【タイ映画】ハッピー・オールド・イヤー の感想 本当は捨てられないのは思い出

どんどん見るアジア映画の地域が広がっている私ですが、今回はタイの映画!ハッピーオールドイヤーを見て来ましたよ。最近、タイの映画やドラマも日本に入ってきますよね。今のところは「その他映画」のカテゴリーに入れたけど、インド映画みたいにタイ映画のカテゴリーを作る日が来るかも!?

こちらは断捨離がテーマのストーリーなんですが、実際にこんまりさんの映像が出てきて、改めて全世界で断捨離が流行しているんだなあと驚きました。そして、物と記憶、思い出はこんなにも強く結びついているものなのかと実感したのでした。物を捨てられないのは、本当は物じゃなくて、思い出を捨てられないからなのかもしれない。

この映画の中の主人公のジーンもそうで、実家をリフォームして事務所にするために断捨離を始めるんだけど、いわゆる借りパチしていた物がたくさん出てきて、最初はぽいぽい捨てられてるんだけれど、罪悪感から持ち主に返しに行くことを始めるんですね。そして友人にも、元彼にも会うことなると。そして見ないふりをして蓋をしてきた思い出に決着をつけるという経験をすることになるのです。

多分、そんなに借りパチする!?(っていうか借りパチって伝わるかな?借りたまま自分のものにするってことです)と思ってしまいそうなとこもあるんですけど、もしかして、彼女は父親との件によって、そういう風に見たくないものから逃げて無かったことにするという性質になってしまったのではないかな、なんて思えたのでした。だから、彼氏ともきちんとした別れを告げずに思い出を箱にしまい込んで忘れたフリして逃げて。でも結局、見ないふりしても心の奥には忘れられない記憶として刻み込まれていて、彼女のようにきちんと向き合わないと昇華できないのかもしれない。もちろんそうしてパンドラの箱を開けてしまうことで起こってしまう出来事も色々あるのだけど、でもやっぱり彼女が迎えた新年は彼女が抱えていた思いをやっと心の奥から空に開放してあげれたようなそんなハッピーオールドイヤーだったな、と思うのでした。

ああ、しみじみと思い出しても良い映画だったな。主人公の女の子も非常に良かったんですが、私はジーンのお兄さんの存在がとても好きでした。彼の存在が無かったら、もっと見ててしんどい映画になった気がするんです。でも、彼の雰囲気やトーンが優しくて、痛みを分け合ってくれるその存在がジーンにも観客にも寄り添ってくれるような気がしてとても良かったです。新しい年を迎えたことだし、私もパンドラの箱を開けて、断捨離に挑戦しようかな!そこには希望もあるのだと信じて。

 

⇒Netflix







【韓国映画】レッド・ファミリー の感想 何気ない日常こそが幸せなのだろうな

どうしてもやっぱり悲しいのですよ。北朝鮮を描く韓国映画を見ると。
そしてこのレッドファミリーもやっぱり苦しく切ない気持ちが溢れます。そして一体幸せってなんなんだろうなって考えてしまう。今の自分の立場から考えると、きっとある程度欲しいものも手に入れられる、やりたいことも制限されない西側諸国の方が幸せなんだろうなと想像するものの、例えば北朝鮮の本当の実態は知らない訳であって。だからそれが想像の範疇を超えない以上は、どちらが幸せかなんて簡単には判断してはいけないのだろうかとも思うのでした。

さて、この映画のストーリーは、北朝鮮から韓国に送り込まれたスパイのお話。彼ら4人はぱっと見は家族のようだけれど、本当は他人で偽の家族を装っているだけ。そんな中、隣の家族の日々の喧嘩などのやり取りを見て初めはバカにしているんだけれど、だんだんとそのペースに飲み込まれて行ってしまうんですね。そしてそんなスパイ一家に最終的にその隣の家族に対する暗殺命令が下されるが・・・という感じ。

だから、この映画は、物質的な意味での韓国への憧れという部分ではなく、たわいもない喧嘩をしながらも家族一緒に暮らしていることに対しての憧憬が描かれていたので、その点は納得感もあり、ぐっと揺すぶられるものがありました。スパイのメンバー達は結局、祖国に残した(というか人質に取られてる感じなのかなあ・・)本当の家族を守るために命令に従っているのですよね。だから彼らも人一倍家族を思う気持ちは強い。だからこそ、その隣の家族のやり取りをバカみたいだと思いながらも羨ましく思う気持ちが見ていて苦しい。そして一緒に家族のふりをしている仲間たちがだんだんと本当の家族みたいになって行くような感情の動きなんかも見ごたえがあって良かったなあ。

最後、お決まりだなと思いつつも、隣の家族のやり取りを完コピするスパイ家族に姿には思わず涙します。そう来るんだろうなと展開は見えたものの、それでもやっぱり泣いちゃったなあ。コメディーっぽく面白い部分もありつつ、直球で泣かせに来られたなという感じでした。

はーとにかく韓国人だとか北朝鮮人だとかの区別なく、みんなが幸せに暮らせる世界でありますようにとそんなことを切に願っちゃいますね・・・ 本当に心から。

 

レッドファミリーが見れるのは・・・





【韓国ドラマ】油っこいロマンス の感想 お料理ドラマは見てるとお腹が減るね!

