【韓国ドラマ】優しい男 の感想  掛け違えたボタンをすべて外して嵌めなおすことなんてできるのだろうか

ドラマの「優しい男」の視聴を完走いたしました~ 結構前に見終わっていたんだけど、なんとなく感想を書くまでに時間がかかってしまったな。ストーリーも興味深かったんだけど、それよりもこのドラマはキャスティングがとても良かったな~と思います。それぞれの役を脚本以上に演じ切っている気がして、そういう部分も含めて良く出来たドラマだな、と思うのでした。ラストは私的にはイマイチなんだけどね・・・

 

スポンサーリンク


 

ソン・ジュンギが演じるカン・マルの声はどこまでも優しくて心を包み込むようで。演技もだけど、何よりもこの声がマルの役にピッタリな気がした。

私はあんまりソン・ジュンギが好みの顔って訳ではないのだけど、マルを演じる表情を見ていると、好きな方にはたまらないのだろうなと思わされることが何度かあったな。マルの優しさって妹やジェヒという誰かに頼り利用する人を作り出してしまう元凶だったのかもしれないな、なんて思うのです。そして彼の優しさがそういう人を引き寄せている。優しさって良いものだと思い込んで来たけれど、それだけのものではもないのかもしれない。

絡み合ってこんがらがってまじりあうことはないマルとウンギ。確かにそこに愛が存在しているのに、正しく伝わらず、受け止められることもなく、ナイフのようにするどく形を変えて傷つけあっているのを見るのは切なかった。

それでもお互いに幸せだと感じあえた一瞬があったのだ、と。それは一瞬だったんだとドラマの中盤では思っていたんだけども。

そして掛け違えたボタンがそのままで最後まで行くしかないのだと思っていたら、ラストはわりと穏やかなハッピーエンドでかなり期待外れだったんだな。最後まで切なさに浸らせて欲しいドラマだったんだけどな。

ハン・ジェヒを演じたパク・シヨンが凄く良かったです。涙で人を動かす方法を知っている。それが分かっていても彼女の術中にはまってしまう男たち。一般的には悪い女なのだろうけど、欲望の向かう先を見失う悲しい女だった。罪を償った後の表情がとても晴れやかでまるで違う人のようだったのが印象的でした。

キム・テフンが演じたアン秘書も切ない存在でした。キム・テフンのちょっと悪い役いいわ~!最後の彼の選択にちょっと救われたのでした。

うすうす思っていたけど、私はイ・ユビがどうも苦手なんだなあ。夜を歩く士でも思ったけども。しかし、チョコの役にはぴったりだったなって思う。ところでベッドにあったあのぬいぐるみはぼのぼののアライグマくんですか?ちょっと耳が違うのかな・・・

そして、この二人に既視感があると思ったら、大丈夫、愛だでですね。どちらも出てた!ジェヒの兄役のヤン・イクジュンなんて両方のドラマで刑務所帰りの兄の役柄だったよね。まあそんなイメージに合う気もしますけど。

 

演出がとてもきめ細やかだったなあと思うこのドラマ。この感じどこかで見たというシーンがドラマ内で繰り返されていましたよね。きっと意図的なんだろうな。
特に記憶に残ったのはキスシーン。弘前城でのマルとウンギのキスの時は途中でマルが目を開くのです。そして、ウンギの記憶が戻った後の公園でのキスではウンギが目を開くんですよね。前者はマルがウンギを愛していなかったし、後者はウンギはマルに復讐をするために記憶が戻ったことを隠してお互いに騙しあっているという状態。

繰り返されるそういうやり切れないようなすれ違いがこのドラマの醍醐味だと思って見ていたので、ラストはまあ二人はうまく行きそうで良かったねと思う気持ちもありつつ、どうしても満足できない気持ちも残っちゃうんだなーって感じ。夢中になって見てはいたんですけどねえ・・・ だからこそ余計にあと一押しと思っちゃったのかな~

 

