【香港映画】イップ・マン 序章 の感想 ドニー様の詠春拳と表情が素晴らしい~

これもいつか見ようと思いつつ先伸ばしの映画の「イップ・マン 序章」をやっと見ましたよー!引き続きシリーズの「イップマン 葉問」も見なきゃだな!

 

スポンサーリンク


イップ・マン(葉問)は、ブルース・リーも師事したという詠春拳の師匠として有名ですねー。ドニー・イェン(甄子丹)が演じてるんですけど、武術を使うシーンは非常に美しい!

詠春拳って女性の使い手が多いイメージがなんとなくあったんだけど、動き自体がやや小さくまとまっているので、小さい女性にも使いやすい武術なのかもしれない。

そして、彼を助ける工場長の友人、チンチュンを演じるのは、サイモン・ヤム(任達華)。通訳のリー・チウを演じてたのはラム・カートンで、あれこの組み合わせ最近見たな~と思ったら「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」で敵味方で出てたんだった。この出演者がかぶってるのが香港映画っぽい~

そしてイップ・マンの奥様を演じてるのが、リン・ホン。凛とした佇まいが美しいですね。静かな恐妻って感じでもあるのだけど、品が良くそして愛ゆえと分かるのでなんだか素敵なのだった。彼女は、王子様の条件の時みたいに華やかな洋服を着ているのも美しいけれど、旗袍を着てる姿もとても素敵。決め手は伸びた背筋なのだなあ。

とにかく建物の意匠やインテリアが素敵なんですよね。

茶館の内装もいいなあと思って見ていたんですけど、日中戦争が始まる頃が時代背景とあって、その後は風景がまるで変わってしまいます・・・

こういうのを見るとやっぱり戦争ってとても悲しいものなんだな、と思う。奪われる日常。この時は敵が日本だけれど、相手が誰とかとに関わらず戦争というのはすべきものではないのだよな。

三浦役は池内博之。彼はわりとよく香港映画に出ている気がしますね。この映画の中で三浦は武術に対して敬意を払っている人として描かれていて、その部下の渋谷天馬が演じた佐藤が非道な敵国人としてタイプを分けて描かれていた感じ。でも妙に渋谷天馬の演技の方が印象に残る。まあラストの三浦とイップ・マンの闘いが驚くほどあっさりしてたせいもあるのかもしれない・・・

どうしてもこの時代の映画となると日本が戦争の相手国として出てきてしまうので、見てるのが辛いところもあるのだけど、日中戦争があったのは事実なので、逆にこれからはそういうことが起こさないようにどういうことがあったのか冷静に知っておきたい気持ちはあります。

まあそういう部分は置いておいても、やっぱりドニー様のアクションは最高に美しいし、そしてなによりも昔からずっと顔もアクションのキレも変わらなすぎで驚いちゃう。初めて見た「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱」で目を奪われたあの動きと同じ感動を今も与えてくれるなあ・・・と思うのでした!

 

 

イップ・マン 序章が見れるのは・・・




【韓国ドラマ】いいかげんな興信所 の感想 デコボコ4人組の組み合わせが面白かった!

これはコメディーサスペンスとでもいうジャンルなのかな?おもしろズッコケ系だけど謎もあるよーみたいな感じ。イ・ミンギが出演しているので見てみたのですが、これの前に見たイ・ミンギはその怪物の殺人鬼役だったので、ギャップに驚きましたよー。そうか、初期の彼はこういうアポっぽい可愛いキャラを演じていたんだ・・・!とビックリして、そうだとしたらあの殺人鬼役はかなりの挑戦だったんだなーなんてことを思ったのでした。私にとってはどっちも違和感なく見れたので、なかなか演技が上手なんだなと改めて思ったりして。ますます出演作を全部見たい欲がアップしております。

 

スポンサーリンク


 

さて、こちらは2007年のドラマなので、やっぱり携帯電話などに時代を感じますが、イェ・ジウォンなんかは今とほとんど印象が変わらなくてすごいねー。

まあ大人はそんな感じですが、ユ・ウンジェの少女時代を演じているキム・ユジョンを見ると、時代の流れを感じます!!!今や成長してすっかり美人さんになってますもんねえ。ふう。

このパク・ムヨル(イ・ミンギ)、チョン・ヒギョン(イェ・ジウォン)、キム・ヨンス(リュ・スンス)、ユ・ウンジェ(イ・ウンソン)の4人がメインのデコボコチームで黄金探しをするんですが、それぞれのキャラがかなり個性的でこの組み合わせが楽しくて良かったです。

