【韓国映画】泣く男 の感想 その母親を守る理由は贖罪のため・・・

チャン・ドンゴン主演の「泣く男」を見ました。この映画は殺し屋の”I’m tired”という言葉と贖罪がキーワードなのかなと思いました。考えてみたら私は韓国映画に出ているチャン・ドンゴンを見るのは初めてかな・・・ 中国のチェン・カイコー監督のPROMISE 無極という映画で見たことがあるくらいな気がする。あ、韓ドラの紳士の品格でも見てたな~!

 

スポンサーリンク


 

なので、有名な俳優さんなのにどんな演技をする方なのかあまり自分の中でイメージが固まっていなかった感じなんですが、この映画の殺し屋の演技ではさすがのカッコよさでした。存在感が凄い。やっぱりもっと出演作を見てみなくてはという気になりました。

 

さて、ストーリーは、アメリカでアジア系のマフィアで殺し屋をしているゴン(チャン・ドンゴン)。殺し屋として有能な彼なんですが、幼女を誤って殺してしまったことから彼の感情にそれまでと違うブレが生じてしまうんです。その幼女の母親を殺せと指令が出るんだけれど、彼は殺すことが出来ない。そのせいで組織を裏切ったとみなされ、組織と戦うことになってしまう・・・

ユミの母親のモギョン(キム・ミニ)をゴンがどうして殺すことが出来ず、そして守り続けるのかというのがなかなか分からなかったのですが、彼は自分が殺してしまった幼女の母親に殺されることでその罪を贖いたかったのだと理解した時は愕然。ああ、彼は人を殺すことにとても疲れていて、でも彼を終わらせることが出来るのは「母親」という存在だけだったのです。それは彼を捨てて自分だけ自殺した自分の母親とも重ねていたのだと思う。一緒に連れて行って欲しかったのに自分だけ死んでしまった母親・・・ 

多くを語らないゴンが主人公なのでその辺りが見えてくるまでは彼の行動の理由が分からなくて戸惑うところもあるのだけど、その抑えたところあるからこそ、分かった時に、はっとする効果があるのかもしれない。

 

アクションシーンもすごい迫力です。団地で銃をぶっぱなしまくるわ、ビルを爆破するわでめっちゃ派手。でも一番すごいのはナイフで刺すところかな・・・ ザックザクと異常に手際がいいんで、なんだかその日の夜の夢に見た・・・

プロ同士の殺し合いになるので、それぞれの殺し屋の技術がすごくて見ごたえがありましたねえ。でもそんな風なのにゴンのチャオズ(ブライアン・ティー)の友情なんてのも差し込まれて来たりするんで、そこは断然キュンとしましたしね。ああ。たまらない。

キム・ミニのちょっと崩れた感じがある隙のある雰囲気っていうのも魅力的ですよね。とんでもない美人って感じではないけど、彼女めっちゃモテそうって思う。しらないけど。

キム・ヒウォンが演じたビョン室長も凄かったな。しかし、お金を失って、殺し合いをしたあんな状況でそれでもモギョンを犯そうとするシーンを見て、男の性欲ってのは際限がないなとやっぱりちょっと恐ろしさを感じてしまった。その部分だけは引いてしまったんですけど、そういうもの?あれが普通?うーん。

 

抑えた感情表現から立ち現れてくるゴンの心情が私の心に刻みつけられた感覚があって、なんだかジンジンとちょっと苦しいような切ないような気持ちになりました。母親を亡くした後の彼の人生は、まるで自分を殺してくれる人を探していたみたいに見えて悲しい。見終わった後に余韻が残る、切ない映画なのでした。

 

 

泣く男が見れるのは・・・






こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す