優しい男が見れるのは・・・




【韓国映画】作戦 The Scam の感想 株式の説明が詳し過ぎてテンポが悪いかな・・・

最近「映画は途中でストップせずに全編を一気に見るべきである」という自分の中の決まり事をとっぱらったので、気軽に映画に手をつけられるようになりました。2時間まるまる時間を作らないと!と思ってしまうとなかなか映画を見れなかったんですけども、少し空き時間があったら見ちゃうってな具合にシフトチェンジが出来たので、良い感じです。見たいみたいと思っているだけで結局見ないよりも途切れ途切れでも見ないよりはいいよねという選択の問題ですね。こういうこだわりを捨てることも断捨離というのかもなあ。うん。モノだけじゃなくて思考でも捨てると楽になる気がする。

 

スポンサーリンク


 

という訳で、今回見たのは「作戦 The Scam」です。株式の作戦の話なのですが、そういうのが全く分からない人でも専門的な言葉をかなり詳しく説明してくれるので分かりやすいかな。むしろ説明が多すぎて講義を見ている気分になりますね。おそらくこれは手に汗を握るマネーゲームなんだろうけど、彼らが必死になっているのを傍観している感じというかなんというかあんまりスリルは感じないのだな~ 面白くないことはないんだけど、すごく面白い訳でもないという感じ。うむ。理屈っぽいからかな。

まあでも私の目的は、パク・ヒスンを見ることだったので、インテリヤクザのファン・ジョング役の彼は胡散臭くて(褒めてる)最高に良かったんで満足ではあります。なんでしょうね?彼の持つ雰囲気が好きすぎるんですよ・・・ とても良いなあ。

パク・ヨンハは初めて見たんですが、こんな感じの方なんですね。普通の人って感じなのに存在感があるところが、この映画のカン・ヒョンス役は合っていて良かったですよね。ふてぶてしい表情をする時がいいなと思った。

チョ・ミニョン役のキム・ムヨルは私が見た作品ではだいたいこういうプライドが高くて屈折したところのある役柄のイメージだな。さわやかな役も演じれそうだけど、一癖ありそうな雰囲気があるので、そういうオファーが多いのかな・・・

そして、ユ・ソヨン役のキム・ミンジョンは迫力があって良かった。第3病院で医者を演じているのは見たことがあるんだけど、天然な感じとかナチュラルなイメージが全くあってなくてイマイチだなと思ってたんですよね。でもこの映画みたいに濃い目の化粧をしっかりして、人を見下ろすような態度の方がしっくり来て良かったなと思いました。やっぱり俳優さんって演じる役によってすごく印象が違うものだなあ・・・

 

さて「作戦」が株式のことだけじゃなかった、というラストはまあ悪く無いな~とは思うんですけど、マネーゲームに興味が無い人はあんまり面白感じないかもしれませんねー。癖のある登場人物が沢山出てくるのは面白かったし、私のようにお目当ての俳優さんがいる人にはいいかもしれないです。

 

 

このドラマが見れるのは・・・

【韓国映画】キッチン〜3人のレシピ の感想 ヒロインのシン・ミナちゃんがとても可愛い!

映画の「キッチン〜3人のレシピ」を見ました!おうちのインテリアやお料理も綺麗で素敵。結局不倫の話じゃん!と思っちゃう人には楽しめないかもしれないんだけど、私は人それぞれだしそんなこともあってもいいんじゃないかなって思うんだな~ 愛のカタチって色々だもん。

それにしても「キッチン」というタイトルを聞くと思わず吉本ばななを思い出してしまうんですが、全然関係ありませんでした~!!!

 

スポンサーリンク



 

ヒロインのモレ役のシン・ミナがとても可愛い。絵を描いたり、日傘だけを扱うお店をやってるのとか(雨傘は売ってない)、独特の感性を持った女の子。彼女の行動を見ると天使とも小悪魔とも言われちゃうのかもしれないけど、モレはただモレ本人なだけなんだろうな。

出会った日にドゥレ(チュ・ジフン)に惹かれてしまって、そしてそのことを夫のサンイン(キム・テウ)に正直に伝えてしまう。相手が誰かというのはサンインに聞きたくないと言われて伝えなかったんだけど、そのドゥレはサンインの料理の先生で三人一緒に住むことになるのでした。

