【韓国ドラマ】最高のチキン~夢を叶える恋の味~ の感想 チキンが食べたくなるよ!

あ~また久しぶりの更新になってしまった!もう6月になってしまいましたねえ・・・
時間が過ぎるのはなんと早いことか!そんなことを言っていても仕方ないので気を取り直して感想を書きますよっと。

一番最近見終わったのがこの「最高のチキン~夢を叶える恋の味~」なんでありますが、このドラマもなんで見てみようと思ったかというと恋するレモネードみたいにヒロインがI.O.I出身者だったからなんですねえ。チョンハは別として他のメンバーはあまり知らないのですけど、こういうオーディション番組に出演して頑張っていた方々が引き続き頑張っている姿を見届けたい気持ちがある。この気持ちはもしかしたらアイドルマスター.KRを見てから私の中で芽生えたものかもしれないなあ。それはまあ置いといて、今回のヒロイン役のキム・ソヘちゃんは今回のソ・ボア役はなかなかピッタリで良かったですよ。初めて見たと思ったんだけど、どうやら恋する指輪でアイドル役で出たのを見たことがあるみたい。この頃はI.O.Iのことを知らなかったので華麗にスルーして全然覚えてないですな。あと彼女もいじめ疑惑などで色々あるみたいですが、その辺は真実は私には分からないので、どちらにせよしっかり解決できるといいですね。

もう一人、主役のパク・ソンホも病院船で見てたらしい。全然覚えてないね!彼の善良そうな、世間知らずそうな、ちょっと天然なパク・チェゴ役にはピッタリでしたね。まあそりゃソ・ボアもさ、こんな人と毎日一緒にいたら好きになっちゃうと思うね。追い出そうとしても無理よねっていう説得力はあったよ。

ストーリーは、大手企業を辞めてチキン店を開いたパク・チェゴと彼を追い出すために奮闘する家主の孫ソ・ボアとその仲間たちの攻防から始まるんだけど、そのチキン店でバイトをするうちに二人は急接近!ってな感じ。仲間たちの物語も思ったよりもきちんと描かれてて面白かったかも。

実はこういう若者キャストがメインのドラマは、彼らの演技にそわそわして落ち着いて見れない気分になることも多いんですね。もちろん初々しさが好ましさを感じさせる反面、ががが頑張ってるう~みたいな気持ちで見てしまう時があって。このドラマもちょっとそういうところがあったんですけど、中盤を超えた辺りからそれも解消されて楽しく見れました。役が彼らに馴染んだからなのか、私が慣れたのかは分からないけど。パク・チェゴの性格があまりにもいい人過ぎて癖が無いというか、見てて面白くない感じがあったんですけど、その点が母親との攻防で余裕がなくなって迷走し始めたりする辺りから人間っぽく見えるようになったのかもしれない。

まあなんといってもチェゴの母親の強烈さは凄かったですね・・・ 息子にチキン屋を辞めさせるために、自分も近隣にチキン屋を作って妨害するって発想が凄いね。愛情ゆえと言えば美しいのかもしれないけど、まあ普通にドン引きですよね。あそこまでの干渉は恐ろしい。息子は母親の所有物ではない別の人格だよ・・・

それにボアの父親もなかなかに人でなしだったので、主役の親たちがキッツい感じでしたね。それでも子どもたちは良い子に育っててほんと偉い。

ラストは、ある程度いい感じにハッピーエンドでこれからの未来も明るい感じなんだけど、やり過ぎじゃないのが良かったかな。現実的な部分もあってそこは好感を持てましたな。アンドリューの名前を間違え続けるという吉本新喜劇みたいなリピート&リピートのボケつっこみは見ててちょっとめんどくさかったけどね!

そうそう内容には関係ないけど、気になったこと2つ。干し柿を作るときの干すハンガーみたいなのいいなって思ったのと、旅行に行く時に化粧水とか乳液をビニール手袋の指の部分に入れて、ヘアアイロンでジュってして閉めてたのいいよね。1回分だけ持っていけるの便利~って思いました!今度やろうっと。

 

最高のチキン~夢を叶える恋の味~が見れるのは・・・







【香港映画】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱 の感想 ジェット・リー×ドニー・イエンが最高!

