【韓国ドラマ】不穏 の感想 両班姿のカン・ハヌルが美しい!

またまたドラマ・フェスティバルの1話完結ドラマの感想です。今回はカン・ハヌル主演の「不穏」です。これも結構良かったんだよな~

カン・ハヌルはこのドラマで初主演らしいのですが、こういう短編ドラマが次世代の主役クラスの俳優さんのお披露目の場となっているのかもしれませんねー そう短い時間でも輝きは隠せないものなんだなあと今回このシリーズで見た3作(眠れる森の魔女、禁じられた愛、不穏)を思い返すと納得しちゃいます。

 

スポンサーリンク


 

それにしてもカン・ハヌルの両班姿は美しいです。切れ長の目が古風な服装にとても似合う。ジュンギョンの庶子ゆえに実力を認められることがない絶望と自分のような生まれでも活躍できる新しい世を渇望する瞳。そして信じたものが辿り着く先はまた自由な世界などではないと知る。

そうして自分が何かをなすことは出来なかったけれど、先生として生き抜いて、自分の弟子に新しい時代を作る思いを託す。その諦念の先に見える希望が胸を打つのだった。そしてその弟子はホ・ギュンという「ホン・ギルドン伝の作者」だという設定はあくまでも架空の物語だけど、その名前だけで視聴者に希望を見せるという手法はすごいなあと思うのでした。うまい。

もう一つの希望は、ヤン・ジヌ演じるジュヌが自分は庶子ではないけれど、弟のジュンギョンを助けようとしたこと。庶子の弟をいじめるパターンが多いのに珍しいなーって思いました。ヤン・ジヌの両班姿もお似合いだったな。彼も時代劇の方が似合う気がしちゃう。

絶望と希望が交錯するうまいストーリー展開になっていて、完全なハッピーエンドではないけれど、ラストもどこか良かったなあと思える終わり方で面白かったです。映画のような感覚で見れる良く出来たドラマでした!

 

不穏が見れるのは・・・



【韓国映画】監視者たち の感想 チョン・ウソンの悪役が最高&突然のサイモン・ヤムにビックリ!

韓国映画「監視者たち」の視聴を終了いたしました!Gyao!で配信してたので見てみたよ~ 全体としては展開も早いしスリリングで目が離せなくて面白かったです。とにかく良かったのは初の悪役の演技だったらしいチョン・ウソンの存在感ですね。わたしの頭の中の消しゴムをは間違いなく見たのに全く同じ人と思えない。表情も変えずに冷徹に人を殺す男なのに時々揺れる瞳にぞくぞくします。

 

スポンサーリンク


 

そんなチョン・ウソンが演じるジェームス率いる犯罪集団(といっても更に彼に指示をする上の人がいるけど)とそれを監視、追跡する韓国警察特殊犯罪課の「監視班」との攻防を描いたストーリーです。監視班の追跡方法はどちらかというと人海戦術。組織内で役割を分けて分業してるって感じなので、1対1のサシの勝負の緊張感みたいなのが無いんだなー 監視班に所属している刑事たちは特殊能力があるっていう売りなんだけど、どうなんだろう?見ててあんまり追跡のプロフェッショナルって感じがしなかったよ?それすぐにばれるんでは?みたいな。入れ替わり立ち替わりバトンタッチしていく連携は小気味いいんですけどもね・・・ ハン・ヒョジュの尾行が特にわざとらしく感じられてしまって残念でした。全く町の人々に紛れてない。

犯罪集団と監視班の攻防に重きを置いたせいもあるんだけど、ジェームスも何やら訳アリっぽいけどその部分の描写は匂わせる程度、ユンジュが監視班に新人として着任してから周りのメンバーと慣れていく過程の描写も雑で彼女が警察として何を目指しているのか、どうして監視班に入ることになったのか、監視班で任務を遂行するということは通常の警察としての業務が出来ないこともあるというのをどう納得してやっぱり監視班の仕事を頑張ろうと思ったのか全然見えてこないのでわりとモヤモヤしながら見ていました。そういう人間ドラマ的な感情の部分はわざと省いたのかもしれないけど、その分表面的な犯人追跡劇になってしまった気がします。私としてはそこが物足りない。まあリスの身の上に起こったことだけでも犯人逮捕に全力を挙げるチームの気持ちは理解できますけどね。でもやっぱりそれ以前の事情は描かれていないので追跡ゲームを見ているような気分に陥ってしまうのは否めない。

そしてあるシーンで突然登場するサイモン・ヤム!ビックリして変な声が出ちゃった。自分でもヤバイと思うけど後ろ姿が写った瞬間にサイモン・ヤムと分かった!すごいな。それでピーンと来て調べてみたら、この映画は香港映画の「天使の眼、野獣の街」のリメイクなんですって。ジェニー・トー製作、レオン・カーファイ主演なんて聞いたらこっちの方が見たくなっちゃったよ。もちろんサイモン・ヤムも出てますね。香港の路地での尾行なんて考えただけでもワクワクする。雑多感が韓国の市場どころじゃないもんね。

色々な場所に伏線がはられていて、リスの「警察の制服なんて葬儀の時に着るもんだ」というユンジュへの言葉はそういうことだったんだなとあとで分かったりとそういうのは面白かったです。あとはカメラのアングルや編集はかっこよかったな。階段のシーンが好きだった。

なんだかんだと気になるところはあるけれど、それでもやっぱり一気に見れちゃうエンターテイメントな作品に仕上がっていると思います。わりと面白かったです!

