【中国ドラマ】皇后的男人〜紀元を越えた恋 の感想 イニョン王妃の男のリメイク版!これも結構楽しめました!

私の結構お気に入りの韓国ドラマのひとつ、イニョン王妃の男が中国でリメイクされた作品があると聞いてみて見たかったんですよね!主役の男性キャストの方は初見だったけど、ときめき旋風ガールで好きになったチェン・シャンも出ているし期待して見始めましたよ~

 

スポンサーリンク


 

ちなみにタイトルが中国っぽい雰囲気が出てていいな~と思ったんですが、原題は「相愛穿梭千年」。どうやらイニョン王妃の中国語のタイトルが「仁顯皇后的男人」のようなので、そこから持ってきたのかな~と思われます。

大まかな違いは、まずイニョン王妃は1700年頃と現在のお話なので、約300年の間をタイムスリップ。それに対し皇后的男人は紀元前16年と現在のお話となるので、スケールも大きくその間が2千年ですよ。さすが中国3千年の歴史だな、なんてことを思うのでありました!

そして韓国版はタイムスリップする道具がお札、中国版は玉佩。あと韓国版はあまり邪魔者はいなくて主役の愛し合う二人を引き裂く障害は時間だけという印象だったけれど、中国版は過去も現在も登場人物が増えていてしがらみも多くなっています。韓国版の方はとにかく二人がラブラブなのに離れ離れになって悲しい~と感情移入させるストーリーだったけど、中国版はストーリーに広がりがあるので、二人はそこまでベタベタはしてないかな。人によって好みはあるかと思うんですが、違う作品として私はどちらも楽しめたなと思います。

主役の公明を演じているのはジン・ボーラン。昔の人の品の良さみたいなのが凄く出ててなかなかはまり役!最初はちょっと顔が長くてあんまり・・・とか思ってたんですが、だんだん素敵に見えて来ちゃう。ちょっとパク・ヘジンと顔の形とか鼻筋の通り具合が似てるなあと思って、彼も中国で人気があるみたいだし、こういうタイプの顔が中国で人気があるのかも~?わかんないけど。

ヒロインのジェン・シュアンはシンデレラはオンライン中古剣奇譚~久遠の愛でも見たことがあるんですが、なんだか今回は現代っ子なちょっとギャルっぽさを感じて、まあそれが役にあっているんだけど、なぜこんなに印象が違うのかなと思ったら声が違ったんですね。今まで見たドラマはどれも声優さんの吹替えで、このドラマは本当の彼女の声だったみたい!声というかしゃべり方というものもかなり演技に影響するものなんだなあと思ったのでした。

チェン・シャンは古装も似合ってましたね!目元キリっとしてるしね。
前漢と後漢の間の15年だけ中国を支配したのが「新」で初めて帝位簒奪をったのが彼が演じた王莽(おうもう)らしい。なるほど、だから簒奪の話が出てきてたんですね。私は中国史に明るくないので全然ピンと来なかったけど、詳しい方ならこの王莽という役名を聞いたら視聴する前からピンと来るんだろうなあ~。

王莽と公明の友情と愛憎が見どころのひとつ。惹かれあい反発しあう。

公明に玉佩を渡すのが影月。そう彼女は公明を愛しているのです。韓国版のユンウォルに相当する役だけど、彼女は護衛武士。公明と王莽と影月の三角関係に割と時間を割かれていて、その部分が丁寧に描かれています。韓国版でお札をくれたユンウォルが死んだからタイムスリップできなくなったんだった・・・と影月のそういう場面になったらそうだった~と思い出してめっちゃ悲しくなってしまった。影月役は周雨彤という女優さんみたいだけど、彼女もすごい美人!お綺麗でした。

あとちょっと気になったのは王莽の部下の子修を演じていた彭凌。
眉間の皺が素敵だなーなんて思っていました。

韓国からAFTER SCHOOLのナナがライバル女優役で出てた。初めてじっくり顔を見たけど、すごい整っててお美しい!このドラマもなかなか美人がいっぱい出ている~

そしてシャンシャンの元カレ役がデニー・ホァン。他の人が好きって言っているヒロインにかなりしつこく迫るんですけど、それがじっとりしていて怖い。星に誓う恋もそんな感じで苦手だったんですよね。二番手役を演じることが多い役者さんなので、そういう役が多くなるんだろうけど、他の人が同じような役を演じるよりも必要以上にねっとりしてしまう気がする。うむ。

韓国版は元カレがもっと軽いノリだったので見やすかったんで好きだったな~

あと元カレのマネージャー役の謝彬彬も可愛かった。韓国のJYPのオーディションに受かったぽいけど、外国に行くのは家族が反対したから行かずに中国で活動するようになったとかみたい。確かにアイドル顔ですね。

シャンシャンのマネージャーは面白キャスティングにしたんだろうなって思うけど、そこはあんまりかな。韓国版のカ・ドゥッキがすごく面白かったから比べてしまったのかもしれない。

それにしても二千年も前からあれだけの文化があったのはやっぱりすごい事ですね。リメイク版はあんまり面白くないって思い込みがちょっとあったんだけど、骨組みを生かして別の肉付けをうまくやればなかなか面白い作品も出来るもんなんだなと思いました!結構好きでしたよ~

 

皇后的男人〜紀元を越えた恋が見れるのは・・・



 

【新大久保】肉&麺 更にメニューがリニューアルされてたよー!お肉メニューが増えてた!

