【韓国ドラマ】憑依~殺人鬼を追え~ の感想 厳しく辛い戦いの果てに

NETFLIXで「憑依~殺人鬼を追え~」の視聴を終了しました。かなりドラマの世界にどっぷりはまって切なさに浸りきってしまったせいか、なんだかなかなか感想が書けなかったドラマ。私の持つ言葉程度で綴っても、このドラマの凄さをうまく表現なんてできない気がしてしまった・・・

30年前の連続殺人犯が蘇って人々に憑依して凄惨な殺人事件を現在で起こしていくという筋書き。そんな相手とどう戦っていうんや~って感じなんですけど、その辺りラブラインをうまく絡めて非常にうまいストーリー展開となっています。・・・という風に俯瞰的にこのドラマを見つめる視点も持ててはいるものの、それを凌駕する主人公二人の切ない恋の行方にう~んと唸ってしまう感じ。普通の幸せがあまりにも遠い二人に涙すること請け合いであります・・・

 

スポンサーリンク


 

それにしても主役二人が非常に良かったです。ソン・セビョクと言えばダイナマイトファミリーでもいい味出してたなあ。そんなちょっと強面なのに心優しいカン・ピルソン刑事役がめちゃめちゃピッタリでした。

子犬と戯れるソン・セビョクとか・・・最高。ギャップ~
そして、ヒロインはコ・ジュニ。どこか透明感を感じさせる彼女もまた巫女のホン・ソジョン役にピッタリ。巫女装束を着た姿は本当に美しいです。

意外な組み合わせに見える二人なんですが、お互いが惹かれあう過程も、でも殺人鬼を倒すためには自分を犠牲にするしかなく、一緒になることが出来ない切なさも存分に演技で表現してくれてます。かなり良い。

殺人鬼に憑依されるオ・スヒョク役でヨン・ジョンフンも出演しています。悪役を演じてる時の化粧の濃い彼が好みなので、この役も良かったんですけど、しかしドラッグやアルコールに溺れてる財閥のドラ息子にしてはちょっと歳が上過ぎるんじゃ!?とは思ったよー まあでも殺人鬼を鮮やかに演じててセクシーであります。

このドラマが良かったところは、コミカルな部分とラブラインそして主人公たちの使命感が凄惨な事件を描いている中に非常にうまく配されていたところ。あとは犯人が「霊」という人外な相手の時って途中でご都合主義なストーリー展開になる場合がよくあるんですが、はじめからプロットがしっかりしていてぶれないところ。もうそうするしかないというラストがちゃんと決まっているからかな、とは思うけど。

それにしても登場人物の殆どが殺されたんじゃないかな・・・というような凄惨な内容でもありますので、そこまでしなくてもと思ってしまうくらい徹底的でビックリします。とはいえ、カン・ピルソンがそれくらい追い詰められないと、犯人が望む彼が直接彼女に手を下すという結果は手に入らないので、ストーリーとしては必然とは言えるんだけど。でもそれにしても彼の心情を思うと見ているのが苦しいほど。

そうでなくても、巫女になる彼女との未来がないとい現実だけでも十分に苦しい恋だというのに、結ばれなくても生きていればいいとさえ言えない状況に追いやられる二人。でも人間としての生だけではなく、死んだ後の世界が見える二人だから、ある意味では絶望的な結末とはいえないのかな。もしもラストのエピローグ的な部分が無かったとしても、二人にとっては、体を無くすことが終わりではないから、本当に苦しい別れだったけれど、でもまた会えると信じられたのだろうか。

は~さすがケーブルテレビというような徹底的に追い詰められまくる主人公たちを見ているのは本当に胸が締め付けられる感覚になるんだけど、その引き裂かれる二人の物語にすっかり魅了されてドはまりしたドラマでありました。そして深い余韻が残る。切ないのが好きで、凄惨な事件もドラマの中でなら平気という方にはオススメであります!

 

憑依が見れるのは・・・
⇒Netflix

【新大久保】チェリーボンボン 久々に行ったら新作チョコ&電子マネーが使えるようになってたよ!

新大久保でランチをして、そういえばチェリーボンボンがやってる日なんじゃないかと思いついて行ってみましたら、電気ついてる~!!!やったー!!!という訳でチョコをゲットして来ました!