ちょっと現実離れしたところのあるモレとドゥレが惹かれあうのはなんとなく分かる気がする。感性が近いのか二人の纏う空気は少し似ている。モレにとってドゥレを好きなことがダメなことなんじゃなくてそれによってサンインを傷つけてしまうことが苦しかったのかもな。

モレがサンインにドゥレとのことを伝えたのは、サンインという存在が兄であり夫であり家族だからなのかな。罪の意識はないのか!?とかいう次元じゃなくて、ドゥレに惹かれるのは例えばお天気の日が好きとか綺麗な花が好きとかそういう感情に近かったのかな、なんて思う。なんとなく。

サンインは普通の感覚の人だったので、最後はどうなっちゃうのかな~と思ったら、ほうほうなるほどって感じのラストでした。感性に流された切ったラストではなくて一般常識の範疇で収まりましたね・・・

私は3人で暮らしていくっていうのもありなのかなって思って楽しみにしていたんですけどね~ 自分がそれを出来るかっていうとまた別の問題かもしれないけれど、そんな関係の人たちがいてもいいのかなって思うのです。多様化の時代ですから。当人同士の了解がとれていれば自由でいいんではないかなと思うのでした。

 

キッチン〜3人のレシピが見れるのは・・・

 

【中国香港合作映画】ラスト・シャンハイ の感想 久しぶりに見た呉鎮宇(ン・ジャンユー)に大興奮!

最近、映画を見る機会が多いのですが、そういえばチョウ・ユンファは最近はどうしているんだろうなんて思って見てみたのがこの「ラスト・シャンハイ」であります。もちろん歳はとったなあとは思うけど、あの存在感は健在でありましたなあ!そして他の出演者に誰がいるかを何も知らずに見ましたが、おお!という人が結構出ていたので、見て良かったわ~!

 

スポンサーリンク


 

サモ・ハン・キンポーもほんと色んな映画で見るからどんだけ出てるんや!ってビックリするけど、この映画で久しぶりに見て嬉しかったのは断然!呉鎮宇(フランシス・ン/ン・ジャンユー)であります。やっほー

少し前に彼のことを思い出して頭に浮かんでですね。香港映画をよく見てた頃に見たあの人はなんて名前だったけな~と考えていたんですよ。そしたらたまたま見たこの映画で出てた!癖のある役を演じているのも全く変わっていない~ そう考えてみるとそうかそうか私は昔から癖のあるおじさんが好きだったんだな・・・と思いいたったのでありました。マオ将軍役のうさん臭さったらたまりません。この映画は彼ありきだと思う!!!

ああ、香港の映画館で彼が主演の映画も見たことあるもんなあ。その時いっぱい見たからタイトルもすっかり忘れてしまったよ・・・ なんだったけなあ。

なんつってン・ジャンユーのことばっかり言っていますが、チョウ・ユンファも良かったですよ。中国服が本当に似合う。年相応に恰幅が良くなったのがまた良くて、素敵な人は歳に関係なく素敵なんだわと思い知るねえ!

そしてチェン・ダーチーの若い頃を演じたのがホァン・シャオミン!この二人が同一人物を演じているのが全く違和感なくてちょっと驚くほど。

ホァン・シャオミンもいい役者さんですね。血気盛んな頃のダーチーの演技も、イエ・ジーチウに恋する演技も良かったな・・・ ジーチウとは結ばれなくてアーバオ (莫小奇/モニカ・モク)と結婚するですけども、アーバオの思いも切なくて、時代に飲み込まれた彼らの運命に涙してしまう。

イエ・ジーチウを演じたユアン・チュアン(袁泉/ヨランダ・ユアン)も美しかったな・・・ 住む世界が違ってしまったと彼女からダーチーの手を振りほどいたけれど、捨てきることが出来ない思いがどこか残っている。でももう二度と手に入ることは無いのだった。

教会での刺客を見て、隋唐演義の徐茂公じゃないかな~と思って調べたらそうだった~ 杜奕衡(ドゥ・イーフン)ですね。出番ちょっとだけだったのにすぐ分かったぞー 特徴のある顔ですもんね。

