【韓国ドラマ】太王四神記 の感想 ファンタジー要素が濃い時代劇で興味深かった~

前からちょっと見たいと思っていた太王四神記の視聴を終了いたしました。歴史ものにかなりファンタジー的な要素を取り入れたストーリーなんだろうな~ 広開土王という名前はなんとなく学校で習った気がする・・・という程度の歴史の知識なのでどれくらい史実に忠実なのかは分からないですが、建国時にはどの国でもどこか神話的なお話が残っているものなんでしょうね~きっと。

 

スポンサーリンク



なんだかこのドラマはファンタジー史劇の割には主要キャストの年齢層が高いな~と思ってしまったのですが、それはヨン様ありきのキャスティングだったからかな。多分、私が中国のファンタジー史劇を見過ぎて、若くてきらびやかなイケメンや美女がわらわら出てくるのに慣れ過ぎてそれと比べてしまったのかもしれないデス(^^;

朱雀・青龍・白虎・玄武という四神の存在とかはファンタジー好きの私はとても興味深く見ていたのですが、ペ・ヨンジュンが演じたタムドクは品行方正で面白く無くてあんまり興味が湧かないですよね・・・ ユン・テヨンが演じたヨン・ホゲもどこか寂しげで自信が無さげでうーん。 私はやっぱりもっと癖のある人の方が好きだなあ・・・

という訳で一番お気に入りキャラは、チェ・ミンスの演じる火天会の大長老でした!極端すぎる!笑 しかし、あのいかにも悪い顔をする時とかマジで目が釘付けです。はあ、良い。芝居がかった設定であればあるほど彼の魅力が前面にドカーンと出てくるので好きです。はい。

そしてもう一人のお気に入りキャラはイ・フィリップの演じるチョロ!実は彼を見たくてこのドラマの名前を憶えていたのですよー しかしなかなか出番がやってこず、やっと16話で登場しました。寡黙な役柄も良かったし、立ち姿もとても美しくて大満足。最近はビジネスに専念していて、もう俳優をしていないらしいのですが、もっと出て欲しい。シンイでしか見てないのに、ずっと印象に残ってる人ですもん。

女性ではキハ役のムン・ソリも迫力があったなあ。凶暴さと母性といろんなものを秘めたキハという女性が恐ろしくもあり魅力的でもありました。スジニ役のイ・ジアも結構良かったな。お酒を飲んでお転婆な姿から物陰からタムドクを見つめる切ない視線など、心に残る表情も多かった気がします。

 

撮影がとても大変だったんだろうな、と思うのですが、やっぱりその分の見ごたえがあるドラマですよね。脇役なサブキャラたちに注目しちゃった部分はあるのですが、こういう神話的なストーリーはどこの国のモノでも興味があるので、楽しんで見ることが出来ました。音楽も良かったな~。なんだか耳に残るメロディーでしたよね。

 

 

太王四神記が見れるのは・・・

 

【韓国ドラマ】完璧な恋人に出会う方法 の感想 意外な結末にちょっとビックリ!

ペ・ドゥナの出演作見たさに「完璧な恋人に出会う方法」を見ました!登場人物も多くて、ラブコメかと思っていたら殺人事件も起こったりして、なんだかどこに着地点があるのだろう~と思いながら見ておりました。

そういえば、最初はカンボジアでの撮影シーンなんかもあったのですが、カンボジアからお嫁に来た彼女は交通事故にあった後、もう出てこなかったな・・・ どうなったんだろう。ちょっと乱暴な消え方であった・・・

 

スポンサーリンク


 

ぺ・ドゥナの演じるチョン・ユニがキュートで可愛かったな~ ちょっと型破りで女らしいとは言えないんだけど、こういうタイプの方が好き。お金持ちの男性が庶民の女の子を好きになるっていうのはよくあるパターンで、なんでこの子が!って感じでいまいちストーリーに入り込めないことが私は多いのですが、ユニはサバサバしててでも魅力的でなんだか好きなタイプだったんですよねー。なので、キム・スンウが演じるペク・スチャンも、パク・シフが演じるユ・ジュンソクもユニを好きになるのが共感できる感じで良かったなあ。

