【韓国ドラマ】オー・マイ・ゴッド~私が突然ご令嬢! ? の感想 スーパーハイテンションな伯爵役のチェ・ミンスを堪能すべし

「オー・マイ・ゴッド~私が突然ご令嬢! ?」の視聴を終了しました!このドラマはもうチェ・ミンスのハイテンションな中東の大金持ち役を楽しむドラマですね。これは最初から彼のキャスティングありきで成立しているドラマって感じ。だから反対にそこを楽しめなかったら面白くないかもしれませんねー 私はチェ・ミンスがはっちゃけてるのを見るのを楽しめたので良かったです。

 

スポンサーリンク


 

ところで気になったのは、チャン・ダルグが偽のイ・ジヨン(イ・ソヨン)のことを初めから娘じゃないと分かったのは彼女が女として見えたからって言ってたんだけど、一度も会ったことなくても娘か娘じゃないか本能で分かるものなんだろうか?そうだとしたらオールド・ボーイの復讐が成り立たないじゃないかと思ってしまうんだけど、あれは暗示をかけてたから成立したのかな。なんて関係ないことを考えてしまったのでした。まあダルグは野生の勘が冴えた本能で生きてるタイプの人かもしれないなとは思いますけど!

このドラマは全体的にパワフルで楽しく見れたんですけど、キャスティングも良かったのかも!チェ・ミンスはもちろんだけど、その娘がカン・イェウォンってのも父に負けないパワフルハイテンションって感じでまさに娘でピッタリだったし。その旦那役がシン・ソンロクってのもいい感じに頼りなかったし。彼は背が高いけど、背筋がピーンとしてなくてなよっとした感じだからこういう役が似合う。悪役とかよりずっといいなと思うなあ。ダルグの偽の娘のフリしたカン・ホリムの浮気相手役のイ・ソヨンはどこかで見たことがあると思ったらDr.JINの妓生役でしたー 時代劇より現代劇の方がずっといいなあ。あとわりと好きだったのはダルグの秘書役のチョ・テグァン。彼はなかなかエキゾチックな顔のイケメンですねー。チェ・ミンスとの息も合ってて二人のやり取りが面白かったな!

感想というほどのものは何もないのですが(あかんやん)、見る側もノリで見るくらいでちょうどいい気もする。ちょっとファンタジー&コメディーって感じのドラマだしね。私はチェ・ミンス大好きなので、こういう役もやり切ってるのがさすがだな~って楽しませていただきました!

 

オー・マイ・ゴッド~私が突然ご令嬢! ?が見れるのは・・・



【韓国映画】私を忘れないで の感想 それでも忘れられずに何度でも出会うのだろうか

「私を忘れないで」の視聴を終了しました。私の頭の中の消しゴムに出演したチョン・ウソンが今度は彼自身が記憶を失ってしまう側です。

胸が締め付けられるような切ない救いのないストーリーのようにも思うし、記憶を失ってもそれでもやっぱり何度も出会ってしまうというのは救いのようにも思えて複雑な気持ちになる映画であります。

原題が「나를 잊지 말아요」、邦題が「私を忘れないで」でほぼ直訳ですね。この言葉が誰が発したものなのかというのもポイントだと思うんだけど、英題だと”Remember You”になっているのが興味深い。映画の中で最後にこのセリフを言った声はソゴォンのだったと思うんだけど、英題をつけた人はどうとらえてるのかな?ソゴンとジニョンの関係がお互いに「私を忘れないで」=「あなたを忘れない」であるともいえるかもな、なんて思ったりもする。うーん。深いわ。

 

スポンサーリンク


 

この間見た映画の監視者たちではチョン・ウソンはクールな悪役を演じていてそれもめちゃ良かったんだけど、この映画のように情感たっぷりの演技もやっぱりいいですね。ストーリー運びがやや淡々としていて、チョン・ウソンとキム・ハヌルの表情がすべてというような映画だけど、それで十分成り立っていて引き込まれてしまう。

記憶を失った時の表情、そして結局またジニョンに惹かれていく時のソゴォンの表情。記憶を取り戻してしまった時の表情。そしてまた忘れてしまって無へ。

相手の存在を忘れないと生きていけないのに、記憶から消し去ってしまうことは出来なくてまるでメビウスの輪のように何度も繰り返すであろう二人の出会いと別れが切ないです。忘れればすべて過去と言っても本当に忘れてしまうことは出来ないのです。

これも愛のひとつのカタチなのでしょうか。そうだとしてもとても苦しい愛。でも幸せな愛でもあるのかしら。彼らの関係と同じように視聴者の心にも答えが出せない映画のような気がしますね。ただひたすら切ないのでした。

 