そして、東京媽祖廟の前を通った時にすごく太い線香が刺してあるのを見てビックリしたんだけど、ホン・ショウティンとチェン・ダーチーが義兄弟の契りを交わすシーンでその太いのが出てきて、本当にあんなに太いのを使うんだなあと思ったという話。

 

時代背景として日本軍が上海に攻め込んでいる時なのなので、どうしてもに日本軍が敵として描かれちゃうんだけどね、それはそれとして。
アクションもストーリーも見ごたえあって結構見いっちゃったな・・・ ちょっぴり苦くて切ない映画だったなあと思うのでした。

 

 

ラスト・シャンハイが見れるのは・・・

【韓国映画】 クイック!!の感想 難しいことは何も考えずにバイクアクションを楽しむべし!

勝手に私が開催しているイ・ミンギが出演している映画を見ようフェスティバルなんですが、今度は「クイック!!」を見ました。日本版のジャケット写真とか字体を見て、10年くらい前の映画なのかと思い込んでたんですが、2011年だからそこまで古くはなかった!イ・ミンギが10億の次に出演した映画のようです。ほ~

これタイトルのクイックは、バイク便の意味のクイックと制限時間内に行かないと爆発するっていう意味で「早く!」という意味でのクイックをかけてあるのかな~?

 

スポンサーリンク


 

爆弾テロ事件、ラブラインなどのストーリーもちゃんとあるんですけど、これはもう何にも考えずにバイク&カーアクションの疾走感を楽しめばいいっていう映画ですね。総製作費10億円をかけたというだけあってかなり本格的!バイクのこととか全然詳しくないけど、そんな私でもすごく楽しめました。

エンドロールにスタントの撮影シーンなんかが少し流れるんですが、実際にケガをしたスタントマンも多くて本当にこれだけのものを撮るのは本当に大変だっただろうなって思う。主役のイ・ミンギとカン・イェウォンも体をはって頑張ってます。でもそのおかげでなかなか迫力のある映画になってる~ 助かるって分かっててもちゃんとドキドキするもん。

イ・ミンギとカン・イェウォンのカップルはとても可愛い。暴走族時代のキス(イ・ミンギ)がイマイチ崩れた雰囲気がないのが物足りないけど、現在のバイク便の配達をしてる彼がライダースジャケットとスリムパンツ着てるのは最高に似合ってかっこいい。アイドル歌手のアロム役のカン・イェウォンもとても可愛い。三十路なのに21歳と偽ってるという細かい設定に笑う。

そしてコメディー部分を担当のキム・イングォンが最高なんですよね~ キスとライバルの暴走族だったキム・ミョンシクだけど、今は警官になってるんですね。彼が必死で二人を追いかける姿がとても面白いです。このキャラの存在は大きい!トンネルでキスが壁を使って逃走するのを見て思わず、わ~お!って彼が興奮しちゃうところが好きで何回も見ちゃった。見てないで追いかけなさいよ~て感じなんだけどね。キム・イングォンといえば、帰って来てダーリンで見たっけな?調べてたらこの前見た超能力者にも闇金業者でゲスト出演してたらしい。全く覚えてないのう・・・

 

あと出演陣も何気にとても豪華!チュ・ジンモ、ユン・ジェムン、マ・ドンソク、オ・ジョンセ、キム・テウ等々。あの人も出てる~この人も出てる~って感じ。テロの犯人は誰なんだっていうのは警察が図解で簡潔に説明してくれたり、本当にアクションありきのストーリ―展開で潔くていいです。考えてみたらバイク、車、最後は電車まで使ったアクションだもんな。盛り沢山だな。

 

こういう映画は何にも考えたくない時とか、ちょっと元気がないな~なんて時に見たら元気が出ていいんじゃないかな。めちゃめちゃ考えさせられる映画も好きだけど、こういう単純にスカっとする映画もいいよね。映画館向きの映画だな。面白かった~!!!

 

クイック!!が見れるのは・・・