【韓国ドラマ】総理と私 の感想 総理とスポーツ新聞記者の偽装結婚から始まるロマンス

「総理と私」の視聴を終了しました~ イ・ボムスとユナちゃんカップルにハマれるだろうか・・・?と若干不安に思いながら見始めたんですけど、意外にいい感じで一気に楽しく見れちゃいました。一体お二人は何歳差なのかなと思って調べてみたんですが、イ・ボムスは1970年生まれ、ユナちゃんは1990年ということでなんと20歳差!?ドラマの設定上はさすがにそこまで離れてる設定じゃやなかったと思うし、違和感なかったけど、実際はそんなに違ったんですね。ちょっとビックリした!

このドラマを面白く見れた理由のひとつが、色んな点で焦点を絞ってたことなんじゃないかしら?例えば、総理のクォン・ユルを分かりやすく完全に正義漢にしちゃってたこととか、ユナも後ろ暗い部分の全くない良い子に設定していたこととか。二人の結婚に反対する母親が最初からいないこととか、あとは総理の元奥さんと離れた原因を奥さんの方の浮気にしちゃってたこととか。そういう風にややこしいことを削ぎ落としてるおかげで設定がシンプルになっているので、ラブコメとしてうまく成立してるイメージ。それによって二人のロマンスを爽やかな気分で見れる感じ。一歩間違ったらドロドロしてややこしくなってしまうシチュエーションな気がする。

総理とスポーツ新聞の記者という異例の組み合わせだけど、心が傷ついて仕事に打ち込んでいる男があれだけ生命力に溢れたキラキラの女の子に接してたら好きになっちゃうよね。ダジョンは可愛いだけじゃなくて芯がしっかりとして自分の物差しを持ってる素敵な女性だったし、ユナは彼女をとっても魅力的に演じてて凄い良かったな~ 私が見たドラマの中ではこのダジョン役が一番好き!

ダジョンの子どもちゃん三人との接し方も寄り添ってくれるのがとても気持ち良くてニコニコ見れる感じ。本当の母親ではなくても、あんな存在がいてくれるのとても理想的だよなあ。そういうのが自然でとてもいい。子どもちゃんたちも良い子たちで、末っ子のマンセ役のイ・ドヒョンくんとっても可愛かったな~

あとは、ユン・シユン、チェ・ジョンアン、リュ・ジンなどのサブキャラメンバーも安心感の顔ぶれだし。チェ・ジョンアンはあんな風にピシっとスーツを着てたらめちゃめちゃ素敵ですね。ドラマの中ではあんまり幸せになる役じゃないことが多いんですけど、私は彼女の顔もスタイルもめちゃめちゃ好みなので、もっとハッピーな役も見たいな~なんて思ってたりはする。

それから、ダジョンのパパ役のイ・ハヌィはもちろんベテラン俳優さんだけど、今回改めて凄いな~と思いました。気のいいお父さんみたいな役は多くて、もうそのイメージで見ているんだけど、今回は認知症の役で記憶が混濁する際の「無」みたいな表情に凄みがあったんですよね。素晴らしかったです。思わず引き込まれるような気分に時おりなりました。

そんな感じで、全体的に楽しく見れたドラマだったんですが、ラストがちょっとなあ。色々あって一度旅行や留学に行って離れるけど、その数年後に再開してうまくいってハッピーエンド風みたいな終わり方が韓国ドラマって多いですよね。このドラマもそんな感じなんですが、ちゃんと書くべきところをその手で誤魔化したみたいに見えちゃうよねえ。うーん。あと、再会時に握手とかそれまではせっかく二人の間柄がロマンスに見えてたのに、突然「先生と生徒」みたいに見えちゃったんですけど、そんなことないです?もうちょっとロマンチックにして欲しかったかなー でも不満はそれくらいで、結構好きなドラマでありました!

 

総理と私が見れるのは・・・






【韓国ドラマ】ボイス3 -112の奇跡- の感想 今回のゴールデン・タイムチームは海も超えちゃう!

さて、ボイス3 -112の奇跡-の視聴を終了いたしましたよ~ こちらは直近で見終わったドラマであります。こうやって書くことで思いを吐き出さないといられない気持ちになるドラマでしたな。ボイスの1と2を見てきて、それなりに面白かった印象で終わってるんですけど、この3は前作たちをなんだか様子が違って調子が狂うなあって気分であります。理由は色々ある気はするんですね・・・

ちなみに今回は日本が舞台となるシーンも多かったり、日本人の登場人物も多いです。その描写については、自分にとっての外国を描くという場合はさもありなんと思うし、反対に自分が他国のことを知ってるつもりでもこれくらいの理解になるんだろうなと思うのです。なのでことさら「変だ」とか、「全然違う」なんていう気はないんですけど、今回はどうしても描かれてる範囲が多いので、どうしても突っ込みたくなる部分もいくつかはあったかな!