やたらとジャジャ麺を食べているシーンとか、ビルの前のテーブルでアイスを食べてるシーンなんかがリアルな庶民感があって良いんですなー

最初の数話は、ヒギョン姉さんが賑やか過ぎてちょっと見てるのがしんどいなーと思ってたんだけど、まあそういう過剰な感じはだんだんと落ち着くので良かったです。反対にウンジェが超絶クールで良かったんですよね。やや対立していた二人が心を許しあって行くところはうまい流れでした。

そして、失踪ノワールMで大ファンになったパク・ヒスンまで出ていて、全然知らずに見たけどラッキー。やくざな役ですが、謎を秘めたちょっと陰のある感じが素敵です。そうだそうだ彼が出ている作品ももっと見たいと思っていたんだ。ドラマ出演作で見ていないのはあと「私の恋愛のすべて」くらいなので、そのほかは映画を探してみないとです。

あとほんと最後の方でちょい役のジャジャ麺の配達人役でキム・ギドが出てた。多分、彼だと思うんだけど。視聴中の最強配達人でも同じような役を演じてるねえ!ロボットじゃないも良い役だったし。彼のちょっとどこかとぼけた雰囲気が割と好きですよー

私は歴史についてあまり詳しくないので、王族の子孫とか、宮の位置関係とか、黄金探しのお話のどこまでが本当でどこまでが虚構なのか分からなかったけど、ストーリーは意外と面白かったなあって印象です。最後のムヨルはかっこよかったし。宝探しっていうのはやっぱり誰でもワクワクするものなのかもね!

 

このドラマが見れるのは・・・

【香港映画】ドラゴン危機一発 の感想 ブルース・リーは歩く姿がすでに美しい

カンフー映画大好きなんですけど、私がそういうのを見始めたのは李連杰、つまりジェット・リーからなので、まだまだ経験が浅いのであります。

なので、ジャッキー・チェンの映画は有名なのを見たことがある程度だし、ブルース・リーに至っては名前は知っているけれど、実際に出演作を見たことはなかったんですよね。(あ、息子のブランドン・リーのクロウ/飛翔伝説は見たことがあってサントラを買ったくらい大好きですが!)だけど、とうとう今回「ドラゴン危機一発」でブルース・リー出演作を初体験したのでした。いや、あれですね。いつか見ようとかいつかやろうと思ってることはともかくすぐにやる方がいいな。なんだかそんなことを思いました。百聞は一見に如かずであります。

 

スポンサーリンク


 

それにしても、しょっぱなからワー!って盛り上がったのはこれ。

そう、ドゥンドゥンドゥンドゥンって一個ずつ四角が現れて、あ!ゴールデンハーベストのだ!と嬉しくなってしまうくらいにはここの映画を見ているようです。私。

 

まず、ストーリーはさておき、なんだかどう見ても香港じゃない場所だなあと思ってたら、タイで撮影されたものみたいです。氷工場の人も仲間たちも広東語を話しているから、出稼ぎに行って仲間で住ん でいるって感じなのかな。

ブルース・リー演じる主人公は、喧嘩をしないってお母さんと約束をしていて、その約束の印として翡翠のペンダントをしているんだけど、お母さんを思い出してそのペンダントを取り出して見る度に流れるオルゴールみたいな音楽がなんだか私の笑いのツボを押すもんで、なんだかすごく受けてしまった。しかも、あんなに何度も見てたのに割れた後は喧嘩しまくりなんですよ。おーい。

あとは、壁を背に人を殴ったら人の形で板壁に穴があいたりとか、お約束なんだろうけど、彼の出てる映画ってこういうのなんだ!って色々発見があったし、面白かったですよ・・・

私が今まで見てたカンフー映画とか武侠映画ってあんまり死闘って感じのじゃなくて試合っぽく戦う感じのが多かったようです。だからこの映画の闘いが完全に喧嘩、それも命をかけた喧嘩でビックリ。相手が素手だったら素手同志で闘うとかじゃなくて、相手がどうだろうがナイフとか使っちゃって倒すためにはなんでもありみたいな。それでもブルース・リーは勝っちゃうんですけどね。

