【中国ドラマ】画皮2 真実の愛 の感想 映画とは全く違う印象のドラマになってた!

中国ドラマの「画皮2」を見ましたよー これは映画版を先に見てたのでちょっと楽しみにしてたんだけど、私が好きだった部分は悉くと言っていいほど無くなっていたのであらまーって気分になりました。映画はキャスティングが好みだったし、妖魔モノらしい禍々しさが映像で存分に表現されていて最高だったんだけどな・・・ その辺はドラマだからまた違うものになってしまうのも仕方ないのかな。

 

スポンサーリンク


 

主役の王英(ワン・イン)を演じるのは、ハウィック・ラウ。私はこのドラマで初めて見たけれど、この後続けて何度か見ることになりました。ヤン・ミーの元旦那様だったのね~ そうねえ。キリっとして素敵な気もするけど、このドラマでのワン・インという人は良い人なんだけど、とにかく優柔不断な人でね。見てて相当イライラしました。「誰も傷つけたくない」という優しさもある意味一種のエゴなのかもしれないなあ。

小唯(シャオウェイ)を演じるのはバイ・ビン。こういう妖怪役とても似合います。このキャスティングは文句なしかな。男の人はこういう美人に弱いんだろうなという弱々しく見える尽くすタイプで、映画のシャオウェイとは全然違う。

そして李静(リー・ジン)公主役はインアル。彼女もちょっとお転婆なくらいで普通の公主。彼女が個性があんまりないのがあんまり面白くなかったかな。ただひたすらワン・インを愛しているというだけ。なんだか存在感が薄く感じてしまって、そのせいでワン・インとシャオウェイのラブストーリーといった印象のドラマでしたね。

龐郎(パン・ラン)役はマオ・ズーシン、彩雀(ツァイチュエ)役はダイ・ジュンジュ。この二人はひたすら愛し合ってて素敵だったな。龐郎は除妖師なのにもかかわらず、妖怪を愛することに迷いが無いのが良いのよね。まあつまりワン・インみたいな優柔不断なタイプはどうにも好きになれないってことですわ・・・

一番印象に残ったのは浮生(フーシェン)かな。演じてたのは王雨(ワン・ユィ)という俳優さん。ルビー・リンの傾城の皇妃にも出てるみたいなのでまた今度見てみようかな。とにかくフーシェンについてはドラマでエピソードが増えてた登場人物の中で唯一良かったなあと思います。ドラマに出てくるしつこく片思いをしているタイプはその人の行動によってはとても鬱陶しく感じてしまうのですが、彼は自分でも愛という感情を知らなかったところから始まって、ただひたすらシャオウェイを見つめてそして守らずにいられないところが切なくも素敵でした。人間界にいることでだんだんと色んな感情を持つようになって行く姿が良かったんですよね。

 

テレビドラマになって他にも色々登場人物は増えているんですが、他の人たちはあんまりかな・・・ 私は映画がとても好きだったので、どうしてもそれと比べてしまってイマイチ楽しめなかったんですね。違うなりにそれぞれ楽しめる場合もあるのだけど、このドラマに関してはダメだったなあ。まあそういう事もありますよね!

 

画皮2 真実の愛が見れるのは・・・


【香港映画】アイスマン 超空の戦士 の感想 400年間の眠りから覚めた錦衣衛が主役のストーリー

アイスマン 超空の戦士を視聴しました。Gyao!で配信していて、ドニーさんが出てたから見たんですけど、この1作で完結するものではなく続編があるみたい。そのせいなのか分からないけど、イマイチ腑に落ちなかったり訳分からんところがあるんですけど、まあそんな細かいことを考えて見ないほうがいい映画かなという気がしますなあ。

ちなみに1989年の映画『タイム・ソルジャーズ~愛は時空を超えて~』のリメイクだそう。ユン・ピョウとマギー・チャンの映画らしい。なんとなくこの映画の存在は知ってる気がするなあ。結局見てないんだけど、この二人が主役の映画を見ようとしたことがあったような。こちらの映画はわりと評判がいいようなのにリメイク版はどうしてこうなったのか・・・

 

スポンサーリンク


 

ストーリーは簡単に言えば、明の時代の3人の錦衣衛が雪崩にあって冷凍保存されていたんだけど、色々あって400年の眠りから覚めて復活するという話。この3人は仲間だったんだけど、裏切り等もあったみたい。でもその辺の詳しい事情はこの1作見ただけでは誰がホー・インをはめたのかはどうもはっきりしないのよね。

警察署の副署長チョン役でサイモン・ヤムが出てて、彼が執拗に3人を追いかけているんですね。でもどうやら彼も400年前から来た人みたいで、実は3人とは仲間だったようなんですね。ということは彼だけは冷凍保存されていたわけではないのに、どうして現在にいるのやら分からない。3人を追ってるのは秘宝的を手に入れたいからなのかな・・・という気はするけども。