まあ、もしかしたらそれよりもワン・ジヘ演じるコ・ヘミが野心満々過ぎて、ジュンソクがヘミを好きになる余地があまりにもなかったからともいえるかもしれない。彼女はジュンソクの前で猫をかぶるということもなかったし。ああいうタイプの女性はライバルの女性の前だけでキツくて男性の前では優しいみたいなイメージなんだけど。そう考えるとヘミも正直な分、心底悪い人ではなかったのかもしれない・・・ 父親の影響を受けすぎたのかな。

ユ・ジュンソクがユニと結婚したいと言った時の彼の母親の反対の仕方が怖かった。ユニと結婚するなら自殺するって息子を脅すの。ほんと命を盾にした脅迫だよね・・・ 彼がユニに愛人になってくれと頼むのはどうかと思うけど、母親の脅し方が強烈過ぎてジュンソクが追い詰められるのは見てて辛い気持ちになってしまったなあ。
こういう時どうするのが正解なんだろう?自分のことを正しく子どもとして扱わない親なら完全に離れてしまう方がいいこともあるのかもしれないと思ったのでした。子どもは親の道具ではないし、別人格ですもんね・・・

ミヒとドッキルの結婚は良かったな~って感じなんだけど、てっきりユニはスチャンとハッピーエンドだと思ったら違ってビックリ。完全にキム・スンウ推しのジャケット写真だったので意外な結末に驚きましたね~ ユニの気持ちはどうだったのかもちょっと謎な気持ちもあるけど、あくまでも友達だってことなのかなあ・・・ スチャンとの方が楽しい生活を送れそうではあるけど、恋愛って理屈じゃないところもありますもんね。

サブキャラたちの描写もしっかりしていたので、登場人物は多かったけど、お話に入り込むことが出来て割と面白かったです。ちょっと意外なラストもまあ悪く無いかな~と思いました!

 

完璧な恋人に出会う方法が見れるのは・・・

 

【韓国映画】皇帝のために の感想 ヤクザの成りあがり系ストーリーかと思ったらブロマンス要素もあったのかも

イ・ミンギの出演作を見よう月間なので今度は「皇帝のために」を見ました。先日見たロマンチック・アイランドから180度転換して、ナイフでざっくざく人を刺す悪い奴の役です。どこも見ていない空虚な目つきが怖いし、何を考えてるか分からない表情がうまいよなあ。この感じが韓国のノワール映画って感じなのかな?でもしょっぱなから喧嘩のシーンなんだけど、敵が一人ずつ攻撃してくるのが都合よいなあ~ってちょっと失笑しちゃったのだった。

 

スポンサーリンク


 

この「皇帝のために(황제를 위하여)」というタイトルは、実はダブルミーニングなのかもしれない。最初は「皇帝」が指すものが、彼らが働いている皇帝ファイナンスなんだなと思っていたのです。でもラストまで見ると「皇帝」はイ・ミンギが演じた「イ・ファン」も指していたのかもしれないと思ったのです。イ・ファンの名前のファンって音は皇と同じなんじゃないかな。多分。

パク・ソンウン演じるチョン・サンハの行動が実はイ・ファンのためだったのか・・・と分かる場面があって、そこでタイトルの意味に思い至ったんですよね。そうするとなんだか話が繋がってくる印象がある。

さらっと見ると何を言いたかったのか分からない、なんて感想になってしまいそうな映画でもあるんだけど、そういう隠された意図みたいなものが散りばめられている気もしたのですよね。

イ・ファン(イ・ミンギ)は元野球選手だけど、八百長に手を染めて捕まってしまったところをサンハに拾われて皇帝ファイナンスで働くことになる。借金取り立てのやくざなんだけど、とにかく腕っぷしは強くて喧嘩が強い。彼の強さは技術というよりどうなってもいいという捨て身の空虚さから来るんだろうか。とにかく刃物で刺しまくるのがヤクザっぽい。プサンという土地柄かな。

クラブのマダムとのセックスシーンも激しい。相手役のイ・テイムは完璧ボディーで美しいけど、最中の顔があんまり色っぽくないかも。そして喧嘩中のナイフで何度もさすシーンの間に突然セックスシーンが挿入されるのがなんのこっちゃと思ってたんですけど、もしかして刺す行為の反復をリンクさせてたってことなのかな・・・なんて急に思いました。ほお。

チョン・サンハ(パク・ソンウン)が、どうしてファンをかばうのかというのは他の部下たちにもずっと言われていたんだけど、それは彼が義理堅い人だからかと思っていたんだけど、それだけではなかったのかなと思わされるラストだった。もしかしてちょっとブロマンス的要素があったのかな・・・と。