チャンポン麺が食べたい熱が上がりまして、行ってきました肉&麺!数えてみたらもう8回目でしたよ~ なんだかお店の前にあるメニュー電光板も肉&横にある縦書きの看板も新しくなっているような気がする!

スポンサーリンク


そして前回も食事メニューが新しくなったな~と思ってたんだけど、今回見たら更にリニューアルされていてビックリ!色々試行錯誤中なのかな~?

まず飲み物メニュー。これは以前と同じ感じかな。

もちろんまずはビールでございます。ビールの注ぎっぷりはやや雑かな!笑

メニューはちゃんと冊子になっていて見やすくなっていますね~!

生レバーなんかもある!

ジュムロックっていうのは新しいメニューなんじゃないかな??見たことない気がする。あらかじめ味をつけたお肉を野菜と一緒に焼く感じ?

お肉の種類も豊富でいろいろあるので、好みのものを食べられるのはいいですね!
1種類ずつお肉をオーダーできるのは嬉しいかも。

この辺りは前回と同じかな。
今回はチキン+酢豚のSサイズをオーダーしましたよ~

うどんも気になるけど、ジャージャー麺とチャンポンがある限りそこにたどりつかなそう・・・ セットの表記もめっちゃ分かりやすく改善されてて良かったです!

 

さて、チキン&酢豚がやってきましたよ~!チキンはバーベキューソースみたいな味。ちょっと燻製っぽい風味で美味しかった!酢豚ももちろんいつも通り美味しかった!

チャンポンはいつもよりちょっと辛く感じたけど、暑いから辛いの美味しい!

本当はジャージャー麺も食べたかったんだけどな・・・
ビールをたくさん飲んだのでお腹に入りませんでしたー。

次回はジャージャー麺を食べよう。そうしよう!

 

 

 


【台湾ドラマ】東京ジュリエット ~東方茱麗葉~ の感想 日本の少女漫画が原作のドラマ


10年くらい前の台湾ドラマって日本の漫画が原作の作品が多いですよねえ。このドラマもその中のひとつ。かなりの流し見をしてしまいましたが、最後まで見終えることが出来て良かったです。しかし、タイトルは東京ジュリエットから台北ジュリエットに変えればよかったんじゃないの~とか思っちゃった。台湾が舞台だし、特に東京は関係なかったしな~なんて。ジュリエットはみのりと亮が敵同士ってところから来てると分かるんだけども。

 

スポンサーリンク


 

このドラマを見続けることが出来たのはサイモン・ヤムがあんまり似合うと思えない(失礼!)人気デザイナー役を演じていることに興味を覚えたというのがひとつの理由にあげられます。人気デザイナーの癖に子ども相手にデザインを盗んだりひどい人の役なんですけど、見るからに悪そう風の人が演じちゃうとつまらないよなあ、なんて。表面上はめっちゃ素敵ないい人に見えるような人がみのりに対してだけ影で悪いことをしているように見えた方が効果的な気もしつつ。もしかしたら原作の雛形英二がいかにも悪そうなビジュアルなんだろうか・・・ ちょっと比べてみたい気がしてしまう。

とりあえずサイモン・ヤムもいろいろな役を演じてるんだな、と分かったので良かったですかね。

あと、気になったのは亮の友達の一人、司役を演じていた張睿家(レイ・チャンなの?ブライアン・チャンなの?どっち!?)。出てきた男性陣の中で彼が一番好みだな~と思って見てたんですよね。で、調べてたら元カレはユーレイ様に出てるじゃないですか!あのオタクなシューハイ役を演じてた人だった。え~あのオタクっぽさがリアル過ぎて同じ人って全く分からなかった。動きから全然違ったので彼の演技はすごいな・・・ 映画などにも出てるみたいなので見てみたくなった!

ウーズンはドラマで初めて見たけど、まあイケメンですよね。女性のみ入場可能のプールサイドパーティーみたいなのに女装して乗り込んでいったのが笑えた。長髪は似合っててキレイだけど、腕がムッキムキでバレバレだから!こういうのは漫画だとどうとでも描けるけど、実写にするとイマイチなエピソードになっちゃうなあ。

それよりも彼がブルネイ育ちということで俄然興味が!首都のバンダルスリブガワンに行ったことあるんでなんとなく親近感。そうかブルネイの人口の15%は華僑なんだね~。ほ~

鷺沢一弥を演じてた黃鴻升(エイリアン・ホァン)がやたら変顔をしてて気になった。バラエティーなんかによく出てる人みたいなので、そのキャラのまま演じてるって感じなのでしょうか・・・ なんだか浮いてる気がしたなあ。

