【韓国ドラマ】神のクイズ シーズン3 の感想 相棒の刑事が変わって刑事モノっぽくなった!

神のクイズ シーズン3の視聴を終了いたしました。シーズン1シーズン2は完全に続き物でストーリーも繋がっているイメージだったし、主要キャストも同じだったのですが、このシーズン3はかなりメンバーが変わって内容にも変化を持たせている感じです。シーズン2は単体で見ると意味が分からない部分があるけれど、このシーズン3はいきなりこれだけ見ても大丈夫そうだな、なんて思いました。

 

スポンサーリンク


 

一番大きな違いは、ハン・ジヌの相棒の刑事が変わったことですね。恋人でもあるカン・ギョンヒ刑事は海外に派遣されて不在、その代わりの刑事としてきたのがペ・テシク刑事。彼をベテラン俳優のアン・ネサンが演じていることもあり、なんとなく刑事モノっぽさの色合いが濃くなっている気がします。面白いかどうかで言うと面白いのですが、ジヌとギョンヒの可愛い掛け合いが無くてさみしいのと、ペ・テシク刑事の癖が強いので、ハン・ジヌという人物の特殊性が際立たない感じ。1と2はあくまでもハン・ジヌが主役に感じたけれど、今回はコンビが主役みたいな印象を受けます。

でも、今回は1話ごとに病気役で出てくる俳優さんたちの演技が非常に素晴らしかったんですよね。特にケース3のCRPSのパク・ジョンミンがすごかった。パク・ジェジョンが演じてたんですが、銃で撃たれる方が楽なほどの痛みというCRPSという病の辛さが見ている私にも伝わってくるようでした。パク・ジェジョンは、チョン・ヤギョンで主役を演じてた俳優さんなんだ!は~なるほど。服装が違うと全然分からないなあ・・・ ケース4の地獄図の被害者たちも非常に心に残りましたねえ。切ない。

毎回、ハン・ジヌ自身の状況がストーリー全体に渡って関わってくるんですが、今回はどうやら彼に多重人格の症状が現れたことが伏線となります。多重人格の設定は割と韓国ドラマに使われているイメージなので、意外性がなくてあまり心惹かれなかったんですよね。ファントムの正体もなんとなくすぐに想像がついてしまいましたし。
あとチョ・ワノが、ジヌに伝言を伝えてから自殺するというシーンもどことなく既視感があると思ったら多分リセットですね。あっちは催眠術、こっちは脳の操作だけど、誰かに操られて殺人、伝言、自殺というパターンが似ている。

なので、1話ずつの個々の事件は興味深かったけれど、ジヌに関わる事件はあまり面白くなかったのが私にとってのシーズン3でした。それよりも何よりも一番心に残ったのは「高周波って怖い」だったかもしれない。人の脳ってデリケートなんだなあ・・・

シーズン4はギョンヒは帰ってくるんでしょうか。私はやっぱりギョンヒがいる神のクイズが好きだなあ。

 

神のクイズ シーズン3が見れるのは・・・



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す