ファンは昔からヤクザの序列の中にいたわけではないから、上下関係なんて気にしてなくてその点では奔放なんですね。そういうところもサンハには好ましく写ったのかもしれない。彼はそれを超えられない人だったから。そしてサンハとファンは昔からの因縁もあったし。

 

そんなストーリー展開を見て最初に書いたタイトルのダブルミーニングに思い至った訳です。元野球選手が裏社会でのし上がっていくストーリーなのかと思っていたらそんな単純な話でもなかったのかもしれない。ただ、ファンの感情が全くと言っていいほどあんまり伝わってこないのです。わざとそういう演技なのかどうかは分からないけど。だから余計に難しくて意図が伝わりにくい映画な気がする。

 

見終わった後はなんだかよく分からないなあ・・・という印象だったんですが、少し時間がたってもしかしてそういうことだったのかも?と思う部分が出てきた感じの映画でした。そしてだんだんと意外と悪く無かったかもしれないな、なんて感想に変わってきた感じですねー

 

 

皇帝のためにが見れるのは・・・


【韓国ドラマ】神のクイズ シーズン4 の感想 ギョンヒが帰ってきたよー!わーい

神のクイズ シーズン4の視聴を終了いたしました!このシリーズをやっと最後まで見れたのでちょっと達成感~ でもまた新作が韓国で放送されるみたいなので、それも楽しみにしておこうっと!前作はギョンヒがいなくて物足りなかったのですが、今作は再登場して嬉しい。扱っている事案が深刻なものが多いので、やっぱりジヌとギョンヒの穏やかな愛情も描かれているとホッとします。

 

スポンサーリンク


 

今回は、イ・ドンヘやキム・ジェギョンの華やかなキャストを登場させたことで変化をつけて来ている感じ。ちゃんとそれぞれの性格や特徴も伝わってくるように描写されているので、新しい登場人物が出てきても割とすっと受け入れられるのはうまいなあと思います。

ストーリーとしては、ジヌが実は脳の手術のあと1年間も眠っていて、ギョンヒが一生懸命世話をしていたというところからの始まり。二人の愛は表面的には激しくは見えないけれど、穏やかでもとても深い。互いに労わりあい理解しようとする姿が好きなんです。あんまりこういう愛情の描写を他のドラマでは見ない気がするので余計のこのドラマが好きなのかもしれない。

1話ずつ事件が起こるのはいつものシリーズと同じですが、全話を通しての事件として巨大企業の陰謀みたいなものが描かれます。ジヌの脳の問題は起こらないのだけど、今度は彼の母親が登場したり、イ検事が資料をギョンヒに渡すことで彼女に危険が迫ったり。そしてハン・シウ(イ・ドンヘ)も別ルートでその事件を調べていて命を狙われてしまうんです。単に私の好みの問題なんだけれど、捜査をしている人にまで危険が及んで死んでしまうのってあんまり好きじゃないんだな。ストーリー上でどうしても避けられない必然のシチュエーションなら納得できていいんだけど、あんまり重要じゃない筋書なのに死んでしまうのはイマイチかな。という訳でシウの結末はちょっとな~と思ってしまった。

ケース10の神の代理人のエピソードで、「母親は神の代理人なのかもしれない」と見れた後にジヌの実母を出して来て「子どもを愛する母親ばかりではない」と持ってくる脚本のセンスは好きなのだけど、ケース11・12のグッバイ・メビウスのエピはいろいろと無理やり感があって入り込めない感じでした。入院してたソ・ダミちゃんの名前はジヌの母親のダミーという意味からから来てるのかな・・・というクローン話とか、ジヌが薬を使って脅迫して自白をさせる方法とか、チップを埋め込んで手足を動かせるようになる技術とか、無理がある設定ややり方ばかりで「おいおい」とツッコミを入れたくなる感じなのよね。うむむ。

シリーズも4作目となるとバラエティーを持たせるために新しい要素を入れなければいけなくて大変だろうな~とは思うのですが、今回は意外性を狙い過ぎて取っ散らかった印象でありました。でもそれぞれのエピソードは興味を面白かったので、メビウスの話だけちょっとという感じです。

