【中国ドラマ】蘭陵王 の感想 19話で一度挫折しかけるもなんとか最後まで完走!

蘭陵王をとうとう最後まで見ましたよー!!! 今までで一番時間がかかったドラマかもしれません。というのも19話まで見てすっかり嫌になって挫折かな・・・と思ってほったらかしにしていたらなんと1年くらいたっていたんですけども、Gyao!で配信が始まったので、週に2話くらいずつだったら完走できるんではないだろうかと視聴を再開してなんとか最後まで辿りついたという。でもラストまで行ったからすっきりという感じでもなくて、ふーんそういう結末なんですね~という感じです。

 

スポンサーリンク

 

いやしかし、自分でも明確に理由は分からないんだけど、全然のれないしハマれないドラマでした。配信されているのが日本語吹替だけしかないというのもあるし、あの星空、あの海。の時になんて美しいんだ!と思ったウィリアム・フォンだけど、このドラマの時はちょっとふっくらしているのか中肉中背って感じで私の好きなシャープ感が無くてイマイチ好みじゃなかったのもあるし、彩度の高いあまりにも鮮やかな衣装も好みじゃなかったのもあるし(シックな方が好き)、蘭陵王が軍神のはずなんだけど、闘いのシーンはほとんどなくて、蘭陵王と宇文邕に雪舞が取り合いされてるか、蘭陵王が雪舞のところに落ち着いたと思ったら鄭児に邪魔されるって感じのメロドラマ展開。蘭陵王が鄭児の言うことの方を信じて雪舞のことを理解できなくなってた時は君たちあんなに愛を誓いあってたのにもう倦怠期の夫婦みたいなの一体なんなんだ・・・!とそこら辺りで一度挫折したんですねえ。

蘭陵王には民が一番大切だったんだということなのだろうけど、誰に対しても良い人って見方を変えると八方美人にも見えてしまうのですね。だからこそ下心のある鄭児のことをお屋敷に入れることが出来てしまう。家来たちはみんな鄭児の策略に気づいているのに彼だけ気づかないのは、自分はそんなことをしないまっすぐな人だからとも言えるけど、でもその代償として大切な人を傷つける訳で。そういう蘭陵王がどうも私には魅力的には見えなかったのでした。雪舞もとても良い人として描かれていたしでこの二人に興味を覚えられなかったのがドラマを楽しめなかった理由かもしれない。癖のある人の方が見てて楽しいのかもなー あくまでもドラマですしね。

それよりも愛のためにどこまでも愚かになってしまう鄭児の方が人間らしく感じる。だからってあそこまで残酷になっていいって訳ではないけれど。

そして蘭陵王よりも宇文邕のひたすら一途な片思いの方が心惹かれる。結局彼も雪舞を守るために命を落としたともいえるけど、きっと後悔なんてしていないんだろう・・・

最初はもしかして最後は蘭陵王と安徳王が仲たがいして敵対するのかな~?なんて意外性のあるストーリーを勝手に想像してたんですけど(私がそういうサスペンスドラマを見過ぎなだけかも)、そのままひねりもなく高緯と敵対するストーリーでしたね・・・ ジョージ・フー(胡宇威)は意外とカツラも似合って素敵でした!

そして私が見るドラマ見るドラマでいつもみつけてしまうルー・ヨン(盧勇)がここにも! 今回は大将軍役でしたねー。

ハン・ドン(韓棟)が楊堅役で出ていましたね。のちの隋の皇帝かな?
宮廷女官 若曦の第9皇子だ~!彼もちょっと癖のある顔なので見つけやすいタイプだな~

 

挫折カテゴリー行きと思っていたけれど、とにかく最後まで見れて一応は達成感ありです。多分、見る前の期待も大きすぎたせいであんまり楽しめなかったのかもしれない。お召し物も静止画だと鮮やかで美しいのだけど、動くとあまりって感じだったな・・・ でもMaydayの主題歌はかっこよくて好きでした!

