【中国ドラマ】萍踪侠影 の感想 中国版ロミオとジュリエットみたいなストーリーの武侠物

中国ドラマの「萍踪侠影」の視聴を終了しましたよー 親が仇通しの二人が恋に落ちるというロミオをジュリエットみたいなお話なんですが、やっぱりこういうストーリーはどこででも人気があるようで、萍踪侠影録を題材としたドラマは中国ではよく製作されているみたい。2004年にはヒロイック・レジェンドという邦題で黄海冰(ホアン・ハイビン)と范冰冰(ファン・ビンビン)が主演で、2018年にも馬可(花千骨の殺阡陌役の人)と王曉晨(ワン・シャオチェン)が主演でドラマ化されているらしい。ちょっと見比べてみたい気がしますねえ。

 

スポンサーリンク


 

で、今回私が見たのは、原題では「新萍踪侠影」で2011年製作のドラマです。主役のパン・ユエミンを見たことがあると思ったら、白夜追凶で主役だった人じゃないですか~ そうかそうか昔はちょっとアイドル的立ち位置の俳優さんだったのねえ。なるほど。あのドラマではすっかり演技派って感じだったのでちょっとビックリです。

その上、このドラマで主演のパン・ユエミンとド・ジエの二人は実際にご夫婦だったそう(現在は離婚済みらしいけど)。このドラマで恋に落ちたのかは分からないけど、息の合った演技を見せてくれるのは納得ですねえ。

ド・ジエはなんとなく、イ・ボヨンに面立ちが似ている正統派美人。アクションシーンの動きも綺麗で結構好きでしたなー

このドラマの裏テーマって親と子の関係性なのかなとも思いました。いつも時代もどんどん新しい思想が生まれてきて、親と子の考え方ってどうしても相容れないものなのかもしれない。この時代は子どものために何かをするというよりも大義のために生きる方が大事という感じだったのかもしれないですねえ。
しかし、本当に復讐というのは終わりのない連鎖になってしまうよね。復讐って何のためにするものなのだろうかと考えてしまうのであった。

そんな親が仇同志の張丹楓と雲蕾ですが、張丹楓は“元元剣”を、雲蕾は“玄機剣”を習得していて、二人のその技を合わせて双剣術みたいなのを使えるんです。こういう技が出てくるのってロマンチックだなあなんて思っちゃうんだなあ。でも一番の敵の上官天野は二人がその技を使っても倒せなかったのにラストどうなるのかと思ったら、張丹楓と雲蕾+お互いの師匠の謝天華と葉盈盈もその技を使うというダブルの攻撃で倒したので、ストーリーがうまく出来てるわ~と思いました。いつもは負けてるのに最後だけ同じ術で勝利とかだとなんでやねん!って言いたくなりますからねえ。納得の倒し方でスッキリしましたなあ。

何気に好きだったキャラは、黒摩訶と白摩訶。敵だったのにいつの間にか味方になってましたねえ。毒を使って強いのに、ちょっとおとぼけでいいキャラでした。最後の方は全然出てこなくなって寂しかったな~

そして一番衝撃だったのが、トプハの最期。激烈に張丹楓を愛していたのだなあという結末。ただ一途に彼を愛してただけなのにね・・・ 張丹楓も大義のためとは言え、目的のためにトプハを利用し過ぎだし、見ている私でもトプハが気の毒になりましたねえ。そして全く反省が見られず悪びれない張丹楓。雲蕾への気持ちは変えられないというのは分かるけど、もうちょっとトプハのことを考えてあげて欲しかったねえなんて思っちゃうくらいであります・・・

 

武侠ものなので、闘うシーンも多いし仕方ないけど、意外と人がどんどん死んでいってしまうのでちょっと悲しかったなあ・・・ でもストーリーはよく出来ていてなかなか面白いドラマでした!これはやっぱり同じ原作を題材にした他のドラマも見て比べてみたいものですねえ!

