【韓国映画】真犯人 の感想 誰も、そして自分も信じられなくなる

映画の「真犯人」を見て来ましたよ~ ソン・セビョクが主演と聞いたら見ないとね!タイトルからも分かるように真犯人は一体誰なのか?というのを追うミステリーなんですが、実は私は最後まで真犯人が全然分からなかったんですよね。いつもわりと早いうちにだいたい犯人が分かってしまうタイプなので、そういう意味では楽しめましたよ~

ストーリーは、ソン・セビョク演じるヨンフンの妻が殺された現場が発見されるところから始まります。その後、犯人として捕まったのはヨンフンの親友のジュンソン。二人が不倫関係にあったのが理由というのだけれど、ヨンフンは信じられないでいたんですね。そこにジュンソンの妻が訪ねて来て、夫の無実を証明して欲しいとすがられ、二人で真実を究明しようとする過程で見つかったのが新たな容疑者。彼を捕まえて真実を明らかにしようと拷問までするが、その結果分かった真犯人とは・・・!って感じ。

う~ん。考えてみたら登場人物が大変少ないのだから簡単に真犯人が分かりそうなものなんですよ。分かる人はすぐにわかったのかもなあ。だけど、私はなんだかどんどんけむに巻かれていく感じで、何を信じていいのか刻一刻と分からなくなっていく感じでしたねえ。これは台本というよりは、配役の妙で、被害者の夫がソン・セビョクだったからこそかなあと。彼は明だけではなく闇をも飲み込んで内に孕んだような雰囲気があるじゃないですか。その部分がなければ成立しないストーリーなんだと思うんだよなあ。なので、夫の無実を信じる妻役のユソンも良かったんですけど、やっぱりソン・セビョクが抜群に良かったです。

見てて気になったのは、とにかくずっと言い争いというか、テンションが高めの言い合いが終始続きますので、そういう意味では大変疲れることかな。ここは好みが分かれそう。韓国ドラマを見慣れてる私でもかなりしんどかったので、そうじゃなかったら更にビックリしそう。

監督のコ・ジョンウクはこれが初めての監督作品のようなんですが、シーンの切り取り方にセンスがあるなあなんて思いました。特に殺人現場の状況へのこだわりや、鑑識官が調査している様子などの撮り方なども細部まで気を使っているのが伝わってきました。絵の作り方に対する美意識が感じられた気がする!

ところで、結局私が真犯人が最後まで分からなかった理由はなんとなくこんな感じかなあ。犯罪捜査系のドラマや映画は好きなので、わりと見て来た中で、最近は特にこった犯罪の場合が多くて、犯人たちは緻密に考えているパターンがよく見られる気がします。そういうのに慣れちゃってるところがあったのかも。だからちょっとネタばれになってしまいますが、この映画でジュンソンが無実になったとして、じゃあその後に自分が真犯人として捕まるとは思わなかったのかと。結果的には警察の捜査が杜撰で本人は捕まらずにオーライとはなったのだけど、そのあたりも偶然の産物というか。殺人自体もだし、その後のことも行き当たりばったりで何も考えてないけど、自分は大丈夫という根拠のない自信みたいなのを持ってるのが理解できなくてその人が犯人とは思えなかったんだろうなと。多分。ぬぬぬ。

まあそうこう言いつつ、最後まで楽しめたからいいんですけどね。殺人現場を再現してみちゃうような常軌を逸した被害者の夫役のソン・セビョクには完全に満足したし、そしてラストの苦い感じも韓国映画っぽい~と思いましたね。ヨンフンが何も言えなかったのが分かる気がするな・・・ 誰も、自分(というか自分の判断能力)も信じられなくなりますわ、こりゃ。

 

⇒Netflix






【韓国ドラマ】私は町で芸能人を拾った の感想 これもストックホルム症候群みたいな感じ?

