【香港映画】イップマン外伝 マスターZ の感想 イップ・マンシリーズを見てなくても楽しめる!

久しぶりに映画館に行って映画を見て来たんですよーっといってもずいぶん前かな・・・。でもまさにちょうど私がイップマンシリーズを1~3まで見終えたタイミングで「イップマン外伝 マスターZ」が上映されるなんてこれは見に行くしかない~と思って行ってきたんですよね!

当たり前ですが、やっぱりアクション映画は大きい画面で見るのが楽しいですね。そして、カンフー映画など見たことがない友人と一緒に見に行ったんですが、イップマンの本体のストーリーを全く知らなくても大変分かりやすかったと言ってて、すごく楽しめたそうです。そりゃよかった!

 

スポンサーリンク


 

この映画はイップ・マン3に出てきた張志天を主役にしたストーリー。イップ・マンに負けて詠春拳を捨てて、平凡に暮らしていた彼なんですが、いろいろあって最終的には正義のために詠春拳で闘う!っていうようなストーリー。わりと登場人物が多くて、最終的な敵に行きつくまでに色んな人が出てきてひねりもあるんですけど、非常に分かりやすく構成されてて素晴らしい。登場人物もそれぞれキャラが立ってますしね。やっぱりアクションが主体の映画ですから、あんまり複雑だと見ててしんどいですからこれくらいがちょうどいい。

それにしても出演者も豪華で見ごたえありました。張天志を演じたマックス・チャンのアクションももちろん良かったけれど、殺し屋役のトニー・ジャーの存在もちょっと敵のようなライバルのような感じが良かったし(トニー・ジャーがロッテの井口監督に似てるなあと思いながら見てた~)、二人の闘いのシーンも華麗でありました。

そして私はミシェル・ヨーが演じたクワンがめちゃめちゃ好きでした。あんな高いヒールを履いて激しいアクションを演じる彼女はすごい。大きな刀を振り回してるシーンでソファとか机がスパーンと切れちゃうのはめっちゃ笑ってしまったけど。ああいうの好き。この部分のアクションシーンは2組が闘っているのを映しているのですが、どちらの闘いも高度でなんだかどこ見ていいのか分からない気分になりました。長回しだし、目が足りないよ~

張志天の息子もいい感じでうまくエピソードに使われてて、ほっこりする部分があるのもいいんです。エンドロールで親二人で木人樁を使って型を練習するのとか見てるとパパがまた詠春拳を使うようになって良かったねえなんて思っちゃう。

作品を通じて分かりやすい勧善懲悪ですっきり気持ちよく楽しめる娯楽ものとして仕上がってますので、大変満足出来ました!とても好きです。

そして、最近またこの映画館に行ったところ、イップ・マン4のポスターが!香港ではすでに公開されているようですが、日本での公開も2019年ということは今年中ってことですね!完結編になるのかなあ?これはやっぱり映画館で見なきゃだなってことで要チェックだわ。

 

⇒Netflix






【韓国ドラマ】三つ色のファンタジー 君の恋愛実験 の感想 薬の副作用で超人的な能力を手に入れたら!?というお話

「三つ色のファンタジー」という三部作のドラマのうちのひとつ「君の恋愛実験」を見ました!3つあるんですけど、結局2作品しか見なかったなあ。もうひとつはまたいつか機会があったらかな・・・

そうそう、このドラマの中のカップル役のユン・シユンとチョ・スヒャンが恋する指輪にゲスト出演してましたね。二人のラブラブっぷりをキム・スルギちゃんが屋台で羨ましそうに見るってシーンがどっちのドラマにも出てきてそういうのは面白い。

 

スポンサーリンク


 

主役のユン・シユンは就職浪人のインソン役。お金が欲しさに治験のバイトをするんだけど、その薬の副作用で超人的な能力を手に入れて・・・っていうお話。

そんな感じでこのドラマも現実には起こりそうにないファンタジー仕立て。超人的な能力を手に入れるけど、最後にはやっぱりその効き目はなくなっちゃうってのもお約束。それでもあなたが好きよってなるのよね。う~ん、このストーリー展開知ってたよ~~~!

主役の二人がちょっと地味目で私にはちょっと物足りなかったかな。特にユン・シユンが能力を手に入れたときにみんなに「かっこいい~」って言われるんだけど、イケテない時とイケてる時のビジュアルの差を感じなくてつまらない。眼鏡をかけてるかかけてないくらいではわっかんないな~って思っちゃう。設定がややぶっ飛んでんだからその辺は極端なくらいにやってくれる方が好き。

まあでもカン・ギヨンがインソンの友人役で出演してて、自分をかっこいいと思ってる勘違い君を面白おかしく演じてて安定のいい味出してるし、まあそれなりに楽しめたかなって感じ。必見!って感じのドラマではないけど好きな俳優さんが出てたら楽しめるんじゃないかなと思います。

 

三つ色のファンタジー 君の恋愛実験が見れるのは・・・



【韓国ドラマ】三つ色のファンタジー 恋する指輪 の感想 はめたら相手の理想の姿になれる指輪があったら!?