 

蘭陵王が見れるのは・・・


   

【韓国ドラマ】キム秘書がなぜそうか? の感想 パク・ソジュンとパク・ミニョンの魅力が存分に発揮されているドラマ!

キム秘書がなぜそうか?の視聴を終了いたしました!ロマンチックラブコメディーという感じのジャンルのドラマかな?途中からこれでもかっていうほどラブラブになるので、主役のカップルが好きな人は楽しめるんじゃないかな・・・? 二人の恋の小さな行き違いを微笑ましく見れるといいのだけど、あまりにも平和なので私は途中から退屈してしまった感もありです。でもそれなりに楽しめましたけどね。

 

スポンサーリンク


 

幼い頃に起こった誘拐事件、それにまつわるトラウマが中盤くらいですべて解決してしまうんですよね。そのトラウマのせいでヨンジュン(パク・ソジュン)はキスが出来ないんですけど、それもあっという間に克服。その後はラブラブを見せつけられている感じ。ほらほらここでときめくんだぞーほれほれってシーンはいっぱいあるんだけど、そこでキャーってならずに「来た来た!」って笑い転げてしまった私。そういう楽しみ方で良いのかわからない!笑 とまあそんな感じでストーリーの起承転結の分配がイマイチな気がして、その分役者さんの魅力に頼った感じのドラマになってしまった気がします。

パク・ソジュンとパク・ミニョンのどちらもとても好きな役者さんなので、私はそれなりに楽しめたけど、好みでない方にはちょっと見てるの苦しいかもしれないな~なんて。でもパク・ソジュンの顔って私は好きだしカッコイイと思うんだけど、あんな風にオーラ!完璧!って自画自賛するナルシスト役を演じられるほど万人受けするタイプかはちょっと分からない気分でした。まあ、サムマイウェイの時に鍛えたであろう身体も素晴らしいですし、揃っている方ではありますけども。

そして、パク・ソジュンが演じるヨンジュンが住んでいる家がシークレットガーデンのヒョンビンの家だったんですよね。お!ここは!ってすぐに気づきましたよ~ 懐かしい気分。ヨンジュンの乗ってる車もマセラティだったかな。このおうちと車と高そうなスーツや小物でかなりのお金持ちな設定でしたねえ!

コメディー要素を大きく担っていたのはカン・ギヨンが演じるパク・ユシク社長。ヨンジュンの良き友でしたね。こういう主役の良き友達ポジションにピッタリの役者さんですな。嫌味が無くて良い人の雰囲気がするタイプ。

ファン・ボラが演じるボン・セラも面白担当。いつもこんな感じの役が多い女優さんですが、真面目な役も見てみたいところ。でも今回はラブラインもありましたね。お相手のヤン秘書役のカン・ソンソクは歌がうまかったけれど、ミュージカルや演劇系の方なのかな?初めて見た方だったのですが、地味なんだけど印象に残りました。

あと、とっても良かったのが、コ・ギナム役のチャンソン。屋上部屋に住んでいて、とにかく出来る限りの節約をして暮らしてる変わり者なんですが、その理由が判明するとだんだんかっこよく見えてくるんですねー。普通にしてるとイケメンなのにかなりの偏屈ものをとっても自然に演じてました。スーツのボタンをいっぱいストックしてるの面白かった!

おおむねキャスティングは満足だったんですけど、実はソンヨン役のイ・テファンだけはミスキャストなのではないかと思って見ていました。まず小説家なんだけど、どうもそういう文学のにおいがしなくてね・・・ 辛すぎて記憶を無意識にすり変えないと生きていけなかったほどナイーブで繊細な人には全く思えなかった。イ・テファンの表情に影が無いことはないんだけど、なんだか物足りないんだよなあ。そしてパク・ソジュンより背は高いけど、どうも兄には見えない、と思ってたら彼まだ23歳とかなんですね・・・ なるほどどおりで変に化粧が濃い感じがしたのも年上に見せるためだったんだなあ、なんて。ちょっと無理があったな。平和なストーリーのドラマなので、ソンヨンは大きなポイントになる役だったと思うんですが、その部分がキャスティング的にもストーリー的にもうまく使えてなかった気がします。

イ・テファンはハマる役の時はとても良いと思うのですが、このドラマではイマイチだなと思いました。どちらかというと肉体派なイメージですから。もうちょっと演技派な役者さんが良かったなあ。

 

そして楽しみにしていたゲスト出演者たちー!

