【中国ドラマ】聊斎志異(りょうさいしい)梅女 の感想 意外とのほほんハッピーエンドで驚いた!

「聊斎志異」は中国の清代の短編小説集。怪異文学、つまり妖怪や幽霊なんかが出てくるそういう不思議な物語たちが色々集められている短編集です。私はそういうの全然知らなくて今回調べて知ったんだけど、チャイニーズゴーストストーリーや画皮などの映画はこの「聊斎志異」の中の小説のひとつがそれぞれ原作になっているのだそう!なるほどー

そんな「聊斎志異」の本から6作品を原作にしてドラマにしたのが今回見た中国ドラマなんです。1作品ごとに6話ずつ×6本なので、全部で36話の構成となっています。ちなみに聊斎志異を元に製作されたドラマシリーズはいくつかあるみたいですが、今回見たのは原題が「聊斎三」で2010年に放映されたものです。

それ以前には2005年「新聊斎志異」というタイトルのドラマシリーズがあるのですが、これはフー・ゴーやホアン・シャオミン、ジミー・リン、レイニー・ヤンなどが出演してる様子!わお、こっちも見てみたいかも。

 

スポンサーリンク


 

さて、6つ話があるので感想はひとつずつ行きます。今回は「梅女」です。

雲亭役は、ラム・マンロン(林文龍/フランキー・ラム)。香港出身の俳優さんみたい。香港映画で見たことがないかな~と調べてみたけど知らなかった。ともかくこういう書生の服装がとっても似合っててなかなか素敵でした。

雪梅役は、ステファニー・シャオ(蕭薔)。すぐに死んじゃって幽霊になっちゃう。幽霊役だけどもアイメイクそんなにばっちりしてたら憂いとか儚さとか全然感じないんですけど・・・とちょっと思って見てたのでした。梅が入った名前のせいなのか梅の木にとりついた幽霊になってるんですけども、日本では何かにとりついてるのって幽霊よりも妖怪とかなイメージですよね。中国の幽霊は日中でも活動できるようだし、半透明とかじゃなくて人に触れられるしで(でも壁はすり抜けられる)、日本の幽霊観とはちょっと違うようです。そういう違いが面白いな~と思って見ていました。人間と幽霊が結婚する方法もあるみたいだったしなかなか凄いです。

雲亭の友人の継祖役は邵傳。彼も幽霊を好きになっちゃうっていう。そしてそのお相手の淑蘭役は王笛。彼女がなんだか見たことあるなあって思ってたら、蘭陵王の周の阿史那皇后でした。蘭陵王を見ている時には気づかなかったんだけど、意外と色黒なため幽霊っぽさがなくて完全に人間やん?と思いながら見てました。その上、死んで幽霊になってから男に仕返しをするために妓女になったとか言ってて、中国の幽霊の世界は一体どういう構造なのか訳が分からないのでありました。

そして泥の妖怪がラストで完全体になるんですけど、えらい巨大化して怪物みたいになっててビックリして笑ってしまったのでした。そんなノリの物語なの!?って感じでした。

 

しかし、男性陣が幽霊を好きになっちゃうのはいいけど、そうだとしたらもっと悩むのでは?って思うのだけど、全然迷いなく簡単に愛しちゃう感じだし、ラストも意外とのほほんとしたハッピーエンドで私は怪奇譚を見ていたのではなかったかな?おやおやって感じで色々と面白かったです。

このドラマシリーズの全話を見たらもう少し中国の幽霊観が理解できるようになるかもしれないなあ。そんな感じで意外と楽しんで見れました!

