【新大久保】豆もやしクッパ専門店 ともこ 豚足とサムギョプサルでちょっと一杯! 

職安道路より新宿寄りの場所にあるので、さくっと食べて帰りたい時に便利な豆もやしクッパ専門店「ともこ」に二度目ましての訪問です。カウンターと二人用のテーブルが2個くらいというコンパクトな間取り。なので一人でも使いやすいです。ただ、カウンターは常連さんがお店の方とおしゃべりしてるって感じかな。

 

スポンサーリンク


 

この日はアイスドラフトビールがセールで1杯100円だったので飲んでみた。前に肉&麺で見かけてちょっと気になってたのですよ。

初めから少し普通のビールよりアルコール度数が高くて氷を入れて溶かしながら飲むビールらしい。しかし、訪問した日はこれを飲んだら寒かったわ・・・ 夏にはいいかもね!

さて、パンチャンは4種類。家庭の味って感じでここの割と好きです。

そしてこちらは豚足のタレ。へーこういうのつけて食べるの初めてかも。

ビールで体が冷えた頃にホカホカの豚骨がやってきたよー

タレをつけなくても美味しいし、タレをつけても美味しい。

そして以前も注文したサムギョプサル定食を今回もオーダー。サムギョプサルって2人前からしか注文出来ないお店が多いけど、こういう風に1人前を焼いてから持ってきてくれる嬉しい。匂いもつかないし、少しだけお肉を食べたいって気持ちを満たしてくれるのいいよね。

もやしクッパも食べたかったけど、アイスビールを2杯飲んだらすっかり体が冷え切ったので早めの退散と相成りました。空気がこもっちゃうからなのかドアを少し開けてるお店なので風が寒いんですよねえ。なのでまたあったかくなったら行こうかな!

 

⇒豆もやしクッパ専門店「ともこ」

【中国ドラマ】寵妃の秘密 〜私の中の二人の妃〜 の感想 タイムスリップに二重人格を絡めたファンタジー

「寵妃の秘密 〜私の中の二人の妃〜」の視聴を終了しました。タイムスリップものってすでに色んな設定が使い尽くされた感があるけど、このドラマでは更にひねりが入ってる斬新さがありましたねえ。

現在から過去にタイムスリップするんですが、乗り移った先の女性の意識もそのまま残り、そこに現在からの人格が入り込むというなかなか入り組んだ設定です。だから二重人格みたいになっちゃうっていう。その後の顛末もちょっとトリッキーな感じ。

 

スポンサーリンク


 

キャスティングやお衣装やセットの雰囲気を見ているとやや低予算ドラマなのかなという感じはするけど、それ特有のパワーのある仕上がりになってますね。なんでもあり感があるというか。そういうの嫌いじゃないわー 太子妃ラプソディとかもめっちゃ面白かったですもんね。

そして、見始めた時に、全18話なんて中国ドラマでは短めだと思ったらどうやらすでに2も放送済みたい。好評だったのかな?もしかして舞台を現在に移しての続編なんでしょうか?と思ったらそうではない見たいだけど、まあ元から宮廷女官若曦のような厳粛さはないドラマだから、そのノリでいい感じの続編だったらいいんだけどなあ・・・

ストーリーとしては、スピーディーなストーリー展開で飽きないし、連城もなかなか素敵。主役が現在的な女性の設定で妙に荒々しい性格設定の女子なのはまあご愛嬌かなとは思うけど、しかし不動産屋だったという設定を前面に押し出してたのは関連性があんまり分からなかったんだけども。

墨連城役のシン・ジャオリン (邢昭林)はすっきりした目元が素敵で皇子役にピッタリですね。冷たい感じだったのにだんだん小檀に一途になって行くのが印象的。悲しそだったり切なそうだった利する表情が非常に似合っちゃうタイプの顔だなあ。

一番お金がかかってなさそうだったのが、靖軒の衣装・・・ 色合いやら変な毛皮やら非常に安っぽい・・・ 演じてた王浩歌はお芝居が初めてなんじゃないかなと思われるような初々しさが可愛らしい感じでしたね。
そういえば考えてみたら東岳国って皇子が靖軒しか残っていないんじゃないの?彼が皇帝になるってことかな。

墨奕懐役のワン・ルイチャン (王瑞昌)は最初の方は演技がイマイチ・・・って感覚を覚えたんですが、中盤くらいからグンと良くなったイメージ。堂々として風格が出てきたよね。特に濃いメイクの悪奕懐がとても良かったな。