「私は町で芸能人を拾った」を視聴いたしました~ タイトルを見て、芸能人の生活を密着!みたいなバラエティーかと勝手に思っちゃったんだけど、全然違いましたね。めっちゃドラマでした。

しかし、ソンフンって一般人じゃない役がとにかく似合うね。今回はそのまま芸能人役ですが、今までも御曹司の本部長とか、CEOとか支社長とかプロデューサーとか。顔が整いまくりなので外見的にも普通のサラリーマンとかじゃ浮いちゃう感じがあるので、自分に似合う役をうまく選んでるな~って。まあそういう役のオファーが多いのかもしれないけど。そしてやや高慢だったりする高飛車な人物を過剰なくらいにやり切ってくれるのところが最高に好きです。はい。このドラマも韓流スター役をしっかり演じ切ってくれてて逆にコミカルに見えてくるのがいい感じです。ストーリーはさておきって感じだけど。

ストーリーは課長にひどい扱いをされて怒り心頭のイ・ヨンソ(キム・ガウン)が酔っ払って裏道で課長を靴で殴るつもりが実際に殴ってしまったのはカン・ジュニョク(ソンフン)だったんですね。ところが、そのままカン・ジュニョクが倒れて動かなくなったことから彼を殺してしまったと思ったヨンソは証拠隠滅のためにそのままジュニョクを自宅に連れて帰るんだけど、実際には死んでいなかったと。しかし、その事実を彼に通報されたら困る彼女はそのままジュニョクを監禁することになって・・・てな感じ。そうしてだんだんと二人の間に芽生える恋心。マジ!?

いやあ、まあね。意外な出会いを考え出してくるなあという部分ではその発想に感嘆する部分はあるんですけども、めちゃめちゃやな・・・という気分も同時に沸き起こりますねえ。でもヨンソを演じてたキム・ガウンがキュートだったり、気の毒な状況だったりするので、犯罪者!って感じには見えないので、あくまでもドラマの中の設定としてそれなりに楽しめたかな~とは思います。そうそう、最近、映画のストックホルム・ケースを見たので、生存戦略として犯罪者に好意を持つようになるというストックホルム症候群からヒントを得たストーリーなのかな~なんてことも思ったり。

サブキャラで良かったのは、ナム課長役のホ・ジュンソク!部下を利用するいやらしい上司をめっちゃうまく演じてました。悪人役も多いけど、良い人の役も演じるし、今回みたいな役も素晴らしくて本当に器用だな~と思いましたよ。どの役もわりと印象に残ってるんですよね。

ジュニョクを狙った実際の犯人は一体誰なのかというの部分についてのサスペンス仕立て+ラブコメってな感じのテイストのドラマですが、色々工夫を凝らしたんだろうな~とは思うものの、どちらも中途半端な印象は否めないかな。10話だし仕方ないかな。前半、主役がほぼ縛られた姿っていうドラマは見たことない気がするので、その点はレアかもね!

 

私は町で芸能人を拾ったが見れるのは・・・




【中国映画】ボルケーノ・パーク の感想 そんなところにリゾート作ったらあかん!

映画のボルケーノパークを見てまいりました。私はあんまりパニックムービーは得意ではないのですが、なぜこの映画を見たのかというと理由は本当にこれだけ。ショーン・ドゥが出てたから!です!今、楚喬伝を見ておりまして、そこに燕洵役で彼が出てるんですが、なかなか素敵なんですよね。で、この映画はサイモン・ウェストが監督だけど、中国映画なのか~誰が出演しているのかな?と調べていたら彼が出ているとわかってそれじゃ見に行っちゃおうってなノリで行って来ましたよ!

見た後の感想。イケメンは汚れてもズタボロになってもイケメンだわ。そんな感じ。そういえば、楚喬伝でも何本もの矢に射られたり切られたりでスタボロにされてたな・・・ うーん。ショーン・ドゥってそういう役を演じさせたくなる雰囲気があるんだろうか!?確かに似合うけども~~~ 幸せいっぱいだけの役じゃなくて、困難を背負わせたくなる感じなのかしら!?知らんけど。

さて、サイモン・ウェストというと「コン・エアー」「トゥームレイダー」「エクスペンダブルズ2」などの監督だそうですが、映画でもメインストリームを外れている偏った志向の私はどれも見たことなくてですねー そんな私でもさすがにタイトルは知っているので、きっと有名なハリウッド映画の監督ですよね。そんな監督が中国映画を撮影したというのが、この作品であります。

天火島という火山がある島に作られたリゾートで噴火が起こってパニック。大変!ってな内容なのですが、その中に家族愛あり、ロマンスありとてんこ盛りの内容が詰め込んであります。割とたくさん人が死んでしまいますが、とにかくメインキャラ達だけは非常に生命力に溢れていて、どんなひどい状況に置かれても絶対に死なないのってお約束ですよねえ。この映画でもマジで不死身なんでその点は時々半笑いになって見てしまいました。しかしちょっとサブキャラになると割と容赦なく死んでしまうのは中国映画っぽい感じもするかもなあ。