かなり久々の訪問な気がしたので調べてみたら前回がおととしの5月だから2年弱行ってなかった・・・ なので、商品のラインナップも変わっていたので、ちょうどバレンタイン前に情報がアップデート出来て良かったです。

キャッシュレス5%還元のシールが!どうやらクレジットカードや電子マネーも使えるようになったみたい~

各種クレジットカードと電子マネーはPayPay、楽天ペイ、LINEペイが使えます。便利~!!!ちなみに私は残金が足りなくてもチャージせずにクレカで引き落とししてくれるから楽天ペイが好きなので、それでお支払い~

ショーケースを見てみると商品も少し変化がありますね。シガールは1100円(税抜)になっております。以前までは10本×3段の30本だったそうだけど、今は15本×2段のパッケージになったとのことです。本数は変わらないけど、少し値上がりって感じなのかしら?

生チョコ的なのもあったり、チェリーボンボンのパッケージも変わってますね。シガールの黒×白のボンボンバッグはプレゼントに良さそうねえ。

その他にはシガール0なんていう新商品も!砂糖ゼロ、糖類ゼロなんですって。
ほ~時代の流れに乗っているね~

スポンサーリンク


ま、そんな新製品が出ていてもやっぱり私が購入したのはシガールであります。
やっぱりこれが好き。

この箱の色がちょっとレトロっぽくて可愛くて好きだなあ。
リボンも可愛い。

賞味期限は約3か月というのは以前と変わらず。

ビニールをはがしたところ。

蓋を開けて見たところ。カードも封入されています。

オープン日は月・水・金・土の10時~18時。これは以前と変わらずかな?
そういえば、お店の方が以前いた年配のご婦人じゃなくてもう少しお若い方に変わっていたなあ。

裏面の地図が以前より分かりやすくなってる気がする!

そしてカードの下を開くとシガールチョコにこんにちは。

光ってるのは透明フィルム。

そしてやっとチョコにたどり着いたよー!
写真がちょっとぼけちゃったけど、ぺらっぺらじゃなくて中身もいい感じに詰まってるシガールチョコです。

あれ?今気づいたけど、1段に16本入ってるな。15本って聞いたんだけどな・・・? 下の段はどうなんだろう?手作りの商品だから大きさに少し誤差があるのかもしれないけども・・・

まあそんなこんなは置いといて、もちろん美味しいチョコなので、自分用にもプレゼント用にもオススメであります!

 

 


【赤坂】広東料理 瑞華楼 赤坂に行くとここに点心を食べに行っちゃう~

赤坂にも年に数回は行くんですが、その時はどうしてもこの広東料理 瑞華楼に行ってしまうのですよねえ。落ち着く&美味しいのであります。
そして、外にある看板を見てみたら、日替わりでアルコールドリンクがお安い!私たちが行ったのはなんと土曜日!ビールラバーな我々にピッタリ過ぎて大喜びしちゃいましたよおおおお!

 

スポンサーリンク


 

まずビールをオーダーして待っていたらピーナッツがやってきましたよ~
中華料理屋さんって感じよね。お皿が可愛い。

今回は何にしようかな~なんて点心メニューを見ていたんですが、目が留まったのが右下の鶏足蒸し。

韓国料理屋さんでよく鶏足は食べるけど、中華料理では初めてな気がしたのでオーダーしてみました。

前菜は大好きな干し豆腐。どうやら前回も注文してた。よっぽど好きだなあ!笑

そして肉野菜餃子。看板に薄皮餃子半額ってあったからそれにしようかな~と思ったら売り切れてたので残念。でもここの餃子はどれも美味しいのでいいのだ!

そして鶏足蒸し来たよ~!ぷりぷりで美味しい!コラーゲンたっぷりだねえ。
これを注文したら、お店の方にこの料理を注文する日本人のお客さんはあんまりいないから中国人ですか?って聞かれました。確かに点心と言ったらショーロンポーとかのイメージが強いし、そっちを食べる人の方が多そうですもんね。でも、私日本人なんですけど、好きなんですよー。ほほほー

それにしてもここの料理は味が濃く過ぎなくってそれが良いんですよねえ。ああシミジミと美味しい。ビールにぴったり。

そしてもう少し食べたいねってことで香港風牛肉ビーフン。太麺が牛肉に負けない存在感でとてもバランスが良い。色を見ると味が濃そうなんだけど、そんなことないんですよ。これまたおいしい・・・

この麺には自家製のラー油が合うよってことだったんでつけて食べましたが、味のポイントになってまた違う味わい。はあ、大満足。

最後はプーアール茶でしめ。鯉が泳いでるように見える茶器が素敵。お茶飲むと落ち着くわー

はあ、今回もたいへん満足いたしました。ごちそう様でした~
きっとまた行きます!笑

 

