【韓国映画】長沙里9.15 の感想 犠牲になるのはいつも若い命

久々に映画館で映画を見てまいりました!見たのは「長沙里9.15」です。割と映画の世界観に入りこんでしまう性質なので、戦争ものはあまり選ばないんですが、キム・ミョンミンが出演しているという理由で今回は見ようと決めておりました。

内容というよりも一番思ったのは、美しい戦争なんて無いってこと。いつだって命を落とすのは若者たち。そのことを改めて心に留めておきたいと思ったのでした。

 

スポンサーリンク


 

そんなに各国の歴史に明るくない私なので、仁川上陸作戦くらいはなんとなく聞いたことがあるという程度。なので、その陽動作戦として長沙里に学生が捨て駒として送りこまれた事実なんてのは全く知りませんでした。だから、そんな出来事があったことを知れたことは良かったです。すべてはまず知ることから始まりますもんね。

そして、朝鮮半島が経験してきた歴史についても思いを馳せてしまった。上陸した学生たちが闘う相手は、彼らと同じように若い北朝鮮の兵士。同じ民族の彼らが闘わなければいけない状況は胸が締め付けられます。そして今もそれが続いているのですから。

メインはミンホとキム・ソンチョルの学生二人の友情。ミンホも良かったですが、キ・ハリュン役のキム・ソンチョルの演技が大変良かったです。ちょっと気になる役者さんリストに入れておきたいところ。あとクァク・シヤンも良かったんですよ!ところでキム・ミョンミンはどうだったの!?って言われそうなんですが、あまりにもイ・ミョンジュン大尉で、キム・ミョンミンが演じてるという意識が全然なかったという感じ。実はそれが一番理想的なのかもしれませんね。

どうしても映画のストーリーなので、友情を描いたり、ビックリするような偶然や潔い終わりを演出したりというのはまあ仕方ないかなと思うのですが、私はもう少し淡々とした描き方をしてもらった方がより心に残ったかなと思ったのでした。でも見て良かったです。

 

⇒Netflix






【新大久保】肉&麺 元気に営業中で安心したよ~!

本当に久々に行った新大久保。やっと来れたね~ってことで、どこに食べに行くかと考えてやっぱりしばらく食べてないと禁断症状が出るチャンポンをいつもの肉&麺に食べに行ってきましたよ!

おそるおそる行ってみたらお店がちゃんとあるし、開いてたし、むしろ列が出来てて驚き。そうだよねえ。きっとみんなここのチャンポンとジャジャ麺を食べたかったんだね。分かるよ、その気持ち!!!

 

スポンサーリンク


やや遅ランチの時間帯だったので、待ってたのは私たちの前には1組。でもその後もぞくぞくとたくさんのお客さんが来てましたよ~ お昼の時間帯だし、回転が良いので、そんなに待つこともなく席に通されました。良かった!

メニューの冊子は以前と同じかな。今回の私たちはチャンポンもジャジャ麺も食べたかったので、Eセットを注文しましたよ。お酒は飲まないでおこうかと思ったんだけど、我慢できなかったー!ので1杯だけ。う、美味しい。ビールも飲むの久々だなあ。

まずはタンスユク来たー!かけるタレにパイナップルって前から入ってたっけ?まあそれはいいとして、なんかナタデココみたいなのまで入ってたんだけど!フルーツ缶詰みたいなの使ってるのかな・・・ まあそれ以外は美味しいので問題ないですけどね!

このちょっとすっぱいタレをかけたら、揚げたお肉がすっきり食べられてとってもいい。暑い時期とか最高。は~ 揚げたて美味しいねえ。

まずはチャンポン来たよ。ううう。美味しい。ここのは貝がいっぱい入ってるからなのかな。辛さのなかに旨味がたっぷり含まれてて口の中で味わいが広がるんですよー 奥行のある味っていうか、辛いだけじゃない味。美味しい。
後は麺の太さも好きなんだなあ。これこれ。これが食べたかった!

ジャジャ麺は久しぶりに食べたかも。

たくわんも来た。君も久しぶりだねえ。

ぐわーっと混ぜてズバーっと食べると口の中がタマネギの甘みとタレの味が広がって非常に美味しい。タマネギがしっかり炒めてあるから美味しいんだなあ。チャンポンかジャジャ麺だったら、チャンポンの方が好きかな・・・と思っちゃってたけど、やっぱり選べないくらい美味しいわ。はあ幸せ。

本当に久しぶりの外食だったんだけど、美味しいものを食べるのって幸せだなあって改めて思いました。ほぼ、おいしいbotになって「おいしい」しか言ってなかった気がする。この幸せは当たり前じゃなかったんだなあ。これからは少しずつでも日常が戻りますように!

