【香港映画】イップ・マン 葉問 の感想 心を無にし争わぬために闘う 

イップ・マン 序章に引き続き、イップ・マン 葉問を見ました!今回はイップ・マン家族が香港に移って来てその後のお話です。サモ・ハン・キンポーが洪拳の師匠として出演していて、ドニー様とサモハン様の勝負が見れるというカンフー好きには楽しい映画でありました。

 

スポンサーリンク


 

序章では対日本軍、今回は香港なので対イギリス人という構図になっていて、考えてみれば中国という国土は翻弄された歴史を持っているんだなあとしみじみ思ったのでした。しかし、イップ・マンは武術の師匠としての精神的にも素晴らしい資質を持った人として描かれていて、中国武術だけが優れていると主張するのではなく、相手のやり方も尊重することが大事だと説くのでした。

一番心に残ったのは、弟子のレオンと話していた時の、争わないために闘うんだ、という言葉です。そうか、実は一番強くなってしまえば逆に誰とも争う必要がなくなる訳ですもんね・・・ だから、鍛錬するっていうことは誰かと戦うためではなくて、自分自身に勝つためなんだと思ったのです。武術というのはあくまでも自己修養のためのもので、自分に勝つためのものなのかもなあ。

イップ・マンの弟子としてホァン・シャオミン(黄暁明)も出てましたが、普通の服を着てたら違和感があるくらい端正だなと思ってしまった。途中で挫折したドラマの岳飛伝で見たことがあるだけですけど、ああいう古装の方が似合う気がします。でも血気盛んな感じがいい感じに出てて良かったんですけどね。

ラストの中国武術対ボクシングも見ごたえがありますけれど、それぞれ格闘技には強みも弱みもあるので、狙いどころが違うんだなあ。ボクシングはリーチが長いけれど、その分、脇が甘くなりますからね~ 体の大きさやパワーがあれば勝ちという訳ではないのが面白いですね。

そして、それよりも見ごたえがあったのは、武館を開くことを認めてもらうために各門派の師範とイップ・マンが不安定なテーブルの上で対戦するところかな!まず、猴拳に八卦掌、そしてホン師匠の洪拳とそれぞれ違いがあって見てるのがとっても楽しかった!そう、私は映画の影響を受けて門派とか全くわからないままカンフーはどれも同じだろうとたまたま近くで教室があった八卦掌を習ったことがあるんですよ!数か月でやめたので、基本のきも分からないままだけど、ちゃんと続けてたらあんなのが出来るようになってたのかな~なんて想像して楽しんでました。

そしてラストには子どもの頃のブルース・リーも出てきて、これは「イップ・マン 継承」に向けての布石かな!?って感じ。イップ・マンはドニー様のはまり役なので続編も見るのが楽しみですー

 

このドラマが見れるのは・・・
⇒Netflix




【韓国バラエティ】イケメンブロマンス シーズン1~3までの感想 意外な組み合わせが楽しい

イケメンブロマンスをちょっとすきま時間があったので見てみたよー
各組合せごとに約1時間なので見やすいくて良いですね。自分の好きな人だけ見るのも良いし。Gayo!は最近こんなバラエティー的なのも配信してる!すごい。

私も全部見るかは分からないので、今までに見たシーズン3までの簡単感想をば。

シーズン1 V(防弾少年団)&キム・ミンジェ

この組み合わせは、まあちょっと仲が良いくらいなのかなって感じ。Vくんは本当にスケジュールが詰まっていて忙しいんだろうな・・・という印象でした。バースデーケーキを本気で喜んでそうなのが可愛かった。キム・ミンジェくんはキム・サブの看護師の役と同じで実年齢よりは落ち着いて見える気がするけど、若者らしくはしゃいでるのを見ると微笑ましかったな。とにかくかわいらしい二人!

