【韓国ドラマ】ホテルキング の感想 ジェワンの環境が特殊過ぎて頑張れ~って気持ちになった

ホテルキングを見ましたよー 16話だと思ったら、倍の32話でした。ビックリ。しかし、非常に波乱万丈なストーリー展開なので、最後まで飽きなかったかな!現実離れした状況なので、そんな訳あるかいな!と思いながら見つつも、あまりにも芝居がかった表情の演技にツッコミを入れつつもだんだん慣れて来て、そこが面白くなって来てしまう~ってな気分で見てました。

スポンサーリンク


 

主役のイ・ドンウクとイ・ダヘはマイガールでも共演してましたよね。イ・ダヘはあの時の顔とイメージがずいぶんと違うような・・・ 役柄のせいかもしれないし、違うかもしれない。まあともかく、このドラマのモネ役では、ドレスやら衣装やらの派手派手なのを着こなしてすごいスタイルの良さは際立ちますねー

くっついたり離れたりの二人の目まぐるしく変わる状況にジェットコースターに乗ってるような気分になります。血の繋がった妹なのに愛してしまった・・・と思ったら、仇の息子だった・・・とか、どっちにしても厳しい間柄の二人。あまりにも特殊な状況なので、感情移入をするなんてことはなく、二人のくっついたり離れたりを大変だねえ・・・と外野から見てる感じ。結局ハッピーエンドなんでしょーなんて思いながらね。

それぞれに対して片思いする相手がいて、ジェワンにはチェギョンが、モネにはウヒョンなんだけど、彼らの役割が微妙だったよな。恋敵の様相も呈してないので、ただの彼らの片思いでイマイチよね。特にチェギョンは、やたらとお願いだけはされて、まあ言ってみれば利用だけはされて気の毒でしたな・・・

とにかく、キャラが濃いのがイ・ジュング役のイ・ドクファとペク・ミニョ役のキム・ヘスクでしたねえ。彼らの存在だけで一気に芝居がかった印象のドラマになったような気がする。彼らが出てくるとそういうのを期待してしまうところはあるので、いいんですけどね!そういえばこのお二方、法廷プリンス-イ判サ判-では、夫婦役だったんですけど、息子はドンハだったし、どう見ても曲者揃いの家族だったよ・・・

あと、一流ホテルだってことになってるんだけど、ホテルの従業員たちが面白メンバーってのが妙にギャップがある感じです。

ベルボーイ役のエンくんの女装が可愛かったな、ってそれだけ。なぜか出し物でダンスを踊ってたよ。

やっぱり彼はこのドラマでのキャラみたいな、良い人の方がしっくりくるなあ。

あと、ローマン・リー役のチン・テヒョンが裏社会にいたっぽい雰囲気をうまい具合に出してて良い感じでした。私の恋愛のすべてでスヨンの秘書官役で出てたようなんだけど、全然覚えてない!それよりもチン・テヒョンの奥さんがパク・シウンなんだって~ 快傑春香のチェリンだ~! 全く関係ない話・・・

あんまりタイトルのホテルキング=王みたいな内容のドラマじゃなかったような気がしますね。ホテルはただ舞台であって、主役二人のラブストーリーがメインって感じの印象を受けましたな。1話目のジェワンの子ども時代のくだりを見て何だこりゃと思ってしまったら挫折しちゃいそうだけど、それを乗り越えたら大丈夫じゃないかな!一番の注目ポイントはイ・ドンウクのギリギリ~と歯を食いしばったような悔しそうな表情や、反対にぽろぽろと涙を流す時の表情じゃないでしょうか!激しい感情表現にある意味、目が釘付けでした。

 

ホテルキングが見れるのは・・・

【韓国映画】LUCK-KEY ラッキー の感想 ユ・ヘジンが演じるヒョンウクが最高です!

ずっと見たかった韓国映画の「LUCK-KEY ラッキー」を見ました!めっちゃ面白かったです。こちらは日本の映画「鍵泥棒のメソッド」が原作なんだそうです。香川照之と堺雅人が主演だそうなので、こちらも面白そうだけど、ユ・ヘジンが良すぎたのでこのまま日本版は見なくてもまあいいかな~ でも気が向いたら見てみようかな!