それにしても終始、そんなところでいちゃついてないで早く逃げなよ!とか、家族の和解してる場合じゃないよ逃げ切って安全なところに行ってからやりなよ!とかそんなこと何度も突っ込んでしまうこと間違いなしですよね・・・

あと一番の突っ込みどころは、エンドロールよね。謎のMVと撮影風景が交互に映されて一体なんのこっちゃと。撮影風景はまだしも、MVに関しては誰やねん!と思いますよね。で、調べてみたところ、ヒロイン役のハンナ・クィンリバン(昆凌)の旦那さんのジェイ・チョウが歌ってたみたい~ は~なるほど。多分中国人の方だったらそういう関係性が理解出来て突拍子のないような印象は受けないんだろうなあ。あと、撮影風景もほとんどがCGのシーンが多いもんだからブルーシートの背景で俳優さんたちが演じてるシーンなんかを見るとまあ大変だったんだろうなあと思いましたねえ・・・

それにしても日本という火山大国に住んでいると、ボルケーノパークなんていう構想自体があり得ないと思っちゃうところがあるんで、いっそあそこまでド派手に噴火して爆発してるのは、想像の世界でのこととして現実とは切り離して見れたので良かったかもな。ほんと、自然の驚異に対してだけは人間は無力だもんなあ・・・ 今後150年間は噴火はないだろう、なんて何の根拠もない予想だけで、リゾートを建設とか出来ないよね・・・

あとどうでもいいような気がしつつもめっちゃ気になった疑問があるんですけど、火山口に行くケーブルカーが、ああいうのってだいたい2台ありますけど、1台が始点にあったら、もう1台は終点にあって途中の真ん中ですれ違うもんじゃなかったっけ?この映画で2台とも終点にいる状態なのってなんか変な感じだったなあ。映画の進行上、2台が並走する必要あるんですけど、なんか気になったわ・・・ どうでもいいか!それより、柱怖い!

どうかな~楽しめるかな~と思いながら見たんだけど、なんだかんだと意外と面白かったです。ツッコミをいれつつそれを楽しんじゃえる感じが悪くなかったですな!嫌いじゃないよ~

 

⇒Netflix







【インド映画】バーフバリ伝説誕生&王の凱旋 の感想 バーフバリ!?バーフバリ!!

中国映画や韓国映画だけじゃなくてインド映画も細々と見続けております。友人のインド映画好きに勧められたバーフバリもやっと見て来ましたよ!インド映画は1本だけでも長いというのに、伝説誕生と王の凱旋を一気に見てきましたので、5時間くらい座り続けの状態だったんじゃないでしょうか・・・!だけど、なかなかに壮大なお話なので、全く飽きることなく最後まで見ることが出来ましたわ~ あれだけ話題になってた理由もわかるなあって感じでした。面白かったですわ!突き抜けてるね!

てな感じでまとめて見ちゃったし、お話しも続き物なので1と2をまとめて書いちゃいます。

壮大で美しい物語で、バーフバリが王というよりは神聖視された存在のようで、まるで神話のようでしたね。中華ファンタジーはたくさん見てきていますが、仙人たちって結構俗っぽくって、嫉妬するし、意地悪するし、煩悩だらけってイメージなんだけど、バーフバリは人格者だし完全無欠な人として描かれてるんですよね。誰にも彼にも崇め奉られてて、絶対神って感じで興味深い。こういう嗜好や描写の違いも民族的な意識の違いが関係してるのかもしれません。

ただ、父バーフバリが素晴らしい王だったとして、息子バーフバリが素晴らしい人間かどうかは分からないのでは?とは思っちゃったんですよね。シヴァガミだって(最後は容易に騙されてはいたけど)人格者だと思うのに、息子のバラーラデーヴァはあんなに心の狭い人だったしなーと。だけど、民衆は本人がどんな人かは全く知らないのに父が素晴らしかったからと息子バーフバリを無条件に讃えてたので凄いなあと思ったりして。まあこの辺は色々考えずに神話っぽいイメージで捉えた方が良いのだろうとは思いますが!

さてバーフバリ役のブラバース氏が色彩鮮やかな服を着た勇壮な姿が美しくってビックリしましたね。サーホーでの時には私にはあんまり分からなかった魅力が、ここではバシっとはまってて、はあなるほどと納得いたしました。まさに王でしたねえ。それから出てくる女性たちがみんな非常に勇敢で素敵でしたよね。美しくて強いって最高。気が強すぎるきらいもありましたが、その芯の強さも魅力なんだよなあ。そういう部分も私好みでしたよ!