私を忘れないでが見れるのは・・・
⇒Netflix



【韓国ドラマ】恋のスケッチ〜応答せよ1988〜 の感想 古き良き時代を描いた心温まるドラマ

「恋のスケッチ〜応答せよ1988〜」の視聴しました!このシリーズでは1988がいちばん好きだなあ。1997は最後まで見たけどヒロインがどちらの男性を選ぶのかというのを引っ張り過ぎが見ててちょっとめんどくさかったのと、1994に至ってはアラが苦手過ぎて途中で挫折したし。でもこのドラマは最後まで楽しく見れたので良かったです。

彼らがテレビで見てた映画が「男たちの挽歌」でそこに思わず反応。この映画は韓国でも人気なんだなあ。「僕の彼女は九尾狐」で、ドン・ドンイル演じる武術監督がチョウ・ユンファの真似してマッチ棒くわえて出て来たりしてたもんね。たまに韓国ドラマでこの映画のネタが出てくるんですよね!

スポンサーリンク


 

ストーリーは横丁の人々を満遍なく取り上げていて、そしてそれぞれに向ける視線が暖かい。まさに古き良き時代をうまく描いててほんわか心も温かくなる感じがいいんです。韓国でもこういう場所や人の繋がりがだんだん減ってきているからこそこういうドラマが受けるとも言えるのかもしれませんね。ほんとどの登場人物も好きになっちゃう。それぞれの家族や状況も詳しくエピソードが描かれていたので、思わず感情移入できちゃう感じなのが良かったな。

その他、主要人物たち以外にもゲスト的な出演者もいましたねー

ちょっと昔な髪型のチョン・ヘインが可愛い。ドクソンの中学の同級生役でした。

そして1994のスレギがソヌの大学の同級生で出てたり。こういうのがあるからこのシリーズは、1997→1994→1988の順で見るのがいいのかな~

ラストはこの二人の結婚式で良かったなあ。表面的にはきつく見えるボラの本質見抜いて彼女を好きになるソヌが好き。定石通りにドクソンを好きになるようなタイプには興味が全くわかない。だからドクソンがジョンファンを選ぼうがテクを選ぼうが好きにして~と思って見てました。

ドクソンとテクとジョンファンの三角関係に興味が湧かなかったのにはもう一つ訳があったんですよね。それはドクソンがテクを選んだ後にも、それまでの幼馴染以上に彼に恋愛感情を持っているようには全く見えなかったせいかもしれない。それまでの無邪気なドクソンは最高に良かったのに恋愛部分がイマイチだったのはヘリの演技力の限界のせいなのかな・・・とも思っていたんですけど、ドラマを見終わった後にヘリがリュ・ジュンヨルと実生活でつき合ってると知ってなんとなく感じた違和感になるほどなって思いました。本物の愛がそっちにあったのがにじみ出ちゃったのかもね!

全体的に愛情をもって作られたのが分かる素晴らしいドラマですよね。しんみりさせられたり、大笑いさせてもらったり、本当に良いドラマ。とってもオススメです!

 

恋のスケッチ〜応答せよ1988〜が見れるのは・・・



   

【中国ドラマ】皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて の感想 皇帝になっても手に入れられなかったのは愛する人

「皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて」の視聴を終了しました。来たー!誰も幸せにならないドラマ~!!!って感じなんですけれど、もうこのドラマはストーリーよりもキャスティングに気を取られるドラマでしたよ。というのも、名家の恋衣の出演者がほとんど出てるんじゃないかってくらいでちょっとビックリな感じなのですよ・・・

 

スポンサーリンク


 

監督とか脚本家だとかの製作チームが同じだとお気に入りの役者さんがいるだろうと思うので配役が何人かかぶるくらいは分かるんだけど、それでもやっぱりマンネリ化やイメージの重複を避けるためにここまではしないだろうと思うんですよね。そういう意味では私が考えるような限界をやすやすと乗り越えてくるな。さすが中国ドラマ。

ってことで調べるまでも無く、名家の恋衣と同じ監督作品だろうと分かるんですが、監督のウー・ジンユアンは宮廷女官 若曦の監督でもあります。切ないのがお得意なのかもしれないなあ。

さて、という訳で主役の二人はまるかぶり。名家の恋衣とは時代が違うのでまあまだいいかとは思うけど、ハウィック・ラウが康煕帝。ロイヤルトランプの同じ時代ってことですね。あれ?そう考えるともしかして皇太后役が米雪でロイヤルトランプの時と同じかな?