 

萍踪侠影が見れるのは・・・

【中国ドラマ】彼女たちの恋愛時代 の感想 友情も愛情もすべて幻で確かなものなんて何もないのかもしれない

彼女たちの恋愛時代を視聴終了しました。仲良しの女子4人組が主役なんですが、なんだか現代の上海に生きる女性たちのリアルがてんこもりに詰まっているようなそんなお話でした。彼女たちそれぞれの身の上に起こる出来事が非常にシビアというか手厳しくてちょっとビックリしてしまうくらいでありました・・・

 

スポンサーリンク


 

 

自殺、暴力、ストーカー、レイプ、余命宣告、親の死、など彼女やその周りの人々に起こる事件が盛りだくさん過ぎて、本当に今の時代を生きるってどこの国でも大変なんだわ、としみじみ思ってしまう。

最終的には、彼女たちは得るものも失ったものもあったという感じなんだけど、見ていた実感としては友情も愛情も全部幻で何ひとつ確かなものなんてないみたいな気分になってしまったよ・・・ るー

そんな気持ちに拍車をかけたのは、人気作家のチョウ・チョングァン役のキミー・チャオの存在かもしれません。こういう切れ長の目の細身のイケメンがとても好きなので、初めて見た私はすぐに彼について調べだんです。そうしたら彼は2016年に28歳でお亡くなりになっていたという・・・ このドラマの中でチョングァンが癌で余命宣告される役というのもあって、うつ病を患ってしまうような繊細なキミー・チャオが役に気持ちを寄り添わせ過ぎたのだろうかと、すべては勝手な想像でしかないのだけれど、こんなに美しい人が生きづらい世界なんて本当に切ないことだと思ってしまったのでした。

脆くて繊細な情緒豊かな作家らしい風情がとても似合っていただけに、このドラマで感じた儚さが演技だったのか、本当の彼が纏っていたものなのか分からなくて苦しい気持ちが見終わった後も残ってしまう。

そして、ピーター・ホーについては、もう見た瞬間からソフトバンク・ホークスの柳田悠岐選手に似てる・・・と思ってしまった!

顔の感じも似てるんですけど、背格好が似た感じなんですよねえ。
こうして写真を並べてみてもやっぱり似てると思うなあ。うん。

他にもいっぱいイケメンが出てきて、リン・チャオの彼氏のジェン・シー役でリー・イーフォンとか、グー・リーのいとこ役でヤン・ヤンとか。このイケメンを惜しみなくどんどん出してくる感じが中国ドラマだわ~と思いました。中国ドラマを見始めた頃はイケメンいっぱい出てくるのに驚きもしたけど、最近はすっかり慣れたので平常心ですよー笑

グー・ユェン役のシュー・ユエは、もみあげがとっても気になりました・・・ 私は好みではないけれど、目が子犬のようでつぶらだなあと思うー

仲良し4人組の中では、ジャン・カイトンの演じるグー・リーという人が一番印象に残りましたね。シー・チョンに対してあまりにも高圧的で、ナン・シャンの友人だとしても彼女には彼にそこまで言う権利はないと思って見ていたら、案の定追い詰められたシー・チョンが爆発して酷い事態に。グー・リーがいなかったら彼はあそこまで酷い状況に陥らなかった気がして、この二人のやり取りの行く末にはやるせなさを感じてしまいますね・・・

言葉の暴力と身体の暴力があって、前者は目に見えないし実際に罰されることはないけれど、後者は目に見えるから実際に罰される訳ですよね。グー・リーはシー・チョンを言葉の暴力で追い詰めて、達者な言葉を持たないシー・チョンがそれに対抗するには身体的な暴力で返すしかなくて。友達の彼氏がいくらひどい人だからといってわざわざ一人でその人の職場まで説教しに行って、そのあげくせっかく仕事を始めて更生しようとしていた人の生活をぶち壊す意味が分からない。シー・チョンの暴力やレイプが正しいことなんて思わないけれど、この感じは刑務所から出所して新しい人生をやり直そうと思っても、周りがそれを許さなくて仕事にもありつけなくて結局また盗みを働くしかないなんて状況を見ているかのような気がしてしまう。
シー・チョンの行動は許されることではないけれど、グー・リーの行動だって許される範疇を超えている気がして後味が良くない。

あとはグー・リーの父親の部下役の李雨軒がなんだか見たことある気がしたんだけど、初めて見た俳優さんだったみたい。時代劇が似合いそうな顔だなーと思ったのでまた見つけることもあるかなあ?

