【韓国ドラマ】空港に行く道 の感想 丁寧な内面の描写と風景の美しさが良かった!

空港に行く道の視聴を終了しました。ソウルの風景、済州島の風景などとても美しくてそれだけでも見ごたえがありましたが、落ち着いた雰囲気で大人の恋を描いていてかなり好きなドラマでした。不倫の恋ではあるんだけど、すでにやや破綻した夫婦関係にある二人なので、その点はあんまり気にならないかな。あえてその辺を分かりやすい設定にすることで主役二人の感情を綺麗に描けたのかな、と思います。

 

スポンサーリンク


 

冒頭はいきなり「子どもの死」という話題が出て来たので、ちょっとズーンときてしまって悲しかったんですけれども、それをきっかけにチェ・スアとソ・ドウの心が近づいたり、キム・ヘウォンとソ・ドウの心が決定的に離れてしまう理由になったりと、物語の中で大きな要素だったのかな。でもアニーがとっても良い子だったので、ドラマだと分かっていても彼女はもっと幸せに暮らせたのではないかと思ってしまうのでした。

今は平均寿命が伸びて100歳までとか生きられてしまうのだとしたら、結婚する相手と本当にそんな長い時間ずっと一緒に生きられるのだろうかと考えてしまうし、子育てをするとしてもその時間は20年だとしたらその後の時間のために自分というものをしっかり持っていないといけないのかしらと思ったり。

そんな風に考えると、チェ・スアとソ・ドウがこれから先を一緒に過ごしたい相手を一度立ち止まって考えている姿はいいなあと思ったのでした。チェ・スアの娘のヒョウンへの接し方も好感が持てて、守ろうとはするけど娘を所有しようとしたり自分の思い通りにしようとせずにきちんと意見を聞いて人間同士として扱っているのがいいなと思ったのでした。

 

反対にスアの夫のパク・ジンソクがあんな風に妻や娘を振り回していたのは見ているだけでもとても恐ろしかったんですけどね。きっと彼も育った環境か何かにああいう性格になった理由があったような感じなんだけど、その辺りは軽くしか描かれていないので共感できるほどは彼のことはよくわからなかったな。

映画の彼女を信じないでくださいを見てから、キム・ハヌルがとても好きなんですが、このドラマでもとても綺麗でした。エアアジアの真っ赤なキャビンアテンダントの制服がとても似合っていてお美しい。そういう意味では疲れた主婦感が無さ過ぎたかもしれないかなあ。

ソ・ドウの事務所からの風景、住んでいる伝統家屋、済州島の風景など、本当にどこも美しく撮影されてて行ってみたくなるって感じでした。その背景が彼らの心情とリンクしていてうまく利用されていてとても素敵に感じました。

イ・サンユンとシン・ソンロクが一緒に出演しているドラマを見たことがあるなあと思ったらLIAR GAME~ライアーゲーム~ですね。顔の長さとかが似てる気がして、タイプ的に似た姿かたちの二人に思っちゃうのでした。雰囲気は全く違うんですけど、なんとなく私だったらもっと違うタイプをキャスティングするのにな~なんてことは思うかな・・・

 

タイトルの「空港へ行く道」というのもいいですよね。ソ・ドウのことをスマホに「空港」と登録しているチェ・スア。仕事のために空港へ行く道という意味だけではなくて、ソ・ドウの元に行くまでの彼女が選んだ道程のことだったんだなって。

Gyao!で見たんですが、毎週の更新が楽しみだったドラマでした!好きだったな~

 

空港に行く道が見れるのは・・・




 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す