 

このドラマが見れるのは・・・

【台湾ドラマ】恋のおしながき(無敵珊寶妹) の感想 妙に耳に残る主題歌が頭の中をグルグル回るよー

恋のおしながきの視聴を完了しましたよー。邦題はあんまりピンと来なくて原題の「無敵珊寶妹」の方がしっくりする感じですかね?2話くらいまでヒロインが貧乳だということに関してをネタにし過ぎてて、ここまで外見に関してネタにしても台湾では有りなのかな・・・?なんてちょっとビックリしましたね。あそこまで大げさにしてたのは、そんな貧乳で二の腕がすごくてチャーシューの匂いが染みついた子でもちゃんと幸せになれるよってことを逆説的に言いたいがためだったのかな、とも思うんですけど、如何せんヒロインのアンバー・クオが可愛いのでそこんとこはあんまり説得力ないよね~

 

スポンサーリンク


 

 

なので最初は面食らった感じで見ていたんですけども、出てくる人ほとんど全員キャラが濃いし、ギャグやパロディーネタが怒涛のように出てくるし、ドタバタのハチャメチャでその力技のようなノリにだんだんはまって楽しくなってくるという感じです。

そうそうやたらと「ハートに命中100%」の出演者たちが多数出演してると思ったらどうやらハートに~と同じ時間帯の後続のドラマだったからみたい。

ジョー・チェンとイーサン・ルァンは夫婦役で出演してたし、実はこの下着屋に貼られているポスターの下着モデルはアンナ役だったビアンカ・バイだし、アンソン役のナー・ウェイシュンと一番上のお姉さん役だったジェシカ・ソンのカップルも一番最初に出て来てめっちゃいっぱい出てますやんって感じ。そして、2番目のお姉さん役だった鍾欣凌(ヂォン・シンリン)に至ってはゲスト出演でなくて廣記の店員さん役でキャスティングされてますしね。

このドラマをちょっと見ようかなと思ったきっかけはハッピーメーカーでイケメン!と思ったロイ・チウが出てたからなんですけど、髪型はちょっとイマイチだったけど、娘がいるパパ役が新鮮だし、やっぱりこの斜め上からの角度だと長いまつげがビューティフル!彼ってポスターとかの写真だと私は全然魅力を感じないんですけど、ドラマで動いているところを見ると良いなあって思います。フッと笑うところとかがいいです。

このドラマでは天香楼に復讐を誓う男の役なんだけど、台湾ドラマらしく復讐といっても完膚なきまで叩き潰すって感じのノリではないし、小さい娘ちゃんが良い子なのもあってパパにストップをかけてくれるので、ソフトなので見やすくていいなと思いました。まあG8も天香楼に戦いを挑むとか言ってるけど、もう存在がお笑いだしな・・・

主役の胡珊寶(サンバオ)を演じたアンバー・クオもキュートだったし、孫無敵(ウーディー) 役のニコラス・チャンは三枚目な感じがこのドラマに合ってたのが良かったかな~ しかし途中で実はお父さんが生きていた!ってなった時に彼が二役を演じるんだけど、それはもう正視できない感じでもうナンダコレって感じ。なんだかいろいろすごかったな。

内容が濃いドラマではないしまあいいかと、だいたい2倍速で見ていたせいか余計に展開が早く見えて怒涛のように話が進んで行った気分でした。でも、もしかしたらストーリーよりも心に残ったのは主題歌かもしれない。オープニングの歌もエンディングの歌もすごく耳に残るんですよ!それも2倍速で聴いたその曲が頭の中をグルグル回って大変でした。あ、あと三宝飯がとっても美味しそうで食べたくなりましたよー!

 

 

恋のおしながき(無敵珊寶妹)が見れるのは・・・

【中国ドラマ】蘭陵王 の感想 19話で一度挫折しかけるもなんとか最後まで完走!

