悩みとまどい震えながらもどこか芯のある姿が似合うのかもしれない。その姿がまた美しいんですよね・・・ このキャスティング本当に素晴らしいと思います。

中国の刑事もののドラマを他にも見たんですけど、やっぱりこのバーニングアイスが群を抜いて素晴らしいと思います。私はとてもとても好きだったし、見ごたえがありました。

 

Burning Ice<バーニング・アイス>-無証之罪-が見れるのは・・・
⇒Netflix





【中国ドラマ】シンデレラ・シェフ ~萌妻食神~ の感想 タイムスリップ×アクション×ラブストーリー

シンデレラ・シェフ見ました~ タイトルから想像するほんわかラブコメという予想を覆すドラマでした。タイムスリップ&わりと人がたくさん死んじゃう王朝陰謀ものって感じ。56話って長いなあと思ってたら、前半後半で登場人物がすっかり変わって舞台も変わる感じなんで2部構成っぽい感じで飽きないのはいいんですよ。だけど、その内実は、サブキャラたちが前半でほとんど死んでしまって、登場人物がほぼ入れ替わるからなのでちょっとビックリしたよ。まあそのせいもあって戦うシーンが多いのでアクションは結構見ごたえありました。うん。いやほら、シェフが出てくるのか~って思って見始めてるから、え?そんなに人が死ぬんですか?って驚くよ!

だからといって、ドラマが面白くなかったかというと、私は嫌いじゃなかったので割とあっという間に見ちゃいました。想像とは全く違ったけど、結構面白かった!

ヒロインのチェン・ダンニーはなんとなくきゃりーぱみゅぱみゅに似てる気がする。超絶美人~って感じじゃないけど、キュートで良かったです。演じてた葉佳瑶(イエ・ジアヤオ)役はサバサバしてたところが、私は好きなタイプのヒロインだったので、そういう意味ではとても見やすかったな。

そのジアヤオがタイムスリップしちゃうところからお話が始まるんですけど、数多あるタイムスリップ物の中でも、ちょっと珍しいのはタイムマシンでタイムスリップしちゃったことが本人も分かってるところかな。他のドラマではだいたい偶然の産物って感じで、過去に来ちゃった!!って狼狽えるところから始まるけど、ジアヤオはその点はあっという間に馴染んで、それにまた戻れるって思ってるから旅行気分で楽しんでる感じなのがちょっと新鮮かな。結局なかなか戻れないんだけどね。

それよりも何よりもこのドラマを見てて楽しかったのは、夏淳于(シア・チュンユー)役のシュー・ジーシェン(徐志賢)が大変カッコよかったからだろうなあ。なんでしょう、眉をひそめてる顔が最高に良いんです・・・ 体格もいいし、真っ白い古装の衣装があんなに似合っていいんですか!?ってブルブルしてました。す、好きなタイプ~ アクションの時もなかなか良い動きで、美しかったですよ・・・ スタントさんの場面もかなりあるとは思うんだけど、彼自身だとわかるところでもキレの良い動き・・・ お衣装さばきがとても良いんだなあ。

ところで、ドラマの中でもジアヤオがチュンユーに「タイで活躍してる俳優のシュー・ジーシェンに似てる」なんていうセリフもあったので、ふむふむ、タイで活躍している中国人俳優さんなんてのもいるんだな~なんて思って調べてみたら、シュー・ジーシェンはタイと台湾のハーフなんだって~ 韓国でVICTORっていうグループで歌も出したりしてるし、タイでもドラマに出演してるし、タイ人の奥様もいて、娘ちゃんもいるらしい!国籍もタイみたいだし、どちらかというとタイでの活動がメインなのかな~ 彼が出演してるタイのドラマも見てみたい~ でも古装が素敵だったからなあ。お洋服だったらまたイメージが違うのかしら。まあとにかく、中国ドラマを見ていたらどんどん新しいイケメンが降って沸いたように出てくるので凄いなあなんて改めて思うのであった。

あと、私が大好きな古惑仔ネタが出てきたのが嬉しかった!邦題は「欲望の街」かな?きっともっと知ってたら、なるほど~っていうネタがいっぱいあったのかもしれない。他は分かんなかったけど!

