【中国映画】カンフートラベラー 南拳 の感想 荒唐無稽だけど好き!

実は前から気になっていた映画「カンフートラベラー 南拳」をやっと見ましたよ!どこでみたんだっけなあ、あんまり面白くないなんて感想を見た印象があって視聴が後回しになってたところがあるんだけど、やっぱり自分で見ないとダメだなあと改めて思いましたね。そう、私めっちゃ好きだったんですよ。

もちろん、荒唐無稽な設定だし、辻褄があってないとか、そんな訳ないとか思っちゃうとそればっかり気になっちゃいそうな内容ではあるんですけど、私はむしろそういう部分は気にならなくて、ぶっ飛んだ設定をえいやってこうやって作品に仕上げてしまう中国のパワーってのを感じて面白いなあと思うのですよね。この映画もそんなとこある。

ストーリーは、2147年の地球が異星人に侵略されていて、AIロボットに戦かわせてるんだけどもう負けそうってな状態。一応全世界連合軍なんだけど、最後に残った要塞は中国の地。で、もう侵略されてしまうのも時間の問題ってな状態なった時に、異星人に勝つための最後の手段は南拳をロボットにプログラミングすることしかないってなるんですよ・・・ しかし、南拳の奥義みたいなのはこの時代にはすでに失われてるので、ロボットを200年前に送って南拳を7日間のうちに名人に弟子入りさせ、その技をチップに記録させてこの難局を乗り切ろうって作戦に出る訳です。ここで、異星人への最後の手段が南拳ってなんのこっちゃ!?と思っちゃうともうこの映画にはハマれないでしょうが、そこをおもろ~と乗っかれるかどうかがこの映画を楽しめるかの分かれ目になると思います。

私はというと地球滅亡とカンフーを掛け合わせるとこうなるのかともうそこだけでもスゲーなと思ってしまいました。なんというか、センチメンタルでダイナミックな映画だな~なんて思ったねえ。

それにしても、なぜ人はロボットの顔を自分の好きな人の顔にしてしまうのでしょうねえ。それも叶わぬ恋の相手。ロボットじゃないとか君はロボットとかもそんな感じでしたし。人間の想像力も創造力も自分の頭の中にあるものでないと具現化出来ないのかもしれないなあなんて思うのです。

まあそれは置いておいて、二人で南拳を修行する姿が美しかったですな。

そして、タイガー・チェンを私は初めて見たんじゃないだろうか!彼の南拳は大変美しかったです。マトリックスなどでアクション指導をしてる方なんですねえ。存じなかったんですけど、俄然興味が沸いて来たので、他の作品も見てみようっと。

異星人が出てきたり、ロボットが出てくるんだけど、最終的は愛の物語でもあったりしてね。なんだったんだろうという気持ちもありつつ、かなり楽しんで見た感覚もありって感じ。いやもう好きですこういうの。さて、続編もあるみたいなので、多分あっという間に見ると思います。楽しみ~

カンフートラベラー 南拳が見れるのは・・・


【韓国ドラマ】君のせいで何もできない! の感想 友達と恋人の境界線は難しい

「君のせいで何もできない!」の視聴を完了しました!こちらは約10分×10話で終わるミニドラマなので、隙間時間にさっくり見れます。

主役の2人がキム・ソンホとイ・ユヨンなので、これは是非見なくては!と思って見ましたよ。キム・ソンホはあっという間に大人気になったなあというイメージ。私が初めて彼を見たのは最強配達人だったんですけど、主役たちより印象に残ったのを覚えてます。彼の醸し出す柔らかい雰囲気を持つ役者さんが他に思いつかないんだよな~ そういうのを持ってるのって強みですよね。そして、イ・ユヨンは私にとっては映画女優さんのイメージで、アトリエの春,昼下がりの裸婦と背徳の王宮の印象が強いです。とても大好きな女優さんなので、最近はドラマでもちょくちょくお見掛けして嬉しいです。

さて、ストーリーは友達以上恋人未満な二人がどうなるのかって感じ。8年来の友達だったのに、ある日酔っ払って一線を越えてしまう二人。でもそれを無かったことにして今まで通り友達として付き合っていこうとするのだけれど・・・まあそれは難しいよね。

男女間の友情が成り立つのかというと成り立つとも言えるし、成り立たないとも言える気がする。それはそれぞれの関係性に寄るのかなと。一方が完全に友達だと思っていても、もう一方が実は好意を持っていて・・・なんてことは良くある話。その上で、一歩を踏み出さない自制心のある人であれば、そのまま友人関係を続けることが出来るけれど、このドラマみたいに事件が一度起こってしまうと、関係性が変わっていくなんてこともあり得る話だなって。ウンソンが言ってたけど、恋人になってしまうといつか終わりが来てしまうから嫌だ、友達のままでいたい、ずっと一緒にいられるからっていう気持ちはよく分かるな。そういう意味では男女間の友情というのは難しいものではあるよね。しかし、好きだから友達でいたい訳だし、そう考えると友達の「好き」と恋人としての「好き」の明確な線引きって難しいね。性的な魅力を感じるかどうかってところなのかしら?

