【香港映画】バレット・ヒート 消えた銃弾 の感想 サスペンス&ガンアクション&ロマンスまで楽しめる!

香港映画のバレット・ヒートを視聴しました!製作総指揮はイー・トンシン、監督はロー・チーリョンです。ロー・チーリョンはイー・トンシン監督のアシスタントをしていた方のようです。主演はニコラス・ツェー(謝霆鋒)とラウ・チンワン(劉青雲)。サスペンス&アクションと二人のやり取りが見ごたえがありました。

 

スポンサーリンク


 

「完全犯罪は存在しない」「人は元はみな善人である」というラウ・チンワン演じる松東路の言葉がラストのニコラス・ツェー演じる郭追の選択につながるんだろうなとは思うんですが、そこだけはちょっとこじつけっぽく感じてしまいました。あと郭追の動機が不十分なのです。だからそこに繋がる過程が唐突に感じてしまうので、消えた銃弾の秘密が判明した後から失速ぎみな印象です。

とはいってもそういうもったいないな~という部分があったとしてもかなり夢中になって見た面白い映画でしたよ!

そうそう、ヤン・ミーも出演してます。ちょっとミステリアスな占い師役でした。そういう役割だけで終わるのかなと思ってたら、突然のニコラス・ツェーとのロマンスが出現します。そう出現と言いたくなるくらい唐突でビックリしたんです。二人のキスからそういう関係になるシーンはお美しいんですけどね。この映画のストーリー展開でそういうの出てくると思わなかったので意外性~~ まあ美しい二人をキャスティングしておいて何もなかったらもったいないか!

そしてラウ・チンワン、ニコラス・ツェーと一緒に消えた銃弾の捜査をする三人組の一人としてジン・ボーラン(井柏然)も出演しています。皇后的男人で主役だった人ですね。いやー他の二人の存在感があり過ぎて彼だったとは全く気づきませんでしたね。そうそう、松東路が「どうしてこの三人だったのか」というセリフを聞いて私が怪しいと思ったのはジン・ボーランだったんですけど、全くハズレでしたね・・・ 全然読めてなかったですわ。

ガンアクションのスローモーションな撮り方とか見ごたえがありましたし、カッコよかったですね。カンフーとはまた違うけど美しい動きで見ててワクワク。楽しい。

という風な感じで私はやや見当違いの予想をしてしまったので、むしろラスト近くまで真相がわからなくて面白かったんですよ!でもだからこそ最後が余計に急展開に感じてしまったのかもしれませんが、監督が表現したかったものはとても良く伝わったので満足です。

それにしてもニコラス・ツェーはいい役者さんになったし、良い歳の取りかたをしたなあ。演技的にも風貌的にも素敵なままでいてくれて嬉しい。ラウ・チンワンも相変わらずだし見て良かったなあと思う映画でした!

 

 

バレット・ヒート 消えた銃弾が見れるのは・・・

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す