 

⇒肉&麺 

【大久保】Alternative Coffee Works こんなところに美味しい珈琲が飲めるカフェが!

久しぶりのお出かけ記事が書けるの嬉しいもんですねー!先日、新大久保にお昼ご飯を食べに行って来たんですが、まずはランチ後に行ったカフェの記事からアップしたいと思います。

新大久保の好きだったお店がどうなっているかな・・・と心配だったんですが、私が行った日は人出も戻っていて、ぱっと見た限りではそこまで街が様変わりしてるって感じじゃなかったので、ホッとしました。割と行く前はドキドキしてたんですけど、良かった!これからは感染対策をしっかりしながらも、好きなお店には足しげく通いたいものであります。

 

スポンサーリンク


 

さてさて、最近は新大久保周辺にもカフェが増えたかな~という印象ではあるんですが、しっかり美味しい珈琲を楽しめるカフェはそんなにはないかな・・・
今回見つけたのは新大久保の駅からだと10分くらい、大久保の駅からだと5分くらいのところにあるAlternative Coffee Worksです。美味しい韓国料理や中国料理を食べた後に行ける徒歩圏で嬉しい!

小滝橋通り沿いを歩いて行くと現れるオシャレな店構え。私が行ったときはお店の前で座っているお客さんまでスタイリッシュで素敵でした。

私は初めて行ったカフェではまずそのお店の特徴を知りたいのでブレンドをオーダーすると決めているのですが、シングルオリジンコーヒーも各種あって、雲南のコーヒーがめちゃくちゃ気になりました。次回はこれにしてみよう。

ブレンドコーヒーは飲んだ後の後味が不思議で、苦味とは違うスモーキーな風味が残るような感じ!飲みやすいんだけど、特徴がある!新鮮~
キレがあって澄んだ味で美味しかったな。

現在は、コロナウィルスの感染対策の影響で時短営業だったり、1グループの滞在時間が30分だったりという感じ。店内のテーブルは3つくらいかな?でもお店の前にベンチがあったり、テイクアウトも出来るのでそういう利用の仕方もあるかな~
もし行く方は状況がその時によって変わると思うので、お店のインスタなどで営業時間を確認してから行くのがオススメです。

あと、お会計はスイカなどの交通系カードや、ペイペイなどの電子マネーも使えましたし、コーヒーだけでなく、デザートやらビールなんかもありましたよ~
多分、またすぐに行きそうな気がするなあ、私。

 

⇒Alternative Coffee Works

【韓国映画】仁寺洞スキャンダル -神の手を持つ男- の感想 そこからもうペテンだったんだ~!

韓国映画の「仁寺洞スキャンダル」を見ました~ 韓国だけじゃなく、日本の美術界のこともよく知らないんだけど、そういう知識が無くても面白く見れました。舞台がそこなだけで、その世界自体を壁眼図でペテンにかける詐欺師たちの活躍(?)が最後の最後で種明かしされてなるほどーってなりましたね。リアルかどうかはさておき、キム・レウォンとオム・ジョンファの攻防は面白かったです!やっぱり復讐の念が関わってるってのが韓国の作品っぽい。

 

スポンサーリンク


 

オム・ジョンファは普通の人の役よりもこういう化粧のきつい激し目の女性の役が似合いますね。存在や反応もすべて芝居がかってるんだけど、全く違和感ないの。彼女は主婦役とかの方が違和感あるもんな。存在感があるので、迫力のある役がとてもいいです。大げさに泣き叫ぶのとかがこんなに似合う人っているかしらって思った。なので、このペ会長役はとても良かったですね。それにしてもギャラリー名が秘門ってのもすごいよね!?