CGも迫力あって私は良いなあと思ったんだけど、めっちゃ笑ってしまったのが、バーフバリが二の腕につけてたビーズの腕輪が力を入れたらバーンと弾けたシーン。それわざわざCGで作ってまで必要なエピソード!?ってなってツボに入ってしまったよ!まあそういうのはおいといても、神話的な想像の世界だから思いっきりCGを取り入れてても違和感がなくて良かったですよね。あれぐらいやっちゃった方が突き抜けてて良かった。自分も含め日本人って小さくまとまっちゃったり、無意識に型にはまってしまったりするのから、好き放題やり切ったようなこういう映画を見るとそんな自分に気づけたりもしていい機会だなあと思ったのでした。

好きだなと思ったシーンはたくさんあるんだけど、仮面に砂を入れたら、女性の顔が表れてその女性に恋をするところなんて、ひえ~ロマンチック!って感動しましたね。あとは黄金像を引っ張る人たちの間で「バーフバリ?バーフバリ!?」って名前が人々に伝播していくシーンは面白かったですよね。うーん。今思い出しても色んなシーンが心に強い印象を残していて本当に美しい物語だったなあと思うのでした。

あ、あと気づいたんだけど、カンフーアクションと違うのは重心の高さかなあ、と。中国武術って重心が低いと思うんですよね。地に足をつけるというか。でもこの映画を見ている時にブラバース氏を見てたら腰に重心がある感じがしたような。てか、戦う時に物とか人を投げて一気にたくさん倒すのとか面白かったな。力自慢系の強さなのも神様感ある。

この映画に関しては、やっぱり映画館で見るのがいいですね。迫力のある大画面と音でこの世界に浸って見るのが楽しかったです。映画の良さをいっぱい詰め込んだエンターテイメントなおとぎ話のような美しい作品で非常に良かったです!

 

バーフバリが見れるのは・・・






【韓国ドラマ】パートナー の感想 2009年の作品だけど今見ても面白かったです!

韓国ドラマのパートナーを視聴しました。2009年のドラマでしたがそこまで古い感じもなくて楽しく見れました~!私が見たことのある出演作でイ・ドンウクってなんとなく極端な役を演じてるイメージが強いんだけど、ここでのわりとチャラっとした性格の弁護士役が反対に新鮮でした。ヒロインのキム・ヒョンジュもシングルマザー役だったんだけど、この二人のコンビネーションもとっても良かったのかな。キム・ヒョンジュに見覚えがあるなあと思ったら、家族なのにどうしての長女役の方でしたね。あの時はキリッとした感じだったけど、天然っぽい演技もキュートでした!

ところで、そんな中で時代を感じるな~と思ったのは、スカッシュのシーンがあったことですね。これがあるかどうかでだいたいあの時代の頃のドラマだなって分かっちゃいますね。確かイ・ドンウクのいくつか前の出演作のマイガールでもスカッシュやってた気がするんだな。流行ってたのかしら。

面白く見れたのは、脇役陣も皆さん見たことのある俳優さんが多くて安心感があったのも大きいのかも。事務所の皆さんも個性豊かでとても良かったです。だけど、私の印象に一番残ったのは、ユ・マンソンを演じたイ・ヒドですね。悪徳弁護士なんだけれど、複雑な感情をはらんだキャラクターづくりがとても良かったなあ。

イ・ドンウク演じるテジョの父や兄との確執なんてのも韓ドラっぽいですよね。良かったなと思うのはテジョの兄のヨンウのキャラもしっかり作られていて、ただの嫌な奴という描写じゃなかったところ。まあしかし父の言いなりの相手と結婚したのは結局のところ反抗しないという本人の選択だというのに、好きだった相手とも不倫で関係を続けるってのはずるいよなあ・・・ 演じてたイ・ハニが美人なだけになんでそんな目にって思うと余計にしんどいわ。

弁護士が活躍する法廷ものだけど、ラブコメって感じなので、事件が陰惨過ぎないのもサラっと見れる感じ。とはいえ、最後はちゃんと総括的な大きな事件の解決を見れるので悪くなかったです。どうかな~と思って見始めたんだけど、あっという間に楽しく見ちゃえましたよ!

パートナーが見れるのは・・・