 

スポンサーリンク

シーズン2 ジコ&チェ・テジュン

へーこの二人が仲良しなんだ~っていうのがちょっと意外で面白かったのと、ジコとチェ・テジュンだとジコの方が遊んでそうなイメージだけど、実際は逆なのかもしれないのが面白い。芸術家はストイックだもんね。ジコは怖いイメージだったんだけど、ちょっと印象が変わりましたね~

 

シーズン3 リョウク(SUPER JUNIOR)&パク・ヒョンシク(ZE:A)

先輩と後輩という組み合わせなんだけど、ヒョンシクがわりとラフな口調でリョウクと話してるので友達みたいに見えちゃう!ジェットコースターに乗ってるときとか、車のナビしてる時とか、むしろヒョンシクがお兄さんみたいに見える時もあって面白いな~ リョウクがなんだか可愛らしくて年下のイケメン大好物なお姉さんみたいに時々見えてしまうのであった!笑

しかし、一番驚いたのはリョウクも言ってたみたいにヒョンシクって本当に漫画から出て来たみたいなイケメン(マンチンナムだっけ?)だってこと。ドラマで見てたら周りも俳優さんだしそこまで思わなかったけど、遊園地で一般人に囲まれると彼だけ別の世界から来た人みたいでビックリしますね・・・

 

 

イケメンブロマンスが見れるのは・・・

【韓国ドラマ】ホテリアー の感想 好きになったら強引に迫る人が人気のタイプなのだろうか・・・

初めてヨン様が出演しているドラマを見ました。ホテリアーです。とはいえ太王四神記も視聴中ではありますが、時代劇なのでまたちょっと印象が違いますねー
なんとなく勝手なイメージで、ヨン様って柔らかい雰囲気で良い人を演じているのかなと思ってたんですが、このドラマでは非情なM&A専門家役でちょっと意外な印象をうけたかなー

 

スポンサーリンク


 

高級ホテルの裏側、自分の仕事に対する愛着とかはなかなか興味かったかな。
でもなんだか恋愛部分に関しては、相手に一方的に強引に迫る人ばかりでそこはちょっとつまらないなあなんて思ったり。それとも韓国ではそういう人の方が人気があるんでしょうかね?

シン・ドンヒョク(ペ・ヨンジュン)が、実はソウルホテルに買収のために来たんだとソ・ジニョン(ソン・ユナ)にばれた後、話を聞いてくれとドンヒョクが出勤途中でジニョンを捕まえて同僚が見てる前で強引にキスなんてシーンはこれはドキドキしてときめかないといけないシーンなんだろうな~と思いつつ、私にはピンと来ないな~と冷静に見てしまいましたなあ・・・

キム・ユンヒ(ソン・ヘギョ)も私は総支配人が好きなのよ!ぐいぐいぐいーって感じだし、そのユンヒに対して今度はヨンジェ(パク・チョンチョル)が好きだ好きだ好きだ―ってぐいぐい行ってるしそんな人ばっかり。

ソ・ジニョンを演じたソン・ユナは、あのThe K2のチェ・ユジン役の女優さん!若い頃は恋する乙女的なヒロインを演じてたんですねー!全然イメージが違うなあ。このドラマでのジニョンが優柔不断であんまり好きじゃないせいもあるけど、ユジンみたいな複雑な感情を抱えた女を演じてる方がカッコイイですね。

 

ラストでは、愛情が分からなかったシン・ドンヒョクが、愛する人を見つけ、妹を見つけ、ホテルの仕事を愛する人たちを見て変わって行くところが描かれていて、きれいにまとまったストーリーでありました。キュンキュンポイントが私にはヒットしなかったのだけど少し前の時代のドラマの感じが知れて良かったかなー

 

 

ホテリアーが見れるのは・・・



  

【中国ドラマ】 聊斎志異(りょうさいしい)江城 の感想 おもしろ法術が出てくるのが楽しかった!

