【韓国ドラマ】彼女がラブハンター の感想 オ・ジホのおデブメイクがすごいー

このドラマは前から探していて見たかったんですよね。というのも映画(確かシークレットサンシャイン)を見に行った時に1話分だけ入ったディスクを配布していたのをもらって見たことがあるんです。で、今となっては、かなり長い時間がたってすっかりタイトルも忘れてしまってたし、その頃は韓国の俳優さんも知らなかったので、誰が出ているかも分からなかったんです。ただ、すごく太ったメイクをした男性が出ていたという記憶だけが残ってたんですが、それだけでこの「彼女がラブハンター」だったというのを突き止めることが出来ちゃいました。

 

スポンサーリンク


 

多分、初めて触れた韓国ドラマだったので、なんとなくどういうストーリーだったのか興味があったんですよねー 頭の片隅にあったドラマをやっと最後まで見ることが出来て良かったです。

ストーリーはなかなかベタな感じなので、お得意の2倍速で見てしまいました。ま、それなりに面白かったんですけどね。

ラストは想像通りハッピーエンドなのですけど、私は幸せになって良かったなあとあんまり思えなかったのですよね・・・
マンスが弁護士の3次試験に落ちたと聞いて結婚式から逃げたスジョン。見返そうとアメリカに行って痩せてプロゴルファーになってセレブになって帰ってきたマンス。また彼を手に入れようとするスジョンに対し、マンスは詐欺師を雇って彼女をだまして復讐をしようとすると。それに巻き込まれる詐欺師のウタクとスジョンの後輩のデスン。コメディータッチなんだけど、見ててなんだかちょっとしんどい気分。

マンスがスジョンに仕返しをしたいと思うのは分かる気がする。だからってまあやり過ぎですけどね。でも、スジョンの気持ちはあんまり分からない。なんとなくストーリーの中では、彼女が大黒柱だから家計を支えなければいけなくて責任があって大変だったんだよ、だから実はマンスのことが好きだったけど仕方なかったんだよ・・・という空気が流れていたのですけども、ちょっと納得がいかないなー。そりゃ大変だけど、でもそれが結婚式当日にあんな風に去ってもいい理由にはならないよ。家族を守るためなら他人を傷つけてもいいなんて美談でもなんでもないと思う。そういうのあんまり好きじゃないんだなー。ま、ドラマなんですけどね・・・

 

 

あと、いろいろ気になる人が出ているのを見つけましたよー。

1シーンだけ新聞記者役でソン・ジュンギが出てるのを見つけちゃいました。一言だけだったけど一応セリフもありましたよー

それからどこかで見たことのある二人。銭の戦争で借金取り役だったキム・グァンシクとキム・チョルス。マ・ドンポ社長の手下なんていうセリフまであったので、銭の戦争の設定をそのまま使ったゲスト出演みたいですねー!

アン・ソニョンとソン・ドンイルのカップルもどっかで見たことあるなあと思ったら、カラー・オブ・ウーマンですね。彼女がラブハンターの方が古いドラマだから、カラー・オブ・ウーマンがこの設定を引き継いだのか、たまたまなのかな?

 

長年、あのドラマってどんなのだったんだろう~と思っていたのが見れたので良かったです。韓国ドラマらしいドラマだったな!

 

彼女がラブハンターが見れるのは・・・

 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す