【香港映画】イップマン外伝 マスターZ の感想 イップ・マンシリーズを見てなくても楽しめる!

久しぶりに映画館に行って映画を見て来たんですよーっといってもずいぶん前かな・・・。でもまさにちょうど私がイップマンシリーズを1~3まで見終えたタイミングで「イップマン外伝 マスターZ」が上映されるなんてこれは見に行くしかない~と思って行ってきたんですよね!

当たり前ですが、やっぱりアクション映画は大きい画面で見るのが楽しいですね。そして、カンフー映画など見たことがない友人と一緒に見に行ったんですが、イップマンの本体のストーリーを全く知らなくても大変分かりやすかったと言ってて、すごく楽しめたそうです。そりゃよかった!

 

スポンサーリンク


 

この映画はイップ・マン3に出てきた張志天を主役にしたストーリー。イップ・マンに負けて詠春拳を捨てて、平凡に暮らしていた彼なんですが、いろいろあって最終的には正義のために詠春拳で闘う!っていうようなストーリー。わりと登場人物が多くて、最終的な敵に行きつくまでに色んな人が出てきてひねりもあるんですけど、非常に分かりやすく構成されてて素晴らしい。登場人物もそれぞれキャラが立ってますしね。やっぱりアクションが主体の映画ですから、あんまり複雑だと見ててしんどいですからこれくらいがちょうどいい。

それにしても出演者も豪華で見ごたえありました。張天志を演じたマックス・チャンのアクションももちろん良かったけれど、殺し屋役のトニー・ジャーの存在もちょっと敵のようなライバルのような感じが良かったし(トニー・ジャーがロッテの井口監督に似てるなあと思いながら見てた~)、二人の闘いのシーンも華麗でありました。

そして私はミシェル・ヨーが演じたクワンがめちゃめちゃ好きでした。あんな高いヒールを履いて激しいアクションを演じる彼女はすごい。大きな刀を振り回してるシーンでソファとか机がスパーンと切れちゃうのはめっちゃ笑ってしまったけど。ああいうの好き。この部分のアクションシーンは2組が闘っているのを映しているのですが、どちらの闘いも高度でなんだかどこ見ていいのか分からない気分になりました。長回しだし、目が足りないよ~

張志天の息子もいい感じでうまくエピソードに使われてて、ほっこりする部分があるのもいいんです。エンドロールで親二人で木人樁を使って型を練習するのとか見てるとパパがまた詠春拳を使うようになって良かったねえなんて思っちゃう。

作品を通じて分かりやすい勧善懲悪ですっきり気持ちよく楽しめる娯楽ものとして仕上がってますので、大変満足出来ました!とても好きです。

そして、最近またこの映画館に行ったところ、イップ・マン4のポスターが!香港ではすでに公開されているようですが、日本での公開も2019年ということは今年中ってことですね!完結編になるのかなあ?これはやっぱり映画館で見なきゃだなってことで要チェックだわ。

 

⇒Netflix








こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す