とりあえず、大阪ウデンポ区ってどこやねん!?って感じなので、もうこれは架空の地におけるファンタジー設定ですね。でも、ししおどし旅館とは考えたね。むしろもう「ししおどし」の名称を知らない日本人も多いよね。これは、音に敏感なカン・グォンジュの聴力を際立たせるための装置として採用したと思うので、むしろ凄いなあと思いました。

あとはあれだ。タトゥーが「覚めた」なのがね。例えばそういう本能が目覚める象徴として使うとしたら「覚醒」とか、万が一平仮名を使うとしても「目覚めた」かなあ・・・なんて考えるとやっぱり異言語って難しいわねえ。

その辺の部分は、私は物語自体には関係なく見れたんだけど、今回はストーリー自体があんまりピンと来なかったなあ。まず、ト・ガンウの精神状態の設定が曖昧でよく分からない気分。わざと彼がサイコパスなのでは?と思わせて、同僚たちを疑心暗鬼に陥らせて仲たがいをさせるというストーリー展開だったとは思うんだけど、最終的に彼は先天的にそういう素質を持ってたという事なんですかね?それとも催眠術にかかっていたという事なんでしょうかね・・・?ううむ。ラストの終わり方は描き方によっては兄弟のせめぎ合いが興味深くなる可能性があったと思うんですけど、ただ気持ちよくなさだけが残ってしまった印象でした。

その上、更に最後のエピローグでは、金木よりも更にラスボスがいることを示唆していて、なにこれト・ガンウを退場させて、また新しいキャラを登場させて続編を作るつもりなの~!って感じなんですわ。あれだけたくさんの関係者が死傷しているのに、カン・グォンジュがそれでも私は人々のためにゴールデン・タイムチームで戦い続けるとか前向きな感じで終わってたし、続くんだろうなあ・・・ それよりも彼女の耳が聞こえなくなるかもなんて状況だった気がするのにあっさり治った風だったし、むしろあんな兄弟対決の場所にいたらトラウマになって重症化しそうじゃないっすか!?

ところで、最後の方のシーンの撮影場所のこれはThe Wicthでも出て来た場所ではと関係ないところで興奮しちゃったよ~ 似てると思うけど、違うかな??

残虐性が前面に出て(このシリーズはわりとそうだけど)、ストーリーにちょっとイマイチ引き込まれないシリーズ3作目だったかなあ。ゴールデン・チームのメンバーの関係性もやや希薄に感じてしまったし。オークション・ファーブルというサイトの存在を描いてるのは恐ろしいけど興味深かったのと、金木役のパク・ビョンウンがそんなに目をひん剥かなくても!という怪演だったのは芝居がかってて嫌いじゃなかったです!完全に個人的な好みの問題ですけど~

 

ボイス3 -112の奇跡- シリーズが見れるのは・・・





【韓国ドラマ】私の美しき人生クリーニング の感想 嫌な記憶を消したら幸せになれるのだろうか?

「私の美しき人生クリーニング」の視聴を終了いたしました!2話完結のお話なので、あっという間に見ちゃいましたよ!アマプラにあったので見てみたんですけど、これはどういう枠で放送されてるんでしょうね?それともテレビじゃなくてwebドラマなのかな?

ストーリーは、ペイが営む幸福クリーニングが舞台。彼女には特殊能力があって、洋服のクリーニングだけじゃなくて、過去の消したい記憶をクリーニングすることも出来るのです。なのでそれを希望するお客さんもやって来るんですね。しかし、記憶を消すには、引き換えに大切なものを無くしてしまうのです。そんなクリーニング屋で働いているヨンイには感情が無いのですが、ヘナというお客さんが訪ねて来ることから心が動き始めて・・・って感じ。

ヘナを演じているジェイは元Fiestarのメンバーなんだそう。ちょっとだけキム・ソウンに似た感じ?儚げなヘナ役がとても似合っていて可愛かったです。そりゃボディーガードも寂しいって言って泣いてる彼女を見たら好きになりますよ・・・

そしてヨンイ役のカン・ヒ(@kanghui_)は見たことあるような気がして調べたら、恋のドキドキスパイク恋のラブ・アタックでバレー部の部員で出てましたね。YGプラス所属のモデルさんみたいなので演技の方の経験はあまり無いのかな?このドラマで演技は「がんばれ!」なんて気持ちになる時もちょっとあったかも・・・今回の髪型のせいかもしれないけど、ちょっとイ・ミンギ風味があって嫌いじゃないし、素材は良いのでこれから是非頑張って欲しいでっす。