確かにブルース・リーの体の動きは素晴らしくて、歩く姿さえ美しくて迫力がありました。足がどっしりと地についている感じ。あれは外旋してる足っていうんですかね。そして闘ってる間に服が切られて筋肉があらわになるシーンがあるんですが、なんていうか実際に使われる美しい筋肉を見た!って感じで、この動きにはここの筋肉が動くのか、とそんな部分に見とれたりしてしまいました。パンチを繰り出す時に動くのは肩の筋肉ではなく、むしろ背中。体の使い方の勉強になるなあ。

そして香港映画って「因果応報」の思想がある気がして、その人自体は良い人だとしても、復讐のためとはいえ殺人などを犯すとラストでその人も死んでしまうイメージなのですよね。だけど、この映画のラストでは主人公が最後に逮捕されてしまうという、おお、そう来たかというちょっと意外な結末。まあ実際に彼も仕返しのためにたくさん人を殺してしまっているんで、その形も因果応報といえるのかなとは思うんですが・・・あんなに超人的な強さを発揮しているのにこの部分だけ現実的過ぎてちょっと切ないねえ、なんてことを思ったのでした。

でも、なかなか面白かったので、他の出演作も見てみようと思います。この映画はヌンチャクは出てこなかったし、やっぱりそれを見ないと!

 

ドラゴン危機一発が見れるのは・・・
⇒Netflix





【中国ドラマ】 聊斎志異(りょうさいしい)公孫九娘 の感想 人間と幽霊の純愛なのだけど釈然としないなあ 

聊斎志異の3作品目、公孫九娘を視聴終了しました。今回は幽霊のお話。ラストに出てくる漢詩が美しくとても印象的でした。

 

李商隠 「無題」

相見時難別亦難 東風無力百花残
春蚕到死絲方盡 蝋炬成灰涙始乾
暁鏡但愁雲鬢改 夜吟應覚月光寒
蓬山此去無多路 青鳥殷勤為探看

 

実際にドラマに出てきたのはこの漢詩の前半部分だけかな?出てきた字幕によるとこんな感じ。

相い見る時は難く別るるも亦た難し、東風力無く百花残る
春蚕死に到りて糸方めて尽き、蝋炬灰と成りて 涙始めて乾く

ラストに愛する人を忘れられずに年老いていくそれぞれ一方通行の二人の姿とともにこの漢詩が流れて切ないのです。

 

スポンサーリンク


 

このシリーズってなんだか主要な登場人物は大陸の役者さんじゃなくて、台湾とか香港の俳優さんが多いような気がする。この作品もそうですねー

李懐生役は、孫協志(トニー・スン)で、台湾の5566というアイドル出身の俳優さんだそう。公孫九娘の婚約者で、科挙に合格したので結婚をするために村に戻ってくるのだけど、その時にはもう公孫九娘は殺されて死んでしまっているのでした。

公孫九娘役は康華(アキナ・ホン)で、香港の女優さん。彼女が幽霊。胡嘯天に一家を惨殺されて、彼女も死んだんだけど、転生を拒んで胡嘯天に復讐をしようとしているんですね。

胡嘯天に一家皆殺しにされた公孫家は、威遠局が。局は六指琴魔で出て来たので知ってる!清代の運送業と警備業と保険業を兼ねた商売のことを指すようです。九娘が配達に行って留守にしている間に一家がやられてしまい、彼女はその復讐のために胡嘯天のところに乗り込むのですが、結局、自分もやられてしまうという流れから彼女は幽霊になってしまうのでした。

胡采霊役(胡嘯天の娘)は、頼薇如(ドリス・ライ)。彼女は台湾の7Flowersというグループのメンバーだそう。確かにくりっとした目がアイドルっぽい。彼女は離れて住んでいたので、父の胡嘯天の悪事は知らなくて、李懐生を好きになってしまう。でも彼にとっては仇の娘なのですね・・・

結局、李懐生は幽霊だとしても公孫九娘を愛し続け、彼女の復讐をするために胡采霊と婚礼をするという嘘をついてまで、幽霊を胡家に入れるようにするのですよ。仇の娘である胡采霊を愛せないことは仕方ないけれど、それにしても自分に対する好意を利用するなんてひどい仕打ちだな・・・と思ってしまう。李懐生と結婚出来ると有頂天になる胡采霊の姿は見ているこちらも悲しい。萍踪侠影でも仇の家族は子孫もすべて殺して血縁を絶つみたいな感じだったから、実際に罪を犯していない子どもにも罪があるという感覚の思想が昔はあったのだろうか?だから胡采霊にそんなにひどいことをしても構わないという感じだったのかな・・・