三つ色のファンタジーはおそらく三部作なんだけど、そのうちの一つ「恋する指輪」を視聴終了しました!とっても大好きなキム・スルギちゃんが主役だし、アン・ヒョソプも以前見て好印象だったので見る前から楽しみにしていました!このシリーズは1話が15分くらい×12話という構成なので軽い気持ちで見るのにピッタリ。ちょっとファンタジーっぽい要素もあるので楽しく見れる感じです。

 

スポンサーリンク


 

キム・スルギちゃんは表情も豊かでとっても可愛いと思うんだけどな。でも彼女がいけてない女の子代表みたいな役どころなのは、ややいつも通りって感じ。でも最終的にハッピーエンドなのですけどね~ まあそんな普通っぽい子がイケメンとうまく行くってのは女の子の夢を体現したファンタジーって感じなのかなあ。ストーリー自体は、ちょっとうーんってところもあるんだけど、深く考えずにモ・ナンヒとパク・セゴンがどうなるのかを見ている分には楽しめるのかな、と思う。

アン・ヒョソプと言えば、タンタラでアイドル役で出てたのをすごく覚えてるんですよね。メインのバンドのメンバーたちには全然興味が湧かないドラマだったので彼の方が印象が強かったみたい。スタイルが良くて確かにイケメンだけど、ちょっと影があるというか癖があるところが好き。このドラマでもひどいことをはっきり言っちゃう鼻もちならない男ではあるんだけど、そういうところありそうに見えるキャラが彼に合ってたので楽しめたところもあるかもしれない!そしてそういう人なんだけど、本当は母親のことで傷ついているのとかも似合う感じでしたね。

それにしても韓ドラに限ったことではないかもしれないけれど、外見によるヒエラルキーっていうのが割とはっきりと描かれてるドラマが多い気がするなあ。美人とそうじゃないの境目ってそこまで明確に線引きできるものでもないし、整った顔だから美人って訳ではなくて、醸し出す雰囲気が可愛いって場合もあるし、ううむ。そこのとこはどうなんだろうな~とは思いつつ。世間がそうなのよ!って感じなのか、ドラマやテレビでそういう価値観を繰り返し描くからそれを見て植え付けらてるって部分があるのか、どっちが先なんだろうなんてことを考えちゃったなあ。

 

味噌玉の話とか、モ・ナンヒの両親なんかが可愛かったのも良かったし、そんな指輪なんてあるわけ無いよ~なんて突っ込まずに楽しむのが良いと思います!アン・ヒョソプの腕にすっぽり包まれちゃうキム・スルギちゃんとの身長差が良いです~~

 

三つ色のファンタジー 恋する指輪が見れるのは・・・



【中国ドラマ】紅楼夢〜愛の宴〜 の感想 豪華な出演者、衣装やセットに圧倒される!

「紅楼夢〜愛の宴〜」の視聴を終了しました!最初見始めた頃は9話くらいまで見て一度やめてしまったんですが、その後また復活して最後まで見終わりました。「紅楼夢」という小説については中国文学に詳しくない私でも聞いたことがあるくらい有名だし、とはいえ内容についてはほとんど知らなかったので興味深く見れました。

賈家の栄華とその衰退の過程を見事に描き出していて、主人公が石を持って生まれて来たなんてちょっとファンタジーな面や恋愛絵巻的な面もあるけれど、この古典文学がその時代の詳細な風俗を知ることが出来る貴重な資料としての面もあるのだろうなと思いました。

そしてそれを映像化するために投じられた製作費は17億円ということで、衣装やセットを見るだけでも十分に満足できる仕上がりとなってます。出演者たちも美しいですしね。

 

スポンサーリンク


 

かなり登場人物も多いし、説明調な流れのせいで初めのうちは見ているのがしんどかったのですが、だんだんと慣れてくるとそれぞれの登場人物がちゃんと個性を持っているのが分かって、生き生きとして見えてきて非常に面白く思えるようになってきました!

まずは悲恋な二人、賈宝玉と林黛玉。林黛玉役のジャン・モンジェの儚いたおやかさが非常に良かったですね。風が吹くだけで傷つくような繊細さが素晴らしい・・・!