 

スポンサーリンク


 

ストーリーは成功率100%の伝説の殺し屋と売れない役者が入れ変わったことで巻き起こるドタバタコメディーサスペンス。殺し屋ヒョンウクが戦闘で滑って頭を打って記憶を失った隙に鍵を奪って彼に成りすましたジェソンだったんですが、勝手にヒョンウクの家に行って生活しているうちに、ヒョンウクが殺し屋だという事に気づき・・・ってな感じ。殺しを依頼する人達もおバカなノリだったり、ヒョンウクが成功率100%な理由なんかも非常によくできてます。最後まで面白いです。

まあでも、この映画はなんといっても、ユ・ヘジンが最高of最高です。入れ替わって生活する二人の姿がとても面白いんですが、記憶を失いつつもどうやら自分はジェソンらしいと思い込んで、元の生活に戻ろうとジェソンが目指していたらしい俳優になろうと一生懸命努力するヒョンウクを演じるユ・ヘジンがとてもいいんですよね。そうやって彼がまじめに努力をしていたらそれが実って彼は俳優として成功していくんですよね。これはまああくまでも架空の作品の中での話ではありますが、やっぱりそこには成功する人には理由があるよなあ、なんて。目標や道が違っても成功する人はするし、しない人はしないという成功則があるなあと思ったのでした。やり方というよりは、精神力の問題なのかもしれない。

イ・ジュンも好きな俳優さんなんですが、この映画に関していえば、ユ・ヘジンがあまりにも良かったんですよね。だから、二人の生活が入れ替わったシーンのそれぞれの場面では、イ・ジュンの方のターンではぼんやりしてしまった。早くユ・ヘジンの方のエピソードを見たいと思ってしまう気持ちが湧いてしまってたな~という感じ。

ちゃんとラブストーリーも盛り込まれてるのが凄いなあと思うんだけど、ユ・ヘジンとチョ・ユニとのやり取りもとても良くて和みます。ユ・ヘジンのキスシーンとかレアなんでは!?彼女の家族とのやり取りとか素敵なんですよ~ はあいい。

最初の掴みからばっちりでストーリーの引き込まれてあっという間に見ちゃった面白い映画でした!前から好きだけど、更にユ・ヘジンが好きになったので、出演作をもっと見ようと心に決めました~~!今までに見たのは、ベテラン情愛中毒スパイな奴らチョン・ウチ 時空道士カン・チョルジュン 公共の敵 1-1くらいかな・・・ まだまだ道は長い!がんばろう~っと。

 

LUCK-KEY ラッキーが見れるのは・・・


【中国ドラマ】宮廷の秘密〜王者清風〜 の感想 なかなか強引なハッピーエンドにビックリ!

中国ドラマの「宮廷の秘密 ~王者清風」を見ました!色々思うことはありましたが、その中でも一番印象に残ったのは強引なハッピーエンドですね。はあ、なるほど、敵同志の恋仲の二人が幸せな結末を迎えるにはこの方法しかないのかもしれないなあ。人間は修行しても恨みを忘れることなんてやっぱり出来ないし、意思の力だけで乗り越えるのってやっぱり無理なんだろうなと逆に諦念をおぼえてしまいました。

 

スポンサーリンク


 

邦題は「宮廷の秘密 ~王者清風」ですが、まあ原題は王者清風な訳です。このタイトルのイメージ通り、皇帝をまっすぐな正しい人として描こうとしたんだろうなあと思う(多分)んです。だけど、そのせいで、面倒なことや嘘をつくみたいなことをまわりにいる他の人にやらせてるよう見えちゃったんだな。なんだか、義に篤いのは、あくまでも葉滄雲であって、弘曆は彼の義の篤さを利用してただけのような?弘曆の度量の広さは分かってるんだけど、その部分が調子の良さにも見えちゃう感がある。

さて、弘曆役のミッキー・ホーって私が見たドラマでは、辮髪姿の役が多いなあなんて思ったりして。似合うけども、頭を剃ってる期間が多くて大変だなあ。まあでも宮パレスシリーズとこのドラマくらいかな?本当のところ、私は彼には皇子役よりは、四大名捕の時みたいな個性的な悪役を演じてる方が好きです。