明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。
本当にたくさんの方にこんな私の偏愛を曝け出したような辺境のブログにお越しいただきありがとうございます。

まあなんというか、ブログのデザインもカテゴリーも変更しなきゃなあ・・・と思ったり、実はまだ書いていない感想が53個(なんてこった!)も溜まっていたり、こんなに中国とかインドとかアジア全般の作品が増えて来たからブログのタイトルも変えた方がいいんじゃないかとか色々思ったりとやるべきことも多いのですが、マイペースにボチボチ進めていきたいと思います。お付き合いいただけると嬉しいです。

さて、今日の感想は「油っこいロマンス」であります。
まあメインはジュノが演じるプンとチョン・リョウォンが演じるセウのロマンスですよね。一応、チャン・ヒョクが演じるチルソンが絡んで三角関係っぽくはなっているけれど、形式的って感じで出来レースなのでそこはあんまり面白くはないかなあ。つらい結婚を経験した二人だから幸せになって欲しいなあ~なんて気持ちは起こるんだけど、二人のロマンスに嵌れる感じではないんですよね。

で、ヤクザってことでその点はマイナスないイメージはあるものの、どう見ても漢気があって素敵なのはチルソンじゃないのって思えてきて、思わずチルソンに肩入れしちゃうんだなあ。セウにかなりすげなくあしらわれてるしね・・・

あと、私はあんまりチャン・ヒョクは好みのタイプじゃないんだけど、このドラマではかっこいいなと思わされましたね。運動神経が良いのでアクションのキレはさすがだし、このドラマではイップマンを彷彿とさせるシーンが多いのでとっても面白い。木人椿が彼の家にあったり、トレーニングもイップマンのシーンを思い起こさせるものだったり!という部分はかなり私のツボをついてきて楽しかったのですよ。

うーん。そう考えるとやっぱりチャン・ヒョクが控え選手的な扱いっていうのは存在感的に無理があったかなあ。ジュノもきっと料理のシーンとか特訓してめちゃめちゃ頑張ったんだろうなあって思うし、それはよく伝わってきたんだけどね。しかし存在感とかは一朝一夕に身につくものじゃなくて難しい・・・

ところでこのドラマで一番気になったのは、イ・ミスクが一人二役で、セウの母親役とチルソンの母親役を演じてたこと。あれは何だったんでしょうか?実は二人は姉妹で、セウとチルソンはいとこ同士!とかいう事実があるのかと勝手に思いながら見てて、だったら二人が恋仲にならなくて良かったねとかいうことなのかと想像したりしてたんですが、全然そんなことなくてね。ただ、あれですかね?イ・ミスクはガムおばさんみたいな役も出来るよ、ほー!と思えばいいだけだったのかな?うーん。誰か教えて欲しい。

サブキャラのメンバーの皆さんも楽しい顔ぶれで、メンダルとソルジャの恋なんてスパイスも良かったし、何より出てくるお料理は美味しそうだし悪くなかったんですけどね。夢中になって見るという感じではないけど、軽く見る分にはそれなりに面白かったかな!

 

油っこいロマンスが見れるのは・・・



【横浜中華街】悟空茶荘 素敵な空間で美味しいお茶を堪能できるカフェ

先日、横浜中華街でランチをした後に素敵なカフェに行ってきたんですよ!いつも行ってみたいと思っても混んでるイメージで行けてなかったんですが、この日の悟空茶荘はそこまで待機の人も多くなかったので、チャレンジしてみました。

1階がお茶や茶器を販売している店舗で、2階がカフェになっています。1階にウェイティングボードがあるので、希望人数を記入して待つことしばし。1階がお店っていうのは待ってる間に色々見れて良いですね。まさに2階で飲める茶葉やドライフルーツ、お菓子類が売っていて、こみあって行けない時はこういうのを買って帰ることも出来ていいなあなんて思いました。反対にカフェで試して気に入ったものを買うというのもありですね。全部揃えたくなる~!

さてさて、2階に行くと非常に雰囲気のある素敵な空間が広がっていました。本当に現地のちょっとレトロなお茶屋さんってこんな感じなのかな~と思いを馳せる。皆さん思い思いにくつろいでいて、とても良いです。

さて、まずはお茶の種類を選びますよー 色々あって悩むー!

