【韓国ドラマ】オー・マイ・クムビ の感想 クムビ役のホ・ジョンウンちゃんの演技が素晴らしい!

オー・マイ・クムビの視聴を終了いたしました。子どもちゃんが主役のってドラマって変にお涙頂戴の場合が多いのでやや避け気味のジャンルではあるのですが、これは良かった!といってもクムビは重い病気だし悲しい場面もあるんだけれどそれ一辺倒じゃなくて前向きな力をくれる。そして何よりもクムビ役のホ・ジョンウンちゃんの演技がうまい・・・!このドラマはもう彼女の演技力ありきといえるでしょう!いろんなドラマで子役で出ているのを見たことがあるから、まだ若いけどかなり演技経験を積んでるんだろうな。

 

スポンサーリンク


 

クムビが現れたことで変わっていく不良大人たち、傷を抱えた人たち。クムビはもちろん年相応の子どもの可愛さもあるけれど、思考は大人よりもずっと大人っぽい。厳しい環境で育ったことがむしろ彼女をそうさせたのかもしれないんだけど、ちゃんと自分で判断して生きてきてだからまっすぐに育っているんだよね。

人ときちんと関わることを避けてきた大人たちに臆することなく向かっていくクムビ。そして必然的に自分とも向き合うことになって周りが成長していく姿はなんだかおとぎ話みたいでもあるけれど、人を癒すのは人との関わりなんだなあと思わせてくれるのです。可愛いだけの女の子ではないし口も悪いのだけど、なんだか天使のように見えるのだよなあ。

子役ちゃんたちはみんな素敵で、クムビの淡い恋のお相手のジェハ役のパク・ミンスくんも可愛い。クムビに聴かせたいからって公園でバイオリンを弾きだすジェハにノックアウト!笑 末恐ろしい男の子である・・・

愛するウンドンのライル役とか、ごはん行こうよ2のデヨンの子ども時代とかちらほらドラマでも見かける気がする。子役ちゃんたちはあっという間に成長するので、その過程を見守るのも楽しい。このままいけばいい感じにイケメンになるのでは!?

そしてフィチョルの高校時代を演じてたのが、キム・ミンギュ。警察官のパパ役はアン・ネサン。回想シーンにしか出てこなかったけどね~

キム・ミンギュはこの人生は初めてなのででカフェのバイト役の演技で結構印象に残ったんですよね。

ちょっと顎が気になるけど、癖のあるタイプの役柄を演じられそうでちょっと気になる俳優さんなのでした。

ラストに安易に死を描く形で終わらないのがなんだか良かったんです、このドラマ。ニーマン・ピック病だけでなく、本当にいろいろな病気がありますよね。ドラマで病気を描くのってとても難しいと思うのだけど、可哀そうに偏り過ぎず、生と死について考える機会をくれた、そんなドラマでした!

 

オー・マイ・クムビが見れるのは・・・



 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す