蘭陵王をとうとう最後まで見ましたよー!!! 今までで一番時間がかかったドラマかもしれません。というのも19話まで見てすっかり嫌になって挫折かな・・・と思ってほったらかしにしていたらなんと1年くらいたっていたんですけども、Gyao!で配信が始まったので、週に2話くらいずつだったら完走できるんではないだろうかと視聴を再開してなんとか最後まで辿りついたという。でもラストまで行ったからすっきりという感じでもなくて、ふーんそういう結末なんですね~という感じです。

 

スポンサーリンク

 

いやしかし、自分でも明確に理由は分からないんだけど、全然のれないしハマれないドラマでした。配信されているのが日本語吹替だけしかないというのもあるし、あの星空、あの海。の時になんて美しいんだ!と思ったウィリアム・フォンだけど、このドラマの時はちょっとふっくらしているのか中肉中背って感じで私の好きなシャープ感が無くてイマイチ好みじゃなかったのもあるし、彩度の高いあまりにも鮮やかな衣装も好みじゃなかったのもあるし(シックな方が好き)、蘭陵王が軍神のはずなんだけど、闘いのシーンはほとんどなくて、蘭陵王と宇文邕に雪舞が取り合いされてるか、蘭陵王が雪舞のところに落ち着いたと思ったら鄭児に邪魔されるって感じのメロドラマ展開。蘭陵王が鄭児の言うことの方を信じて雪舞のことを理解できなくなってた時は君たちあんなに愛を誓いあってたのにもう倦怠期の夫婦みたいなの一体なんなんだ・・・!とそこら辺りで一度挫折したんですねえ。

蘭陵王には民が一番大切だったんだということなのだろうけど、誰に対しても良い人って見方を変えると八方美人にも見えてしまうのですね。だからこそ下心のある鄭児のことをお屋敷に入れることが出来てしまう。家来たちはみんな鄭児の策略に気づいているのに彼だけ気づかないのは、自分はそんなことをしないまっすぐな人だからとも言えるけど、でもその代償として大切な人を傷つける訳で。そういう蘭陵王がどうも私には魅力的には見えなかったのでした。雪舞もとても良い人として描かれていたしでこの二人に興味を覚えられなかったのがドラマを楽しめなかった理由かもしれない。癖のある人の方が見てて楽しいのかもなー あくまでもドラマですしね。

それよりも愛のためにどこまでも愚かになってしまう鄭児の方が人間らしく感じる。だからってあそこまで残酷になっていいって訳ではないけれど。

そして蘭陵王よりも宇文邕のひたすら一途な片思いの方が心惹かれる。結局彼も雪舞を守るために命を落としたともいえるけど、きっと後悔なんてしていないんだろう・・・

最初はもしかして最後は蘭陵王と安徳王が仲たがいして敵対するのかな~?なんて意外性のあるストーリーを勝手に想像してたんですけど(私がそういうサスペンスドラマを見過ぎなだけかも)、そのままひねりもなく高緯と敵対するストーリーでしたね・・・ ジョージ・フー(胡宇威)は意外とカツラも似合って素敵でした!

そして私が見るドラマ見るドラマでいつもみつけてしまうルー・ヨン(盧勇)がここにも! 今回は大将軍役でしたねー。

ハン・ドン(韓棟)が楊堅役で出ていましたね。のちの隋の皇帝かな?
宮廷女官 若曦の第9皇子だ~!彼もちょっと癖のある顔なので見つけやすいタイプだな~

 

挫折カテゴリー行きと思っていたけれど、とにかく最後まで見れて一応は達成感ありです。多分、見る前の期待も大きすぎたせいであんまり楽しめなかったのかもしれない。お召し物も静止画だと鮮やかで美しいのだけど、動くとあまりって感じだったな・・・ でもMaydayの主題歌はかっこよくて好きでした!