あと、ジェン・シーに付きまとってた子を演じてたのがモーニング娘。の元メンバージュンジュンなんだって!そういえばモー娘に中国人メンバーがいたようなうっすらとした記憶がある。強引なストーカーよりもああいう弱さを見せつけて同情をかうタイプは拒絶したらこっちが悪い人みたいになって困るんですよね・・・
どうして私の方が彼を幸せに出来ると勝手に思い込めるのか分からないよ。どこからその自信が来るのだろう。

 

都会では愛情も友情も砂上の楼閣のようなものなのかもしれない。たった一つのボタンの掛け違えで変わってしまう人生。本当に生きるって大変だな、なんて思ってしまうドラマでした。ラストもこれからもまだ彼女たちの人生に波乱が起こるのを示唆していたような気がするしね。

 

このドラマが見れるのは・・・



  

【中国ドラマ】マイ・サンシャイン〜何以笙簫默〜 の感想 ウォレス・チョンが演じるホー・イーチェンがとても素敵!

いやー 久しぶりに細胞が活性化された気分になるドラマを見ることが出来ましたよー マイ・サンシャイン〜何以笙簫默〜を見たんですが、このドラマの鍾漢良(ウォレス・チョン)が!控え目に言って最高にカッコイイです。ひえええええ!
一応、江湖の薔薇で見たことあったんだけど、その時は全然かっこよくないなあ・・・なんて思って数話で挫折した私の目は節穴なんじゃないかと自問しちゃうくらい。まあ、あのドラマはストーリーが好みではない感じだし、古装だったのがイマイチだったのかもしれないなあ。古装でもキリっとした髪型ならいいのかもしれない。それはともかく、感情をあまり外に出さないクールなホー・イーチェン役は激烈に良いです。

 

スポンサーリンク

 

そして、唐嫣(ティファニー・タン)もとても可愛い!ちょっとチン・セヨンにも桐谷美鈴にも似ている気がする。そりゃホー・イーチェンが7年間も忘れられなかった女性はこれくらい美人であってくれないとね。

しかし、このボブスタイルもその後のショートもウィッグのような気がするんで、それがちょっと浮いた感じがあって気にはなりました。ショートカットになった時に、みんながその髪型が変だ、伸ばした方がいいっていうんだけど私には普通の髪型に見えたんだけどな。中国では女性はロングヘアが定番でショートは珍しいのかな?

大学生のチャオ・モーションを演じるのは、呉倩(ウーチェン)。私の妖怪彼氏のヒロインですね。ちょっと癖があるタイプなので、ティファニー・タンのイメージとはうまくかぶらない感じはあるんだけど、7年間の渡米生活で性格が変わってしまったという設定なんで、まあ許容範囲。彼女のはつらつとした表情とか動きはやっぱり目を奪われる魅力があるなあ。ホー・イーチェンにつきまとっていてもどこかさわやかなだったのは彼女のその雰囲気のおかげなので、この部分はティファニー・タンよりウーチェンで正解だったのかも!

そして、大学生のホー・イーチェンは羅雲熙(レオ・ロー)。顔立ちはウォレス・チョンと全く違うけれど、クールで感情を表さないところ、堅物なところ、ちょっと影のある感じがうまくてウォレス・チョンと彼をちゃんとリンクして見ることが出来ました。

譚凱(タン・カイ)が演じたイン・フイのモーションを手に入れようとするやり方はなんだか子どもみたい。きちんと向き合って好きだと伝えることもなく、彼女を幸せにできるのは自分だ、彼女は私を必要なはず、と勝手に思い込んでいるのってどこまで独りよがりなんだろうかと思ってしまうのだった。手段を問わないと言いながら、モーションに嫌われたくない故に酷いことは出来ない訳だから、勝敗は目に見えてる。なのにそれを直視しないただの夢見がちなロマンチストおじさんに見えてしまった。残酷なことを言ってしまえば、中国に帰国した後、モーションがイーチェンと結果的にうまく行かなかったとしてもモーションが彼を選ぶことはないだろうに。

