【中国映画】Love O2O の感想 微微一笑很傾城(シンデレラはオンライン中)の映画バージョン

微微一笑很傾城(シンデレラはオンライン中)の映画版「Love O2O」を見ましたよー!O2Oの意味はOnline to Offlineなので、オンラインゲームで知り合った二人がオフラインでも恋しちゃうよ!って感じかな。恋っていうかこの映画の中ではゲームでいきなり結婚ですけどね。ゲーム強い人ってだけでもカッコイイのに、現実に会ったらこんなにイケメンだったなんて羨ましいよね!?本人も可愛いんだけど!

 

スポンサーリンク


 

なので、あまりにも非現実的で、なんというかほんと映画だからこそだよね~なんて思っちゃったりもする。ファンタジーだよファンタジー。キュンキュンしたいんだけど、映画だとそこまでキャーってなれなかったかも。
エレベーターでのキスシーンはアツアツだったけど、そんなにぐいぐい行かない方が多分好きなんだな。大学生っぽい初々しいキスが良かったです。そんな気分。

と、映画とドラマどっちも面白かったしどちらも好きだと思ってたけど、こうやって感想を書いていると私はドラマの方が好きだったのかなあなんて思ってきました。

ドラマのヤンヤンとジェン・ジュアン、映画のジン・ボーランとアンジェラ・ベイビーという配役はどっちもコスプレも似合う美女とイケメンだけど、初めてヤンヤンを見てシャオナイにズキューンされた記憶があるからシャオナイはヤンヤンの方が好みかもしれない。でもヒロインはアンジェベイビーの方が好きかもな〜という感じ。ジェン・シュアンはこのドラマの時はわりと好きだったんだけど、その後に見た時代劇でだんだん苦手意識が出てきちゃったのよねー

シャオナイのキャラもそれぞれちょっと違うかな。ヤンヤンは完璧男子、ジン・ボーランはもう少し気さくな普通の大学生のイメージって感じ。そういうところもヤンヤンバージョンの方が好きな理由かもしれません。

ゲームの中の映像もとてもきれいだったし。二人ともほんとにキャラそのままみたいにああいう格好がにあいますよねえ。ため息。

映画もちゃんとギュッとストーリーも詰め込まれてて、あのドラマの長い時間で他にどんなことあったんだっけ?忘れた・・・なんて気分になりました。

すごく悪い人も出てこないし美しい映像や登場人物を楽しむのに良い映画です。かるーい気持ちで見れてよいです。でも不思議と悪くないのよね。時間があったら・・・いう感じで、わりとおすすめかな。

 

このドラマが見れるのは・・・
⇒Netflix