【日韓合作映画】ノーボーイズ、ノークライ の感想 表現し難い「なんとなく」の共感の描写がうまい!

「ノーボーイズ、ノークライ」の映画を視聴しました!日韓合作映画なんですが、派手さはないんだけど、しみじみと良い映画でした。人間同士の交流ってこういうなんとなくの共感、理解というもので成り立っているんだなって思うのでした。国と国を超えるっていう大仰なものじゃなくてね・・・ ああ、とても良かったな。

 

スポンサーリンク


 

決して恵まれた環境で生きている訳ではない二人の心が少しずつ近づいていく過程がとても丁寧に描かれています。役者さんたちの演技もとても良いです。

ハ・ジョンウが演じるヒョングは、プサンから山口県に古いボートで物品を運んでいる。キムチや普通の商品を運ばされていると思っていたら本当は麻薬を運ばされてて騙されていることも知らないちょっとぼんやりしたジョング。そしてチスという人質の女性を運ぶ依頼を受けてからそれまでの彼の人生の道がそれてしまう。

妹やその子ども、祖母などの家族に振り回される亨(妻夫木聡)。ヒョングから荷物を受け取る仕事をしている。彼は家族に振り回されて悩んでいるけど、結局掘り出すことはしないんだな。優しいんだけど、だからいつもお金のことで悩んでいる。

そしてチス(チャ・スヨン)の3人で彼女の父親探しと、組織から逃走する生活が始まる。

その間にジョングと亨の心の交流が描かれるんだけど、それは声高に叫ばれるものじゃなくて、本当にささやかな、なんとなくの感情。いつもは煩わしいと思っている家族だけど、外出から帰ってきた亨が見たジョングやチスと御飯を食べる自分の家族の風景の温かさに気づく彼の姿とか、ジョングが亨に「もし妹の子の誰か一人を置いて行かなければいけないんだったら誰にする」と聞いた時の返事「選べないよ。でもどうしてもだったら健康で社交的なまん中かな。あいつならきっとなんとか生きていけるから。」自分の母親がどうして病気の弟じゃなくて自分のことを捨てたのかとどうしても考えてしまうジョングへの慰めのつもりじゃない本当の言葉とか。

人類は人種を問わず仲良くするべきだ、とかそういう上滑りする言葉じゃなくて、もっと根底にある私たちが共有できる思いを丁寧につづっていて、人間って同じなんだなって思わされる。生きるって悪いことじゃなのかもしれないってそんな気持ちをくれる映画だったな。

物理的にも韓国ってあれくらいのボートで渡れるほど近いんだなあってそんなことも思いました。妻夫木聡の演技も私は多分初めて見たんだけど、悪く無かったな!

合作の映画としても違和感が無くて、活かしあえてる感覚でとても良かったです。じわっと余韻が残る映画でした。

 

このドラマが見れるのは・・・



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す