 

監視者たちが見れるのは・・・





【新宿】海底撈火鍋(ハイディラオ)で異国情緒満点のお腹いっぱいランチを食べた!

なんだかめっちゃ楽しい火鍋屋があると聞いて行ってきましたよー!この「海底撈火鍋(ハイディラオ)」は池袋とか心斎橋とかにもあるみたいなんだけど、行ったのは新宿店です。歌舞伎町にあるので、新大久保からも徒歩圏かな!

 

スポンサーリンク


 

とにかくまずは様子見ということでランチタイムに行ってきました!

ランチメニューは
・ヘルシーセット
・ラム肉セット
・白身魚セット
・豚肉セット
・牛肉セット
といったラインナップ。

とりあえずこの日は豚肉セットにしたよー
でも今考えてみたら、二人で行ったので別々のを頼んで半分ずつお肉を分けて楽しめばよかった!だいたい後からこういうことを思う・・・

鍋の種類も色々選べるんですが、ランチ料金に含まれてて追加料金がかからないのが、きのこの白湯鍋と中華トマト鍋だったので、これまたとりあえずそれにしました。パネルで選ぶんだけど、この辺の鍋の味の選び方とかは分かりにくかったんですよね。でも店員のお姉さんに聞いたら丁寧にレクチャーしてくれるので、分からなかったら聞いてみるといいと思います。

次回は辛いのを食べてみたいので麻辣鍋にしようかな。お客さんが中国人の方が多いので辛さの度合いが高めなのかなと思ってこの日は手が出ませんでしたー!!!

さて、注文が完了したら鍋がやってきます。熱を入れるのはテーブルでなので、スープの温度が上がるまでバイキングコーナーに行ってたれを作ったり、野菜を取って来たりするのがオススメ!

枝豆とかトマトなんかもありますし、違うコーナーの方にはスイカなどフルーツがあるところもあったよ!さっそくトマトも枝豆も食べる。

そして肉や野菜をつけて食べるたれも自分で作ることが出来ます。これが楽しい。オススメのたれの作り方も書いているので、そのレシピに従って好みに合うものを作ります。もちろん完全オリジナルで作るものありですよね!

ポン酢なんかもあるのでしゃぶしゃぶみたいに食べることも出来ます~

っていうかナニコレめっちゃ楽しいな!

とにかく種類が多いんですよ。なにもかも。

タレを作ったり、豆のスープを飲んだりしてるとスープが沸騰してきましたよー
豆のスープみたいなのはちょっと甘くて冷たいデザートっぽいものです。これも美味しい。こういうの好きなんです。

灰汁が結構出てくるのですくうんですが、これもお姉さんがやってくれる。

その上、このトマトスープはそのまま飲むことも出来ますよ!ってお姉さんが教えてくれて、バイキングコーナーでネギとかそぼろみたいな具を入れてきてくれてそれにスープを入れたのを作ってくれたんですよ。めっちゃ美味しかったです。

い、いたれりつくせりや・・・

そして野菜やお肉をしゃぶしゃぶしながら食べるんですけどタレを変えたり違うスープでしゃぶしゃぶしてたらこれもすごく楽しかったなあ。

その上、たぶん1時間に一回くらいだと思うんだけど、なんだか中国っぽい芸をする方やら、麺を伸ばす方なんかがテーブルの間を練り歩くんですよ!異国情緒満点ですなあ。食べるのに夢中で写真を撮るのは忘れたよ・・・

そしてラストにはデザートの杏仁豆腐もあるよー

そして更にバイキングコーナーにあったきくらげと棗とクコの入ったデザートスープみたいなのも飲んだ!食べきれない・・・ お腹いっぱいであります。

最後はガムもくれます。

店員さんも中国人だし、お客さんも中国人の方が多いお店で、雰囲気も含めて楽しめます!家族連れも多かったなあ。エンターテイメント的に楽しめる部分もある面白い火鍋屋さんでした。お腹も満足しましたよ!とってもオススメ~!!!
平日の昼間は待たずに入れたけれど、土日時間によっては予約したから行った方がいいかもしれないです。

⇒海底撈火鍋 新宿店

【韓国ドラマ】眠れる森の魔女 の感想 パク・ソジュン主演のミステリー要素あり、ロマンスありのドラマ

「眠れる森の魔女」を視聴しました!これもドラマスペシャルみたいな企画もので1話が約1時間のドラマ。1時間って短いように感じるけど、こういう1話完結のドラマでもわりと内容を色々盛り込めるものだなあと感心しちゃいます。