ストーリーは、割と盛りだくさんな感じで、色んな要素を詰め込んでありますけど、割とバランスが良いかも。主役の二人がどちらも思いあってる癖になかなか心が通じ合わないのもラブストーリーの王道って感じで良いし、チュンユーの正体とか、ユーワン殿下の陰謀などがちりばめられてるので飽きることが無くて楽しめました。なんか凄いな~と思いながら見てたら終わってたって感じ。ハッピーエンドなラストも良かったです。ドラマの中だけど、幸せになって欲しい二人なのでした!

 

シンデレラ・シェフ ~萌妻食神~が見れるのは・・・







【中国ドラマ】マッドハウス(病人院)8話まで の感想 怪しげな療養院に隠された秘密とは?

アマゾンプライムで新しく配信された中国ドラマを検索してて見つけたマッドハウス。主演がリウ・チャンと知ってこれは見るしかない~と思って見始めたんですが、怪しげな療養院を舞台に進むストーリーがなかなか興味深くてなかなかいいじゃん!と思って見てたんですよ!麗姫と始皇帝ではリウ・チャンに心をズキュンされたものの、この前見たリセット 決死のカウントダウンではイマイチ役柄に合ってると思えなくて残念だったのですよねー でも、このドラマでは白衣も似合ってかっこいいし、能力はあるけどちょっと軽いともいえるノリのモン・ナン役もいい感じ!

そして、全8話だったらあっという間に見れていいわ~なんて思ってたんだけど、7話くらいまで見たところで、これどう考えても8話で完結する内容じゃないな・・・と思い始めて調べてみたら!

本当は24話まであるドラマだったんですよ!!!!!

ちょっとちょっとどういうこと~アマゾンプライムでは今のところ8話までしか配信してないんですけど!これって徐々に続きの話も更新されるんでしょうか・・・?こんな先が気になるドラマを途中までで配信開始するなんて、マジで辛いからやめてほしい。気づいたら先の話まで更新されてることを祈ってます。お願い。

モン・ナン自身もだし、出てくる出演者すべて謎が多くて、敵か味方かも分からない状態。同僚の研修医のムー・スーファンもまだ実態がつかめないんだけど、モン・ナンはいつの間にか惹かれ始めて・・・という感じで、思わず彼女にキスしてしまうんですよ。そういう二人の関係もどうなっていくのかドキドキしてるんですけど、8話までしか見れないので気になって眠れない(大袈裟)

モン・ナンは本当の医者ではなく、「共感覚」という触れた人や物の過去に起こったことを見る力を持った能力者で、ある任務をもって久山氏療養院に忍び込んでいます。そういう設定のせいもあって、心理学的に説明できるような事件だけでなくてちょっとオカルトっぽい風味もあるかな。練りに練られたというよりは少し粗さもある脚本のような気もしますが、療養院のセットが不気味だったり、役者さんたちも怪しげな雰囲気を存分に醸し出してくれてるので、全体的には悪くないな~というのが今のところの感想。

撮影場所は四川の江堰だそうなのですが、町の風景がこれまたいいんです。中国の昔の街並みが残ってるところなのかな?上空から映した風景が素晴らしかったです。モン・ナンがバイク?で山道を上り下りする風景も鬱蒼と茂った木々が美しくも恐ろしい空気感を高めてくれます。

出演者はちらほら見たことある人も。患者の妹役で高洋を発見。紅楼夢とか美人心計王者清風擇天記(めっちゃ見てるな!)で出演してましたね。現代劇では初めて見たな~

そんな感じで、今のところかなり好感触で面白いな~というドラマであります。なんといってもまだ療養院の秘密とか謎とか何も明かされてないんで、先の話が早く更新されることを望んでいますが、それがない場合はなんとか中国語で見るしかないのだろうか~ 早く続きが見たいよ~

 

マッドハウスが見れるのは・・・

【台湾ドラマ】サンドイッチガールの逆襲 の感想 板挟みの彼女の選択は・・・?

