【韓国ドラマ】ホテリアー の感想 好きになったら強引に迫る人が人気のタイプなのだろうか・・・

初めてヨン様が出演しているドラマを見ました。ホテリアーです。とはいえ太王四神記も視聴中ではありますが、時代劇なのでまたちょっと印象が違いますねー
なんとなく勝手なイメージで、ヨン様って柔らかい雰囲気で良い人を演じているのかなと思ってたんですが、このドラマでは非情なM&A専門家役でちょっと意外な印象をうけたかなー

 

スポンサーリンク


 

高級ホテルの裏側、自分の仕事に対する愛着とかはなかなか興味かったかな。
でもなんだか恋愛部分に関しては、相手に一方的に強引に迫る人ばかりでそこはちょっとつまらないなあなんて思ったり。それとも韓国ではそういう人の方が人気があるんでしょうかね?

シン・ドンヒョク(ペ・ヨンジュン)が、実はソウルホテルに買収のために来たんだとソ・ジニョン(ソン・ユナ)にばれた後、話を聞いてくれとドンヒョクが出勤途中でジニョンを捕まえて同僚が見てる前で強引にキスなんてシーンはこれはドキドキしてときめかないといけないシーンなんだろうな~と思いつつ、私にはピンと来ないな~と冷静に見てしまいましたなあ・・・

キム・ユンヒ(ソン・ヘギョ)も私は総支配人が好きなのよ!ぐいぐいぐいーって感じだし、そのユンヒに対して今度はヨンジェ(パク・チョンチョル)が好きだ好きだ好きだ―ってぐいぐい行ってるしそんな人ばっかり。

ソ・ジニョンを演じたソン・ユナは、あのThe K2のチェ・ユジン役の女優さん!若い頃は恋する乙女的なヒロインを演じてたんですねー!全然イメージが違うなあ。このドラマでのジニョンが優柔不断であんまり好きじゃないせいもあるけど、ユジンみたいな複雑な感情を抱えた女を演じてる方がカッコイイですね。

 

ラストでは、愛情が分からなかったシン・ドンヒョクが、愛する人を見つけ、妹を見つけ、ホテルの仕事を愛する人たちを見て変わって行くところが描かれていて、きれいにまとまったストーリーでありました。キュンキュンポイントが私にはヒットしなかったのだけど少し前の時代のドラマの感じが知れて良かったかなー

 

 

ホテリアーが見れるのは・・・



  

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す