昨日、ワンチャイ外伝の感想を書いたので、続けてワンチャイ2作目の感想も書いちゃおうと思いますよ。アイアンモンキーは初見だったんだけど、この作品は2回目いやもっと見てるかもしれないな。最近、難しいことは何も考えたくない~みたいな気分になった時があって、慣れ親しんだこの映画を流し見したのであった。

確か、スウォーズマンでジェット・リーの武術に魅せられて、他の出演作を探してこのワンチャイシリーズを見たんじゃなかったかなあ。そしてこの天地大乱でドニー様にも魅せられたような気がする。いや、ドニー様はドラゴン・インでだったかもしれないなあ。まあどちらが先からは分かんないけど、まあそんな感じで、そこら辺からカンフーものがすごく好きになって行ったんだと思うんですね。

ところで、私はこのシリーズは3作目までしか見たこと無かったんだけど、6作目まであるらしい!知らなかった~ 外伝も知らなかったくらいだしな・・・まあ私の知識なんてそんなもんである。4・5作目はチウ・マンチェクが主役、6作目はまたまたジェット・リーらしいので、機会があれば6作目から見ようかな!

改めて見て思ったけど、この頃のジェット・リーの動きのキレって本当に半端ないですね・・・ いやもうほんとうっとりしてしまう。なので別のことをしながら見てたんだけど、思わず手が止まってしまうっていうね。そんな感じ。その上、ドニー様も出演してますので、二人の戦いが堪らないんですよ。なので、3作目までの中で今作が一番好き。あのドニー様の布芸っていうの?長い布を使った技が素晴らしくてね・・・ あの破壊力凄いよね。

そして、私が何気に好きなのが、黄飛鴻と十三姨のロマンスも絡めてあるストーリーなこと。この頃のジェット・リーって若くてなんだか笑顔がとても可愛らしいんですよね・・・ その彼が照れた笑顔を見せるところとかとても好きで、お相手役のロザムンド・クワンも文句なしに美しくて、いいんですよ。しかし、笑うと可愛いのに戦うとめちゃめちゃ強いっていうギャップね。多分それがジェット・リーの最大の魅力ですよね。あ~いい!

時代背景的に、ちょうど西洋の文化が入って来て、武術では鉄砲に叶わないという現実も描かれていて、少し苦い後味も含みつつ、それでもどう生きていくかという葛藤はいつの時代も変わらないのかもしれないなんて思ったりもしました。新しい技術はどんどん進化していく訳ですもんね。

いやはや、この頃の映画を久々に続けて見たけれど、やっぱりいいものはいいなと改めて思いましたね。同じ作品を何度も見るタイプじゃないんだけど、それでもたまにはそういうことをするのもいいなって思いましたよ。

 

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱が見れるのは・・・




【中国映画】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝 アイアン・モンキー の感想 アクションが最高!

それにしてもタイトルが長いよね「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝 アイアン・モンキー」って。ほんとはアイアンモンキーだけでもいいと言えばいいけど、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナの流れで視聴者を引っ張ってきたいという気持ちは分かるのですけどね。

この映画は、ドニー・イエンが主役っぽいように見せかけてあるけど、実際は鉄猿役のユー・ロングァンがメインですね。そのヤン=鉄猿はユー・ロングァンで、ドニーさんはウォン・フェイホンの父親のウォン・ケイイン役という設定。で、ウォン・フェイホン役はツァン・シーマンという子役ちゃんなんだけど、これが実は演じてるのは女の子らしいんですね。彼女の動きも大変美しいので、ここの見どころのひとつ。もちろん、ドニー・イエン&ユー・ロングァンのコンビネーションも大変美しくて大満足すること間違いなしです。

ドニーさんの出演作は色々見てきて、どれも好きだけど、この映画を見ながら「こ、これはいい!」って昂った気持ちになったので、これはかなり上位かもしれないなあ。最近、どうしてもイップマンで詠春拳を操るドニーさんやアクションを見ていたせいか、少林拳使いのドニーさんを見ると新鮮でとても楽しかったな~ 改めて、武術の使い分けが出来る彼のことを凄いと思ったしね。武術家であるのはもちろんだけど、やっぱり彼は役者としてのスキルが非常に高いんだなあと思ったのでした。