宋田田役の蔣夢婕(ジャン・モンジェ)は、紅楼夢の林黛玉ですね!あの役は病弱で傷つきやすい毛だるい感じがたまらない魅力だった彼女ですが、今回ははねっかえりのお転婆な女性。中国ではよくあるタイプのヒロインですね。まわりに迷惑をかけるのとか見てるとイラっとしちゃうんですけど、私は宋田田はまだ大丈夫だったかな。たまに本気でこのヒロイン無理~って思う時もあるんだけど、中国ドラマをたくさん見てたらちょっと慣れてきた気がする!

李聰兒役の高洋(ガオ・ヤン)もお綺麗ですよね。ちょっと寂しげな雰囲気が良い。見たことあるな~と思ったら美人心計の薄巧慧役やら、紅楼夢の妙玉ですね。割と記憶に残る美人さんだな。ちょっと神秘的な感じ。

この二人が弘曆と恋仲になるんだけど、後宮の話となると必ず描かれる女性同士の嫉妬がこのドラマでは全く出てこない!弘曆が愛情深い人だからと言っても、そんな仲良しこよしでいられるかな・・・ 記憶を失ってもその部分はなくならないと思うなー こういうとこも都合の良さがちょっと気になる。そう、なんだかあんまりこのドラマが好きじゃなかったのは、弘曆を良い人として描こうとした皺寄せが色んな方面に来てて、その違和感をたくさん感じたせいかもしれません。

そうそう!麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜の韓申役がめちゃめちゃ素敵だった李泰(リー・タイ)も弘時役で出ております。が、このドラマでは分かりやすく弘曆に敵対心を燃やし、あっという間に失脚してしまう役であった。えーん。もしも、このドラマを先に見たら、李泰の印象も全く違うものになったのかもしれない!

宮廷の秘密を探って行く部分は面白くはあったけれど、私はモヤモヤした部分も多かったですね。弘曆のキャラが素敵!と思えるなら、楽しめるかも。私は女性陣が美人で好きだったので、その点は楽しめたかな!

 



⇒Netflix







【台湾映画】台北の朝、僕は恋をする の感想 ひとつの恋の終わりと新しい恋の始まり

映画の「台北の朝、僕は恋をする」を見ました~ 実はこれもずっと前に見たのですよね。Gyao!で配信していたので見てみたよって感じだったんですが、割と面白かったんですね。台湾映画というか、なんだかオシャレな肌触りの作品でありました。

そんでもってちょっと調べてみたら、ヴィム・ヴェンダース製作総指揮ですって。アーヴィン・チェン監督はエドワード・ヤン監督のお弟子さんらしい。台湾の街がとてもロマンチックに映しとられていて、なかなか意欲作。素敵な雰囲気の映像に浸れます。

 

スポンサーリンク


 

パリに留学してしまった彼女に振られたカイ、毎日フランス語の本を見に書店に来るカイに好意を抱くスージー。カイが元カノに会いにパリに行く費用を叔父に借りる代わりに荷物を運ぶ仕事をすることに。それにまつわるひと騒動にカイとスージー、そして親友のカオも巻き込まれる夜。そしてその夜の終わりと新しい恋の訪れ。

ちょっとあらすじを書いてるとなんでもないラブストーリーではあるんだけど、差し込まれるエピソードがとてもいいんです。特に良かったのは親友のカオの片思いの話。片思いの桃子への思いを自分を監禁してる男たちにまで相談してるシーンね。みんなほんとの悪人じゃないからね。あの辺の描写はとても気が効いてる。そして、やっぱり結局告白できないカオ。初々しい恋の行方が、なんだかたまらずいいんです。

終わりとはじまりは、どちらも同時にやって来て、切なさも期待もはらんでとても美しい。突然のミュージカルっぽいダンスにちょっと驚いたけど、ハッピーなラストに思わず笑みがこぼれる感じ。愛というよりは恋の描写に映像の特質を存分に効果的に利用されてて良かったです。軽めのノリにも思えるけど、美しい映像のおかげか、余韻が残るような素敵な映画でしたよー!

