【韓国ドラマ】10-TEN シーズン2 の感想 10%の難事件を担当する捜査チームの第2弾! 

TENに引き続きTENシーズン2も見ましたよ~。これは内容も完全に続き物なのでTENチームのメンバーもそのまま同じなので良いですね。全12話で、最初の2話はTENシーズン1のラストで出てきたシーンの説明的な内容。なので、やっとこれを見てなるほど~そういうことだったのか!と分かる感じ。元々、人の心の裏の裏を描こうとした一筋縄ではいかない展開のドラマではあったけど、シーズン2は更にトリッキーでちょっとやり過ぎた気もするかな。興味深くはあるんですけどね。

あ、TENチームの「10」という数字って何のことって思ってたら10%の難事件を担当する犯罪捜査犯ということでつけられた名前らしい。ドラマの中で説明があったのかな?ちゃんと見てなかったのかもしれない~

 

スポンサーリンク


 

まあなんといっても私が続けざまにこのシリーズを見たのもひとえにF事件の犯人を知りたかったから!しか~し解決したように見せかけて、捕まった犯人は真犯人ではなかったんですよ・・・ その捕まった犯人は連続殺人事件で家族を殺されて真犯人を追っていたのだけど、親身になってくれない警察にも同じ目に合わせて自分たちの気持ちを分からせようという思いで殺人を犯した人だったという。え~~~、で結局真犯人は誰なんですか?っていうのはシーズン2でも明らかになりません!おいおいお~い。なのでまあラストまで見終わってさすがにガックリ来ましたよね・・・

まだシーズン3は放送されてなさそうなのでもう知らん・・・って気分です。ちょっと引っ張りすぎで、う~ん。ちょっとこねくりまわして複雑にし過ぎたせいで間延びした展開になった気がしますねえ。

まあストーリーの中で心に残ったのは教授の話かなあ。いい意味で心に残ったというのではなく、自殺することに関して贖罪の意味があるのかもしれないけども、そんなやり方をしたって自殺は自殺だからちょっと釈然としないなという印象です。まるで教授のしたことは高尚な意味があることのようでただの屁理屈をこねただけのように感じてしまうな。

そしてメンバーの一人が誘拐されるというストーリーにどこか既視感があるなと思ったら、神のクイズ4ですね。あれと同じで最後はひどい結果に終わるのかと思ったらここではそうではなかったので、まあそこは良かったです。でもこういう刑事ドラマで捜査チームの誰かが誘拐されるとか狙われるっていう展開があまり好きじゃないなあ。見てるとそういうの多い気がしますけどね・・・ 刑事本人が当事者とか被害者の家族とかで事件に関係があるっていうのより、純粋に捜査をしているドラマが見たいな~。その方が1話ずつ新鮮な気持ちで見れてすっきり犯人が分かっていいな。

多分、複雑な展開過ぎて、単純な展開のものを見たくなってるだけかもしれません!
そしてF事件の真犯人が分からなかったってことの衝撃がドラマの面白さを凌駕してしまったせいでそんな風に思ってしまうのかも~~~!!!!(どうやら余程ショックだったようです、私!笑)

 

10-TEN シーズン2が見れるのは・・・


こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す