【香港映画】イップ・マン 継承 の感想 ドニー・イェンの身体の動きの美しさが堪能できる!

イップマンシリーズの第3弾、「イップマン 継承」を見ました!私これこのシリーズの中で一番好きかも!!!3作とも良さはそれぞれあるんですけれど、本作はラストに詠春拳×詠春拳の同門対決のシーンがあるのが痺れるんですよ!!! はあ~最高~~

 

スポンサーリンク


 

このシリーズのいいところは武闘シーンの素晴らしさだけじゃなく、ストーリーがちゃんとあるドラマ仕立てになっているところだなと改めて思いました。どうやらあくまでもオリジナルストーリーみたいなのだけど、イップ・マンの人となりがうまく表現できるように工夫されているんだろうなと思います。前作までは対外国勢力で物語が構築されていたのですが、今回はややその枠から外れたので更に見やすい感じ。とはいえ、時代背景や香港という土地柄その部分は完全には無くせないんだなあ。本当に激動の時代に生きた人なんだと思うのでした。

その香港の地で外国人デベロッパーが小学校を地上げしようとするんですが、そのデベロッパー役がなんとマイク・タイソン!へ~映画にも出演しているんですねえ!さすがの迫力でなかなか良かったな。
ラストの詠春拳同志のバトルも良かったんですけど、マイク・タイソンとドニー・イェンの3分間マッチがこれまた最高なんですよおおおお!!!闘ってる最中は言わずもがななんですけど、ドニー様が片足を前に伸ばして片足でしゃがんで構える姿がかっこよくて(私も出来ないかなって思ってやってみたけど、やっぱり出来ませんでした!当たり前)ギャーってなりました。なんですかね。あのポーズで来いよって手招きするんですよ・・・ あ~~ 私はこのシーンを見れただけでこの映画を見て良かったと思ったくらいです。美しい。あまりに美しい身体の使い方!

しかし、どこの宗派でも孫弟子辺りからはこっちが正統だあっちが正統だと揉めることが多いですよね。だいたいみんな自分の方が正統だと主張するもんなので、何とも難しい問題ですなあ・・・ この映画の中では張天志がそうで、イップ・マンと同じ梁贊の孫弟子。演じたマックス・チャンは雰囲気も印象的で動きも素晴らしかったです。彼はドニー・イェン等のスタントをしてた方みたいなんですけど、やっぱり実力がある人はこうしていつかちゃんと日の目を見るもんなんだなあ。良かった良かった、なんて思うのでした。

このシリーズは、イップ・マンの奥さんの永成への静かな深い愛が描かれていて好きです。声を大にして主張する愛じゃなくて、確かにそこにある強い繋がりに憧れるなあ・・・ 今作でいなくなってしまったけど、リン・ホンはとても良い役を手にしてそしてやりきりましたねえ。彼女の凛とした姿も映画のとても大事な一要素でした!

継承とタイトルにあるので、ブルース・リーがもっと出てくるのかと思ったら少しだけだったので、まだシリーズが続いたりするのかな??どうかな~?

 

イップ・マン 継承が見れるのは・・・




こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す