そうそう彼の仲間のタン役でラム・シューおじさんも出てて香港映画って感じ。香港映画に関してはおなじみの人が出ていてもマンネリという感覚が無くて、いるいる!って楽しい気分になるのはなんでなんだろう?むしろ嬉しいもんなあ。

ニッ・フー役を演じたユー・カンはドニーさんとよく出てるのを見る気がするし、サッ・ゴウ役のワン・バオチャンは隋唐演義に出てましたね。ラストの3人の橋の上でのバトルシーンはなかなか見ごたえがありました。なかなか大掛かりな撮影で結構お金かけてるな~って感じなのにストーリーがよく分からんのは一体なんなんだ、とか言ってはいけないのだろうな。

あ、あと明の時代の闘いのシーンが雪の中でだったんだけど、盾をスキーみたいにして滑って逃げてるのが面白かった。このシーンは日本で撮ったらしいよ!妙なところにこだわってるのがすごいね!

 

そして「アイスマン 宇宙最速の戦士」という続編が今年公開されたみたいなんだけど、ここでもまだ完結しないらしいのであります。話を広げ過ぎて収拾がつかなくなったんだろうか・・・

ま、そんな具合なので、目で見るな心で感じろってな映画な気がします。細かいことを考えてはいけない!いいんです。ドニーさんが出てるだけで!笑

 

アイスマン 超空の戦士が見れるのは・・・



【韓国ドラマ】デュエル -愛しき者たち- の感想 望んだ訳ではない争いに巻き込まれる二人の存在が悲しい

デュエルの視聴を終了しました。クローンが出てくるのが今どきのドラマって感じですね。浪漫ドクターキム・サブで初めて見たヤン・セジョンもすっかり主役クラスの俳優さんになっていて、今回は一人三役という難しい役どころを演じています。クローンの二人とそのお父さん役。お父さん役はさておき、ソンジュンとソンフンに関してはしっかり演じ分けられていてすごいなと思いました。目尻のメイクが少し違ったのかなとも思うのだけど、まとう雰囲気も表情も全然違って良かったです。私が一番好きなのはソンジュンがソンフンを演じてサニョン製薬の娘に会いに行くところ。ちゃんとソンジュンって分かるんですよ~

デュエルの意味は二者間の勝負というような感じ。クローンとして作り出されたソンジュンとソンフンがまわりの利害関係の争いに巻き込まれていく様がとても悲しい。本人たちは決して望んでいないのに。

 

スポンサーリンク


 

まあそういう感じで、ヤン・セジュンの演技は大変楽しんだんですが、実は一度2話くらいまで見て、しんどくなってストップしちゃったんですよね。それはチョン・ジェヨンが演じる刑事が苦手だったから。娘が誘拐されたから取り乱す気持ちはもちろん分かるんだけど、非常に強引な態度と荒い言葉遣いの刑事像についていけない気分になっちゃったんですね。あと我が子を守るためなら他人はどんなに傷つけても構わないという考えや行動がすごく苦手です。で、これは無理かな・・・と思っていったん見るのをやめたんだけど、数週間たってクールダウンしてからそうはいってもラストが気にはなるので視聴を再開。3話くらいからは班長も普通に話をするくらいの判断能力が戻ってきたように見受けられたので私も落ちついて見ることが出来てちゃんと完走することが出来ました。こういう感じの刑事はドラマでとても多いし、普段見てるときはそこまで気にならないんだけど、今回はちょっと過剰に感じてしまったのか、私が疲れている時期に見ちゃったとかなのかもしれませんね~

それにしても色々と極端な人が出てきたな~という印象がありますね。クローン人間が出てくるくらいだから現実離れした感じがあるのは仕方ないけど、全体的にそんな感じですね。チェ検事もだし、サニョングループの人達もだし。

そのサニョングループの娘役のチョ・スヒャンの狂った感じの演技も良かったですね。恋のゴールドメダルなんかでもちょっと意地悪な役を演じていたけれど、これから若い女性で癖のある役には彼女がいいかも!ちょっと気になる女優さんです。しかしドラマで出てくるお金持ちたちの「下々の者の命なんて価値が無いからいくら失ってもなんとも思わない」みたいな感覚はすごいな。本当にそういう感覚の人っているのかな?知らない世界なのでなんとも理解不能の向こう側って感じです。しかし、そういう気持ちがないとクローンを作るということを実行に移すことなんて出来ないだろうな。

班長の娘さんはハッピー・レストランでも演技がとっても上手だったイ・ナユンちゃんでしたね~ このドラマでは白血病の役だったんだけど、本当に髪の毛を切ってたんじゃないかしら?役者魂~~!そして物語のキーとなる存在のリュ記者役のソ・ウンスも浪漫ドクターキム・サブに出てましたよね。彼女も独特の雰囲気。ほんわかしてるのに芯がしっかりしているというような。

 

結局望んだわけではない争いに巻き込まれた二人のクローンはそれでも最後は人間として扱われたからこそソンフンは自分が犯した罪の罰を受けとめその報いを受けたと言えるのかな。そう考えると救いがあるような無いような。どちらにしてもやっぱりどこか空しく悲しい内容のドラマではありました。

 

デュエル -愛しき者たち-が見れるのは・・・



【マレーシア】Purple Cane(紫藤)の月餅をお土産にいただいたー!