ユー・ロングァンもいくつかの映画で見たことはあるけど、顔と名前がそこまで一致したことが無くて、見たことある人という程度の感覚だったんだけど、改めて動きが美しくて感心してしまった!出演してた映画でなんとなく覚えてるのは、スウォーズマン 女神復活の章とかかな。よし、今回でしっかり覚えたぞ~ イケメンという感じではないんだけど、色気というか余裕のあるいい男感があって素敵なんだな。

ちなみにこの映画は、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナのサイドストーリー的なタイトルにはなっているけど、この1本だけで楽しめる内容。鉄猿という義賊とウォン・フェイホン親子が出会って、色々起こるんだけど、最終的には力を合わせて悪者を倒すというすっきり爽快な分かりやすいストーリー展開です。単純明快なのいいよね。

やっぱり見どころはラストの棒の上での戦いかな。武術ものってどうしてこう足場の悪いところで戦うの好きなんだろうね?円卓の上とかさ。でもあれって身体の軸がしっかりしていないと立つことさえ不可能だから、そこがまず武術の基本として重要な要素だからこその演出だよなあとその辺も堪能すると面白いですね。

そうそう、無影脚や傘を使った技もちゃんと出てくるけど、今回は父親役のドニーさんが駆使してくれます。そうやって息子のフェイホンに受け継がれていったよ~という体なんだろうな!

いやーこの頃の香港映画ってほんと最高ですね。そしてこの映画はアクションも最高なので、とても見てて楽しかったです。とても好きだったー

 

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝 アイアン・モンキーが見れるのは・・・





【台湾ドラマ】進め!キラメキ女子 の感想 アリス・クー×ロイ・チウ主演の台湾ドラマ

えーと、4月忙しくてバタバタしていたら、すっかり更新が滞ってしまったのですが!アッという間に1か月くらいたってしまいましたな・・・ そして更に溜まりまくる書けていない感想たち。考えてしまうとクラクラしそうなんですが、それでもめげずにひとつずつ書いていこうと思いますよ。

そんな感じで久しぶりの感想は、台湾ドラマの「進め!キラメキ女子」です。このパターンの台湾ドラマは実は嫌いじゃない、むしろ好きなんですけどもこれはギャグ色が強すぎたのか後半はやや見るのに食傷気味となってしまいました。パトリック・リーが演じる課長のキャラが濃すぎるというかなんというか。親父ギャグというか、自虐ギャグみたいな感じで見ててしんどかった。それでも課長もユーラーとハッピーエンドっぽかったので、報われて良かったねって感じかしら。

それを言うと、あれだけシンレンに嫌がらせをしたカイアーも最後はきっと悔い改めて幸せになるんだろうなと予想はしていたのですが、やっぱりそうでした。そういう人間性善説っぽいのが台湾ドラマっぽくて好きでもあるんだけど、それもすべてやっぱりストーリーの流れありきなので、今回はやや無理がある気もするなあ。気の迷いでは済まされないほどのことをしてる気もする。あ、でもカイアーを演じてたティア・リーは意地悪女子役がめちゃめちゃうまかったのでそれは良かった!恋にオチて!俺×オレの傷つきやすいか弱いっぽい女子役よりもずっと合ってていい。意地悪な美人ってのはそれはそれで魅力的。現実にはそばにいたくないけども。

そしてロイ・チウが、実はお金持ちの坊ちゃんでそれを隠して平社員っていう設定で、このドラマはそれだけでOKって感じよね。アリス・クーはもちろん綺麗な人なんだけど、今回の地味な庶民的な女子役もバッチリ過ぎて、視聴者の共感を呼ぶこと間違いなし。そんな地味な女子を一途に好きなズーチーっていう設定はロイ・チウの外見も相まって、まるで少女漫画って感じ。そういうのが見たい気分の時はがっつりはまるな。しんどい現実に疲れた時に良さそう。

しかし、ロイ・チウもイケメンさを最大に利用しつつも、カッパ着てびしょ濡れとか体をはって演技してて頑張ってましたよね。黙っててもかっこいいんだけど、動くと魅力が増すタイプなので、役者さんにとても向いている~