結果的に彼の存在が、モーションとイーチェンの愛が強固であることに気づく要因になるという皮肉。そして、ずっとそばでイン・フイのこといつも考え、ずっと見守っているリンダの思いに彼が気づくことがあるのだろうか。そんな風に私たちってないものねだりで大切なものに気づかないものなのかもしれない。

モーションの友人、シャオシャオ役の米露(ミー・ルー)は最高の元カレでもモデル役だったな!我儘なモデルっていう役が似合っちゃうのよね。静止画はいかにもモデル~だけど、意外と表情豊かなのでサバサバした役が良かったかも。

 

ドラマによくある設定として、「5~10年間くらい元カノまたは元カレを忘れられないでいる」というのがよく出てくるのだけど、実はあんまりしっくり来ないでいるんですよね。そんなことあるわけ無いような気になってしまうというか。環境や生活が変われば人って結構変わってしまうものかなと思うし、そんなに長い間忘れずにいられるのってまれなことではないかなって思う。
なので、そういう設定の時はそうなる理由や背景に納得感がないとドラマのストーリーに入り込めないんですよね。

でも、このドラマでは、ホー・イーチェンの1人で抱え込むような性格やチャオ・モーションの渡米後の辛い生活などがしっかり描かれていたので、二人がお互いを忘れられなかったのがすっと受け入れられてドラマに引き込まれてしまった感じです。そりゃ忘れられないよね、うんうん、みたいな感じで。だから二人がその後、思い合っているのにすれ違いながらも愛を確認して近づいていく感じなんかもリアリティーがあって、切なさがたまらなかったんです・・・ とは言っても、モーションは早くイーチェンにイン・フイとは偽装結婚だったと言いなよとは思ったけども!笑 まあそこもイーチェンの性格なら聞きたくないっていうのもありかなと見てました。

一番のトキメキポイントは、感情を心に押し込めて生きているイーチェンのモーションへの思いの発露するシーン二つ。
会っても冷たくしてしまう癖に気になって仕方なくて、酔った勢いでモーションの家の前まで行って思わずキスしてしまうところ。いつもクールなイーチェンの隠していた感情が爆発してしまうのを見てギャーーーーーってなりました。壁ドンとかあんまり好みじゃなくて他のドラマでいいと思ったことないのだけど、このドラマのは良かったです!!!!
もう一つは、香港に出張に行くために荷造りしているモーションを見て、「また僕を置いていくのか!」とイーチェンが取り乱すところ。普段が冷静なフリをしている彼なので、実はそこまでの不安な気持ちを心に抱えていたなんて!とこっちまで動揺しますよ・・・ってな感じでここでもギャーってなりました。やっぱりギャップなのかな。まあそんな感じで、ウォレス・チョンが演じるホー・イーチェンに私はすっかりメロメロになりました。好き。

あと良かったのは、イーチェンの父親の死の遠因がモーションの父親なのだけど、そのことをモーションには最後まで隠し通すんですよね。こういう事実があるとそれが原因になって二人がすれ違うストーリーになりがちと思うんだけど、そこはイーチェンがモーションのために言わないという方法を取るのがなんだか新鮮で素敵。それがイーチェンの愛し方なのですね。ああ。

そうそう、イーチェンの声もいいなあと思ってたんですが、どうやらウォレス・チョンのセリフは吹替みたいなのです。イメージに合う気がしたのでビックリ。
ちなみに吹替は邊江という方みたいで、あの星空、あの海のウィリアム・フォンの吹替とか太子妃 狂想曲の盛一倫の吹替なんかもしてるので、私はこのいい声を今までに何度も聞いてるようです~

 

二人が幸せになるまでに紆余曲折があったせいか、ラスト近くのラブラブな二人に良かったねえ、本当に良かったねえ、と幸せな気持ちで見れるドラマでした。欲を言えばラストの2話くらいはもう少しカットしても良いような気がしたかな。もしもあの時こうしていたら・・・という大学時代の回想シーンをなぜか大人の二人で撮り直してる部分は助長に感じちゃった。そういうところもありつつ、でもウォレス・チョンがあまりにも素敵なのでそれだけで私的には大満足のドラマでした!ときめいた!

