【韓国ドラマ】クリミナル・マインド:KOREA の感想 有名なアメリカドラマのリメイク版 

クリミナル・マインド:KOREAの視聴を終了しました!本家のクリミナル・マインドを見ていないので比較できないんだけど、犯罪捜査モノは好きなので見るのを楽しみにしていましたよー アメリカのドラマを元にしているからいつもの韓国ドラマの犯罪捜査モノとは一線を画しているのかとその点を期待していたのですが、いつも通りであまり画期的なところは無かったって感じかなあ・・・ そういう意味ではちょっと期待外れなところもありましたね。

 

スポンサーリンク


 

このドラマはNCIのプロファイラー達が主役のドラマ。そこは本家と同じ。登場人物のそれぞれのキャラクターもきっとアメリカのドラマを元にしてるんだろうけど、どの人もイマイチ魅かれる人がいなかったなあ。すっごい冷酷な人だとか、人が良すぎる人とか、それぞれにキャラづけをもっと明確にすれば良かったのになんて思ってします。ハッカーのナナ・ファンに関してはファッションでぶっ飛んだ個性を出したつもりなんだろうけどうまく行ってなかったしな。ちょっと派手好きなただの普通の人で残念だったな。そして、メインの方たちみんな非常に感情的なんで、そんなんで落ち着いて人のプロファイルなんて出来ます!?みたいな気持ちになってしまったかも。チーム長のカン・ギヒョンからして情に流されるタイプだったので、プロファイラーに向いてなさそうなんて思いながら見てました・・・

あと主要なプロファイラー達はみんな何故か事件の関係者だったりして、事件への関連が順番に描かれるんですけどね。まあね、そういう事も実際にあるんだろうけど、関わりがあり過ぎて、なんて危険な組織なんだ・・・と思っちゃう。まあ警察モノ、検事モノなどのドラマでもそういうストーリー多いですけどね。それにしてもここのNCIの人達は狙われ過ぎだと思うのは私だけでしょうか。リーパー達との頭脳戦を描きたいから仕方ないのかなあ。彼も万能すぎてちょっとどうかと思う部分もあるな。

それぞれのエピソード自体は工夫が凝らされていて、興味深いものも多かったんでそれは良かったです。私が一番印象に残ったのは、12話の「冷たい魔女」かな。アン・ヨジンの我が子を思う気持ち、最終的にはその意を汲むチーム長のやり取りは心に残りました。こういうのってどうすることが正解なのか分からなくて色々考えてしまうなあ。

キャスティングはソン・ヒョンジュとかイ・ジュンギ辺りは適任な気がするんでいいんですけど、ムン・チェウォンのソヌ役はあんまりだったかな。私は彼女はタフな役を演じるより、今日の恋愛みたいなキャラを演じている方がずっと自然で似合うと思うんだけどなあ。ソヌという登場人物自体が悩んでいる人ではあるけれど、その役柄について悩みながら演じているように見えてちょっと違和感があったかな・・・ 私の個人的な印象ですけども。

でもこのドラマはかなり力を入れて作ったんだなあと分かるのは各エピソードの犯人や犠牲者役の俳優さんが割と有名な人が多いこと。キム・ウォネ、チョ・ハンチョルとかイム・スヒャンとか。他のこういうドラマだと各話の犯人役はあんまり有名じゃない見たことない俳優さんが多いイメージなんだよな~

 

ま、そんな感じで、あんまりクリミナルマインドを意識せずに、犯罪者の心理分析をするNCIが舞台のプロファイラーが主役のドラマって気分で見るのがいいのかもしれないです。でもあれかな、分析の結果をメンバーが順番に発言していくのとかはアメリカのドラマを踏襲しているのかもしれない。そのシーンになったら「来た来た」と思ってしまうのでありました。普通に面白かったかなと思うんですが、私はちょっと期待しすぎたのかもしれないです。目新しさは無かったかな。

 

クリミナル・マインド:KOREAが見れるのは・・・




こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す