台湾ドラマのサンドイッチガールの逆襲の視聴を終了しました~ 主役の3人は初めて見る俳優さんばかりでした。サブキャラでは見たことあるのはグー社長役のショーン・シャオくらいかな。彼はアニキに恋して恋するおひとりさまで見たかな。メインの人たちの友人役というのが似合う方だな~ いい人感あるもんね。

 

スポンサーリンク


 

そのグー社長のお相手役のケリー・リャオがとてもお美しかったなあ。モデルさんみたいなので背も高くて立ち姿が美しい。その外見に似合う感じのクールなデザイナー役だったので、それも良かったかな。あと全然関係ないけど、彼女の旦那さんは台湾で俳優をしてる鈴木有樹なんだって!恋してる愛してるに出演してましたね。そうそう、私が10話くらいで挫折したドラマ・・・

ストーリーでいうと上司と部下の板挟み、そして二人の男の板挟み(といっても片方の相手からの好意には全く気づいていないけど)なサンドイッチ状態のヒロインの逆襲という感じなんですけどね。最初のうちはまあそれなりに楽しく見てたかなという気がするけども、ラストがなんだかなあと思っちゃったかな。いや、逆襲という意味では正しいともいえるんだけど、なんかちょっとズレてる気がして気持ちよくなかった。

女性の自立を描いてるという観点からするとすがすがしい気持ちになるはずのラストなのかもしれないんだけど、恋と仕事を分けて公私混同しないなんて言ってるけど、思いっきりやってるし、なんだかCEOを利用して結局のところ捨てたように見えて全然スカッとしない。お金を奪ったとかじゃないんだけど、彼女の能力を引き出し育てたのは彼なのに、自分で出来るようになったらもういらないってな感じで、糟糠の妻を捨てたろくでなし男の逆バージョンを見たような気分な居心地の悪さ。

ヒロインがまじめに仕事に頑張っていて、それに惹かれたCEOもカメラマンも勝手に彼女に尽くしただけなんだけどね。うーん。仕事上での付き合いだけならば、部下を育てる、そして部下が独り立ちするってのはただ喜ばしいことですけども、そこに恋愛感情が絡んでいて、だからこそのさらなる後押しってのもあったわけだし、そうなるとそれを無意識に利用していた部分もあるだろうに、鈍感だからその部分はスルーして無かったことになって、「彼は私に翼をくれた」なんて美化した言葉で片づけられてるような。男性陣は惚れた弱みで仕方ないけどさ。まあそれはそうだとしても、ヒロインの最後の選択をカッコいいとは思えなかったな。

もしかして「続く」的なノリで彼と同等に仕事が出来る自分になったらもう一度彼と向き合うって感じなのかもしれないけども。

ところでCEO役のマーカス・チャンは冷たいとメロメロが共存するいわゆるツンデレ演技が良かったけど、カメラマン役のツーホンの演技はわりと不自然に見えることが多くてちょっと苦手でした。

そうだなあ、ジア部長役のアンガス・クォなんかがむしろ一番好きだったかもなあ。手柄は自分のもの、失敗は部下のせいっていう典型的な嫌な上司なんだけど、どこか可愛げがある描き方でこの生ぬるさがある意味台湾ドラマっぽい。最後はちょっといい奴みたいになってたし。韓国ドラマだったら、もっと徹底的にパワハラ上司を作り出すよねえ。だからこのドラマではヒロインがサンドイッチ状態といっても大したことない感じには見えちゃう。それがいいところでもありますが。ドラマであんまりシビアな状況を見たい訳ではないですもんね。