マレーシア旅行に行った友人から月餅のお土産をいただきましたよー。
Purple Cane(紫藤)という会社のなんですが、マレーシアのお茶屋さんらしいです。

 

スポンサーリンク


 

本国ではPurple Cane Tea Restaurant(紫藤茶原)というティーレストランもあるらしいので行ってみたいなあ。

パッケージのイラストもとっても素敵。南国らしいビビットな色使いがいいよね。

開けてみると白居易の詩が載ってたり。
空海を見てから白居易と言うと黄軒が浮かぶようになっちゃったな~

月餅は緑茶色!茶葉の会社なので月餅もお茶とのコラボ。
いただいたのは白蓮蓉×緑茶のフレーバーです。

月餅自体もそうなんだけど、お茶のティーバックも入っているので、このひと箱でティータイムを楽しめちゃうのです!

月餅の押型も女性の柄で、とても可愛い。
ニュータイプな月餅~

鼻を近づけるとほんのりとお茶の香り。皮の部分に茶葉が使われてるようです。

ぎっしりの白あんの中に蓮の実が入っていて、良いポイントに。かぐわしくてとっても美味しい月餅でした~
色んな国のを食べるのって楽しいですねえ!ごちそう様でした!!!

Purple Cane(紫藤)の月餅紹介の動画もあったよー
他の種類もとってもキレイでおいしそう~

 

【韓国映画】男と女 の感想 一面の真っ白な雪にも覆い隠すことのできないもの

コン・ユとチョン・ドヨン主演の「男と女」を見ました。私がびっくりするくらいハマれなかったのは、たぶん冒頭のせい。チャン・ドヨンの煙草を吸う姿がわざとらしく見えていきなりそこからあれれって感じ。極力煙を体内に入れたくないようなふかしているだけの吸い方に見えて違和感。喫煙の習慣のシーンはヒロインの鬱積した気持ちを表すためだったと思うのだけど、そういう意味ではあんなに何度も小道具として使用したのは逆効果だったのではないかとまで思ってしまう。多分、チョン・ドヨンに対しての私の期待値が高すぎたせいもあって余計にそんな風に思ったのかもしれないなあ・・・

 

スポンサーリンク


 

映画って物語の中へダイブするために臨場感に浸ることが必要なんだと思うのですが、私はその冒頭でそれにいきなり失敗してしまってそのまま最後まですごく傍観者でありました。物語の淡々とした描き方も相まって美しい風景で覆い隠した絵空事を見ているような気分だったようです。

でも淡々とした映像作品が苦手だという訳ではなく、むしろ口数や動きが多すぎる方があまり好きではないので、扱っている題材とかストーリーに寄るとは思うのですけどもね。どうやらこの映画はあんまり私にはグッと来なかったな、という感じです。

男と女の違いが端的に表れたラストまでの展開はうまく描かれていると思うんですけど、切ないとか悲しいとかより虚しさを伴う諦念みたいなものに覆われてしまう。分かっていてもこんな風に突き付けられられたくない事実のようだと思ってしまうのです。

男性と女性の特性の違い、覚悟の違い、不倫の結果に起こることの違い。表面上取り繕っても人間の本質は自ら現れてくるのです。雪に覆われてもそれは隠せないのだとあのフィンランドの真っ白な大地を見て思っていたのです。

男のラストの涙がとても嫌だった。それが自分さえ我慢すればという自己犠牲のつもりでもやっぱりそれは結局自分の選択で。どう言い繕っても自らが初めて夢中になってかき回した相手を捨てて家族を選んだのに、その涙は自分のための涙のように見えて、泣いている姿なんて見たくないのだった。

サンミンの夫のパク・ピョンウンがかけてたメタルフレームの眼鏡がとても似合っていて素敵だった。ちょっと神経質だけれど、申し分のない夫。だけど・・・というサンミンの気持ちは分かる気がする。子どものこと、仕事のこと、家庭のこと。それはギホンも同じで。サンミンとギホンの二人の間にあった感情はそれが本当に愛なのかさえ分からない。辛い日常が無ければ二人が惹かれあっただろうかと考えてしまうのだった。

 

好きか嫌いかでいうとあまり好みではない映画でした。けれど、見終わった後につらつらと内容についてふと考えている気がする。人ぞれぞれ色んな状況あってのことだから不倫が悪いとかそういう一方的な視点は私にはないんだけど、それよりも結婚して家族という形式になるということが簡単に断ち切れる関係性ではないんだなという事の方を彼らというか、ギホンの選択で思ったのでした。人は気づいていないつもりでも緩やかな鎖につながれて生きているものなんですね。そんなことを改めて思ったのでした。

 

男と女が見れるのは・・・
⇒Netflix