ミソの合コン相手に「この人生は初めてなので」のマ・サング役のパク・ビョンウン!同じパク・ジュンファ監督の作品だからその縁での出演ですね。

そして、ミソの両親の若い頃にこれまた「この人生は初めてなので」からイ・ミンギとチョン・ソミン!大好きだったドラマの二人にまた会えて嬉しいですー!むしろソンヨン役をイ・ミンギ辺りが演じてくれたら非常に見ごたえがあったのではないだろうか・・・なんて勝手に妄想したりして。

その他にもパク・ジュンファが監督したゴハン行こうよからイ・スギョンが。ソンヨンとヨンジュンのお母さんの若い頃を演じてました。

素敵なシーンもたくさんあって楽しめるドラマではあるんですが、体感では12話くらいにまとめられていたら間延びせずに楽しめたかな。それとも大事件が起こるドラマを私が見過ぎてるせいでそれと比べると平和に感じてしまったのかも・・・ でもパク・ソジュンのナルシストっぷりとパク・ミニョンの背筋が伸びた万能秘書っぷりと、主役二人の魅力を堪能できるドラマではありました!

 

 

⇒Netflix






【新大久保】華僑服務社 また月餅の季節が巡ってきた&もう来年のカレンダー配布中!

中秋節が近いせいか華僑服務社に行ったら月餅が沢山売ってました!ちなみに2018年は9月22日~24日らしいです。だから今が一番月餅の種類が豊富な時期かな!

今回買ったのは去年いろいろ食べてみて気に入った棗泥あんの月餅。木の実あんも好きだけど、それはまた次回買おうっと!

春江月という会社の枣泥月餅です。しっかりと棗がたっぷり詰まった棗あんで、とってもしっとりして美味しかったです。

あと、台湾の月餅もたくさん売っていたのが気になりました。パイナップル餡みたいなのもあったので、パイナップルケーキの月餅バージョンみたいな感じなんでしょうかね!?

 

スポンサーリンク


 

そしてもうひとつかったのはサンザシのお菓子。本当に色んな種類があります。

 

これは、薄っぺらい形のもの。

薄いので口に入れてパクっと食べられる感じ。結構きつい甘さなので薄いのはいいですね。ガツンと甘いけど程よい酸味があるので、なんとなく癖になるお菓子です。

 

そしてなんともう来年のカレンダーを配布してました!まだ9月なのに早い!
でもどうぞって言われたのでいただいて来ました~

え~なになに!もしかして中国の名所の写真かな!?と思って開けてみたらめっちゃ日本の名所の写真たちでした!笑

よく見ると旧暦も記載されているので、結構便利そう。
興味のある方は今なら行けばゲットできるかも~!

 

 

【中国ドラマ】DAY&NIGHT 昼と夜(白夜追凶) の感想 絡み合うそれぞれの思惑にくらくらする

中国の刑事ドラマを見るのは初めてです。警察=公安なので、その表記が目新しくて興味深い。原題は「白夜追凶」で副題が「DAY&NIGHT」。邦題は「昼と夜」なのか「DAY&NIGHT」なのかよくわからないけどどっちでもかっこいいので良いです。NETFLIXは見たことがない中国系のドラマがたくさんあってどれを見ようが迷ったんですが、渋そうな匂いがしたこのドラマをなんとなく選んだら大当たり!めちゃめちゃ痺れた・・・ヤバイって感じ。すごく面白かったので静かに興奮しながら見ていました。

 

スポンサーリンク


 