ラストがどうなるか気になって最後まで見たんだけど、彼女の選択にもっと納得できるような持っていき方をしてくれたらスカっと出来たのになーなんて思っちゃいました。そう、彼女の選んだ道はそれもありで結構面白いと思うんだけど、そこに行くまでの描写とか流れがいまいち私の腑におちなかったみたいでありました~

 

サンドイッチガールの逆襲が見れるのは・・・






【中国ドラマ】ハイロイン〜上癖〜 の感想 抗えない運命の恋ってあるのかな・・・

さて、昨日の「後悔なんてしない」に引き続き同性愛を題材にした作品の感想でございます。どちらもたまたまGyao!で配信してたので見たよって感じなので、視聴時期が重なったのも偶然ではあるのですが、対比してみて面白いな~と思った部分もあるのでまとめて書いちゃってます。

 

スポンサーリンク


 

そうそう、同性愛をテーマにしたドラマを中国でも放送できるようになったんだな~と思ったら、やっぱり途中で放送禁止になったそうで、ほんと「え!」って思うところで突然終わってます。とはいえ、二人の思いが通じ合うところまではしっかり描かれているので、そこまでフラストレーションは溜まらないかな。本当は二人の関係がこれから世間からの逆風にさらされるところが描かれるのかな?なんてことも想像するけど、そういう部分は見なくて良かったとも言えるかも。いや、そんな部分はすっ飛ばしたストーリー展開な気もするか。

あと、全然関係ないけど、中国の学園ドラマ見てると制服がジャージなんですね。あれ実用的でめっちゃ良くないですか!?ツンデレ王子のシンデレラを見ても思ってたんだけど、体育の時、短い休憩時間に着替えしなくていいのもいいし、普段も動きやすいしいいな~なんて思って見てました。中国はジャージの制服が標準なのかな?日本でもそうなればいいのに!ってもう関係ないんですけど・・・

グー・ハイ役のホワン・ジンユー、バイ・ロイン役のシュー・ウエイジョウはともに素晴らしい演技だったんだけど、私は断然グー・ハイ派でしたね(誰も聞いてない)!素直にまっすぐに愛情をぶつけてくる彼の嫌味のなさがなんとも魅力的だなと思ってしまいました。お前のためなら何でもやってやるというかなり重い情熱的な愛情だけども・・・
「母親」という存在に対して全く同じではないものの、ある喪失感をお互いに持っている二人の心が近づいていく様子が巧みに描かれていて、思わずストーリーに引き込まれる感じでした。正反対の二人なのにね。でもだからこそ惹かれ合うのかな。

そしてとても印象的だったのは、彼ら自身もまわりも同性同志が好意を持ち合うことに対して無頓着なほど特別視していないように描かれていることかな。「後悔なんてしない」の頃はもっと同性愛についての本人の葛藤が描かれていた気がするんだけど、このドラマでは性別についてはとりたてて描かれないというか。グー・ハイもバイ・ロインもそれぞれ元カノがいるし、まあバイという設定なんだよといってしまえばそうなのかもしれないけど、それよりも彼だから好きになったみたいな、性別を飛び越えてその人自身を好きになったことに焦点が当てられてて、そこに特別感はことさら描かれず、当たり前のことみたいな空気感があるんですよ。現実ではそんなことないよと言われるかもしれないけど、確かに若者たちの意識は少しずつ変わってきているんではないかと、そんな気がしたのでした。

タイトルのハイロインは二人の名前を繋げたもの。その音がヘロインと同じということで、まさに麻薬のような二人の愛に引き込まれること間違いなしです。彼らの環境、感情がきちんと描かれていて、ドラマとしてとても面白かったです!叶わなくて残念だけど、もっと先まで見たかったなあ。

あとおまけで出てきて気になったでっかい月餅。二人で食べようって月餅食べてたよ。大きいやつはケーキみたいに切って食べるんですね!食べてみたい~

 

ハイロイン〜上癖〜が見れるのは・・・