【中国ドラマ】琅琊榜(ろうやぼう)~麒麟の才子、風雲起こす~ の感想 ストーリーキャスティングも素晴らしく文句なしで面白いです!!!

琅琊榜~麒麟の才子、風雲起こす~の視聴終了いたしました!っていうか半月近く前に見終わったのに感想を書けていませんでした!ちなみに今、感想をまだ書けていないのは8作品分・・・^^; ひとつずつ頑張ります・・・

この作品を知ったのは、太子妃狂想曲がとても面白かったので、見終わった後に色々調べていたら同年(2015年)の作品で人気があって話題になったドラマは琅邪榜と太子妃狂想曲だったという記載を見て、機会があったら見たいと心に留めていたんですよね。そうしたらまさに入っていたFODプレミアムで1月から配信が始まったので、待ってましたとばかりに見始めました。ラッキー!そういう前評判を知っていたので、中国歴史物、そして54話という私にとってはハードルが高い部分も気にせず視聴開始、そしてアッという間に見終わってしまった!まだ2月だけど、今年の1番になる可能性もある!!!

 

スポンサーリンク


 

そんな感じでめちゃめちゃ面白かった!!!ちなみに上流社会と並行して見ていたのですが、こっちに夢中になって優先してしまいました。一緒の頃に見てた韓ドラの感想がやや辛口なのは、このドラマと比べてしまったせいのような気がします・・・

こんなに楽しめたのはストーリーももちろんですが、キャスティングも役者さんの演技も素晴らしく、また人物像の描写もしっかりしていてそれぞれの登場人物がとても素敵だったこと。演出も引き算の美学というか派手なだけではない、そぎ落とした美しさというか、凛とした雰囲気が漂っていたのも素晴らしいなあと思ったのです。そうtoo muchじゃない感じ?なんか中国の才能の深淵を見たな~という印象を受けました。

衣装の色合いもシックで非常にエレガントです。てかてかしてないすごい上質な生地を使っているんだけど抑えた色合いがまたいいんですよね・・・ そして役者さんたちの所作や立ち居振る舞いがとにかく美しい・・・ それだけでも惚れ惚れします。

梅長蘇役のフー・ゴーは夏寒の毒の病に侵されていて、時々血を吐いたりして病弱。だけど諸葛孔明みたいな策士で頭がいいんですよね。そう考えると武術に長けてない主役って珍しいかも?でもそれがまた良いのですよねえ・・・
シックなお着物に毛皮を着て雪の中にたたずむ姿の絵になることよ・・・ 中国の昔の人の髪型とかだとカッコいいと思えないかもな~なんていう憶測は杞憂に終わりました。美しい人は何を着ても美しい。フー・ゴーも美しかった・・・ 

そして、梅長蘇の護衛の飛流を演じるウー・レイがまた可愛い。少年なのに強いし空を飛びまくり。いやーワイヤーアクションには慣れてるけど、それ以上になんか異次元。でも中国の昔の架空の国での出来事という設定だし、夏寒の毒という病気なんかも架空の病だし、そういう空を飛んじゃうようなちょっと超人的な部分があることで、うまくファンタジーと現実的な部分の橋渡しをしていて違和感が無く楽しめたのかな。

重苦しくなりそうな展開の中で、飛流の無邪気さというのはドラマの中の癒しみたいだったな~。こういう緩急も上手い。

そして、フー・ゴーもカッコ良かったんですが、私はこの靖王役のワン・カイにすっかりやられました。役柄も真面目で融通が利かない頑固なせいで不遇な皇子という設定だけでもヤバイんですが、彼も立ち姿が(別の声優さんの吹替じゃないのを確認した!ちゃんと本人の声だった) あと手もきれい。男らしいんだけど、ちょっと目がつぶらだったりして、ナニそれ、ああもう好きです。他の出演作も見るゾ!とちょっと調べてみたら、ジャッキーチェンのレイルロードタイガーって映画に出てた!なんかさすがジャッキーチェンだな、人気どころを押さえたキャスティング凄いねって訳の分からない感心をしました。ともかくそれも見なきゃ!笑

蒙摯役のチェン・ロンもとてもステキな役でした。腕っぷしは強いけど、梅長蘇たちが難しいことを言ってると、???みたいな表情になって分かりやすく説明してくれ・・・!と言い出すのがまた良いのです。武人だからちょっと動物的な勘があって梅長蘇が林殊だとすぐに気づくんですよね。

皇帝はまあ皇帝らしくて良かったんですが、ちょっと好きだったのが紀王役の寧文彤。彼も意外と重要な役どころでまさに人が良さそうな風貌がこの役柄にピッタリ!なんか可愛いおじさんだったのですよねえ!