アンバー・クォもとっても可愛いし!恋のおしながきであんまり可愛くないって言われる役を演じてたけど、無理があったよな。だって可愛いもん!

 

台北の朝、僕は恋をするが見れるのは・・・

【韓国ドラマ】ビューティー・マスター の感想 おそらくハン・チェヨンのメイクやファッションを楽しむドラマ

「ビューティー・マスター」を視聴しました~ ヒロインがメイクアップアーティストになるために奮闘するようなストーリーなのかと思ったんですけど、そういう感じでもなく、どっちかというと三角関係の行方が気になるよう内容のストーリーでありました。ま、ハン・チェヨンがヒロインだったってことなのかなあ?最初は、ソン・ウンソがメインなのかなと思ってたんだけど違ったようであります。

 

スポンサーリンク


 

まあ、私はソン・ウンソが演じていたジョンウォンみたいなタイプは大の苦手なのであります。いやー韓ドラではヒロインがこういうタイプなことはよくあるんですよね。だがしかし、ああいう風に一生懸命を振りかざして自分のことだけしか考えず、周りを引っ掻き回す人見てるのしんどいですよねえ。そういえばまさにソン・ウンソが出演してた彼女の神話のヒロインのウン・ジョンスもそんな感じだった・・・ あのドラマでは彼女はヒロインじゃなかったけどね。

だから、ラスト、キム・ミンスがジョンウォンとマノクのどっちとうまくいくかで、こっちとくっついたらやだなって思いながら見てたんだよなあ。だからマノクを選んで良かったな~なんて思ったりして。いつもの定番だと奮闘してるのが分かりやすい女性が選ばれがちじゃないですか!私は何も言わずに黙って実は努力している人の方が好きだなあ。

まあそういう違いもあるけど、ジョンウォンがミンスは私のことを好きだと思い込んだのは、ただの勘違いで、ああいう男は基本的に女性全般に優しい。だからこそモテるわけで。それを勝手に自分への好意と思い込んで、そう!勝手に思い込んだのに、裏切り者とか言い放つ女の人、苦手だなあ。女の人に限らんけど。いや、そうやって人のせいにして生きられる方が幸せかもしれないけど。ミンスは一応ちゃんと線を引いてたもん。ジョンウォンには優しく接してたけど、あくまでも友達だよな。

関係ないですけど、ジョンウォンが缶ビールを飲んでるシーンがよくありまして、なぜか青島ビールで気になりましたよー スポンサーなのかなと思ってたら、最後の方ではカールズバーグになっていたので、緑色の缶が良かったんですかね?ロング缶なのも珍しいなあ~なんて思いましたよ!毎度ながら謎な部分に着目する私である・・・

というわけで(どういう訳だ!)ストーリーはあんまり面白なくて、途中で方向性変わった?みたいな内容なんだけども、私的に良かったのはソ・ジュニョンですね。
私、彼をシリウスとか他でもちょこちょこ見てるけど、素敵だなあと思った覚えが無いんですね。でも、このドラマで初めて魅力的だなと思ったというか。遊び人で主役の二人の女性に取り合いされるような男の人にちゃんと見えたんだよなー なんかもっと曲者とか垢抜けてない幼い感じのイメージだったんだけど、いい具合に普通のちょっと軽めのいい男感があったなあと思うのでした。

ストーリーとしては、私的にはまだ良かったなーっていうラストだったんだけど、チェ・ジョンウォンはビューティーマスターになりたかったんだよね?でもイマイチ成長は見られず、男にうつつを抜かし、そして恋にも敗れただけという、なんとも中身のないストーリーになってしまった気もするなあ。それともそもそもビューティーマスターなマノクのお話だったのかな?

そんな感じで、なにが言いたかったドラマなのかはよく分からんかったけども、ソ・ジュニョンのイメージがガラッと変わったのでその点は収穫でありました!!️まあ、良いとこが一つあればラッキーてことで!ポジティブで行こう~!

 

ビューティー・マスターが見れるのは・・・