【台湾ドラマ】HIStory 僕の悪魔 の感想 生まれ変わってもまたあなたを愛してしまう

「HIStory 僕の悪魔」の視聴を終了しました。BLものだとは知ってたもののめっちゃBLでした!純愛なんだけど、身体的な愛情表現も多くてわお!って思っちゃった。まあ大学生という年齢設定だし、欲求に正直な年頃なんだな、うんうん。あ、でも主役の俳優さんはとても綺麗で、特にテディ・レンの足が白くてすべすべで羨ましいわ~なんて思っちゃった。

 

スポンサーリンク


 

という感じなんで前知識があった方が見やすいドラマではあります。そういえば台湾ドラマの「恋する人魚」をただいま視聴中なんですが、そのドラマの中でヒロインの職場の同僚がBL大好きっていうキャラなんですよね。普通のドラマの中でそういう設定が出てくるくらいだからBLが市民権を得ているのかしら?台湾は同性婚も合法化されたし、懐が深いんだな~ みんなが心のままに生きられる世界になればいいね。

あと、このドラマは風景がとても綺麗なところで撮影されてて、林みたいなところとか図書館とかなんだかそういう絵の切取り方が良かったです。

そうそう、図書館のシーンで本棚にあった本に目が釘付け。聊斎志異が出てきて興奮してしまった!当たり前のようにあるもんなんだな~!そんなところばっかり見てる・・・

ストーリーとしてはジントンとイーチェンの純愛って感じで、元の世界でも生まれ変わった世界(パラレルワールドなのかな?)でも結局惹かれあう気持ちには抗えない二人。大胆で俺様みたいに見えるジントンが本当は拒否されるのが怖かったり、イーチェンのことを好き過ぎて彼を守るために女性と偽装結婚まで考えるくらいだった・・・というのが一番の萌えポイントだと思われます。

私的には、途中、気の毒に見えたのはジントンのことが好きで偽装結婚の相手を頼まれても受け入れるイージェンなんだけれど、パラレルワールドではジントンの友人と恋人同志になって彼女も報われる設定になっていたんですよ!そういうサブキャラのこともちゃんと考えた配慮のある展開のストーリーになってて感心したなあ。

ジントンの両親の同性愛への無理解というのは少し出て来たけど、同性同士の恋愛だからという意味での葛藤の描写がなくって、ジントンとイーチェンがただ愛し合ってるのは良かったです。興味深く見れたし楽しめましたよー テディ・レンの恋してる演技が良くてキュンとしたしね!

 

HIStoryが見れるのは・・・
⇒Netflix





こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す