キム・レウォンも普通のイケメンっていうは、こういう一癖ある人の方が似合うと思っているので良かったかな。ただし、詐欺師っぽくはあったけど、神の手を持つ実力のある復元師には全然見えませんでしたー そこはちょっとね。

でもガンジュンの仲間たちは非常に豪華な顔ぶれでした。マ・ドンソクにオ・ジョンセにチェ・ソンヒョンですよ~ マ・ドンソクが殴られたりするんですよ!今だったらあの腕っぷしだから全然信憑性無いけど、この時はまだムキムキじゃないからまあ納得かな。オ・ジョンセはもちろん良かったけど、紅一点のチェ・ソンヒョンも荒い女性を魅力的に演じてましたね。ロマンスが必要のお堅い女性役よりも今回の方が断然好き。

その他にもとにかく登場人物が多い印象なんだけど、なんだかんだ誰が誰かちゃんと理解できたので、よくできてるな~とは思いました。まあみんなペ会長を恨んでるってことで、それさえ理解できればOKって感じかな!

ガンジュンが和紙を水で洗ったり、古い家屋で埃を探してたりしたのも、なんのこっちゃと思ってたんだけど、最後にパズルのピースがパチっとはまってなるほどな~という感覚になるのは爽快でした。すべてガンジュンの掌のうちで転がされていたなんて!壮大なペテン。

日本の京都とやり取りをするシーンがあって、日本人の俳優さんでは白竜も出演していて、謎の枯山水みたいなカフェ?でペ会長とお茶飲んでたんですけど、その庭の様式はいいとしてもそこを店員さんが靴下でやって来るのがなんとも。そこは靴履いてるんじゃないかな・・・とか訳の分からんことが気になったなあ。

まあ若干ツッコミどころがない訳ではないんだけど、基本的にはラストの大どんでん返しはなかなか想像もつかない規模だったので面白かったな~ 技術的な側面を期待して神の手を持つ男がどんなもんかと楽しみにして見るとあれ?って感じだけど、そこは置いといてストーリーの流れは楽しめるんじゃないかな!

とりあえず仁寺洞は骨董品とか、美術品を扱うお店がおおい場所なんだな~ってことは覚えました!こういう映画やドラマで出てくる場所って記憶に残りますよねえ!

 

仁寺洞スキャンダル -神の手を持つ男-が見れるのは・・・


【韓国ドラマ】マイ・リトル・ベイビー の感想 平和なドタバタハートフルドラマ

韓国ドラマのマイ・リトル・ベイビーを見終わりました~ オ・ジホと赤ちゃんという、強面とキュートの異色の組み合わせを狙って作られたんだろうな~ オ・ジホってオー・マイ・クムビでもちょっとそういう感じでしたね。このドラマの方がもっとコメディー色が強いのでイメージは違うし、色々起こりはするけれど、基本的には平和な内容なので、軽く見れて良いです。私は重いストーリーを好んで見てしまいがちなんだけど、こういうドラマもたまにはいい感じ。

 

スポンサーリンク


 

なんといっても良かったのはママ友仲間のチョン・スヨン、コ・スヒ、チュ・セビョクのトリオでしょう。ママ友たちの関係性も難しいよねー ちょっと揉めたり、でも仲良かったり、その辺が嫌な感じならず、重すぎず軽すぎずでうまく描かれてたな~ あんまり激しいとしんどくなるけど、三人三様で個性が出てて好きだったな!チョン・スヨンの演じたハウンママはいろいろと画策してたけど、はっきりした物言いで嫌味が無くて憎めない。ジョンハンを嫌ってる理由も本人にとったら深刻なんだろうけど、他人からしてみると気にしなくていいのに~って思っちゃうよね。

あとは、ジョンハンとイェスルの恋愛も平和。イェスルのお父さんがちょっとめんどくさかったけどね。ユン・ミン役のキム・ミンジェとイェスルの妹役のソン・ジヒョンも少しはライバル的な役割もあるにはあるけど、淡い思いで終わるって感じだし。うーん。恋愛問題も非常に平和です。

なんといってもやっぱり赤ちゃんや子どもちゃんたちが可愛いので見てて和みます。イェスルの息子のフングのキャラも面白かったな。演じてるホン・テンウクくんは結構子役としてのキャリアもあるのかな。私も見覚えがある。王の顔で光海君の子どもの頃を演じてたし、他にも主君の太陽ゴハン行こうよ君を憶えてるなんかでも見てる様子。あっという間に大きくなるんだろうなあ・・・

最後ももちろんハッピーエンドだったけど、思ったよりも更にハッピーエンドって感じだったな!絶対見るべきドラマと言う感じではないんだけど、結構楽しめて良かったです。穏やかなドラマを見たいという時にオススメかな!

 

マイ・リトル・ベイビーが見れるのは・・・