主人公は元刑事の兄ホンファン(宏峰)と一家惨殺事件の容疑者の弟ホンユ(宏宇)という双子の兄弟。弟が指名手配犯となったことで、警察を辞職したホンファンだが、刑事時代の犯人逮捕の手腕を買われて、顧問として刑事の仕事を手伝うことになる。だが、ホンファンは暗闇恐怖症であり、夜は暗いところに行くことが出来ない。なので、昼はホンファン、夜は弟のホンユが兄のふりをしてその仕事をすることになるのだが・・・というストーリー。

入れ替わりって・・・とその設定大丈夫なの?と思って見始めたのですけど、同じところに顔の傷を作ったり、体重が同じになるように運動したり、と二人がまわりにばれないように管理しているところなどのディテールがしっかり描かれていて思わず引き込まれるのですよ。体重計に順番にのってダメだ運動しろとかいうやり取り、そういうのがとても細やかです。

弟は家の中では、指紋が残らないように手袋で、だいたいタンクトップ。視聴者は最初のうちはそういう違いで二人を見分けているんだけど、性格などがだんだん分かって来て同じ服を着ていても双子の見分けがつくようになってくるんです。

演じているのは潘粤明(パン・ユエミン) 一人二役だけでなく、弟が兄のふりをしているのを入れると三役くらい演じてる感じでしょうか?素晴らしい演技で目が釘付けです。私はどちらかというと影がある兄に惹かれてしまう。そんなくらい完全に別の人にちゃんと見える兄弟の演技。そして兄弟の複雑な心の結びつきの描写がたまらない。微妙な心情が見える。
そうそうたまたま萍踪侠影を見たらパン・ユエミンが主役で出ているのを見つけました。このドラマでの役とは全く違って新鮮!

兄が弟の無実を信じているのかどうか、という部分さえ分からなかった始まりから、ラストの事実はよく考えたらそれが出来たのは彼だけなのだけど、そうだったんだ・・・と衝撃を受けます。でも無実を晴らすためにはその方法しかなかったんだろうな、と腑に落ちるところもあって本当に先も展開も全く読めないけどしっかり筋が通っていてディテールも凝っている脚本が素晴らしい。

とはいえラストで本当の黒幕は分からない感じなので、これは続編があるのだろうか。あるとしたら絶対に見たいんですー っていうか待ってます、早く作って欲しい。

ホンファンに顧問として警察で働いてくれと言うジョウ。演じているのは王瀧正(ワン・ ロンジェン)。確かにホンファンの実績を買ってのことでもあるけれど、実はホンファンは必ず弟と接触するはずと思っていてそのためにわざとそばに置こうとしている。彼が一家惨殺事件の犯人逮捕に躍起になるのにも理由があるのだった。

色んな人の思惑が交錯してどこに進んでいくのか全く見えないのです。ジョウと兄弟のやり取りはいつもどこか緊張感がある。

新米刑事の舒桐(シウトン)、演じる樑緣(リャン・ユエン)のフレッシュな雰囲気も良かった。ホンファンを師と仰いでいるのだけど、ジョウに彼の行動を監視して報告しろと命じられる。ついて回っているうちに昼と夜のホンファンのギャップに戸惑いながらも惹かれていく。彼女が心惹かれてしまったのは兄?弟? 兄の方かな、多分。

 

その他にも疑わしく見える人だらけで、それぞれが心の中に思惑を抱きあっている様は本当に迷宮の中にいるみたい。双子でさえお互いにそうだもの。でも少しずつ解きほぐされていく謎に夢中で続きを見てしまいます。これが「はまる」ということなんだな、と思いながら見ていました。派手さは無いけれど、本当に面白いドラマでした。この空気感の渋さがたまりません!