そうそう、このドラマでもう一つ嬉しかったことは、UNIQのソンジェが出演していたこと!彼のことについて詳しい訳じゃないんですけど、単にめちゃめちゃ顔が好みなんですよ~~ だから、たまたま出てて嬉しかったなって。それだけ~

短いドラマなんですが、メインの二人の演技が上手なこともあって、二人がどうなるのか割とドキドキしながら見ちゃいましたね。キム・ソンホが画家役っていうのもイメージに合ってて良かったです。

 

君のせいで何もできない!が見れるのは・・・




【台湾映画】1秒先の彼女 の感想 キュートな映画ではあるのだけれど・・・

台湾映画の「1秒先の彼女」を見ましたよ!とってもキュートで可愛いんですけどね。だけど、なんというか、あくまでもファンタジーとして子どものように純粋な心で見られたらそう思えるんだけど、そうじゃない場合は居心地の悪さを感じてしまう部分があるのも事実かなあ・・・

ストーリーはこんな感じ。

郵便局で働くシャオチーは、仕事も恋も冴えない日々を送っていた。そんなある日、彼女は街で出会ったハンサムなダンス講師ウェンソンと、“七夕バレンタイン”にデートの約束をする。しかし彼女がふと目を覚ますと、既にバレンタインの翌日になっていた。シャオチーは失くした大切な1日の記憶を取り戻すべく奔走するが……。

とにかくシャオチーがキュートなんですよね。色鮮やかなでカラフルな感じが台湾の空気を孕んだ映像でとても良かったんです。ポップなノリのファンタジーなので、そこは存分に楽しめた感じ。

あとは台湾ドラマを見たことある人だったらお馴染みのリン・メイシュウやら、クー・パオミン(それも謎のヤモリ?)で出演しているので、なるほどこういうノリの映画なんだなとそこで雰囲気を察する感覚がある!私はそうだったかも。

台湾でもバレンタインデーは割と大きなイベントなのかな?といってもここで取り上げられるのは七夕情人節というものらしい。2月14日もあるみたいだけど、こっちの旧暦の7月7日の方が大きなイベントなんだって。その1日を無くしたことで、それを探し出そうとヒロインは奔走する訳なんだけど、もっと大切なものを見つけることになるんですね。

彼女はいつも1テンポ早くて、グアタイは1テンポ遅くて。そんな二人の時差が生み出したおまけの1日が生み出す奇跡。それはなんだか人生って悪くないかもって思わせてくれるようなそんなエピソードでもある。

そうなんだけれど、グアタイにだけ与えられた余剰の1日では、他の人々は固まって動けず、彼だけが動ける状態。身動きが出来ないシャオチーを運んで一緒に写真を撮ったり、普段出来ないことを叶えるグアタイは子どもがそのまま大人になったような人なので、(純粋な心で見れれば)微笑ましい。行き過ぎたことをするような人でもないしね。それが出来るなら、すでに彼女に声をかけられてるはず。ファンタジーだと分かっているし、そう思って見ているんだけど、「動けない状態の人間を自分の好きにする」という状況は見ていて少し危うさを感じてしまうかもしれない。

でもむしろそういう気持ちを抱いてしまう自分の方が汚れちまってるんだろうか?と思う気持ちが無いこともないのでちょっと複雑ね。自分の心を試されてる気分になる。

とはいえ、その点を除けば、うまい設定になるほどな~なんて思いながら楽しく見れるし、なかなかよくできた映画で面白かったなあと思うのでした!

 


⇒Netflix







【韓国映画】オオカミの誘惑 の感想 若いカン・ドンウォンも美しい~

オオカミの誘惑を見たよ~ 甘辛オフィスを見た時に、イ・チョンアが大人っぽくなったなあって思いまして、そういえばカン・ドンウォンと彼女が出てたこの映画をまだ見てなかったなあと思い出して、いそいそと視聴をしたのであります。

こちらは2004年の映画ですので、イ・チョンアがめちゃめちゃ若い!とても可愛い!だがしかし、私がもっと驚いたことは、カン・ドンウォンのビジュアルが今とあんまり変わらないことですよ!!!確かにこの時は若いんだけど、でもビックリするくらい現在もそのままな気がしちゃう。今も制服着ても大丈夫なんじゃないの~~~ この時からすっかり完成してる美貌。うん、彼はなんかこうイケメンというより美形と言いたくなるんだな。

他にもイ・チョヒなんかも出てて、非常に若い!そうだよね。15年とか経ったら普通は彼らのようにかなり容貌が変わりますよね。うむ。カン・ドンウォン恐るべし。

さて、ストーリーは、まんま少女漫画って感じ。田舎から出て来た少女に恋するちょっと悪い男の子二人。だけど、実はその中の一人は異母兄弟で、姉と分かっていながらも好きになっちゃうのね。そして、病気ネタもありでてんこ盛りですね。でもそういうストーリーに対してのキャスティングは完璧です。不幸を背負っちゃうカン・ドンウォン最高。美人薄命。