 

蘭陵王が見れるのは・・・


   

【中国ドラマ】DAY&NIGHT 昼と夜(白夜追凶) の感想 絡み合うそれぞれの思惑にくらくらする

中国の刑事ドラマを見るのは初めてです。警察=公安なので、その表記が目新しくて興味深い。原題は「白夜追凶」で副題が「DAY&NIGHT」。邦題は「昼と夜」なのか「DAY&NIGHT」なのかよくわからないけどどっちでもかっこいいので良いです。NETFLIXは見たことがない中国系のドラマがたくさんあってどれを見ようが迷ったんですが、渋そうな匂いがしたこのドラマをなんとなく選んだら大当たり!めちゃめちゃ痺れた・・・ヤバイって感じ。すごく面白かったので静かに興奮しながら見ていました。

 

スポンサーリンク


 

主人公は元刑事の兄ホンファン(宏峰)と一家惨殺事件の容疑者の弟ホンユ(宏宇)という双子の兄弟。弟が指名手配犯となったことで、警察を辞職したホンファンだが、刑事時代の犯人逮捕の手腕を買われて、顧問として刑事の仕事を手伝うことになる。だが、ホンファンは暗闇恐怖症であり、夜は暗いところに行くことが出来ない。なので、昼はホンファン、夜は弟のホンユが兄のふりをしてその仕事をすることになるのだが・・・というストーリー。

入れ替わりって・・・とその設定大丈夫なの?と思って見始めたのですけど、同じところに顔の傷を作ったり、体重が同じになるように運動したり、と二人がまわりにばれないように管理しているところなどのディテールがしっかり描かれていて思わず引き込まれるのですよ。体重計に順番にのってダメだ運動しろとかいうやり取り、そういうのがとても細やかです。

弟は家の中では、指紋が残らないように手袋で、だいたいタンクトップ。視聴者は最初のうちはそういう違いで二人を見分けているんだけど、性格などがだんだん分かって来て同じ服を着ていても双子の見分けがつくようになってくるんです。

演じているのは潘粤明(パン・ユエミン) 一人二役だけでなく、弟が兄のふりをしているのを入れると三役くらい演じてる感じでしょうか?素晴らしい演技で目が釘付けです。私はどちらかというと影がある兄に惹かれてしまう。そんなくらい完全に別の人にちゃんと見える兄弟の演技。そして兄弟の複雑な心の結びつきの描写がたまらない。微妙な心情が見える。
そうそうたまたま萍踪侠影を見たらパン・ユエミンが主役で出ているのを見つけました。このドラマでの役とは全く違って新鮮!

兄が弟の無実を信じているのかどうか、という部分さえ分からなかった始まりから、ラストの事実はよく考えたらそれが出来たのは彼だけなのだけど、そうだったんだ・・・と衝撃を受けます。でも無実を晴らすためにはその方法しかなかったんだろうな、と腑に落ちるところもあって本当に先も展開も全く読めないけどしっかり筋が通っていてディテールも凝っている脚本が素晴らしい。

とはいえラストで本当の黒幕は分からない感じなので、これは続編があるのだろうか。あるとしたら絶対に見たいんですー っていうか待ってます、早く作って欲しい。

ホンファンに顧問として警察で働いてくれと言うジョウ。演じているのは王瀧正(ワン・ ロンジェン)。確かにホンファンの実績を買ってのことでもあるけれど、実はホンファンは必ず弟と接触するはずと思っていてそのためにわざとそばに置こうとしている。彼が一家惨殺事件の犯人逮捕に躍起になるのにも理由があるのだった。

色んな人の思惑が交錯してどこに進んでいくのか全く見えないのです。ジョウと兄弟のやり取りはいつもどこか緊張感がある。

新米刑事の舒桐(シウトン)、演じる樑緣(リャン・ユエン)のフレッシュな雰囲気も良かった。ホンファンを師と仰いでいるのだけど、ジョウに彼の行動を監視して報告しろと命じられる。ついて回っているうちに昼と夜のホンファンのギャップに戸惑いながらも惹かれていく。彼女が心惹かれてしまったのは兄?弟? 兄の方かな、多分。

 

その他にも疑わしく見える人だらけで、それぞれが心の中に思惑を抱きあっている様は本当に迷宮の中にいるみたい。双子でさえお互いにそうだもの。でも少しずつ解きほぐされていく謎に夢中で続きを見てしまいます。これが「はまる」ということなんだな、と思いながら見ていました。派手さは無いけれど、本当に面白いドラマでした。この空気感の渋さがたまりません!

