【韓国映画】あいつの声 の感想 実際にあった誘拐事件を題材にしたストーリー

もうなんていうか見た後にギャフンな気持ちになる映画でありました。これまた私は全くの前情報なく、ただキャスト欄にカン・ドンウォンの名前があったから見てみたよ~ってな感じなんです。そしたら実際に起こった未解決事件を題材にした映画だったんですよねえ。誘拐の未解決事件なんて言ったら悲しいラストというのが予想されちゃうわけで・・・ そんな内容だって知ってたら手を出さなかったかもなのですけど(子どもちゃんがひどい目に合うの好きじゃない)うっかり最後まで見ましたよね。ああ。

 

スポンサーリンク


 

さて、お目当てだったカン・ドンウォンは声だけの出演です。誘拐犯と子どもを誘拐された両親が何度も電話で会話をするんですが、その犯人の声、つまり「あいつの声」を演じたのがカン・ドンウォンです。彼の声は特徴があるので、これは結構良い配役だなと思いました。耳に残りますよね。そして本物の誘拐犯の声も流される場面があるので、その実物の声とカン・ドンウォンの声が全く違うのがこれはあくまでも映画であるという線引きになっているのが良いです。そうでないと苦しい気持ちを引き摺りそうな映画です・・・

それにしても、誘拐犯の言葉に振り回される両親の姿が生々しくて見ている側まで胸が痛くなります。焦り、悲しみ、希望、落胆が何度も何度も繰り返され、消耗していく二人。

結局、未解決、そして時効を迎えたとのことですが、映画の内容を見ていると実に大胆不敵な犯人なんですね。携帯電話も無かった時代に一体どうやって両親の行動を監視することが出来たのか、そしてあんなにやすやすとお金を奪って逃げることが出来たのでしょう。今なら同じような事件が起こってもちゃんと解決できるのでしょうか?映画の中の警察は結局何一つ糸口さえ見つけることも出来ずに両親と一緒で犯人に転がされていた感じでしたね・・・

こういう実際の事件を扱った映画って一体どんな意図で製作しようと思うんだろうなんて考えてしまうなあ。事実は小説より奇なりとはいいますので、題材としては興味深いと思うのかもしれないですね。事件を風化させないという意味では一定の意義があると思うのですが、エンターテイメントとして昇華させきることが出来ないものな気がするなあ・・・なんてことを私は思ったのでした。あ、両親役のソル・ギョングとキム・ナムジュの熱演はすごかったです!

 

あいつの声が見れるのは・・・


【韓国ドラマ】私の恋愛のすべて の感想 主役二人のカップルがとってもキュート!

「私の恋愛のすべて」の視聴を終了いたしましたー!主人公たちが政治家のドラマだから楽しめるのかな~?と半信半疑で見始めたんですが、その辺りはただ愛し合う二人が敵対する政党に属していて関係を隠さなければいけないという設定を作るためだったんだな~ということで、実際の政治色は全然なかったです。なかなか面白いドラマでありました!

 

スポンサーリンク


 

何よりキャスティングが素晴らしいです。イ・ミンジョンはこういう気の強い女性を演じてもキュートに見せるのが本当にうまい。強い女って可愛くないって言われちゃうことが多いけど、そこが魅力的と言わせるくらいその性質がしっくりくるというかそんな感じ。だからこのドラマのノ・ミニョン役もピッタリでした!キツイ口調でも可愛いってすごいなあ。

そしてキム・スヨン役のシン・ハギュンもとっても素敵だった~!!!今までの彼が演じた個性的な役柄はいまいちハマれなかったんですけど、キム・スヨンはとっても魅力的で好きだった~ ブレインのイ・ガンフンの感情むき出しな感じが私はダメだったのですよ・・・

キム・スヨンとノ・ミニョンが会える時間が限られてて、タイマーをかけるんだけど、もう少しだけもう少しだけってタイマーの残り時間を延ばしてるシーンとかそういう二人だけの思い出が積み重なっていくのが素敵だったな。

最初のちょっと気障な長髪ゆるふわパーマが好きだったんですけど、短いものいいかな。キム・スヨンの実は複雑な生い立ちにもあんまり湿っぽい描写じゃないのが良かったな。そういうのをちょっと人とは違う生き方で飄々と乗り越えちゃってるのが新しい感じ。誰もかれも親に対して深い思い入れがあるという訳ではない気もするのですけど、その辺りのドラマでの描かれ方はどうしてもワンパターンですもんね。まあ恋愛部分に焦点を当ててたので取捨選択がうまく行ったということかもしれない。