それにしてもさすがモデルさん。身長が188センチもあるので、ベッドもこの様ですよ・・・ あれですかね?撮影用のセットをそのまま使ったら背丈がはみ出たよってな感じですかね。完全に足りてないのには思わず突っ込んだよ~

それからユン・ジミンは愛人役とかマダムとか一癖ある役が多い女優さんのイメージでこのドラマでも吸血鬼なのか特殊能力をもったペイ役だったけど、ピュアな若い頃のシーンなんかもありまして、薄いお化粧だとまるで別人のようでした。むしろ今まで個性的な役に合わせた濃い目のお化粧の彼女しか見たことなかったのだと分かりました。でもやっぱり少し哀愁とか悲しみを秘めた神秘的な雰囲気はユン・ジミン独自のものですねえ!こういう役があまりにもピッタリ。

あとめっちゃ気になったのが謎のFEIYUE推し。カンフーシューズだよね?なんだかやたらクローズアップして映されるので注目しちゃったわよ。きっとスポンサーなんだわ~

2時間という枠に詰め込み過ぎず、でも子どもちゃんの話、ペイ自身の話、そしてメインのヨンイ&ヘナの話と3種類のストーリーがうまくまとめられててバランスは良かったです。最後の終わり方もいい感じだと思うし、わりと好きです。記憶を消えても何度も好きになってしまうってロマンチックでもあり恐ろしくもありますね。

 

私の美しき人生クリーニングが見れるのは・・・

【中国ドラマ】もっともステキなこと の感想 ライリーのツンデレぶりを楽しんだ~

中国ドラマの「もっともステキなコト」の感想です。こちらは、見たのに感想が書けていないドラマのうち2番目に古い作品なのであります。昨日の花と将軍が3番目ということでこの勢いに乗って続けて前に見たものを書いております。ここまで溜まってしまうとどうしても新しく見た方を内容を忘れる前にと先に書いてしまって、以前に見たものがなかなか消化されないと。困ったもんだ~ ちなみに一番古いのは鳳凰の飛翔です。こちらは好きすぎて書けなかった・・・ いっそもう一度見てから書こうかなという気分だよ~

さて、イエ・シューウェイ役のライリーをどこかで見たと思ったら、アテンションLOVEでしたねー 彼ってイケメンだけど、ちょっと鼻に特徴があるよね?なんとなく一度見たら覚えてるって感じの顔だなー 今回はどちらかというと育ちの良いクールなイケメンという役だったけど、アテンションLOVEの気さくなジンリーが魅力的だったんだよなあ。もしかしたらああいう役のライリーのが好きかも。どうしても今回の役はツンデレの落差を出すために必要以上に無表情を装い過ぎてて固い演技な気がする。でもバイオリンを弾くようなハイソな役もそれなりにこなしてたので、これからが楽しみだなあと期待はしてます。

ヒロインのベイ・アルドゥオ役のチャオ・ルースーはとっても普通っぽい感じって思ったんだけど、この役にはそういう普通な感じが似合ってて良かったのかも。アニメ好きの声優志望っていう役だもんね。メイドさんの衣装が似合う可愛さが必要だもんな。大陸のドラマは美女がめちゃめちゃ出てくるので、それに慣れ過ぎてるのかも。彼女も可愛いんだけど、普通に見えちゃうという弊害・・・

このドラマのストーリーのメインは偽装恋愛が本物の愛に変わるという部分。この設定は手を変え品を変え、何度もドラマで使われていて、韓国ドラマではたくさん見たことがあるけれど、やっぱり中国ドラマだとディテールが違うので、目新しくて面白かったです。

でもメインのベイ・アルドゥオとイエ・シューウェイの恋愛にはあんまり興味がわかなくて、ただライリーのツンデレぶりを楽しんでた感覚なんですよね。その部分だけでも十分に楽しめたし。

それよりもヒロインの友達リーズーとユー・ションの二人がどうなるのかドキドキして見てましたよね。もう彼女の思いきりの良さが予想外で、でもきっぱりしてて、とてもかっこよくて好感度大。やっぱり恋はタイミングだな。
手の届かないところに行ってから実は好きだったから、取り戻したいと言われてその男のところに戻っても、結局男はまた時がたったら彼女に対してそんな気持ちを持っていたことも忘れてしまうのだろうと思える。ユー・ションは彼女をどこか自分のもののように思っていたからあやふやな関係でいれたけど、離れると気づいたら焦る、というのは本当の好きなんかではないんだなって思う。もちろん状況によるんだろうけれど、彼らの場合はそのように見えたので、リーズーはさっぱり切ってほんとに良かった!私は誰かの所有物ではない、自分の人生は自分で決める、振り回されないっていう意思がかっこいい!