魔王みたいな人はイマイチ印象に残らない結局のところへなちょこキャラだったんでは?って感じだったんですけど、部下の二人はわりとカッコ良かったな。靖軒の衣装より手間暇がかかっている衣装に見える・・・

流千水は移動スピードが早くて突然現れたりするのが面白くて、出てきたら「来た来たー」って思ってました。この爺さんも飄々としてて好きな面白キャラだったなー。

みんな初めて見る役者さんばっかりだと思ったんだけど、鏡心役の孫芸寧は蘭陵王に出ていたらしい。全然記憶にございませんなー。

 

しかし、実はラストに近づいて判明する事実を知って行くと、人々の運命を勝手に変えるようなことを軽々しくやっててすごいなあという気分になってしまったかも。架空の国とか場所のお話のファンタジーな内容なんだろうけど、よく考えたら・・・って思っちゃったりして。ま、全然そんなことを考えずに楽しめばいいドラマだとは思いますけどね!なんだかんだ言って続編をすごく楽しみにしています!笑

 

寵妃の秘密 〜私の中の二人の妃〜が見れるのは・・・



【横浜中華街】東光飯店 本館 お店の激押し東光炒飯も他のメニューも美味しかった!

じゃじゃん!実は二日連続で横浜中華街に行って来たんですねー。前日は、心龍に行ったんですが、次の日は新規開拓で初めてのお店に行ってきましたよ!

色々調べてみて、われわれのアンテナにビビっと来たのは東光飯店 本館であります。別館もあるのかなー?

 

スポンサーリンク


 

さて、どれが食べてみたくなったかというと、お店でも激押しされていた東光炒飯であります!

ほら、メニューでもこの通り!(アワビも美味しそうですねえ・・・)

他にもオススメに東光やきそばっていうのもあって、これもちょっと気になるなあ。これはまた次回かなあ。

あとは写真がドーンとでっかくて気になった油淋鶏を注文。このお店はハーフサイズのメニューも沢山あるので少人数でも色々食べられるのが良いですねえ!

ビールは横浜中華街ラベルのサッポロ黒ラベルなんてのがあったよ!
雰囲気が出ていいねえ!

ビールを飲んでお話してたら、東光炒飯がやってきたよー!
賽の目に切りそろえられた具材がたっぷり使われた餡がチャーハンにたっぷりかかっています。ひえー美しい~

シイタケやニンジンなどのベーシックなものから魚介類、そしてニンニクの芽やセロリの歯ごたえがシャキシャキとした歯ごたえがあって非常に美味しいです。色味は割と濃いめなんだけど、味はあんまり濃くない。旨味がじんわりと口の中で広がってとても幸せな気分になれる食べ物でありましたよーーーーー

そして油淋鶏はハーフサイズ。これも味があんまり濃すぎなくて鶏肉の味がちゃんとする!

もう少し何か食べたいねってことで豚肉とザーサイの焼きそば。あんかけ風の方焼きそばって感じかな?でも麺がカリカリって程ではなくてもう少し柔らかい感じ。
ザーサイの塩気がいい感じに豚肉に絡んでこれもとても美味しい・・・ これも青菜の歯ごたえがシャキっとしてて良いポイントでしたねえ。

全部とても美味しかったので、他のメニューも食べてみたかったです。優し目の味付けの中華なので飽きの来ない感じ。そうだなあ、例えればもし私がこの近くで仕事をしていたらおそらくランチによく訪れたであろうというようなそんな素敵なお店でありました!

横浜中華街は美味しいお店があり過ぎて嬉しい悲鳴が出ちゃう感じ。また行きたい。

 

⇒東光飯店 本館

【中国映画】ブラインド・マッサージ の感想 そこにあるのは鮮烈な生の匂い

「ブラインド・マッサージ」を見ました。ホアン・シュエンが出演ということで見たいなあと思っていたら、NETFLIXで配信されていたので見ました。ロウ・イエ監督の作品は他にふたりの人魚を見たことがあります。独特の情感とどこか流れるような映像が少し見覚えがある感覚だったかも。近づいたと思ったら離れていって届かないような。どこか鮮烈な印象を残す映画でありました。

 

スポンサーリンク


 