 

 

DAY&NIGHTが見れるのは・・・
⇒Netflix

【韓国ドラマ】アルゴン の感想 自分の過ちを認めることが出来るのは強さなのだ

このドラマはアルゴンという報道チームが主役です。このアルゴンというタイトルは希ガスのひとつの「アルゴン」からきていると思うんだけど、このガスは他の物質と反応しない不活性な性質があるそうなのです。その性質を自分たちの報道姿勢になぞらえてつけたであろう報道番組のタイトルがそのままドラマのタイトルになっているという訳ですね。このチームの権力に影響を受けて報道の形を変えたりしないという矜持が込められているのだと思われます。

 

スポンサーリンク


 

報道というものは常に権力者に利用されるリスクと隣合わせの存在だと思う。例えばクーデターが起こるときは放送局を一番に掌握するものだし。そしてだからこそ使命感を持って公正な良心を持ったジャーナリストが必要とされる場所でもある。そんなジャーナリストの姿を描いたのがこのドラマ。社会派ドラマといえるかな。

熱血ではあるけれどそういうジャーナリストの姿一辺倒ではなくて、メンバーのそれぞれの立場や気持ちもしっかり描写して非常に見ごたえのあるストーリーとなっています。自分の考えが正しいという強い信念をもって真実を追求することは大事なのだけれど、ジャーナリストも人間であり、間違うことがあるのだということ。そういう部分まで真摯に正面から描いてあるのがいい。

報道番組にせよ、リアリティ番組にせよ、テレビ番組というものは誰かがその人の視点で見えるものを切り取っただけのものであり、その対象のすべてを映せる訳ではないのですよね。どんなに公平であろうと努力をしても自分の立場や先入観なしに物事を見ることはできない。ジャーナリストもしかりということです。だからテレビはそういうことを頭の片隅に置いて見るべきものなのだと思う。

キャストもとても良かったのも、この作品を上質なドラマにしている気がする。

アルゴンの中心的存在、キム・ベクジンを演じるのはキム・ジュヒョク。この役が素晴らしくて思わず他にどんなドラマに出演してるのかな~?って調べたら、このドラマの撮影後に交通事故にあってお亡くなりになってしまったそう。まだお若いのにそんなこともあるんだな・・・ アルゴンの続編があればいいのにと思うくらいこのドラマでのアンカー役がとても似合っていたのだけれど、それは叶わないのだろうか。

でも、こうしてなくなった後でもドラマを見て、私のような視聴者に感動を与え続けることが出来る。そう考えると演技がフィルムに残るということは、生の一瞬が永遠になることなのかもしれない。

そして、イ・ヨンファ役のチョン・ウヒもとても良かったんですよね。臨時雇用の短期社員で難しい立場なのだけれど、もくもくと出来ることをやるキャラクター設定がとても良かったな。声高に自分の意見ばかり主張するタイプはちょっと見飽きた感があるので、彼女のような熱意を胸に秘めた地味なタイプがヒロインなのが新鮮で良かったのかもしれません。

チョン・ウヒの演技もすっかり気に入って抜群な女も見たけどこれはドラマ自体があんまりなので何とも言えない感じだったけど、映画のサニーは出番は少ないけどそこでもかなり印象的な役を演じてましたね。

最近、私が見るドラマでやたらと見るパク・ウォンサンも良かったです。主役の良き理解者でありサポートする役柄が似合う役者さんですよね。ここでもそう。

そしてチームの次のリーダー格の記者オム・ミンホ役のシム・ジホ。彼も冷静そうに見せてニュースに情熱を持っている感じが良かったな。

チ・ユノや、パク・ナムギュなどのアルゴンチームのメンバーも良かった。お父さんが政治家のチョ・ヒョンチョルもポイントになる役で良かったです。構成作家陣のパク・ヒボンやNine Musesのミナ、8話と短めのドラマだけど、それぞれのキャラクターがしっかり描かれていたのがこのドラマを面白くしていた気がします。

そして報道局長ユ・ミョンホ役のイ・スンジュンも権力にへつらう側の人間としてアルゴンチームの対極として描かれるのだけど、報道局長としては迫力が足りない感じがむしろ良かったな。いい人役の方が多い気もするけど、こずるい感じがうまく嫌らしく出ていました。

 

見ごたえのある、というのがピッタリのドラマ。全8話なんだけど、もっと長いドラマを見たような充実感がありました。社会の問題を描いたドラマが好きな人にオススメ!

 

このドラマが見れるのは・・・
⇒Netflix