そうそう、見てて「あ!」と思ったシーンがあって、ここでロイ・チウが歌ってたのってアンディ・ラウの謝謝你的愛じゃないかなあ?曲名はあんまり自信がないけど、多分。知ってる曲~!って盛り上がりました。

このドラマはゆっくりズーチー役のロイ・チウの一挙手一投足をじっくり堪能するのが醍醐味なんだろうなあと思うんですが、なんとか完走しようと駆け足で見てしまった私にはそこの部分はハマり切ることが出来なかったかな。でも、王道の台湾ドラマなので、間違いなく楽しめるって感じですね。

 

進め!キラメキ女子が見れるのは・・・




【韓国ドラマ】恋するレモネード(学校2017)の感想 悩んで恋して青春~って感じ!

「恋するレモネード」の視聴を見ましたよ~ こちらは学校シリーズの2017年版ですね。学校シリーズでいうとイ・ジョンソクとキム・ウビンが出演していた2013年度版の「ゆれながら咲く花」が大好きなんですが、そういえば最近学園モノを見ていなかったなあ~なんて思い出し、今作を見てみたって感じです。

あとはオーディション番組から派生したI.O.Iに今更ながら興味を持ったという事もあって、元メンバーだったキム・セジョンがヒロインということで見たってのもあります。ちなみにどうしてI.O.Iに興味を持ったかというと、チョンハのことを知ったからなんですね~ なんだかインスタでおススメみたいなので彼女のDream of Youがやたらと出てきて見てたらダンスお上手ね~!ってビックリしてすっかりハマってyoutubeで動画を見まくってたら、どうやらI.O.I出身なんだなと知ったというわけです。謎の経路ですが、他にもホテル・デルーナに出てたカン・ミナちゃんもI.O.I出身なんですねえ。ほ~

ドラマには関係ないけど、私の大好きなDream of Youも貼っておこうっと。

さて、それはさておき、ドラマも結構面白かったんですよ。ストーリー構造が単純なのもいいし、イジメも出てくるけど、そこまで陰湿ではないので見てて辛くないというか。あとはヒロインと男子生徒2名の三角関係っていうのではないのも爽やかでいい感じ。変に人間関係をややこしくしなかったのも好感触だったな。みんな少しずつ思春期特有のひねた感じはあるんだけど、基本的にみんな良い子で、青春!って感じが良いのよね。まあでもウェブ漫画とかウェブ小説を書く登場人物がいる場合は、今回はXについてとかそのまま現実で起こったことを書いちゃってそのせいで目をつけられるパターンが多い気がするのは私だけ?そりゃバレるよな・・・

さてキャスト陣も結構良い感じです。ウノ役のキム・セジュンも高校生役がピッタリで元気いっぱいさが可愛かった。ほんとに学校にいそうな普通っぽさが良かったな。テウン役のキム・ジョンヒョンは最初はカッコよさが分からないな・・・なんて思っちゃったんだけど、だんだんカッコよく見えて来たので良かったです。デフィ役のチャン・ドンユンも頭良さそうな優等生役が似合うな!

あとは帰国子女でちょっと浮世離れした同級生役でソ・ジフンも出演してました。最近ケリョン仙女伝で見たけど、結構雰囲気が変わったんだな~と思いました。

そして先生たちも個性豊かで良かったですね。校長や教頭はよく見る顔ぶれ!
2年1組担任役でハン・ジュワンも。こういう正義感の強い先生役が似合ってるのになあ。これから俳優活動がどうなるのかなあ・・・

そうそうハン・ソナが学校に駐在してる警察官役で出演していたんですけど、そういうシステムもあるのかな?確かに学校内の暴力は「イジメ」という言葉で別のものとみなされがちだけど、実際は普通の暴行罪と同じなんですもんね。警察が介入する必要があるのかもしれないとも思う。最近の日本の学校はどうなんだろう?

ちょっと極端な学校対生徒というのは実情にどれくらい即してるか分からないけど、実際に「成績重視」というのはどこの国も同じなんだろうなあ。そしてそんな中でたくましく楽しく生きて残る方法を探すのはとても難しいのもどこの国も同じだよなあなんて。それでも楽しんだもん勝ちのような気もするね!

 

恋するレモネードが見れるのは・・・