 

マイ・サンシャイン〜何以笙簫默〜が見れるのは・・




【中国ドラマ】 聊斎志異(りょうさいしい)庚娘 の感想 天意に逆らってはいけないってことなのかな。

長らく見てきた 聊斎志異(りょうさいしい)ですが、とうとう最後の6作目の庚娘を見終わりました!なんだか妙にやり遂げた感があります。全6話はどれもバラエティーに富んでいて振り返ってみたら結構楽しめたかな!

 

スポンサーリンク


 

庚娘と金大用の夫婦は前世で何度も天意によって引き裂かれてしまっていて、それをずっと見ていた湖に住んでいる龍女が天意だとしてもあまりにもひどいと掟に逆らって湖に沈んで死にそうになった庚娘を助けるために彼女の体に入って二人が融合するのです。そして金大用を殺した王十八に復讐をしようとするのですが・・・という感じのストーリー。人間と龍女の合体というのが不思議な感じで面白い。

庚娘(こうじょう)を演じるのは、ジャン・チエン(張茜)。月下の恋歌にも出演してるそう。夫と3回も引き裂かれるのは実は彼女がもっと前の前世に湖で罪を犯したからだったという。天のやることをひどいと言っていたけど、因果応報だったという訳ですね・・・ しかし、転生の回転早いな!同じ時代に3度もって凄いなと思いましたな。

龍女は亓達吉という女優さんが演じています。前髪が編み込みのような網のようなスタイルでなんだか不思議でした。しかし、龍女は妖怪ではなくて精霊だそうなんだけど、これまた違いが分からない。まあ悪いことはしないって感じなのかな。庚娘の運命を哀れに思って助けようとするくらいだから良い人ですな。

金大用役のホァン・ユーロン(黄玉栄)。いやーこの大用って人が「私は商人だから人を見る目がある!」と自信満々で他の人達の忠告を聞かないんだけど、まんまと王十八に騙されて両親も殺され、自分も殺されかけるっていうね。ドラマだと分かっていても大用にイライラすること間違いなしですよ!笑

兄の王十八役を演じるのはン・ティンイップ(呉廷燁)。見たことある気がしたらインファナル・アフェアや2046に出てる香港の俳優さんでした。ふむふむ。
ここではいい感じに悪人役でした。いやほんとどう見ても悪い人そう過ぎて、大用が騙される意味が分からないのだよー。そんな迫力があります。庚娘の美しさに心を奪われてしまって、嫁にしようとして弟と仲違い。

その弟の十九役はドゥー・ジュンザー(杜俊澤)。彼はなかなかイケメン!聊斎志異はあんまりキリっとした分かりやすいイケメンがいなかったので、最後に見つけて嬉しいです。ソフトな柔らかいタイプのイケメンのキャスティングが多かったですよね?

しかし、十九が一度死んで、閑雲居士に尚正として生き返らせてもらた姿でドラマの冒頭に出てくる時はなんだか変な恰好をしているので、イケメンと気づかなかったよ!葉っぱとかいっぱいついてるし!そして、閑雲居士が発明した妖怪が見える照妖鏡とかつけてるし!なにそれっていう面白道具が結構出てきます。

閑雲居士を演じるのは、劉廣厚。十九を生き返らせたり、変な道具をいろいろ作っていたり妙に万能な人でありました。

龍は普通のナイフでは殺せないけど、屠龍刀なら殺せるらしい。なんですかそれ・・・

 

今回の「庚娘」というお話は天意には逆らってはいけない、前世の罪は後世まで受け継がれる、天意に逆らうと自分は良くても周りの人の運命を変えることになってしまい不幸にしてしまう、というような戒めが描かれていたのかな。

ラスト近くで、天がそんなにひどいことをするならどうせなら神様と戦ってやる!と龍女、尚正、庚娘の3人が言い出して「マジ!?」と思ったらあっという間に諭されて庚娘が自分がちゃんと罰を受けて他の人を助ける道を選んでて、まともな話で終わりました。一瞬、もっとハチャメチャになっちゃうのかと思って期待したんだけど、割とちゃんとしてましたね。まあそうですよね。ちょっと残念だったけどー!笑

 

 

聊斎志異が見れるのは・・・

【中国ドラマ】 聊斎志異(りょうさいしい)白秋練 の感想 妖怪と人間の愛の行きつく先は?