それにしてもみのりも亮もモテモテでこの感じがすごく少女漫画的だな~と思って見てました。しかし、みのりのことを好きな男たちがすぐに彼女を押し倒そうとする描写が気になりました。確かエリオも鷺沢一弥もそんな感じ。それなのにその後普通に友達になれるものなんだろうか?あれって未遂だとはいえ、警察沙汰なのではないかと思っちゃう。原作がどうなってるのか分からないけど、漫画の中であんなセクハラがただモテてるという意味で大したことないという描き方をされているのだとしたら、そういうのは女の子は我慢するのが当たり前みたいな無意識の刷り込みになってそう。怖いな。

 

いつものごとくドラマと関係のないことばっかり気になっておりますね・・・ 数学などの勉強の天才は役者さんの演技によるところが大きいけど、こういう服飾などの芸術系の天才を映像化するのは難しいですね。役者さんの演技だけではダメで小道具さんが本当に素晴らしいものを作品を制作して画面で見せないと才能があるって感じに見えないので非常にハードルが高いなあと思ったのでした。その作品にパワーを感じられないとふ~ん天才なんだ・・・みたいな微妙な気持ちになってしまいますもんね。まあ服飾に関しては流行もあるので時間がたってしまうと仕方ないですけど!

 

 

東京ジュリエット ~東方茱麗葉~が見れるのは・・・




【新大久保】肉のハナマサが塩田屋に変わっていたよ!

先日、職安通りを歩いていたら、肉のハナマサがなくなっていて塩田屋というスーパーに変わっていることに気づきました!調べてみたら、ハナマサとのフランチャイズ契約が5月末に終わって6月から業務スーパー塩田屋に戻ったということみたい。

 

スポンサーリンク


 

どう変わったかチェックしなければ!と入ってみたんですが、品揃えに違いはあっても使い勝手はあまり変わらないかな?ハナマサの商品の取り扱いがなくっただけっていう感じみたい。

キムチ売り場もチェックしてみたんですが、夜遅めだったので在庫が少なくて全体像は分からないものの百珍キムチがあるのは確認できました。普通の白菜キムチ見かけなかったんだけど、また機会があったら他の種類もあるかチェックしなきゃ。

それにしても新大久保は結構お店の入れ替わりが早い!はっと気づいたら色々変わっていてビックリしますな~

 


【韓国ドラマ】オー・マイ・クムビ の感想 クムビ役のホ・ジョンウンちゃんの演技が素晴らしい!

オー・マイ・クムビの視聴を終了いたしました。子どもちゃんが主役のってドラマって変にお涙頂戴の場合が多いのでやや避け気味のジャンルではあるのですが、これは良かった!といってもクムビは重い病気だし悲しい場面もあるんだけれどそれ一辺倒じゃなくて前向きな力をくれる。そして何よりもクムビ役のホ・ジョンウンちゃんの演技がうまい・・・!このドラマはもう彼女の演技力ありきといえるでしょう!いろんなドラマで子役で出ているのを見たことがあるから、まだ若いけどかなり演技経験を積んでるんだろうな。

 

スポンサーリンク


 

クムビが現れたことで変わっていく不良大人たち、傷を抱えた人たち。クムビはもちろん年相応の子どもの可愛さもあるけれど、思考は大人よりもずっと大人っぽい。厳しい環境で育ったことがむしろ彼女をそうさせたのかもしれないんだけど、ちゃんと自分で判断して生きてきてだからまっすぐに育っているんだよね。

人ときちんと関わることを避けてきた大人たちに臆することなく向かっていくクムビ。そして必然的に自分とも向き合うことになって周りが成長していく姿はなんだかおとぎ話みたいでもあるけれど、人を癒すのは人との関わりなんだなあと思わせてくれるのです。可愛いだけの女の子ではないし口も悪いのだけど、なんだか天使のように見えるのだよなあ。

子役ちゃんたちはみんな素敵で、クムビの淡い恋のお相手のジェハ役のパク・ミンスくんも可愛い。クムビに聴かせたいからって公園でバイオリンを弾きだすジェハにノックアウト!笑 末恐ろしい男の子である・・・

愛するウンドンのライル役とか、ごはん行こうよ2のデヨンの子ども時代とかちらほらドラマでも見かける気がする。子役ちゃんたちはあっという間に成長するので、その過程を見守るのも楽しい。このままいけばいい感じにイケメンになるのでは!?

そしてフィチョルの高校時代を演じてたのが、キム・ミンギュ。警察官のパパ役はアン・ネサン。回想シーンにしか出てこなかったけどね~

キム・ミンギュはこの人生は初めてなのででカフェのバイト役の演技で結構印象に残ったんですよね。

ちょっと顎が気になるけど、癖のあるタイプの役柄を演じられそうでちょっと気になる俳優さんなのでした。

ラストに安易に死を描く形で終わらないのがなんだか良かったんです、このドラマ。ニーマン・ピック病だけでなく、本当にいろいろな病気がありますよね。ドラマで病気を描くのってとても難しいと思うのだけど、可哀そうに偏り過ぎず、生と死について考える機会をくれた、そんなドラマでした!

 

オー・マイ・クムビが見れるのは・・・