【中日香台合作映画】台北に舞う雪 の感想 台湾の菁桐の風景が綺麗だったな~

「台北に舞う雪」を見ました。台湾映画だと思ったら、中国・日本・香港・台湾の合作映画なんですって!日本人俳優は出演しませんが、脚本や製作総指揮に日本人も名を連ねています。そうそう「台北に舞う雪」のタイトルを聞いて特に何も感じなかったんだけど、映画を見ている途中でそうか例えば沖縄に雪が降るかどうかといったら何十年に一回とかしか降らない訳で、それくらい滅多にない奇跡って意味があったんだな・・・とようやく気づきました。想像力が足りないな~と自戒しちゃう(^^;

 

スポンサーリンク


 

さて、この映画を見ようと思ったのは、モー・ズーイーとチェン・ボーリンが出てたから!モー・ズーイーは台北ラブストーリーですっかりファンになってしまったんですが、日本で見れる彼の出演作があまりないみたいなんですよね。なので見つけたら逃せない!

だがしかし、この映画はモウ役のチェン・ボーリンとメイ役のトン・ヤオのための映画って感じでした。ひたすら美しい風景の中で惹かれあう二人を美しく撮影してるってイメージ。

この映画の中のチェン・ボーリンは優しくてよい人って感じはすごく出てましたけどね。う~ん。いいんだけど物足りないねーなんて思いつつ。いつか、またとかのが良かったな。

トン・ヤオはチャン・ツィイーに似てるって言われてるらしい。目が印象的ではあるけれど、この映画の彼女は私のアンテナにはピンと来ない感じかな。メイは新人歌手なんだけど、好きなプロデューサーが自分のことを構ってくれないから声が出なくなって失踪するという。ただの構ってちゃんとも言える。

モー・ズーイーは新聞記者の役でした。なんだったんだろうね?まあでも彼も菁桐に行って好きな人が出来て良かったね、くらいしか言うことが無いのであった。

とにかく菁桐の景色は緑が濃いし、お祭りの風景も美しいんだけれど、そこで生活している人々のことをあまり描かないのでただ美しい絵を見ている気になる。それとも突然そこに行ったメイの視点でわざと菁桐を描いているから生活している人ではなく通り過ぎる人が見る風景なんだろうか?それなら分かる気もする。それくらいなんだか現実感が無い。妙にファンタジー感があるのです。それとも観光PR映像っぽいともいえるかも。

そういう感覚のある映画だったな、と思うのでした。まあ「雪」の奇跡も起こるしなるほどねという感じはありましたし、細かいことを考えずに主役二人の恋愛を素敵ね~と思って見れたらそれはそれで良いのかもしれない。でも私の心にはストーリーは何も残らなかったかな。ただ菁桐の風景の美しさだけが残った感じでありました。

 

台北に舞う雪が見れるのは・・・



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す