ヒロインの衛琳琅役はジェン・シュアン。うーん。私は彼女が時代劇で演じるヒロイン像があんまり好きじゃないんですよね。シンデレラはオンライン中とか現代劇だとすごく良かったんだけどなあ。時代劇の時はいい人のように見せかけて周りを振り回す女性に見えて好感が持てないっていう。名家の恋衣とこのドラマがちょうど同じ感じでたまたまそういう役だったのかな。没個性的なヒロインなので、男性たちが彼女をそこまで愛する魅力があんまり伝わってこない感じなんですよね・・・

彼女の辛者庫で一緒に働く同僚たちが名家の恋衣オールスターズでちょっと笑っちゃう。ジャン・ユーの妹のフェイフェイやら、ウー・ツァイホンの妹やらが今度は仲間になってます。シャオティエンの弟分のマー・リーが皇帝の側近の小徳子役ですしね。

そして納蘭容若役でチャン・ビンビン様が!辮髪姿が美しい・・・
そうです。私は彼を見たいがためにこのドラマを見ておりましたよ。好き。

主役二人の悲恋よりも納蘭容若の報われない想いが辛い。衛琳琅が友達を助けたいという気持ちを汲んで彼がその友達と結婚することを選ぶという方向性を間違った自己犠牲にひえーってなっちゃう。自分のことを好きだと分かってる男にそれをさせて平気な衛琳琅のどこが良い人なのか分からんな・・・ ちょっとこの展開辛すぎたなあ。泣く。

長慶と芸初の悲恋も悲しかったんですよね。長慶を演じた張曉晨は「月光のイタズラ~時空を超えた恋」でもちょっと悪役で出てたなあ。やや個性的な役が似合いそうで嫌いじゃないタイプ。盗墓筆記にも出てたらしいんだけど、それは覚えてない・・・

 

見始めた時はラストが想像もつかなかったんだけど、そばにいるのに二度と触れられないという悲しみ。そして冒頭のシーンの意味が分かるという。切ないがいっぱい詰まっているので悲恋ものが好きな人にはいいかもしれない。だけど、それでも二人は思い合う仲だったのだから、容若に比べたらマシなのかもしれないなんて思ったりもするのでした・・・ どちらにせよ悲しいな。

 

皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れてが見れるのは・・・






【韓国ドラマ】ある素敵な日 の感想 あくまでも妹と言われるヒョジュが可愛そう・・・

「ある素敵な日」の視聴を終了しました。このドラマみたいに血の繋がらない兄と妹の愛というモチーフが少し前の韓国ドラマに多い気がするんですけど、気のせいかな。禁断の関係というのはいつでも人気のあるテーマですよね。しかし、なんとなく感情移入できないのは実際に自分に兄がいるからかもしれないなあ・・・ まあドラマの主人公たちは血が繋がっていないので、状況は違うんだけど実の兄と思っている人に恋愛感情を抱くことが出来る感覚が掴めない感じなんですよね。もし自分に兄がいなかったら私にも素敵なお兄ちゃんがいたらいいのに!なんて夢を持てたかもしれないんだけど!笑

 

スポンサーリンク


 

だから反対にゴン(コン・ユ)が血のつながらない妹としてヒョジュ(イ・ヨニ)には完全に一線を引けるのに、ハヌル(ソン・ユリ)に対しては恋愛感情を抱くようになるというのがあんまりしっくりこないんですね。

ゴンはハヌルは自分と血がつながらないと分かっていたけど、小さい時は実の妹として一緒にいて、探していた時には「妹」を見つけたかったんですよね?それなのに一体どうやって妹→恋人への愛情へ変化したのか納得できなくて受け入れられない気分。ハヌルも実の兄だと思っていたのにどうやって愛してしまうことが出来るようになっていたのか分からないんですよー その辺りの愛情の変遷が可能なのか理解できず。理屈じゃないってことかもしれないけど。

でも実際に血が繋がった兄妹の禁断の愛というものが現実に絶対にないと思っている訳ではなくて、そんなこともあるだろうとは思うし、このドラマでは血が繋がっていない兄妹な訳だから尚更全く問題ないんだけど、イマイチ入り込めないのはお互いが愛しあうようになるまでの過程がちゃんと納得できるように描かれていない感じがしちゃうからかな・・・ 違和感がある感じ?だからロマンチックだと全く感じられないし、素敵とも思えないのでした。

あれ、全然感想になってないな。そうです。だから一生懸命見てたんだけど、なんだかよく分からんな~という気持ちで見てたんです。

とはいえ、ナムグン・ミンが演じるドンハは素敵でしたよね。ちょっと強引なところもあるけれど、優しい男。ドンハには幸せになって欲しかったなあ。イ・ヨニが演じるヒョジュも気の毒だったな・・・ 同じように血の繋がらないゴンの妹という立場なのに、ヒョジュはあくまでも妹でハヌルのことは愛してるなんてね。ゴンがいっそ全く関係ない人を愛してくれたら諦めもつくけれど、この状況は辛すぎる。自分の心臓病のせいでゴンに迷惑をかけているという点だけでも辛いのにね。そんな感じでサブキャラ達に感情移入するドラマでありました。

そんな感じで私は全然好きじゃない展開のドラマでした。自分自身が兄妹の禁断の愛がテーマのドラマが苦手ということなのかどうか知りたいので、同じようにそれがモチーフになっている別のドラマを見てみようかな!そういう訳でもない気がするんだけど、他に見たことがあったか思い出せないなあ。

 

⇒Netflix