【韓国ドラマ】Hero の感想 絶対的な正義なんて無いんだな・・・

ヤン・ドングン主演の「Hero」の視聴を終了しました。OCNの10話完結のドラマです。Gyao!で配信していたので見てみたのですが、なるほどアメコミ的なダークヒーローが主役のドラマを作りたかったんだろうなというのは伝わってくるんですが、突き抜けてやっちゃった感が無いので、見てて気恥ずかしい気分になっちゃうのですよね・・・ もっとハチャメチャ設定でも良かったのにな!

スポンサーリンク


 

ヤン・ドングン演じるキム・フクチョルが隠れて人助けする時はこの恰好。口の部分に黒い革のマスクをしているんですけど、家族やフクチョルを知ってる人が見たら誰かすぐにわかるやん・・・って感じ。兄のミョンチョルなんかが分からないていで「お前は誰だ」なんて面と向かって言ったりするシーンなんかもあるけど、おいおいと思ってしまいますねえ・・・

ヤン・ドングンは目も髪型も特徴がありますからねえ。もっとプロレスみたいなマスクでもかぶってくれたら納得感もあって楽しめたのにー!まあコスチュームだけの問題ではなく、フクチョルのキャラにあんまり魅力を感じなかったのも私がやや流し見してしまった理由のひとつかな!

でも色々な人が出演していて、日本人の大谷亮平も殺し屋役で出演してましたよー 殺し屋な上に不死身でめちゃめちゃ強い。彼が話すのは日本語で他の人はもちろん韓国語なんですが、話す言語が違っても普通にしゃべってるという設定は近未来感があって良いよね。何か小さな器具さえ持ってたら簡単に翻訳できる未来が本当にありそうだし。

そうそう、ゲスト的な出演者でパク・ポゴムも出てましたー 特区の福祉院を脱走した少年の役。私、彼は王子様的な主人公よりもいわくありげな人役の方が好きだな。君を憶えてるのチョン・ソンホ役が一番好きだったなあ・・・ そして他にはホン・ジョンヒョンもちょい役で出てたりしましたよ!

そんな感じなので、わりと力を入れて作られたドラマのようにも思うのですが、私はあんまり好みでは無かったですねー 個性的な人を主人公に持ってきたところまでは良かったんだけど、個性的=魅力的ってことではないんだなあと思ってしまいました。

続編も作れそうな終わり方だったけど、注射を打って不死身っぽくなったとは言え、だんだん効き目が無くなってくるようにも見えたので、彼の命はどうなるんでしょうねえ?なんかその辺のところもよく分からないところが多かったな。お父さんの市長の野望と情に揺れた感じは理解できたけど、兄のミョンチョルは何故全部罪をかぶったのか、彼自身は何を目指してそうしたのか分からない。父親のためなの?人間が相反する矛盾した感情を自分の中に抱くのは分かるんだけど、そこまでもたどりつかないくらいよくわかんないなあって感じ。そういうのが多くてあんまり楽しめなかったです。

例えば市長は自分の思う正義をムヨル市のために貫いたつもりな訳だし、イオンの兄はそれを阻止しようと過激な行動をとったのも彼の正義だし、その人が何を正しいと信じるか正義が意味するものは変わってくるよね。万人にとっての絶対的な正義というものは無いのだなあなどと思ったのでした。

 

⇒Netflix






こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す