【韓国ドラマ】神のクイズ シーズン4 の感想 ギョンヒが帰ってきたよー!わーい

神のクイズ シーズン4の視聴を終了いたしました!このシリーズをやっと最後まで見れたのでちょっと達成感~ でもまた新作が韓国で放送されるみたいなので、それも楽しみにしておこうっと!前作はギョンヒがいなくて物足りなかったのですが、今作は再登場して嬉しい。扱っている事案が深刻なものが多いので、やっぱりジヌとギョンヒの穏やかな愛情も描かれているとホッとします。

 

スポンサーリンク


 

今回は、イ・ドンヘやキム・ジェギョンの華やかなキャストを登場させたことで変化をつけて来ている感じ。ちゃんとそれぞれの性格や特徴も伝わってくるように描写されているので、新しい登場人物が出てきても割とすっと受け入れられるのはうまいなあと思います。

ストーリーとしては、ジヌが実は脳の手術のあと1年間も眠っていて、ギョンヒが一生懸命世話をしていたというところからの始まり。二人の愛は表面的には激しくは見えないけれど、穏やかでもとても深い。互いに労わりあい理解しようとする姿が好きなんです。あんまりこういう愛情の描写を他のドラマでは見ない気がするので余計のこのドラマが好きなのかもしれない。

1話ずつ事件が起こるのはいつものシリーズと同じですが、全話を通しての事件として巨大企業の陰謀みたいなものが描かれます。ジヌの脳の問題は起こらないのだけど、今度は彼の母親が登場したり、イ検事が資料をギョンヒに渡すことで彼女に危険が迫ったり。そしてハン・シウ(イ・ドンヘ)も別ルートでその事件を調べていて命を狙われてしまうんです。単に私の好みの問題なんだけれど、捜査をしている人にまで危険が及んで死んでしまうのってあんまり好きじゃないんだな。ストーリー上でどうしても避けられない必然のシチュエーションなら納得できていいんだけど、あんまり重要じゃない筋書なのに死んでしまうのはイマイチかな。という訳でシウの結末はちょっとな~と思ってしまった。

ケース10の神の代理人のエピソードで、「母親は神の代理人なのかもしれない」と見れた後にジヌの実母を出して来て「子どもを愛する母親ばかりではない」と持ってくる脚本のセンスは好きなのだけど、ケース11・12のグッバイ・メビウスのエピはいろいろと無理やり感があって入り込めない感じでした。入院してたソ・ダミちゃんの名前はジヌの母親のダミーという意味からから来てるのかな・・・というクローン話とか、ジヌが薬を使って脅迫して自白をさせる方法とか、チップを埋め込んで手足を動かせるようになる技術とか、無理がある設定ややり方ばかりで「おいおい」とツッコミを入れたくなる感じなのよね。うむむ。

シリーズも4作目となるとバラエティーを持たせるために新しい要素を入れなければいけなくて大変だろうな~とは思うのですが、今回は意外性を狙い過ぎて取っ散らかった印象でありました。でもそれぞれのエピソードは興味を面白かったので、メビウスの話だけちょっとという感じです。

ケース07のXはちょっと切なかったですね。両性をもって生まれてくるという話は聞いたことがあるけど、子どもの時に外見を男性にしたけれど、心は女性ということがあるんですね・・・ あとオッドアイの高校生を演じたチャン・ギョンオプくんも印象的なルックスで気になりました。切れ長の目に弱い。

 

あくまでもドラマだと分かっていはいるんだけど、シリーズを4作も見ると少しずつジヌの秘密が明かされて来て、でもまだまだ知らないことがあるんだろうなと考えてしまう。人物として親近感を抱いてしまう感じがありますね。母親の登場で更にジヌの過酷な人生が垣間見れてしまった気がして心が痛い。だからなのかな、どうしてもジヌとギョンヒに穏やかな眠りが訪れますようにと祈ってしまう。そんな気持ちになるドラマなのでした。

 

神のクイズ シーズン4が見れるのは・・・


こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す