賈宝玉役は少年時代を演じたユー・シャオトンは私はこの役にはあんまりしっくり来ず。なんていうかちょっと癖があり過ぎる感じでマニアックな印象。なので、女の子達に囲まれて仲良く育ってる姿がややネットリして見えてしまったんだな。ヤンヤンの方が植物的でサラッとしてて良かったので、少年時代から彼でも良かったのになと思っちゃう。でも50話あるけど、32話からやっとヤンヤンなのでユー・シャオトンのパートの方が長いのであります。うむ。

薛宝釵の少女時代を演じたリー・チンも個性的で良かったなと思ったんですが、大人になるとバイ・ビンで、途端に特徴のない人になってしまってここもちょっとな~と思いました。リー・チンはどっかで見たことがあると思ったら愛の有効期限に出てた人ですね!私が本当に初めて見た台湾ドラマでノ・ミヌが出てたやつ。あと、バイ・ビンは妖怪じゃない役とか悪女じゃない役で出演してるのを初めて見たかも!でもそういう役の時の方が美しさが際立って好きだなあ。

侍女の晴雯役でヤン・ミーが出演していましたが、彼女も美しかったな・・・ こういう気の強い役が本当に似合いますね。晴雯は最後がなんだか可哀そうだった・・・ でもそういう儚さも兼ね備えた感じがよく出てたな。

そしてラスト近くでやっと!ホアン・シュエンが!!!薛蝌という役で出てきます。ほんとちょい役でビックリしたけど、こういうお衣装がとても似合って立ち姿がやっぱり美しかったです。はあそれにしても出番少なかったな・・・

あと好きだったのはヤオ・ディーが演じた王熙鳳かな。彼女のような強く見えるけど本当は傷つきやすい人というのに惹かれてしまう気がするなあ~ そうそうヤオ・ディーって私があっという間に挫折したドラマのキスは背伸びしての主役を演じてた女優さんなんですね!全然同じ人に見えませんよお!!!びっくりしたあ。

 

それにしても絢爛豪華な世界で見ごたえがありましたねえ。ちょっと小説も読んでみたいな~なんていう気持ちにもなりました。冒頭に挿入される人物紹介なんかもあってわりと親切なつくりのドラマになっているので、話数が進めば進むほど面白くなってくる感じかな?エピソードが多いせいもあると思うけれど、やや淡々と話が進んでいくのが私には合っていたようで、話はあっちこっちに行くものの俯瞰して見てる感覚で楽しめた気がします。非常に興味深かったです!

 

紅楼夢〜愛の宴〜が見れるのは・・・



【台中香合作映画】黒衣の刺客 の感想 とにかく映像が綺麗ですー!

台湾の巨匠ホウ・シャオシェン監督の手掛けた武侠映画ということで見たのが「黒衣の刺客」です。カンヌ映画祭で監督賞を受賞したらしいし、期待して見たんです・・・が、半分満足、半分訳分からんという感覚に陥りました。

満足な部分はとにかく映像が美しい。例えばあるひとつのシーンが素晴らしかったと心に残る映画は沢山ありますが、この映画はどこをどう切り取っても美しいのです。コマ送りにして静止画として見ても隙が無いんではないだろうかというように美しい絵画を連続して見てるような気分です。監督の美意識の高さというものを堪能できるという点では完全に満たされました。

 

スポンサーリンク


 

不満足な部分は、とにかくストーリーがよく分からないことですね・・・ 視聴後にあらすじとか検索してしまいましたもん。視覚に訴えて感情等を表現することに重きを置いていると思われるので、セリフも最小限なので余計に分かりづらいです。頭に???をいっぱい浮かべながら見ちゃったなあ。

原題が「刺客 聶隱娘」で、つまり中国では有名な古典である「聶隠娘」を元にして作られているようなので、これはきっと中華圏の人だったらこのストーリーを知っているんだろうなあと思われます。そういう基本知識があって見たら問題なく理解が出来るのかもしれないですね。映画祭ではプレスシートにあらすじがのってたりするから、そういうのを見て大まかなストーリーが頭に入っていたら他国人でも分かりやすくていいのかもしれない。

私はそういう知識がなーにも無しで見たので、唐突に思える部分も多かったです・・・ 誰が誰やらよく分からない・・・って感じで、でも映像は美しいなあ・・・と思って見てました。

チャン・チェンはこういう古装がとても似合いますね。本当に色んな映画に出演しているけど、監督が使いたくなる俳優さんだろうなと思う。イケメンとかそういう部分とはまた違うんだけど纏う空気感に独特の雰囲気がある。そこが魅力的。

スー・チーの凛とした佇まいが非常に良かったです。音もなく忍び込み、そこに立っている姿。彼女の立ち姿の美しさが無かったらきっとこの映画は成り立たなかったのではないかと思います。悲しく物憂げな表情が記憶に残ります。

 

という訳で、これからご覧になる方は大まかでいいのでストーリーを調べてからの方がより楽しめるかもしれません。

妻夫木聡も出てくるんだけど、何してる人なの?何者?みたいな感じで最後までよく分かりませんでしたし、二役なの?違う女性なの?みたいな人もいたし、やっぱり一回で理解するのは難しかったなあなんて。あとで調べて分かるのもいいんですけど、それが一部分くらいだったらいいけど、全体を通してなのがちょっと辛い感じでしたかねー。いや良かったんですけど、ね。そんな感じ。

 

 

黒衣の刺客が見れるのは・・・