新しい発見でもあり、当たり前のことを改めて理解できたような気分がしたのでした。視覚障がい者が主人公の映画で、視聴者にもそういう方たちが見ることを想定してあって、キャスト紹介がスクリーンで字幕で出るだけではなく、名前が読み上げられる。そんなこともとても新鮮な感覚。

これはそうだなあ、アメリカで暮らしていた時に「ああアメリカの人たちも生きていくために働いてそしてご飯を食べて生きていっているんだなあ。私と同じなんだなあ。」と強烈に肌で感じて理解した感覚と似ているような感じ。人間が生活をするということは、どこの国であろううと、人種が違おうと、少しやり方が違おうとやっぱり根本的には同じなのだった。そういうことはすでに頭では知っていたつもりだったんだけど、やはりどこかで自分の方の先入観があって、本当には理解が出来ていなかったのだ分かったのでした。

この映画を見た時の感覚はその時に感じた気持ちととても似ていたような気がする。盲人の方の住んでいる世界も私と変わらないんだなって。仕事をして、恋愛をして悩んで。赤裸々に描かれるのは仕事や恋や性生活のこと。描かれるそれはひたすら私たちとは少し違うやり方だとしても同じ生活。そんな映画の中からは匂い立つような生の香りがするのだった。

シャオマーがコンの色香に惑わされる、あのシーン、私まで嗅覚が鋭くなったような気したのだった。私は確かに目で見ているはずのにね。この映画を見ている最中はずっとそういう感覚がありました。

視覚というのはとても大きな情報源ではあるけれど、私たちは目にうつるものを全て見ているわけではなくて、自分が認識できるものしか実際は見ていない。だから全て自分に都合の良いように見てしまうのだ。そんなことを考えると本当に私はちゃんと「見る」ということをしているだろうかと思ったりもする。

この間、プラネタリウムにいった時に、ブラックマターという確かにそこにあるけれど見ることのできない物質のことを言っていました。宇宙空間で惑星を支えるためにそこに確かにあるのだけど、人間は認識できないらしい。じゃあ一体「見える」の定義ってなんなんだろうと考えてよく分からなくなって、そしてこの映画のこと思い出したのだった。盲人の方にとっては、周りのものすべてが確かにそこにあるけれど見えないものなんだろうかと、そんなことを考えたり。

 

絶望、希望、それでも生きていくこと。色んな人がいて、みんなそれぞれのやり方で生きているということ。みんな同じだということ。映像のせいなのか、ストーリーのせいなのか、少しクラクラして、そして心に残る映画でした。

 

 

ブラインド・マッサージが見れるのは・・・
⇒Netflix




【横浜中華街】心龍(しんろん)元祖白麻婆豆腐が食べられるお店!

横浜中華街で中華を食べて来たよー!!!! お目当ては心龍の白麻婆豆腐であります!!!!

以前、一回食べたことがあるんですが、その日以来、ふと「ああ白麻婆豆腐が食べたい・・・」と思い続けて居たのでやっと訪問出来てとても嬉しかったです。なんだか記憶に残る味なんであります。

 

スポンサーリンク


 

という訳で、白麻婆豆腐をさっそく注文。もちろんビールも飲んでますよ。 ほほほ。

普通の麻婆豆腐は実はそこまで好きという訳ではないんですよね。たまに食べたら美味しいなあと思うけど、わざわざ好んで注文する感じでもないかな。

でも、ここの白麻婆豆腐のさわやかな辛さっていうのは後を引くというか、また食べたい・・・と思わされるんですよねえ!

こんな風に白いですが、辛くない訳ではありません。今回食べた時も「あれ?こんなに辛かったっけ!?」となるくらい刺激的でした。

麻辣の辛さではないのだけど、青唐辛子系のすっきりした辛さなんです。つるんとした豆腐の喉越しと相まって非常に美味しい。そして、今また思い出して食べたくなっております・・・

そしてもう一つ注文したのは焼きビーフンです。白麻婆豆腐の辛さを癒すためにはチャーハンとかビーフンとか焼きそば等も一緒にオーダーしないとね!

前回はチャーハンをオーダーした気がするので、今回はビーフンにしてみましたよー

ビーフン大好きで自分で作ったりもするんですけど、これってやっぱり中華料理屋さんで食べる方が美味しい食べ物ですよね。自分で作ったらあんまり美味しく出来ない気がする。油の量とか、火力とかビーフンの戻す時間とかそういうのが違うのかなあ。

はあとっても美味しかったなあ・・・ ごちそう様でしたーーーーー!

 

⇒心龍