⇒広東料理 瑞華楼

【韓国ドラマ】ロマンスが必要2 の感想 ロマンスというよりははじめから家族のような二人のお話

ロピル第2弾!ロマンスが必要2の視聴を完了しました!主役がチョン・ユミ、脚本がチョン・ヒョンジョンという事もあって同じ組み合わせのドラマ「恋愛の発見」をどうしても思い出してしまいましたねー あのドラマのヒロイン、ヨルムよりはこのドラマのヨルメの方がまだ好きかな・・・という気もするけど、やっぱりちょっと印象がかぶってしまう感じでした。

 

スポンサーリンク


 

ストーリーとしては、面白くないことは無いんですけど「病気による別れ」というのが出てくるところが私は好みじゃないのですよね。愛しているのに別れなければいけない状況を作り出すためにはとても便利な理由ではあるけど、ドラマの常套手段過ぎるので、またか・・・という気持ちになってしまうのは否めないなあ。

チョン・ユミになんとなく苦手意識があるんだけど、彼女自身が苦手なのか、この脚本家が作り出す女性像が苦手なのか自分でもよくわからない。恋愛の発見でもそうだったけど、ズバズバ言うけど可愛いから許されて愛される女性を描きたいのかな・・・という意図は分かる気がするものの、私にはヨルメが素敵な女性には見えないんだなー どちらかというと苦手だと思ってしまうので、もっともっとそういう部分を打ち消してくれるキュートさを感じさせる人に演じて欲しい。お綺麗なんですけどね~ 彼女だとどうも計算っぽく見えてしまうのですね。あ、でもそういえば新感染でのチョン・ユミは別に平気だったので、チョン・ユミ×チョン・ヒョンジョンの組み合わせが苦手なのかも。

ジフン役のキム・ジソクはよかったよね。とても良い人というのをうまく演じてたので、なんでヨルメはあんないい人を捨てられるんだと思わせることに成功していた気がする。ただ、それでもなお、彼を捨ててさえ、どうしても忘れられず手放せない相手がいるという気持ちも理解できるので、この部分は成功。

そうそう、ロピル1の二人もちょっとだけ出てきましたよ!ジヒの元カレがキム・ドクス、キム・テウの元カノがヒョンジュという設定。キム・テウを演じていたホ・テヒは1でも出てましたね~

2はヒロインのヨルメの比重が高くて、女友達二人のロマンスがあんまり印象に残らなくてその部分は面白く無かったなあ。その点は1は三人三様でキャラが立ってて良かったですね。

そういう部分もあったせいか、ラストの独白みたいなので「ロマンスが必要」というタイトルに繋がるように仕上げてはあったけど、2はあんまりロマンスが必要って感じのストーリー展開じゃなかったかな?そうだなあ、別れても別れても好きな人みたいなイメージ。ソクヒョンとはロマンスだったから別れられないというよりは、それよりも二人はもっと近いソウルメイトのような家族のような雰囲気ですよね。 なのでロマンスって部分が弱いなあ。

それにしてもこの脚本家の方は元カレと寄りを戻すストーリーが好きなのかな。私はあんまり好きじゃないパターンなのでもっと新しい展開のドラマを見たいなあ!ロマンスが必要3はよりを戻すパターンじゃなかったかもか~

 

ロマンスが必要2が見れるのは・・・




【神泉】龍盛菜館 O-EASTやO-WESTでのライブ帰りのご飯にちょうどいい!

またまた神泉の龍盛菜館 渋谷店に行ってきました。この辺りはO-EASTとかO-WESTに近いので、ライブがあった後にごはんを食べに行くのでとても便利なのですよー
席数も多いので、入れないということもないし、遅くまでやっているのでその点でもとても便利。これからもお世話になりそうな予感であります!

 

スポンサーリンク


 

おつまみに中華料理屋さんでは定番のザーサイとピーナッツが出てきた~ もうこれだけでビールが飲めますな~

飲み物ひとつ+料理ふたつの晩酌セット的なものを今回もオーダーしましたよ。
もちろん選ぶ飲み物はビール!このセットと別にもう一人分のビールもオーダーするのが定番であります。

海鮮野菜いためみたいなのと、

ピータン!
なぜかどのメニューにもからしがついてくるのが非常に街の中華屋さん的ですよね~

もうちょっと食べたいと餃子も追加でオーダーであります。
いやーライブの後のビールはとても美味しいですねえ。

・・・という訳でこの日も外観を取り忘れ、メニューはきっと前回撮っただろうからいいや~と思ったら、前も撮ってなかったので次回こそはきっとちゃんと撮ってこようと思います。

おっしゃれ~なお店よりどうしてもこういうお店が落ち着いちゃうなあ~

⇒龍盛菜館 渋谷店