そんなこんなでいくら李懐生が公孫九娘を幽霊になっても一途に愛しているという純愛部分にはまるで心が動かないのであった。自分がひどいことをされたからと言って自分が他人にひどいことをしてよい理由にはならない気がしてねー
その上、ラストの道士の凌陽子と胡嘯天のやっつけ方はそんなのあり!?って感じで、胡家に乗り込む必要なんてなくって、じゃあ早くその方法でやっつければ良かったやんてズッコケます。

とりあえず、ここで出てくる幽霊はなぜか傘を差してるっていうのがちょっと面白かったのと、胡采霊が気の毒!でもラストで出てくる漢詩は素敵だったってなところでしょうか。私はあんまり好みでないストーリーだったなあ。

 

聊斎志異が見れるのは・・・

【韓国映画】僕らの青春白書 の感想 1980年代の地方都市が舞台の青春映画

映画「僕らの青春白書」を見ました!イ・ヨヌ監督の作品なんですが、以前見たことのある亀、走るも同じ監督の作品のようです。ほのぼの系が得意なのかな?1980年代の韓国の地方都市が舞台の青春映画なのですが、もっともっと前のファッションに感じてそれよりも前の時代を背景にしたものかと思ってました。イメージではなんとなく裾が広がったパンツなんてもっと昔な気がするんだけど、日本とはまた違うかもだし、ソウルと地方都市とかは違うのかもしれない。

 

スポンサーリンク


 

ともかく主演陣は今をときめく人気の顔ぶれが出演していてとても豪華です。イ・ジョンソク、パク・ボヨン、キム・ヨングァン、イ・セヨンの4人を軸に物語が展開していきます。

モテ男のジュンギル役のイ・ジョンソクは、ちょっとダサさが足りなかったなあー。喧嘩に弱くて逃げ回る姿とかは良かったんですが、普通にキレイ過ぎる気がして、イマイチ昔のダサさが物足りない。方言もあんまりかな。うーん。

まああれ以上どうすることも出来なかったのかもしれないけど、一緒につるんでる3人組のあとの二人がいい感じにダサいので、彼だけがすっとし過ぎたように感じて浮いてしまってちょっとつまらないのだった。

クァンシク役のキム・ヨングァンは、カッコつけた番長を思いっきり演じてくれてた感じ!シャツの前を開けて柄Tシャツを着るのが不良の印なんですかね?あの本人としてはめっちゃかっこつけてるんだけど、まわりで見てると気恥ずかしい感じ、青春だなあ・・・ めっちゃパンタロンなズボンなんだけど、身長があって足が長いので妙に迫力があったわ~

ヨンスク役のパク・ボヨンがとても良かったです!ト・ボンスンでのキュートだった彼女のことを思うと、体は小さいけど迫力のある女番長が素晴らしかったなー。突っ張ってるけど一途な女の子って最高に好きです。

おバカなジュンギルは、全然本当のことが見えてないんだけど、この世代って特に男の子より女の子の方が思考が大人っぽいのよねえ。

ソウルからの転校生ソヒ役のイ・セヨンもなかなか良かったです。しかし、いくらソウルから来たとは言え、この時代に高校生のピアスはまだのような気もするなあなんてことが気になったり。まあ、彼女も実はかなりのワルだったという設定なので、そのせいなのかもしれないけど。しかし、イ・セヨンは美少女とワルのどちらも演じられるイメージなので、この配役とてもうまいなあと思いました。

そして脇役でとってもいい味を出していたのが、先生役のこの二人。最高にその時代の人でした。この空気感を醸し出せる彼らは本当にすごいよなあ。彼らがいることで映画の雰囲気がずっとアップしたと思う。

 

内容は可もなく不可もなく。ジュンギルを一途に好きなヨンスク。モテ男を気取っているジュンギルはまだまだガキっぽくて色んな事情が分かっていないでちょっと拗ねて生きてるんだよな。あの感じが青春なのかもなあ。あとで振り返ると「馬鹿だなあ・・・」って恥ずかしく思っちゃうんだけど、その時は分からないんだな。

強烈に心に残るような映画ではないけど、最後もハッピーエンドで見やすいし、お目当ての俳優さんがいる人が見るには良いと思います!

 

僕らの青春白書が見れるのは・・・
⇒Netflix