聊斎志異(りょうさいしい)の5作目、白秋練の視聴を終了しました!今まで見た中では一番盛りだくさんの内容だったかも?登場人物も多くてなかなか面白かったです。

 

スポンサーリンク


 

今回の主役はタイトルの白秋練とその妹の秋菊です。彼女たちは湖に住む魚の妖怪なんですが、100年の修業を経たことで人間の形に変身できるようになっています。どうやらこの「妖怪が100年修業したら人間に変身できる」ということが他のドラマでも出てくるので、中国では常識なのかな?

簡単に言えば、妖怪の姉妹が人間に恋する話なんですけども、色んな邪魔がいて一体彼女たちの恋は成就するのか!?というのがこのドラマの見どころですね。

お姉さんの白秋練を演じるのはフィオナ・シッ(薛凱琪)で、香港の歌手兼女優の方です。画像の右側の白い衣装の方。身のこなしとか、顔の感じとか良い具合に魚の妖怪にピッタリ。妖怪なんだけど、人助けもしていい人なのです。

そしてそのお相手の蟾宮を演じるのはジン・ジア(金佳)。古装が似合っていてなかなか素敵。小梅を愛していたのだけど縁がなかったのだと諦め、白秋練の思いを受け止めて最後には思いあう仲に。とにかく頑固でよく言えば男らしいけど、融通が利かないともいえるかなー

そして蟾宮と愛し合っていた小梅(杜敏赫)は、金貴に無理に嫁がされて、二人の仲を裂かれてしまいます。彼女もとても善良な人で、最後まで蟾宮を愛しているのですよ。自分はそばにいれなくてもいい、蟾宮には幸せでいて欲しいと、白秋練に蟾宮を託す。その後の彼女の選択はとても悲しいけれど、それが彼女の愛の貫き方だったのですよね・・・ あの時代の女性が自由を得るためにはそれしか方法が無かったのかもしれない。

そして、白秋練が大好きで自分のものにしたいのに嫌われてるのが、龍太子。演じるのは、ジャン・ミンミン(張明明)です。彼も古装が似合ってて素敵でしたねー 龍太子は白秋練を手に入れるためなら手段を選ばない悪い人でしたけども。あんなに白秋練に邪険にされて彼も実は可哀そうな人でした。

白秋練の妹の秋菊を演じたのは、マオ・リンイン(毛林穎)。つまりニキータ・マオですね。お、この顔はどこかで見たことがあると思ったら、蘭陵王の鄭児じゃないですか!あの時の残虐の限りを尽くしていた鄭児の印象は全くなくて、ちょっと気が強いけど可愛い妹役でした。秋菊も人間を好きになっちゃうのよね。それも敵対していた道士と。実は昔に会っていて一度彼に助けられていたという過去があるのですね。

そのお相手の真君を演じているのは、ワン・シャンホン(王翔弘)。彼もはっきりとした顔立ちが信念を貫く道士役に合ってましたね~ はじめは姉妹を退治しようとしつこいんだけど、いい妖怪もいるんだと気づいてとうとう恋仲にまでなっちゃうという。

真君と戦う竹妖のビジュアルが面白くてねー 竹の妖怪ってのも面白いなあって感じだなんだけど、顔に竹が書いてある!そのままじゃないか~ ちなみに演じているのはジョウ・ジョン(周仲)という方だそうです。せっかく調べたから記録しておこう!笑

 

異種間の恋愛というのが、今までにも色んな作品で描かれ続けているのは試練を乗り越えた愛というものに私たちが憧れやロマンを感じるからかもしれないなあ。そんな強固な絆というものがあるのだと信じたいのだと思う。

このストーリーではラストに菩薩が出てきて、不要な殺傷をした龍太子の親子は罰を与えられ、白秋練は人間にしてもらって蟾宮と幸せに暮らすことになり、秋菊と真君は金魚になってこちらも一緒になるという結末でした。なのでおおむねハッピーエンドなんだけど、小梅の結末だけが少し切ないですね・・・

菩薩は妖怪の上に立つ立場ということなのかな?天帝の使いということ?この辺の妖怪相関図みたいなの欲しいな・・・

 

聊斎志異が見れるのは・・・