蕭景睿役の程皓楓もちょっと好きだったのだけど、なかなかにいわくありの生まれで陽気でいい人が悲しんでる姿は見てるのが切なかったなあ。しかしなんで彼のかつらだけ前髪部分に膨らみがあるタイプなのだろう・・・!ぺったりしてるの似合わなかったのかな??

藺晨役のジン・ドンはマリスミゼルの頃のガクトにしか見えなかった・・・
ほら似てません!?

彼のちょっとチャラっとしたキャラもドラマを重苦しさから救ってくれるところがあったなあ。飛流とわちゃわちゃしてるのが最高だったな!

言豫津役の郭暁然も枯れた感じがとてもカッコ良かった!キリっとしてて甘さが無い感じがヒエーって痺れる。

その他の悪役のおじさま方も素晴らしかったんで、中国はさすがに13億人の人材の宝庫だなってマジで思いました。すごい。

そして靖王の母親役の静嬪役のリウ・ミンタオもとても知的で美しくて好きでした。彼女はもちろん梅長蘇が林殊だとすぐに気づくんだけど、それに比べて盟友だったはずなのに最後まで気づかない頭でっかちの靖王がまたいいんですよねえ。でもその設定もあとあと効いてきたりしてほんと良くできた脚本だなあとうならされます。

そうそうこのドラマの後に宮廷の諍い女を見たのですが、そこでは陛下が年をとっても若い子をどんどん後宮に入れてたけど、このドラマの後宮はやや年齢層が高めで落ち着いてたな!笑 まあそこが物語の中心ではないですからねっ

穆霓凰役のリウ・タオもとても良かったです。彼女も姿が変わっていてもすぐに梅長蘇が林殊だと気づくんですよね。女の勘で。
武術に長けている男勝りなところもある女性だけれど、自分の愛を押し付けるんじゃなくて、愛する人がやりたいことを後押しする愛情に胸がいっぱいになります。露骨な愛情表現なんかよりもずっとグッと来ますよね・・・

掌鏡使の夏冬役のチャン・リンシンもキリっとしてて好きなタイプ。いかにも女らしい女性よりも強い女が見せる弱さとか愛情とか見せられる方が心に残るんだなあ。

 

私はレッドクリフを見たくらいで三国志とかあんまり知らないし、歴史にも詳しくないしな~と避けていた中国歴史ものでしたが、そういう苦手意識をすっかり払拭してくれるドラマでした。全然歴史の知識を知らなくても楽しめたし、ストーリーが秀逸。例えばそんな風に風貌が変わってしまうような病気なんてあるの!?という疑問などちゃんとストーリーに即した形で納得させてくれるような本当によくできたシナリオだったりもします。あとはメリハリも効いてて、起こったことを全部見せるっていうんじゃなくてばっさりいらない部分は省かれてたりして冗長だなと感じる部分がない!こういうところがドラマ全体をエレガントに見せてるような気がする。

人が死んだことを表現するのに、位牌にかけてあった布がふわりと床に落ちるというので表すとか、ほんとすごいなと思いました。そういう控えめな感じがとても好き。

いやーしかしお金がかかってると分かるドラマだったな!低予算で面白いのもすごいけど、お金があってもどこにどうかけたらいいのか分からないと使えない訳だから、使い方を知ってるって凄いなあと思いました。ともかく本当に面白かったので、中国ドラマを見たことないって方にも非常にオススメです!やっぱりフー・ゴー派とワン・カイ派に分かれるのかな!?気になる~ どっちも素敵なんですけどね!

 

 

琅邪榜~麒麟の才子、風雲起こす~が見れるのは・・・




 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す