私はジャスミンティーが飲みたい気分だったので、花籠ジャスミン茶にしてみました。お友達は苦丁茶にしてました。ちょっと苦いですよ、とお店の方がおしゃってましたが、私もちょっといただいてみたら嫌な苦みじゃなくて、すっきりとした苦み。上品でこれもまた美味しかったー!

そうそう、お茶だけじゃなくアルコールなんかもあります。こういう円卓で飲みながら、肉まんやジャーキーを食べるのも魅力的だなあ。

デザートやスナックも色々あって目移りしちゃうよー

色々気になったものの、飲茶ランチをいただいた後だったので、お茶請けプレートをオーダーしたよ。

こんなお茶を使ったスムージーなんてのもあって、これまた美味しそうだったな。夏にはいいかもね!

その他、小腹がすいたら食べられそうなお食事類もあります。

私はおこわがめっちゃ気になる。たまにとても食べたくなる時があるんですよね。

オーダーして待っていたら、まずテーブルにアルコールランプに火をつけてお湯が入ったポットを火をかけてくれます。どうやら茶葉に何度でもお湯を注いで楽しめるみたい。ポットのお湯が少なくなったらお願いしたら更に足してくれます。我々は最終的にポットに3回くらいお湯を足してもらった気する・・・ それくらい居心地が良かったんですよ!

お隣のテーブルが写っちゃうので、全体像をちゃんと撮れなかったんだけど、奥の方にあるガラスのポットが、お湯用のポットですよー

花籠ジャスミン茶もやって来ましたよ。お店の方がお湯を注いで、茶葉が開くまでちょっと待っててねと蓋をしてくれます。

ちょっとずつ開いて来たー!

花籠という名前にふさわしく、ちゃんと茶葉とお花が繋がっていて、花籠みたいな形になるんですよ!

この美しさをなんとか伝えたいと何度も写真を撮るも撃沈。でも雰囲気は伝わるかあなー?

上から見るとこんな感じ。一番上の真ん中の紅い花は千日紅で、茶葉と繋ぐ白い花はジャスミンの花だそう。もちろん美味しいお茶だったんだけど、それ以上に目にも美しくて、本当に心が満たされました。

かなり何度もお湯を注いで飲めましたよ。午後にお話をしながらのゆったりティータイムってとても良いです。

さて、お茶請けの方はマーラーカオ、干しブドウ、ジャーキー、干しみかんだったかな?甘いと塩気とのバランスが最高で、これもまたとても好みでした。特に干しみかんが初めて食べた気がするんだけど、こういう甘味が出るんだーと気に入りましたね。この辺りも1階に売ってましたよ!

とにかく、贅沢で満たされた時間を過ごせたなと、大満足のティータイムでした。どうしても珈琲ばっかり飲んでしまいがちな私ですが、良い茶葉は本当に美味しいと改めて思いましたよー!また行きたい。

 

⇒悟空茶荘


【韓中ドラマ】その男のバラード の感想 ノ・ミヌファンにはおススメだよ!

Gayo!で配信してたので見ましたよ「その男のバラード」!ノ・ミヌが出てたので見たのですが、どうやら韓中合作ドラマのようでした。ヒロインは中国出身で韓国に来て歌手を目指すという筋書きなのですが、彼女は中国語、他のキャストは韓国語を話し、それなのに完全に通じ合っているという謎に近未来的な言語感覚。主要キャストだけじゃなく、韓国の街中の人たちでも彼女の中国語を理解してたからね。すごい。まあでも、ほんとにイヤフォン型の翻訳機とか出来て、こういう風に会話できる時代が来るんだろうなあ~なんて思ったりしてたのでした。

ストーリーとしてはありがちで、目新しいところはないですね・・・ なのでおそらくノ・ミヌを愛でるドラマなのかな~と思われます。家を出てアルバイトをしまくってるという設定なので、ヘルメットをかぶった警備員やら、コンビニバイトやら、そして本領発揮のギターを弾いてるノ・ミヌやら色んな姿が見れます。

私も久しぶりにドラマで彼の姿を見たけれど、ほんと美しいと形容するのが正しいなと思うくらいお綺麗だなと思っちゃいました。一番見とれちゃったのは寝顔!美でしかない!

あとは気になったのは謎の丸亀製麺推しですね。ご飯食べに行く時は何故かここ。韓中合作ドラマだというのに、日本的なうどん屋さんでごはん・・・ スポンサーなのかな?韓国に何店舗くらいあるんでしょう?? それにしてもやっぱり日本風を醸し出そうとすると桜がポイントなんだなあなどと店内の装飾を見て思うのでした。

Gyao!では、15分×10話、実際にウェブでは45分×3話だったみたい。短いので見やすいと言えば見やすいです。が!短さに比例して内容も薄い感じ。必見というドラマではありませんが、ノ・ミヌがお好きな方にはいいと思います~

 

その男のバラードが見れるのは・・・