【中国ドラマ】孤高の花〜General&I の感想 ヒロインの軍師白娉婷がかっこいい!

「孤高の花〜General&I〜」の視聴を完了しました!もうこれかなり前に見終わってたのになかなか感想かけてなかったやつです。でもすごく好みで楽しめたんですよね!

ウォレス・チョンは色んな役柄演じてるけど、こういう強くてまっすぐで男らしいの似合うねえ。歳を重ねて更に落ち着いた素敵さが増している気がする。そして楚北捷という人もかっこいいの~ そしてアンジェラベイビーは以前に見た雲中歌のヒロインが大変苦手で私は彼女の演技が苦手なのではないか疑惑があったんですけど、このドラマの白娉婷役はそんなことなかったので、あの雲歌という役がキライだっただけなんだなと分かりました。ほー

 

スポンサーリンク


 

こういう時代劇でヒロインが美人でモテてあっちの人にさらわれたり、こっちの人にさらわれたりするのってよくあると思うんですけども、ただ美人なだけだと男の人たちが命がけでそこまでするのが「すごいねえ・・・」という気持ちしか感じられなくて傍観者みたいになりがちなのですよ。しかし、このドラマだと白娉婷は美貌はもちろんだけど、諸葛孔明のような才能のある軍師だから色んな国の男たちに狙われるのもしっくり来て、そして重宝されるのも納得なんですよね。そういう設定が良かったのもあってドラマ自体も楽しめた気がする。そしてその沈着冷静な雰囲気の女軍師役がアンジェラベイビーにとても似合ってて良かったです。表情豊かというよりは人形のような雰囲気の人だからこういうのがいいです。雲歌みたいに愛嬌たっぷり風の役なんかはやめといた方がいいと思うんだな~

目力もありますからね。少しのことでは怯まない強い女性を演じると素敵だな。

そして 耀天公主役のガン・ティンティンはアンジェラベイビーに負けないくらいお美しかったですー 私は可愛いよりもこういう冷たい感じの美人の方が好きなのであります。でも耀天公主も仮面の下は何侠への熱い愛を抱いている人でもあるんですけどね。

そして、スン・イーチョウが演じた何侠はやっぱりなんだかじっとりした人でしたねえ。彼が演じる役はどうしてそういうのが多いんだろうか・・・ 両親の敵を取るという行動をしているだけのはずなのになぜそういうネットリ感があるのか不思議な感覚になったんだけど、白娉婷への執着心も混じってたせいなのかなあ。それともスン・イーチョウの雰囲気が醸し出すものなのか・・・

幻城で人魚族の姫を演じてた麦迪娜(マイディーナ)も出てました。彼女は世間知らずのお人よしで、愛する人に一途な姫のイメージが強い。っていうか出演してるのを二作品しか見てないけどどっちもそうだったなってだけかな。

その愛する相手だった則尹役の亓航は記憶の森のシンデレラで出てましたね。こういう古装も現代劇もなかなか素敵です。

そして醉菊は楚漠然と恋仲になるのかと思ったのに、番麓とうまく行ってビックリ。もしかしたらこれがこのドラマの一番驚いた部分かもしれない!演じてた鄒楊は可愛いくってキュート!

その番麓を演じたのは王天辰。彼は映画の芳華に陳燦役で出てたんだなあ。映画を見たのにいまいち見覚えが無い・・・ そんなことはよくありますけども~



そして楚漠然を演じてたのは魏炳樺。途中まで楚漠然は醉菊といい感じに見えたんだけどなあ・・・ 私の気のせいかしら?

そして古装劇を見ると必ずと言ってもいいくらい顔を見る気がする盧勇も出演してましたよー 幻城ハンシュク鹿鼎記蘭陵王、天龍八部、萍踪侠影六指琴魔とかかな。見つけると「またお会いしましたね~」と思っちゃうのでした。

 

男に守られるだけの女というヒロイン像ではなくて、白娉婷も楚北捷を守る知力があってそんな対等の二人の関係が素敵でいいんですよね。頭脳戦的な部分が面白かったですし。お互いに頭が良いから彼ならこうするだろう、彼女ならこうするだろうって心が通じてて、そういう愛が一番憧れちゃうなあ。美しい人も沢山出て来て、目も心も楽しめたドラマでした!わりと好きだったなあ。

 

孤高の花〜General&I〜が見れるのは・・・


 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す