こういう描写って韓ドラはあんまり見ないかも?叶わなくてもみんなひとりの人をずっと思ってる描写が多い気がする。私はきっぱりさっぱりしてるのもいいなあって思うので、このドラマのその部分が心に残って好きだった!どちらの選択も本人にとっては正しいのだとは思うんだけどね~

という感じで、メインのラストは、ほうそんな感じですかとあんまり心に残ってないんですが、リーズーの選択が心に残ったドラマでしたね。あとは日本のアニメなんかもたくさん出てきて、中国でも人気なのかと知られるのも面白かったし、超クールだった男子のデレるギャップという王道部分も良かったし、全体的にはわりと楽しんで見たドラマでしたよ~

 

もっともステキなことが見れるのは・・・
⇒Netflix

【中国ドラマ】花と将軍〜Oh My General の感想 胡青の選択に心を動かされたのだった

中国ドラマ「花と将軍〜Oh My General」の感想を書きますよ~ これはもうかなり前に見終わったものであります。なぜかなかなか書けなかったんだなあ・・・

さて、このドラマは芸術監督をルー・ハオジジが担当しているためか太子妃狂想曲<ラプソディ>っぽさがありますね。ション・イールンもメインキャストですし。そして何よりも特徴はひらひらの透けた布を使ったお衣装とそのお衣裳をはためかせるこれでもかという風ですね。前回はきっと低予算ドラマだったんだと思うんだけど、今回は衣装もセットもかなりグレードアップしていて、非常に鮮やかで思う存分ビラビラです。なんと衣装もワダエミが担当しているそうだし、力入ってますなあ。

中国の古装片はビラビラしがちだけど、このドラマはいつも以上に凄いですので、その点も見どころのひとつですねえ!

メインのお二人は従来の女性と男性の概念を逆にしたような役柄。武将であり強い葉昭と美しく体の弱い趙玉瑾と。その設定は面白かったし、好きだったんですけども、私の好みで言えば、配役的には物足りなかったかなあ。というのもどちらも可愛い感じなんですよね。マー・スーチュンの男装は似合っていたけど、そこまで強い男という感じはしなくてやっぱりキュートなんだなあ。そしてション・イールンも美しいというよりは可愛いらしいんだなあ。中国の俳優さんには切れ味鋭い美しさの男性もたくさんいるので、そういう趙玉瑾が見たかったな、と。いや、二人も悪くないんですけど、もっと両極端に振り切れた組み合わせで見たかったなあという単なる私の願望であります。背丈のバランスの問題とかもあるんだろうな。

いやでも今、私だけのスーパースターでマー・スーチュンが出てて見てるんですけど、全く別人ですよ。凄いわね。

そして配役になんやかんや言ってますが、このドラマはサブキャラの方たちも個性的でなかなか良いです。柳惜音役のワン・チューランは美人さんでしたねえ。

その儚げな様子とそれに反した意思の強さがとても魅力的でした。

伊諾役の張峻鳴も衣装がめちゃめちゃ似合ってたなあ。あれ、張峻鳴はスイート・ドリームスにも出演してたみたい。洋服着てたら全然イメージが違って分からない!

野利皇后役の劉迪妮もエキゾチックな美人で豪奢な衣装が似合ってお綺麗でしたなあ。

范二娘役の王翊丹も結構好きだったなあ。このドラマは強い女がいっぱいで見てて楽しかった!

ところで実はこのドラマで一番ぐっと来たのは胡青と秋水の二人のそれぞれの愛と思いです。葉昭への叶わぬ思いを抱く胡青がその思いを抱きつつも最終的に秋水を受け入れるという選択をするというシーン。胡青が男らしいとかいう単純な構造ではなくて、この二人はお互いに決して叶えられることのない片思いをしているという意味での同志、そして葉昭という人物に対する尊敬の情がある同志という関係。その思いがあってこそ、胡青は秋水を受け入れたのだと思うです。その事実こそが葉昭への深い愛情の証明でもあって、彼の度量の大きさと潔さと深い諦念に涙が出そうになってしまうのでした。そしてこんな心の結びつきや愛のカタチもあるのかもしれないと思ったのでした。

なんて感じで、メインのラブストーリーにはあまり心は動かなかったんですが、こんなところで深い感銘を覚えてしまったのでした。この時の二人の婚礼の赤い衣装やセットも深い色で非常に印象に残っています。

そう考えると色んな愛の形が表現されたストーリーだったかもしれません。柳惜音も激しい愛に生きた人だったし。主役の二人はわりとほのぼのとした関係だったけど、他の人々の愛はとても激しかったんだなあ。といった感じで、全体的にはたいへん興味深く見たドラマでありましたよ~!

 

花と将軍〜Oh My Generalが見れるのは・・・
⇒Netflix