【中国ドラマ】鹿鼎記 ロイヤルトランプ の感想 型破りな韋小宝という主人公が面白い!

ロイヤルトランプの視聴を終了しました!チャウ・シンチーが同じ原作の小説「鹿鼎記」を元にした映画シリーズを製作してたな~という意味では聞き覚えのあるタイトルではあるのですが、その映画も見た訳ではないのでストーリーは全く知らない状態で見ました。一応、金庸の作品だし武侠小説ってことになるのかもしれないけれど、ほとんどが成り行きまかせで口八丁で世を渡って行く韋小宝の様子はなんだかすごいなあとしか言えません!笑 割とすぐに窮地に陥るのに何とかなっちゃうっていう。

 

スポンサーリンク


 

主人公の韋小宝は美人と見るやすぐに妻になれっていうような女好きなんですけども、そんなに沢山の人にそんな調子いいことを言って・・・と思ってたら最後はびっくりの展開になって驚きましたねえ。しかし、この原作は男性にとってはとても羨ましいお話なのかもしれません。腕っぷしが強い訳でもないけど、あんなにたくさん美人の妻を持てるなんて・・・ねえ?女性の側としてはまっぴらごめんなので、こんな話を作ろうと思わないんだけど昔の時代の話だしまあそんなものなのかな?ドラマの中では妻になった女性たちが意外と仲睦まじく助け合って役割分担してたので、それはそれでありなのかしらねえ。いやいやでも謎のモテモテ状態という展開にビックリしちゃった。斬新なヒーロー像だからそう思っちゃうのかもしれない。

主役を演じたハン・ドンは若曦とか他のドラマでもどちらかというと意地悪な役を演じてるイメージだったんだけど、このドラマの中での小宝のコミカルな演技もまあまあ抵抗なく楽しめました。しかし、ストーリーを知ってみるとチャウ・シンチーが主演で小宝を演じると考えるとあまりにもピッタリな気がしてどうしてもそっちの映画を見たいと思っちゃうんですけどね。あの主人公の調子の良さはまさにチャウ・シンチーがコメディーで演じる役そのものな気がしちゃう。

女性陣はキレイどころが沢山出て来たんですが、男性キャストの中で私が一番心惹かれたのは皇帝の父親、行痴を演じていた劉德凱です。仏門に入って坊さんの恰好をしてるんですが、それがとても美しくて、わたしのおじさん好きの血がうずきました。渋い~~

息子の康熙帝もなかなか良かったんですけど、彼が蘭陵王で雪舞を守る韓暁冬を演じていたウェイ・チェンシャンだったんですねー 康熙帝役はやけにすごみがあったからあの優しい韓暁冬とは繋がらなかった!

韋小宝の周りの女性たちは美人揃いでそれも圧巻。色んな団体?グループ?が出て来てくるけど、敵も味方ものらりくらりと頭の回転の良さと口のうまさでかわしてる韋小宝を見てるとだんだんかっこよく見えてくるのかしら・・・ まあ女性に優しいですもんね。その割には意外と簡単に人を殺しててそれが私はちょっと怖かったけども。女性を口説くのと同じ軽さで殺すんだもの。

私もとうとう割とたくさん中国ドラマを見たんだなあ~と思ったのは、見たことがある女優さんがいっぱい出てたから!少年四大名捕で見て以来色んなところで見かけるジア・チン、私の妖怪彼氏で見てからこれまた色んなドラマで見るウー・チェン、古剣奇譚に出てたチャン・モン、ときめき旋風ガールに出てたジャオ・ユエンユエン(百草のライバル役!)などなど!みんなそれぞれお綺麗であんなに美人ばっかり妻にしたら大変だよって思っちゃう・・・

とにかく、映画でもドラマでも何度も映像化されている作品なので、それぞれ見比べてみるのも面白いかもしれない!どの部分をメインで取り上げてエピソードにしてるかとか違いがあって楽しそう。韋小宝がホァン・シャオミンで康煕帝がウォレス・チョンというキャスティングのの2008年のドラマもとっても気になるし、チャウ・シンチ―の映画も絶対に面白そうだから機会があったら見たいと思います!

 

鹿鼎記 ロイヤルトランプが見れるのは・・・




こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す