 

スポンサーリンク


 

このドラマが韓国で放送されたのは2013年だそうなので、パク・ソジュンがなんだか若いって印象を受けます。今はやっぱりもう少し貫禄がついたよねー。そういう意味では初々しい感じのパク・ソジュンが新鮮です。

高校時代に爆発事故で昏睡状態になって16年たった主役のアミを演じるのは、 ファンウ・スルヘ。この前クリミナルマインドコリアでゲスト被害者役で出てたなあ。チョ・ハンチョルが演じる殺人犯に銃で撃たれてあっという間に死んでしまったのであった。あのドラマはそういうゲスト的に出演している加害者や被害者役の俳優さんも豪華だったなーって。あ、話がそれてしまった。

そんなアミのそばで彼女が目を覚ますのを待っているのがパク・ソジュン演じるヒムチャン。彼の素性は最初は不明なんだけど、実はアミのせいで死んだと思われている教師の息子だったんですねー その事故の真相を知りたい&復讐をするためにそばにいるんだけど、真相が解き明かされてから二人が恋愛関係になるっていうね。

アミが33歳、ヒムチャンが23歳の設定で男の方が10歳年下という設定みたい。同じドラマフェスティバルの禁じられた愛も時代は違えど年下の男と年上の女の恋愛だったからやっぱり流行ってるんだなあ~ まあ今までと違うシチュエーションのストーリーを作ろうとすると新しい設定が必要になるわけで、逆を言えば今まではその状況が実際にあまりなかったし、ドラマでも描かれてこなかったってことなんでしょうね。だから今、量産される訳だ。そしてこのドラマは2013年のだけど今もその傾向は続いてますねー!私としては宇宙規模(いや地球規模でもいいけど)において人類の歴史の中では10年なんて誤差程度なんじゃないかと思ってるので、現実でもそういうカップルがじゃんじゃんできればいいんじゃないですかね!?普通って何ですかって感じで!

なんだかすっかりドラマの内容とはかけ離れた話になってしまったけど、ミステリー要素あり、恋愛要素ありでわりと面白かったです!1時間のドラマって意外とストーリーがしっかりしているし構成もある程度ちゃんとまとめないといけないので良作が多い印象だなー!

 

眠れる森の魔女が見れるのは・・・



【大久保】FISHでチキン×キーマ×MIX豆の3種コンボをカレーを食べたよ!

以前に新大久保~大久保に行ってご飯を食べた後、小滝橋通りをプラプラと歩いて帰る途中に鼻腔をくすぐるいい匂いが突然したんですよね!どこからなの!?ときょろきょろしてたらどうやら「FISH」というカレー屋さんからやってきた匂いだったんですよ。この匂いは美味しいに違いない!と思ったので、日を改めて行ってきました。
っていうか大久保はカレー屋さんも多い気がしますねえ。ネパール料理屋さんも多いし、「SPICY CURRY 魯珈」もあるし。このFISHは大久保というよりは新宿と大久保の真ん中もしくは新宿寄りってとこですけどね。

 

スポンサーリンク


 

さて、こちらのFISHというカレー屋さんは以前六本木にあって閉店したお店が移転したお店みたいです。キーマカレーが有名だそうですよ!

階段を登って2階にあります。これはなんていう色っていえばいいのかな?エメラルドグリーンの壁やドアが雰囲気を盛り上げてくれます。もちろんスパイシーな匂いも最高!

さてこちらがメニュー!ランチタイムは税込、ディナータイムは税別になるようなので、ランチの方がちょっとお得かな!
このメニュー以外に日替わりカレーメニューもあります。訪問した日の日替わりカレーは夏野菜ココナッツカレーでした!

飲み物も色々あります。ハードランドビールやインドのビールもありますね。
ラッシーももちろん色んな種類があります!生ジンジャーラッシーって一体味だろう?

ディナータイムのメニューもあります。サバフライとビールとか合いそうだな~
ちょい飲みも出来そうでいいですね!

さて、私がオーダーしたのは、とチキン×キーマ×MIX豆の3種コンボです。
やっぱり最初はベーシックなのを食べてみないとね!しかし、写真の撮り方が悪くてキーマカレーがパッパルの向こう側でちゃんと写ってないなあ。す、すいません(^^;

チキンカレーはいろいろなスパイスが混ざった深みのある味、キーマカレーは上品な感じのシミジミ美味しい味、MIX豆は豆の甘さがにじみ出るような優しい味・・・

おいしいわあ~

という感じで夏はやっぱりカレーが美味しいですねえ。少し辛いくらいでそこまで辛くは無かったので、次回は大辛チキン&キーマにしようかなあ。でも白身魚も食べてみたいなあ。

ほんと色んな美味しいお店がありますねえ!まだまだ開拓しなくちゃ。

 

⇒FISH