ちょっと悪い高校生だからバイクなんて乗りこなしちゃう訳なんですが、乗ってるのがDUCATIとか!!凄いな。おばあちゃんが亡くなって一人で生きてる設定なのに、そんなバイクを買うお金があるなんてお金持ち~なんてことを思ったのであった。それにしてもこの頃はバイクに乗る時に、ヘルメットをかぶらなくても大丈夫だったんですねえ!それが普通だったんだろうけど、今見ると危ないって思っちゃう。

喧嘩のシーンも壁を蹴って回転飛び蹴りみたいなの?がテコンドーっぽいというか韓国っぽくて結構好きだったな。そして走りまくるのが若さの象徴って感じでいい。

少女漫画をそのまんま実写化したみたいな映画なんですけど、二人に言い寄られるハンギョンもいい具合に田舎っぽい普通の女の子なもんで、あんなイケメン二人に守られて羨ましい!と素直に思える感じ。ヒロインが好みじゃないと面白く思えないけど、素朴で純粋なハンギョンは結構好きだったので、楽しめました。まあ何よりも、ヌナーって彼女にまとわりつくテソンが可愛すぎたので、そんなカン・ドンウォンを見るだけでも価値がありましたな!!!

 

オオカミの誘惑が見れるのは・・・



【韓国ドラマ】キル・イット 〜巡り会うふたり〜 の感想 う~ん、切ない!

キル・イットの視聴を完了いたしましたよ!ううう、げぼぼってなるラストはもう最初の設定からこうなるしかないと分かってしまうストーリーだから仕方ないけれど、でも悲しい。やるせない。もうナナ氏の嗚咽がリアルで私の胸も痛かったですよ・・・ ぬぬぬ。

それにしてもチャン・ギヨンはどうしようもなく不幸な境遇という役柄が最近多いな~~~ ここに来て抱きしめて(これも感想まだ書いてない~~自分早く~~)もギャフンってなったし、今回も更にギャフンってなったから、次はビックリするくらい幸せな役をやって欲しい~~!とはいえ、こういう不幸を背負っているみたいな役を視聴者を共感させつつ演じられる人って限られてる気もするので、この路線で突っ走ってもらうのもいいんですけど・・・う~ん。などと思いつつ、一番最近の彼の出演作らしいボーン・アゲインのあらすじを見たら、またまた複雑な背景を持つ役っぽいな。大丈夫愛だとか最高の結婚辺りの軽い若者っぽい役も良かったんで、またそういうのも見たいけどな~ なんだかんだ彼は結構好きなので、活躍してくれたらどんな役でもいいよ・・・とも思うけど。どっちやねん!

殺し屋と刑事の二人。実は幼少の頃、同じ孤児院で育ったことがあると判明するんだけど、その孤児院はいわくつきの場所。有力者たちが自分の病気の治療のために血のつながった子ども作り出し、秘密裡に養育する施設だった・・・という。最近はクローンをテーマに扱った作品も多いので、今回はクローンではなくて代理母を使っての出産という形だけど、こういう設定はたまに見るかな。そして、いわゆる不老不死を願う有力者たちの姿っていうのは昔から今も続いているんだなあなんて思う。昔は臓器移植なんて方法はないから、もっと荒唐無稽で不老不死の薬を作ろうとしてたなんてストーリー多いもんね。長い人生が幸せなのかどうかなんて私にはよく分からないけれど、権力を手に入れるとその権力を出来るだけ長く行使したいと願ってしまうのかもしれないですね。

今回すごくよかったのは主役二人のキャスティング。チャン・ギヨンのキム・スヒョンは良かったよね。無口で凄腕の殺し屋だけど、表の顔は獣医さんっていう設定は秀逸。なんせ殺伐とした内容だから、可愛い犬さんが出てくるのが癒される。そしてイケメンと動物は絵になるもんな。まあ彼はイケメンというかやや個性的な顔の気もするけど、姿勢の良さとか、動きの美しさがイケメン度をアップさせるというかそういう感じ。そうそう、アクションのシーンで動きも美しくてとても好みだったな。あとはヒロインのナナさんもマジで美しかった。彼女の甘さのないキリっとした美貌があってこそ、ラストへの説得力が出る気がしたな。でもそんなに悲しむならなんとか他の方法は無かったのかと今も思ってしまうけど~~泣

それでもエピローグ的な、出来ればそうでなりたかった二人みたいな夢みたいな姿があって、少し救われた気分になったかな。手を繋ぐのをこんなに切ない気持ちで見たことある!?って気持ちになりました。わーん。

そうそう、冒頭のスヒョンとその養父のパーベルの「もしも殺し屋がボケたら」みたいなシーン、恐ろしかったね。そうだよね。どんな職業の人も歳をとる訳で・・・なんてことを思いつつ、あそこから始まって一体どうストーリーを進めていくのか全く想像がつかなかったな~

ともかく、切ないお話が好きな方にはおススメのドラマですね。やや定番っぽいテーマではあるけど、私は嫌いじゃないよ~ 好きと言い切れないのは悲しくて切な過ぎるからですよね・・・

 

キル・イット 〜巡り会うふたり〜が見れるのは・・・