【韓国ドラマ】走れサバ! の感想 普通の高校生役のイ・ミンホの演技が良い感じ!

イ・ミンホがまだまだ若くて可愛らしい頃のドラマ「走れサバ!」を見ました。本当は24話くらいの長さの予定が8話になったものらしいです。確かにストーリー的にはまだまだ続きそうではあるんですが、それなりにうまくまとめてあってあんまり違和感のないラストです。悪くない。

 

スポンサーリンク


 

それにしても、タイトルにある「サバ」って一体なんのことなのかと思ってたら本当にそのまま「魚」のサバのことでした。フランス語(Ça va?)だったりして~と深読みしたら全然違いました~ ドラマの中でちゃんと出てきて、安いけど元気のいいサバが庶民のチャ・ゴンチャン(イ・ミンホ)で、高級魚のマグロが金持ちでサッカー部のエースのペク・ホン(クォン・ユル)を表しています。なるほどね~って感じ。

どちらかというと、イ・ミンホくんは花より男子や相続者たちのせいで、お金持ちの役のイメージがあるんですけど、このドラマでは貧乏な家庭で育った高校生役でなかなか新鮮です。ドラマ自体が漫画っぽいので、彼も変顔をしたり、怒ったり笑ったりが自然で良いです。本当に普通の高校生って感じで、クールじゃない彼の表情が見れて楽しい。

最近、学園ドラマを見ていることが多いのですけれど、学校が落ちこぼれやはみ出し者の生徒に対してなかなか厳しい扱いをしますよね・・・ ドラマだし、極端に描いているのだとは思うけど、生徒1人を退学にするために先生が奮闘し過ぎで失笑。
最近、学校についての本を読んだから余計考えちゃうんだけど、ほんと学校って一体なんだったんだろうな。あ、話がそれてしまった(^^;

 

内容はどうってことないドラマですが、イ・ミンホの生き生きとして演技は結構いいです。ヒロインのミン・ユンソ役のムン・チェウォンも可愛いし、クォン・ユルやパク・ボヨンなんかの可愛い頃も見れるので楽しめましたよ~!

 

 

走れサバ!が見れるのは・・・


走れサバ! [DVD]

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す