そして、一番の目的だったパク・ヒスン!そう彼を見たいがためにこのドラマを見たんですよ~ 今回の役は好きだと言えずにノ・ミニョンを見守り続ける男ソン・ジュナ。ひえー。一途にそっと思っている姿がこれまた似合うんですよ!結局はキム・スヨンに彼女を取られてしまった形になったけれど、ソン・ジュナとキム・スヨンの関係が憎しみ合うとかじゃないのもいい。複雑な感情があるんだろうけど、それでもミニョンの幸せが彼にとっては一番大切なんだな。ジュナも幸せになっておくれよ~おおお

 

コメディー要素も多めだし、政治の世界が舞台だなんて敷居が高いなあ~なんて思わずに見れば絶対に楽しめるドラマでしたよ~!もっと早く見たら良かったな。アン記者だけはあんまり存在意義が分からない気がしちゃったけど、他の出演者はみんな好きだったかも。そんな感じでサブキャラたちのエピソードも良かったのでとても微笑ましい気持ちで楽しく見終えることが出来ました。オススメ!

 

 

私の恋愛のすべてが見れるのは・・・

 

【韓国映画】ファッションキング の感想 メインキャラよりもサブキャラのキム・ソンオが最高!

韓国映画のファッションキングを見ました!ドラマでもファッション王ってのがありましたがあちらとは全く別ものです。こちらはWEBコミックが原作の至極分かりやすいストーリーであります!

 

スポンサーリンク


 

いじめられっ子だったウ・ギミョン(チュウォン)がファッションに目覚めて目標を見つけて頑張るっていうストーリー。お金持ちのいじめっ子側ウォノ役はアン・ジェヒョンで順当だし、ガリ勉眼鏡だけどオシャレしたら実は美人だったっていうギミョンの味方のウンジン役はソルリっていうのも割といい感じのキャスティングでした。

そういう感じでストーリーもありがちで、まあひねりもないストレートな流れなんだけど、漫画で描かれていたであろう奇抜なファッションをリアルに表現しようと努力したんだろうな~という雰囲気は悪くないし、そういう味付けがあるのでそれなりに楽しく見れたかな。すんごいアレンジの体操服とか制服とか着てて笑っちゃうよ・・・

その中でも一番良かったのはキム・ソンオです!!!!偽物を売りつつも個性的なオシャレさんでギミョンのファッションの先生みたいな立場になるナムジョンを演じてるんですが、最高にカッコイイんですよおおおお。

彼はちょっととぼけた役も、悪役も、どこか個性的でなんだか目が釘付けになっちゃう。うさん臭さが最高なんだな。彼がいなかったらこの映画は私には全く印象に残らないで終わったかもしれないなあ。ほんとそれくらいの存在感がありましたね。まあ役柄上もいい人だし、個性的なファッションを完全に自分のものにしてるのもさすがだし良かったなあほんと。

チュウォンの演技はまあいいんじゃないかなってくらいの印象。いじめられっ子とファッションに覚醒した後の違いがあんまり感じられないかなあ。

アン・ジェヒョンはやっぱりどこかノーブルな雰囲気があるのかなあ。それもお金持ちだけどちょっと孤独なキャラってのが定番のイメージ。ポジティブで幸せいっぱいって感じの役より陰がある役の方がしっくり来てしまうタイプだなあ。へんちくりんな(失礼!)改造制服もなかなか異次元的に着こなしててそれはさすがでありました。

ギミョンの友達のチャンジュ役のシン・ジュファンも他のドラマで見た時のちょっと固いとは違う雰囲気で良かったし、ギミョン達4人が「カモン・ベイビー」とか言ってるのは楽しそうで割と好きなシーンだったな!青春って感じ。

いじめのシーンとかはあんまり好きではないんだけど、ギミョンがやられたことをやり返して復讐するっていう形じゃなくて自分のやりたいことを見つけてそのおかげで仲間もできて自分の道を見つけて行くっていうのは綺麗事に見えるともいえるけど、悪くないなと思うのでした。明るくていいな。そんな風でありたいなって思えるというか、そんな気分。

特別オススメと言える映画という訳ではないのですが、キム・ソンオがとても素敵だったので、彼が好きな人は是非!って感じかな。私は彼が出演してたおかげで楽しめた気がします~

 

ファッションキングが見れるのは・・・