ケース07のXはちょっと切なかったですね。両性をもって生まれてくるという話は聞いたことがあるけど、子どもの時に外見を男性にしたけれど、心は女性ということがあるんですね・・・ あとオッドアイの高校生を演じたチャン・ギョンオプくんも印象的なルックスで気になりました。切れ長の目に弱い。

 

あくまでもドラマだと分かっていはいるんだけど、シリーズを4作も見ると少しずつジヌの秘密が明かされて来て、でもまだまだ知らないことがあるんだろうなと考えてしまう。人物として親近感を抱いてしまう感じがありますね。母親の登場で更にジヌの過酷な人生が垣間見れてしまった気がして心が痛い。だからなのかな、どうしてもジヌとギョンヒに穏やかな眠りが訪れますようにと祈ってしまう。そんな気持ちになるドラマなのでした。

 

神のクイズ シーズン4が見れるのは・・・


【香港映画】レジェンド・オブ・トレジャー 大武当~失われた七つの秘宝~ の感想 宝探し+武道大会+ロマンスって感じかな

映画「レジェンド・オブ・トレジャー 大武当~失われた七つの秘宝~」を見ました~ 視聴中のドラマ「七侠五義」に出演しているチウ・マンチェクが出演しているので興味を持って見てみたら、ヤン・ミーまで出ていてビックリ。その上、芸術・服装指導がワダエミ、武術指導がコーリー・ユンという有名どころでわりと豪華な顔ぶれですね。わくわく。

 

スポンサーリンク


 

映画の宣伝文句としては、中国版インディージョーンズらしいんですけど、確かに宝さがしの要素はありますが、すぐに見つかるしあんまり冒険感はありません。そうだなあ、宝探し+武道大会+ちょっとロマンスみたいなストーリーでしょうかね。もしもカンフー的なアクションを目当てに見ると物足りないかもだし、反対に宝探し要素を楽しみにしていたとしたらそれも物足りないかも。でもすべての要素がほどほどに散りばめられているので、そのぬるい感じがむしろちょうどいい人もいるかもしれません。私なんかはそんな感じで結構好きでした。

山奥にある中国武術の本山の武当山の景色が神秘的で美しいんです。こういう風景見るとときめくなー。ここで開かれる武術大会中に宝探しを絡めてあるって感じです。しかし武術大会の様子はイマイチ盛り上がらないかな。なにせ決勝に残る唐寧(シュー・チャオ)が全然強く見えないんですね。その点はちょっと物足りない。

唐雲龍を演じるチウ・マンチェクは丸眼鏡。古装を見慣れているせいか洋服姿はなんだか変な気分だよー。秘宝を手に入れようとするのがなぜなのか最初は分からなかったんですが、娘の唐寧の病気を治すためだったんですねー 秘宝が7つ揃ったら病気を治せるとか仙人になれるというのは中国のお話って感じがします。

女武術家の天心を演じるヤン・ミーはオレンジ+茶の衣装が似合ってとても美しいです。闘う前の最初のポーズも決まっていてなかなか所作が美しくてほれぼれ。美人は何しても美人だなー 彼女は先祖のものだった神剣を探しに来るんですが、目的が同じ唐雲龍と協力することに。

二人のちょっと仄かなロマンスもあり。この二人が協力して闘う時がダンスを踊っているみたいなんです。コートの裾をたなびかせながらの動きがなかなか素敵。
カンフー目当てで見ちゃうとこの辺が生ぬるく見えるちゃうかもなあ。ロマンチックなカンフー!って私は思えて楽しかったです。

あとは、水合一(ルイス・ファン)の睡功が面白かった。意識を無にするということに繋がるのかな。彼と唐寧もほのぼのとした間柄。そうね。全体的にほんわかしてるな。

天心のことをお姉さんと呼ぶ唐寧のこの寝室でもシーンもなんだか素敵。美人なお姉さんと妹という構図好きかも。なんにせよ美人って絵になるなあ。

 

一応、悪い人も出てくるんですけど、もちろんチウ・マンチェクが倒してくれるし安心して見れますよねー 闘っている内容のはずなのになんだか平和な映画なんですよね。ヒリヒリしたい人には向いていないですが、ほんわかした雰囲気が好きな人には意外と良いんではないでしょうか?私は結構好き。ヤン・ミーが強くて美しいだけでも満足しちゃうんですけどね!笑

 

 

レジェンド・オブ・トレジャー 大武当~失われた七つの秘宝~が見れるのは・・・