聊斎志異(りょうさいしい)のドラマシリーズの4作目の江城を見ました。ヒロインの名前がタイトルになっているというパターンが多いんだなあ。県衙の馬長官がなんちゃって法術使いで、透明人間になる術や瞼に塗ると妖怪が見える薬なんていうちょっと面白系の法術が出てくるシーンがあって面白かったです。もちろんほんとに実力のある道士も出てくるんですけどね。

 

スポンサーリンク


 

このドラマはストーリーが分かりやすくて、前世の因縁が根幹にあります。前世で傷つけられた蛇妖がその復讐をするために人間に乗り移るというお話。今回は妖怪のみで幽霊は出てきません。

前世で蛇妖に恨みをかってしまっている高蕃を演じるのは、リー・ウェイ(李威) 頼りない様子の坊ちゃん感は役に合っていますが、イケメン・・・ではないかな。彼は前世も人間ですねー

そして現世では人間の江城を演じるのは、ジア・チン(賈青)。彼女は前世では高蕃に助けてもらった白兎。高蕃と江城は愛し合っていて結婚するのですが、蛇妖は江城に乗り移って高蕃をじりじりといたぶるという形で恨みを晴らそうとするのですよね。なかなか陰険な復讐ですな・・・

蛇妖が江城に乗り移る時に、ジア・チンが豹変する具合が非常にうまいというか恐ろしくて、見ごたえがありました。迫力あり過ぎてマジ怖かったです。そういえば公孫九娘と同じく、彼女の実家も鏢局でした。武術が達者な女性となると鏢局の娘という設定が多くなるのかもしれません。

そして、道士・清雲の弟子の香蘭は前世では高蕃に助けてもらった茶色ウサギ。演じているのは李清という女優さんぽいけど調べてもあんまり情報が出てこないので定かではありません。彼女は高蕃を手助けすることで前世の恩に報いようとする感じ。彼女は妓女ってことになってるんですが、修業する妓女っているんでしょうか・・・謎であります。

結局師匠の清雲が最後には蛇妖を退治してくれるんですけど、途中は傷を治すための療養中なんですねー。それがなかったらすぐに話が終わってしまうねえ(^^;

蛇妖を演じてたのは、陳一諾。きつ目の顔なので良い感じに妖怪っぽかったかな。くしゃみしたら江城に乗り移って、もう一回くしゃみをしたら体から出てくるとかなんだか不思議な設定でありました。

そして高蕃の悪友の王子雅を演じたのは、ビクター・チャン(陳司翰)です。二枚目と三枚目の真ん中って感じだな・・・と個人的に思っていたのですが、なんと彼は香港女優ケリー・チャンの弟なんだって!そう言われてみれば似ているような気がしなくもないような・・・ ケリー・チャンはすっきりキリっとした感じだけど彼の方がぽややんとしてる感じですね。

でも、高蕃が面白みのない男だったので、王子雅と馬長官の面白コンビが良い味を出しててスパイスになってました。

笑っちゃったののは、「そろそろ時間だ、行くぞ」って彼が言うシーンで手首をちょんちょんと叩くところ。この時代に腕時計無いからー!!!とめっちゃツッコミました。いろいろいい加減です。まあいいけど!笑

 

分かりやすいストーリー展開と脇役とか出てくる法術がコミック的だったのでこのシリーズの中では結構面白かったです。私は好きでしたー

 

聊斎志異が見れるのは・・・

【韓国ドラマ】キャリアを引く女~キャリーバックいっぱいの恋~ の感想 ツッコミどころもあるけれどそれなりに面白かったかな!

キャリーを引く女の視聴を終了しました。結構面白かったです。つっこみどころも満載ではあるんですが、ラブストーリー部分を前面に押し出し過ぎていない感じが好みでした。ラストもグムジュがハム・ボッコとマ・ソグのどちらを選んだのかほんのりぼかした感じでしたしね。むしろそれが良かったな。だけど、そうなってくるとサブタイトルの「キャリーバッグいっぱいの恋」って一体誰に対する愛が詰まっていたってことなんですかー?って言いたくなるんですが、まああれかな、依頼人への愛、妹のヘジュへの愛、仲間たちへの愛とかそういう大きな意味での愛なのかもしれませんな・・・ それなら納得って感じ。

 

スポンサーリンク


 

