【韓国ドラマ】キャリアを引く女~キャリーバックいっぱいの恋~ の感想 ツッコミどころもあるけれどそれなりに面白かったかな!

キャリーを引く女の視聴を終了しました。結構面白かったです。つっこみどころも満載ではあるんですが、ラブストーリー部分を前面に押し出し過ぎていない感じが好みでした。ラストもグムジュがハム・ボッコとマ・ソグのどちらを選んだのかほんのりぼかした感じでしたしね。むしろそれが良かったな。だけど、そうなってくるとサブタイトルの「キャリーバッグいっぱいの恋」って一体誰に対する愛が詰まっていたってことなんですかー?って言いたくなるんですが、まああれかな、依頼人への愛、妹のヘジュへの愛、仲間たちへの愛とかそういう大きな意味での愛なのかもしれませんな・・・ それなら納得って感じ。

 

スポンサーリンク


 

チャ・グムジュが事務長だったときは良かったけど、弁護士になった後の14話くらいからストーリーの展開がちょっと無理がある気がしているのですよね。アレンがいくら川沿いの人気のないところだとしても、ユン・テオとグムジュに向かって銃を撃ちますかね?銃声するやん?そして顔をあんなにばっちり見せてグムジュのことをあんな風に殺さずにそのままほったらかしにしていくものなんでしょうか?全然、解決士の完全な仕事って感じがしないなあ・・・となんだか正気に返ってしまって、その辺りから筋書きに無理があるなと。そういうとこが気になって仕方なくなって来たんですよねー。あとはハム・ボッコが刑務所で仮病を使って病院に運ばれてくるんだけど、その時に手錠もされずに病院の中を自由自在に動き回ってグムジュやマ・ソグのところに行って言葉を交わしてたりするんだけど、そんなん出来るわけないやん!と。

まあどんどんそんなのがエスカレートして、最後には国情院にアレンを捕まえさせるんかい!?というなかなか強引な幕引きにもズッコケました。まあそもそも国情院がK-factで潜入捜査するかね・・・っていうとこがすでにどうなのかって話かもなー

ハム・ボッコ役のチュ・ジンモは最後の方は髭がねー。髭が無くても濃い顔の方なので、髭があると「濃い」ってことにしか目がいかないのであった。
そういうのもあって、グムジュとの仲にやや軍配が上がっていそうに見えるハム・ボッコ氏とグムジュの間に変にラブラブなシーンがあんまり無くて良かったと思ってしまった(^^;

チェ・ジウの弁護士役は悪くはないけれど、どうしても舌足らずな話し方のせいか劇中にあるような敏腕な人にはどうしても見えない感がある。あと、これは脚本のせいですが、弁護の時に妙にたとえ話を多用し過ぎているのも、ドラマだからと思っていても過剰な気がしたな。

おや、自分で思っていた以上に気になったところが多かったみたいである。笑

でもこんなことを言っているけれど、ドラマは結構楽しく見れていて、その理由はチョン・ヘビンとイ・ジュンがとても良かったからかななんて思ったり。

チョン・ヘビンのヘジュは、姉への鬱屈した思いを隠し切れない、でも悪い人になりきれないそんな心がすごく伝わって来て一番感情移入出来る気分だった。チョン・ヘビンはこの役を演じるのがとても苦しかったのではないかな・・・なんて思ったのだけど、なにせ対するのがチェ・ジウだし、でもその苦しんで頑張って演じてる感じが役柄自体の心情にちょうどマッチしたのかな、とそんなことを感じました。

そしてイ・ジュンのマ・ソグは新人弁護士としてのまっすぐさと、グムジュを好きになる過程、そして最後は弁護士より検事を選ぶ、というところまで非常に一貫していて好感が持てたんですよね。イ・ジュンってもっと影のある役を演じてるイメージだったので、今回のマ・ソグが新鮮で良かったのです。グムジュとの仲は、断然マ・ソグを応援しちゃった私なのだった。

そして、大好きパク・ビョンウンも出てましたー。この人生は初めてだからみたいな役もいいけど、今回の完全に悪い人もいいですな。一癖も二癖もある感じが素敵。それにしても、韓ドラあるあるだと思うけど、ちょっとサイコパスチックな人ってチュッパチャップス舐めてないですか?なんで?いつも疑問に思ってる。

彼もイ・ドンスの罪を告発したことで、一応父親の復讐をしたと言えるんですかね・・・ うむむ。

あとちょっとな~と思ったのが、チョ・イェリョンの存在。グムジュの友人になってたけど、キツめの化粧のせいか最初から彼女の存在が怪しすぎてね。ユン・テオの相手が彼女だとすぐに分かってしまってここが妙にイージーゲームであった・・・

とまあ、なんだかんだ言ってるんですけど、Gyao!で毎週更新を楽しみにして見てたんですよー。グムジュとヘジュ姉妹の関わり方とか心の動きとかは丁寧に描かれていて見ごたえがあったし、全体的な流れはそれなりに楽しめたと思います。事務所の仲間たちとかのサブキャラも好きだったし!

あっ、チン・ギョンが演じてたク弁護士は留学してそのあとそのまま行ったきりで最後も帰って来てなかったな。あの設定はなんだったんだろう?突然思い出したゾ!

 

キャリアを引く女~キャリーバックいっぱいの恋~が見れるのは・・・




 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す