 

 

DAY&NIGHTが見れるのは・・・
⇒Netflix

【台湾ドラマ】プリンス・ウィリアム(威廉王子) の感想 シェ・クンダーの一人二役と美しい風景が見どころかな?

謝坤達(シェ・クンダー)が一人二役を演じているドラマ「プリンス・ウィリアム」。陳匡怡(アンドレア・チェン)がヒロインで出演していますが、たまたま最近、彼女が出演しているドラマをよく見ている気がします。彼女たちの恋愛時代にも出ているし、台湾だけでなくて中国本土でも結構活躍しているみたいですねー。見始めたドラマで以前見たことのある俳優さんが出ているのを見つけると「また会ったね~」って思ってしまう!笑

 

スポンサーリンク


 

このドラマは脚本は陳慧如で、ショコラも手掛けた脚本家さんみたい。設定としては境遇は正反対で顔がそっくりな二人が入れ替わるという昔からよくある入れ替わり譚ですよね。今回は入れ替わるというよりは影武者になるだけですけども。でも社長と魚屋という境遇の差がるところはやっぱりお約束なんだなあ。

新鮮な部分と言えば、社長の方の妹が影武者の魚屋と恋愛関係になるところですかね。もちろん中身は違うけど、兄と瓜二つの外見の人を男として見ることが出来るのだろうか?なんてことはちょっと思いつつ。ドラマの中で境遇の違いは問題にしてたけど、外見についてはあんまりこだわってなかったみたいなので、そこ平気なの?マジ!?って思ってました。似てるくらいはいいんですよ。でも入れ替わっても分からないくらいそっくりだからなあ・・・ 家族の集まりでややこしいですやん?

あとは、このドラマを見ようと思ったのは、台湾のベテラン俳優の顧寶明(クー・パオミン)が出ていたからなんですよね~

私が見ただけでも、王子様の条件とか君には絶対恋してないとかかな?いるだけで存在感のある味のある役者さんなのでとっても気になります。

今回はウィリアムのお父さんの代から会社を見守っている室長のワン役。ウィリアムが失語症になってしまってからも瓜二つの魚屋のビンに替え玉をさせて会社を奪われないように奮闘するんですけども、ウィリアムに負担をかけないように内緒で行動していたものだから、疑い深いウィリアムに誤解を受けてしまうんですよね。平和な台湾ドラマのつもりで見ていたのに、その後のウィリアムがかなりブラックな行動に出るのでその点では意表をつかれてビックリしたのでした。

ビンの母親役の潘麗麗 (パン・リーリー)もキーとなる役割でしたね。結局は彼女がウィリアムに親身に接したことが彼の心を癒したのかな。「誰かを恨めば苦しいのは自分」なんですよね。確かにそうなのに当事者になるとなかなか分からない・・・

そして、謝坤達(シェ・クンダー)は初めて見ましたけど一人二役の演技は結構良かったです。最近、主役が一人二役を演じるドラマをよく見るけれど、それぞれだいたいちゃんと見分けがつくように演じていてすごいなあと思うのでした。

魚屋のビンの時はとってもきさくに見えたし、ウィリアムの時はびっくりするくらい冷酷に見えたし、ウィリアムの影武者を務めてる時のビンはスーツを着てピシっとしてもやっぱりビンだったし。それにしても確かに地球上には自分と似た人がいるとは聞くけど、そんな風に入れ替わっても分からないくらいの風貌っていう人たちが現実にいるんだろうか?

 

すごくオススメという訳ではないけれど、ビンの家のある美ノ村の風景がとても美しいし(緑の岩のところは老梅石槽というところみたい)、台湾ドラマらしくだいたい最後はハッピーエンドな平和さもあるし、14話で短めなので見やすいドラマではあります!

 

プリンス・ウィリアム(威廉王子)が見れるのは・・・
⇒Netflix