チャ・グムジュが事務長だったときは良かったけど、弁護士になった後の14話くらいからストーリーの展開がちょっと無理がある気がしているのですよね。アレンがいくら川沿いの人気のないところだとしても、ユン・テオとグムジュに向かって銃を撃ちますかね?銃声するやん?そして顔をあんなにばっちり見せてグムジュのことをあんな風に殺さずにそのままほったらかしにしていくものなんでしょうか?全然、解決士の完全な仕事って感じがしないなあ・・・となんだか正気に返ってしまって、その辺りから筋書きに無理があるなと。そういうとこが気になって仕方なくなって来たんですよねー。あとはハム・ボッコが刑務所で仮病を使って病院に運ばれてくるんだけど、その時に手錠もされずに病院の中を自由自在に動き回ってグムジュやマ・ソグのところに行って言葉を交わしてたりするんだけど、そんなん出来るわけないやん!と。

まあどんどんそんなのがエスカレートして、最後には国情院にアレンを捕まえさせるんかい!?というなかなか強引な幕引きにもズッコケました。まあそもそも国情院がK-factで潜入捜査するかね・・・っていうとこがすでにどうなのかって話かもなー

ハム・ボッコ役のチュ・ジンモは最後の方は髭がねー。髭が無くても濃い顔の方なので、髭があると「濃い」ってことにしか目がいかないのであった。
そういうのもあって、グムジュとの仲にやや軍配が上がっていそうに見えるハム・ボッコ氏とグムジュの間に変にラブラブなシーンがあんまり無くて良かったと思ってしまった(^^;

チェ・ジウの弁護士役は悪くはないけれど、どうしても舌足らずな話し方のせいか劇中にあるような敏腕な人にはどうしても見えない感がある。あと、これは脚本のせいですが、弁護の時に妙にたとえ話を多用し過ぎているのも、ドラマだからと思っていても過剰な気がしたな。

おや、自分で思っていた以上に気になったところが多かったみたいである。笑

でもこんなことを言っているけれど、ドラマは結構楽しく見れていて、その理由はチョン・ヘビンとイ・ジュンがとても良かったからかななんて思ったり。

チョン・ヘビンのヘジュは、姉への鬱屈した思いを隠し切れない、でも悪い人になりきれないそんな心がすごく伝わって来て一番感情移入出来る気分だった。チョン・ヘビンはこの役を演じるのがとても苦しかったのではないかな・・・なんて思ったのだけど、なにせ対するのがチェ・ジウだし、でもその苦しんで頑張って演じてる感じが役柄自体の心情にちょうどマッチしたのかな、とそんなことを感じました。

そしてイ・ジュンのマ・ソグは新人弁護士としてのまっすぐさと、グムジュを好きになる過程、そして最後は弁護士より検事を選ぶ、というところまで非常に一貫していて好感が持てたんですよね。イ・ジュンってもっと影のある役を演じてるイメージだったので、今回のマ・ソグが新鮮で良かったのです。グムジュとの仲は、断然マ・ソグを応援しちゃった私なのだった。

そして、大好きパク・ビョンウンも出てましたー。この人生は初めてだからみたいな役もいいけど、今回の完全に悪い人もいいですな。一癖も二癖もある感じが素敵。それにしても、韓ドラあるあるだと思うけど、ちょっとサイコパスチックな人ってチュッパチャップス舐めてないですか?なんで?いつも疑問に思ってる。

彼もイ・ドンスの罪を告発したことで、一応父親の復讐をしたと言えるんですかね・・・ うむむ。

あとちょっとな~と思ったのが、チョ・イェリョンの存在。グムジュの友人になってたけど、キツめの化粧のせいか最初から彼女の存在が怪しすぎてね。ユン・テオの相手が彼女だとすぐに分かってしまってここが妙にイージーゲームであった・・・

とまあ、なんだかんだ言ってるんですけど、Gyao!で毎週更新を楽しみにして見てたんですよー。グムジュとヘジュ姉妹の関わり方とか心の動きとかは丁寧に描かれていて見ごたえがあったし、全体的な流れはそれなりに楽しめたと思います。事務所の仲間たちとかのサブキャラも好きだったし!

あっ、チン・ギョンが演じてたク弁護士は留学してそのあとそのまま行ったきりで最後も帰って来てなかったな。あの設定はなんだったんだろう?突然思い出したゾ!

 

キャリアを引く女~キャリーバックいっぱいの恋~が見れるのは・・・